著者
川瀬 良美 森 和代 吉崎 晶子 和田 充弘 松本 清一
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学
巻号頁・発行日
vol.9, no.2, pp.119-133, 2004
被引用文献数
12

本研究の目的は,成熟期の女性のPMSの実態について即時的な記録から明らかにしようとするものである.成熟期の25歳以上45歳以下の141名の388月経周期について月経前期と月経期に記録された身体症状,精神症状そして社会的症状の合計51症状について検討した.月経前症状の頻度,平均値,最大値からみた主症状は,精神症状のイライラする,怒りやすい,身体症状の乳房の張りの3症状といえた.また特定の人に強く経験されている症状も認められた.対象者の諸属性のうち,年齢グループ別,出産経験有無別,就労形態別で検討したところ,それぞれの属性で有意に高い平均値を示す症状群が認められた.月経前期から月経期への推移について検討したところ,月経前期から月経へ減少または消失するというPMSの特徴を統計的に有意に示す症状は15症状であった.それら症状の相互関連をクラスター分析によって検討した結果,イライラ,怒りやすい,そして食欲増加という選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)に反応するような脳レベルの問題と考えられる症状のクラスターAと,乳房の張り,ニキビができやすいなど卵巣ホルモンが直接発症に関与している症状のクラスターBが見いだされた.また,クラスター分析と属性別の結果から出産経験の有無による相違が認められ,出産経験が症状と特異的に関連していることが示唆された.また,月経前期から月経期へ統計的に有意な増加を示す症状は12症状で,クラスター分析の結果,下腹痛など子宮レベルの問題を背景とした症状と精神症状と社会的症状で構成されたクラスターCが見いだされ,成熟期女性にも周経期症候群(PEMS)の概念で説明できる月経前症状が認められた.以上の結果から,本邦における成熟期女性の月経前症状は,脳レベルの問題,卵巣レベルの問題,子宮レベルの問題を背景として,PMSとPEMSという特徴的な臨床像による2つの概念で説明できる.
著者
勝又 里織 松岡 恵 関根 憲治
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.317-326, 2007
被引用文献数
1

人工妊娠中絶術(以下「中絶」とする)を受けた女性が,中絶後に精神的に安定するためには,看護者のケアが必要とされている.しかし,一般に,女性に対する理解不足から,精神的な看護ケアは十分に行われていない.そこで本研究は,中絶後1カ月以内の女性の,中絶に関連した認知と感情を明らかにすることを目的とした.対象は,都内産婦人科診療所で妊娠初期に中絶を受けた女性のうち,同意の得られた者とした.方法は,半構造化面接法と自己記入式質問紙調査とした.面接時期は,中絶後1週間を目安に1回60分程度行い,さらに同意の得られた者には,中絶後1カ月を目安に2回目の面接を実施した.分析法として,グラウンデッドセオリー法を参考に継続的比較分析を用いた.対象者は,未婚で子供のいない20-23歳の女性6名(そのうち4名は1回のみ)であった.分析の結果,中絶後1カ月以内の女性の,中絶に関連した認知と感情として,中絶の重さの自覚,ちゃんとしていなかった自分,これからの自分,二人の中絶,親への思いの5つのカテゴリーが抽出された.カテゴリーの経時的な流れは,手術後,【中絶の重さの自覚】をし,その後,内省を始めた.その中で,【ちゃんとしていなかった自分】を自覚し,同時に,相手だけでなく二人で一緒に考えようと,【二人の中絶】と思うようになった.そして,落ち込んでいるだけでは何も変わらないと,【これからの自分】のあり方を考えた.さらに,中絶後1カ月の時期には,【親への思い】を持っていた.中絶を受けた女性は,命を殺した重みから,それを隠したい経験と考えており,孤立しがちな状況にあると推察された.孤立は,自分の内面を統合させられないとされており,看護者は,女性が孤立することがないようにする必要があると考えられた.
著者
近藤 一博
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学 (ISSN:13452894)
巻号頁・発行日
vol.16, no.3, pp.217-221, 2012-03-31 (Released:2017-01-26)

慢性疲労症候群(CFS)は女性に多い疾患で,強い疲労感や疼痛が持続するのが特徴である.その発症は急激で,錯乱,思考力低下,抑うつなどの精神症状や,睡眠障害を高頻度で伴う.CFSは症状が多彩であり,診断が非常に難しい.この理由の一つとして,CFSはその症候群という名前が表す様に,複数の異なった疾患がCFSとしてひとまとめに分類されていることがあげられる.また,CFSの原因として,ウイルスなどの感染因子との関係が強く疑われているが,原因に関係する感染因子も複数あると考えられている.候補となる感染因子は,ヘルペスウイルスやレトロウイルスなど多くの病原体が挙げられているが,未だに確定はされていない.我々は最近,脳内に潜伏感染しているヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)の特殊な潜伏感染様式が,CFSの精神症状と関係することを見いたした.HHV-6は,脳内の潜伏する数少ないウイルスの1つであり,古くからCFSとの関係が疑われているウイルスである.本稿では,CFSの概観とウイルス学研究から得た精神症状の発生に関する新知見を中心にCFSとウイルスの関係について説明する.
著者
橋本 有紀 目崎 登
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学 (ISSN:13452894)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.108-115, 2001-06-30 (Released:2017-01-26)

