著者
小田 匡保
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.38, pp.21-51, 2002-03
被引用文献数
2

This paper makes a bibliography of geography of religion in Japan on the basis of Bibliography of Geography edited by the Human Geographical Society of Japan and attempts to analyze it statistically, so that it examines the research trend in the geography of religion in postwar Japan. Bibliography of Geography appeared ten times every five years after the Second World War. It covers extensively most of the geographical literature published in Japan. The number of books and articles related to the geography of religion collected from Bibliography amounts to 390, of which more than 360 items are written by geographers. Main points obtained through the analysis are as follows: 1. The volume of the items has increased steadily after the war. 2. In the second and the third stage (1957-1976) Ogoshi and Uchida wrote many papers. In the fourth stage (1977-1986) Nagano and Iwahana were productive, and in the fifth stage (1987-1996) other geographers such as T. Tanaka, Sekiguchi, Oda and Nakagawa were also active. 3. It is geographers born in the 1950s who published more works than any other. On the contrary there are somehow few scholars in the immediately earlier generations born in the 1930s and 1940s. 4. Mountain religion has often been studied by geographers in spite of its small number of believers and temples, whereas so-called new religions have received little attention. 5. Popular research subjects include religious city and settlement, pilgrimage, cemetery, distribution of religion, rural religious organization, pictorial map, and mountain sacred area. Many of them attract more interest recently, but the literature related to the religious city and settlement has decreased in number.
著者
水谷 剛
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.38, pp.69-86, 2002-03

This paper was written to introduce in Japan Teleki Pal, who is little known in this country except to a small number of specialists in the history of cartography. In the first part, the author discusses the important role Teleki Pal played in the formation of modern academic Hungarian geography, focussing on his main works, including those on the history of the cartography of the Japanese archipelago, the history of geographical thought and the elaboration of the ethnographic map of Hungary. In the second part, the author focuses on the political activities of Teleki Pal, which ultimately led to his tragic end by suicide in the course of his opposition as prime minister to the pro-Nazi trends during World War II. As a geographer he attached great importance to cartography, but at the same time he was greatly preoccupied by the problem of Hungarian minorities in Transylvania, where his dukedom was located, and the territory of which passed to Rumania under the Paris Peace Treaty after World War I. Where these matters were concerned, his political geographical interests and his activities as a politician to revise Hungarian territorial problems were in a certain sense parallel. In this respect, his 1923 work "The Evolution of Hungary and Its Place in European History" is very important. The author wishes to express his appreciation to the Ministry of Education of Hungary for its grant of a scholarship and to the Department of Geography at Budapest University for its academic assistance in the work of research for this paper.
著者
漆原 和子 喜納 宏之 新垣 和夫 佐々木 正和 ミオトケ フランツ-ディーター
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.33, pp.33-47, 1997-03

日本における石灰岩片の溶食率の地域差,経年変化を知るために北海道から南大東島まで7地点において,その測定を行った。この報告は,南大東島における溶食率の経年変化と,土壌中のCO_2濃度の経年変化について考察を試みたものである。1年ごとの溶食率は降水量の大な1993年に最大であった。一方,1994年は夏高温で水不足量(WD)が大であったが,水過剰量(WS)も大で溶食率は小さくなった。しかし1995年は,年降水量が少なく,かつ水不足量が大であり,空中,A_3層位,B_2層位ともに溶食率は最小であった。WDが少ない1993年には土壌中のCO_2濃度は高く,B_2層位の石灰岩片の溶食率も大であった。1994年には土壌中のCO_2濃度は低く,B_2層位の溶食率も低い。WDが大きく土壌が乾燥した1995年にはA_3,B_2層位ともに溶食率も最小であった。CO_2濃度の変化は1993年の一雨ごとの観測結果から,一定量を越える雨の後3〜4日で極大を示し,乾燥した時期が長びくと,CO_2濃度は低下することがわかった。土壌中の湿度は,有機物の分解を促進し,バクテリアの活動,根の活動を活発化させることに大きく寄与していると思われる。一方,畑の耕運による作土の孔隙率が大きいときには,生産されたCO_2は空中に放出されていて,Ap層位ではCO_2濃度は低い。
著者
清水 善和
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.17-35, 2001-03

小笠原諸島母島の主稜線部の雲霧帯にのみ産する小笠原固有属のキク科木本植物ワダンノキ(Dendrocacalia crepidifolia Nakai)の現状と,更新様式の調査を行った。母島の堺ヶ岳-石門と船木山-乳房山の稜線2か所でルートセンサスを行い,出現した全ワダンノキ個体(96個体と97個体)について,樹高,地際直径,幹本数,ツルダコの有無,活力度の測定・記録を行った。また,台風被害で明るくなった林床に芽生えた当年実生の追跡調査を行った。さらに堺ヶ岳と乳房山山頂付近の生育地の植生調査も行い,過去のデータと比較した。その結果,樹高や生育形にはばらつきがあるものの,地際直径は一山型の度数分布を示すこと,1980年代後半より枯死が急速に進み群落が失われつつあること,全域で稚樹がほとんど見られないこと,陽樹なので発芽・初期成長に十分な光が必要なこと,台風後の明るい林縁に芽生えた当年実生は1年後にほぼ全滅したことなどが明らかになった。以上の結果から,ワダンノキはガラパゴス諸島のスカレシア林で知られている一斉更新型(一斉枯死・一斉発芽)の更新様式を持つことが推定された。ワダンノキの更新に関わる事項として,ツルダコとの競合関係,帰化種アカギの生育地への侵入,返還後30年間の乾燥化傾向と旱魃の被害,台風による撹乱と樹冠の損傷,近年増加した蛾(モンシロモドキ)の食害,固有ハナバチ類から帰化種セイヨウミツバチへの訪花昆虫の交替,群落状態から点在状態への生育状況の変化などを挙げ,現在,正常な更新を妨げる要因が複数あることを議論した。現時点の総個体数は500を切っている可能性が高い。今後も個体数の減少が続くことが予想される一方,後継の稚樹がほとんど育っていないので絶滅の恐れも出てきた。ツルダコの刈り払いなど,積極的な保護策をとる必要がある。
著者
角田 清美
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.207-222, 1986-03

秋留台地における地形・水理地質および不圧地下水の調査を行った。平井川と秋川によって形成された秋留台地は全部で9段の河岸段丘から構成される台地で,台地の主体は秋留原面である。秋留原面は厚い段丘礫層からなり,層厚0.5〜2mの関東ローム層におおわれている。関東ローム層内には立川ローム層内の上位暗色帯が挾まれているところから,秋留原面は武蔵野台地の立川面に対比される。同様に,暗色帯を挾まない褐色ローム層におおわれる新井面は青柳面に対比される可能性が強い。横吹面・野辺面・小川面は黒色腐植層におおわれるところから,これらの段丘面は拝島面に対比されると考えられる。一方,東秋留の前田耕地遺跡は先土器時代終末あるいは縄文時代初頭の遺跡で,遺物は段丘礫層の表面から出土し,腐植物や小礫などを混じえる粘土層におおわれている。このことは,約10,000年前の小川面はすでに段丘化し,少なくとも当時の人々が石器を生産できるような環境であったことを示している。小川面は関東ローム層におおわれない段丘のうちでは分布範囲が最も広いことから,この時代の秋川および平井川は比較的安定していたと考えられる。小川面より下位には寺坂面・牛沼面・南郷面・屋城面が形成されているが,段丘の発達は悪く,また段丘堆積物の層厚も2〜4mにすぎず,侵食段丘である。秋留台地のほぼ中央には,伊奈から平沢にかけて地下水谷がのびており,地質柱状図から判断すると埋積谷と推定される。埋積谷堆積物は秋留原面を形成する段丘礫層と考えられる。地下水谷の南には,地下水谷とほぼ平行に地下水の尾根がのびており,低水時には地下水の尾根を分水界として不圧地下水の流動方向は大きく異なる。地下水の尾根より南側においては,不圧地下水は段丘礫層を透水層として,全体として南から南東方向に流れ,地下水面が下位の段丘面より高位置のところでは湧泉を出現させている。殿沢・御滝堀・蛙沢・舞知川は段丘崖下の湧泉を水源とする小河川である。地下水の尾根より北側では,不圧地下水は平井川の河川水によって涵養され,地下水の谷を通って台地の東端の平沢一屋城一小川にかけての段丘崖で湧出している。一方,豊水時には地下水谷には大量の地下水が流入し,あふれてしまうため,地下水谷は認められない。伊奈丘陵から台地東端の屋城まで地下水の尾根が形成され,地下水は地下水の尾根から北東あるいは南東方向へ流下する。平井川に沿う段丘崖では各地に湧泉が出現し,また秋川に沿う段丘崖においても,大量の地下水が湧出する。
著者
高木 正博 Jolivalt Sylvain
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.31, pp.1-13, 1995-03

ライン川が形成したアルザス平野への水の供給は,主としてヴォージュ山地および平野への降水と,これを水源とするイル川とその支流,および,涵養を受けた地下水によってまかなわれている。アルザス平野の降水量は,年間1,000mm以下(1931〜1960年の平均値)であるが,山地は1,000〜2,500mm以上あり,とくにヴォージュ山地南部に集中する傾向がある。したがって降水量は,山地と平野では大きく異なる。1年間の月別降水量変化の特徴は,平野では夏季にピークが現れるのに対し,山間地では冬季に降雪を含む降水量のピークがみられる。また,冬季の激しい降雨と融雪水は河川を増水させ,洪水の原因ともなる。表流水の流出形態は,ヴォージュ山地を水源とする自然河川のほか,分水路や農業用水路などの人工河川・水路と,17世紀以来の開削の歴史をもつ運河が平野を網目状に巡り,流況は複雑である。また,それぞれの河川にはかなりの流量があり,勾配がなだらかな平野をとうとうと流れている。地下水位は概して高く,とくに平野中央部のイル川とライン川の間には,アルザス語でRiedと呼ばれるこの地方独特の湿地帯が多く形成されている。冬季には増水により,畑地などが湛水する現象が見られ,アルザスの風物詩になっている。また,平野では上水道はすべて地下水に依存し,工業用水や農業用水もほとんど地下水を利用しているたあ,良質で豊富な地下水を保護することが重要な課題になっている。アルザス地方の運河は,船舶の航路として,物資運搬・交通用の大規模な運河から,今は格下げされ小型船やレジャーボートの航行が主なもの,また運河機能が廃棄されて普通河川と変わらないものなど,様々な運河が存在する。また水路の水は,平野の自然河川と合・分流しており,水門の管理は,都市を洪水から防御するためにも重要である。
著者
角田 清美
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.16, pp.15-41, 1980-03

武蔵野台地西端部の地形は上位から三ツ原面・藤橋面・原今井面・新町面・青梅面・竹ノ屋面・天ケ瀬面・千ケ瀬面・林泉寺面・郷土博物館面に区分され,また霞川低地に沿っては沖積低地が分布している。三ツ原面・藤橋面・原今井面は南関東の下末吉面・小原台面・三崎面にそれぞれ対比され,新町面は立川面に,青梅面は青柳面に,竹ノ屋面は拝島面にそれぞれ相当する。青梅面より上位の段丘は層厚20m以上の厚い段丘礫層からなり,関東ローム層におおわれている。竹ノ屋面より下位の段丘は多摩川に沿って分布し,規模は小さく,また段丘礫層も薄い。調査地域の地下水は霞川低地を涵養源とし,そこから南東方向へ流下し,大塚山から三ツ原へのびる地形の分水嶺を越えて流れている。地表から地下水面までの深度は三ツ原地区や青梅線に沿う地区で深く,霞川低地帯や千ケ瀬面で浅くなっている。地下水面の季節的変化についてみると,台地上では4月の測水時に最も深く,10月に浅くなっている。このような変化は降水量の年変化とほぼ一致している。霞川低地帯や千ケ瀬面では,滞水層の透水性がいいために地下水位の季節的変化は小さく,むしろ降水に伴う短期間の変動が大きい。地下水温にほぼ一致すると考えられる井水温は,関東ローム層におおわれた洪積台地と霞川低地・千ケ瀬面とでは異なっている。洪積台地での井水温は15℃前後となっており,年間を通じて変化が小さく,特に新町面・青梅面での年変化は約1℃以下である。これに比べて千ケ瀬面では12℃から18℃まで,霞川低地帯では10℃から19℃近くまで変化し,季節的変化が大きい。井水面水温と井底面水温とでは,一般に井水面水温の方が高いが,場所によっては4月に井底面水温がわずかに高くなっているところもある。これは気温の影響によるもので,関東地方ではおよそ14〜15℃とされている地中温度よりも気温が低くなり,そのために大気と接する井水面水温が下るためである。井水面水温に比べて井底面水温は気温の影響を受けにくいため季節的変化が小さいが,井戸の総深や湛水深との関係はほとんどないようである。調査地域西端付近の勝沼3丁目・南部氏宅で,1976年3月18日から1977年1月24日までの313日間にわたり,水位・井水面および井底面の水温の測水を行なった。その結果によると,水位の変化は主として数日間における降水量に大きく支配され,1回の降水量が20mm以下の場合には相関関係は認められないが,降水量が20mm以上になると,およそ降水量10mmに対して20cmの割合で水位は上昇している。井水温は井水面で15.5〜16.8℃,井底面で15.5〜16.0℃を示し,調査期間中に大きな変化は認められなかった。この報文を作成するにあたり,調査の機会を与えられた青梅市自然環境調査団(団長・米光秀雄氏),観測器具の使用を快く許可され,また御指導していただいた駒沢大学地理学教室・長沼信夫教授,気象観測資料を提供された東京都水道局水源林事務所,そして約300日間にわたる測水を快く許可された南部昇氏,以上の方々に末筆ながら厚くお礼申し上げます。なお,南部氏宅における日々の測水は,主として妻・達子が行なった。この報文を,故多田文男先生の御霊前に捧げます。
著者
安達 寛
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.61-72, 1974-03
被引用文献数
3
著者
大森 五郎
出版者
駒澤大学
雑誌
駒澤地理 (ISSN:0454241X)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.17-33, 1977-03