女性のスポーツ選手においては,トレーニングの過程や,競技におけるパフォーマンスの発揮のために,女性特有の月経現象を含めたコンディショニングが必要不可欠といえる.そこで本研究では,PMS症状調査表を用いたコンディション調査と瞬発力,敏捷性を評価するための運動テストを行い,月経周期と女子ハンドボール選手のパフォーマンスの関連について検討することを目的とした.なお対象は,基礎体温が二相性を示す大学女子ハンドボール選手8名(19.0±1.1歳)とした.基礎体温に基づいて月経周期を月経期,卵胞期,黄体期の三期に分けて比較したところ,心身の状態に関する調査では,身体症状に関する項目のうち,「下腹痛],「下腹部がはる」,「乳房が痛い」,「乳房がはる」,「にきびができやすい」で月経期に最も点数が高かった.精神症状に関する項目では,すべての項目で明らかな差は認められなかった.また,運動テストのうち,25m方向変換走は月経期に明らかに低かったが,垂直跳びとサイドステップでは月経周期の時期による差は認められなかった.これらの結果より,女子ハンドボール選手は,月経周期によりパフォーマンスに何らかの影響を受けると考えられる.特に,月経期においてパフォーマンスが低下する可能性が示唆された.また,月経期にパフォーマンスを低下させる要因として,下腹痛,乳房痛などの身体症状の影響が考えられる.
著者
大井 けい子 富田 真理子 高村 寿子
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.220-225, 2002

妊娠期にある夫婦201組の性生活の認識・性行動欲求レベルおよび性生活の満足度に関する意識調査を行った.結果,妊娠期にある夫婦でも,性の特質である「生殖性」を認識している者は半数以下と少なく,夫婦の多くが「連帯性」を認識していた.男女で有意差のあった項目は「快楽性」および「性役割確認」と「義務と責任」であり,性役割や義務と責任を認識している男女は少なかった.夫の快楽性の認識は妻の妊娠などにあまり影響されず,変化が少ないと推察された.また,認識の男女差は行動レベルに反映され,さらに性生活の満足度に反映されていた.性行動欲求レベルでは妊婦の104人(51.7%),夫の61人(30.3%)は「傍にいればいい」としていたが妊婦の16人(8.0%),夫の65人(32.3%)は「セックスする」ことを性行動欲求レベルとしていることがわかった.妊娠期の性生活の満足度は妊婦が有意に高く,夫の気遣いや妊婦のペースに合わせてくれることに満足していた.一方で,セックスの回数が少なくなったことを不満と思う妊婦は全妊婦の約5%に見られた.また,34.3%の夫は性生活に何らかの不満を持っていた.
著者
甲斐村 美智子 久佐賀 眞理
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学
巻号頁・発行日
vol.13, no.3, pp.143-152, 2008
被引用文献数
2

本研究の目的は,月経用布ナプキンの反復使用が,女子学生の不定愁訴に及ぼす影響を明らかにすることである.布ナプキンの使用経験が無い19〜22歳の女子学生32名を対象に,平成19年1月〜7月の間布ナプキンを使用してもらい,介入前から終了まで2ヵ月毎に自記式アンケート(月経の経験,不定愁訴(MDQ・VAS),月経観,自尊感情,性の受容,ライフスタイル)を実施し,月経毎に月経記録,介入終了後にインタビューを実施した.分析方法は,不定愁訴の関連要因を重回帰分析で,介入前の状態を基準値とし,その後2ヵ月毎の不定愁訴・関連要因の変化,並びに不定愁訴改善群・非改善群の変化をt検定で分析した.介入前の不定愁訴に影響を及ぼす要因は性の受容,肯定的月経観であった.介入後の変化を見ると,布ナプキン使用2ヵ月後に月経観,4ヵ月後に月経痛,6ヵ月後に不定愁訴,自尊感情及び性の受容が改善した.最初に変化した月経観の詳細変化では,「厄介」「自然」「衰弱」という順で有意な改善を示した.この変化と記録・インタビューの時系列変化から,布の感触とナプキン洗濯時の月経血の観察が月経観を「厄介」から「自然」に変化させ,それが不定愁訴,関連要因の改善につながっていた.不定愁訴改善群と非改善群を比較すると,介入前のMDQ改善群は月経時の「痛み」「行動変化」,VAS改善群は月経前から続く「痛み」「負の感情」がより強いという特徴が見られた.以上より,布ナプキン使用は月経周辺期の不定愁訴の改善に有効で,使用を継続することで自尊感情や性の受容の改善にも役立つことが明らかとなった.また,不定愁訴改善群と非改善群の比較から,布ナプキン使用が有効に作用する対象は月経周辺期の痛み,負の感情,行動制限が強い人であった.
著者
岡部 泰子 城賀本 晶子 赤松 公子 吉村 裕之
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学 (ISSN:13452894)
巻号頁・発行日
vol.18, no.3, pp.430-438, 2014

【目的】青年期における対人的な嫌悪感情は,腹痛・下痢・嘔吐・過呼吸など心理的葛藤から身体化する場合が多くみられる.しかし,対人的嫌悪感情を測定する尺度は少なく,統計学的な検証もなされていない.本研究では,対人的嫌悪感情の程度を測定する尺度を作成し,統計学的に検証した.【方法】4年制看護学科の研究参加に同意を得た448人の女子大学生を対象とした.属性調査用紙と新たに作成した対人的嫌悪感情の測定尺度を使用した.対人的嫌悪感情の測定尺度の統計学的検証は2段階で行い,探索的因子分析で潜在因子を探索および命名し,その後,検証的因子分析を用いて構成概念妥当性を検討した.各因子および尺度全体の内的整合性はクロンバックのα係数により検証した.測定尺度の信頼性・安定性は,再テスト法を用いて級内相関係数で判断した.【結果】探索的因子分析の結果,4因子が抽出され,質問項目の内容から「身勝手さに対する嫌悪」,「傲慢さや理不尽さに対する嫌悪」,「異質さに対する嫌悪」,「計算高さに対する嫌悪」と命名した.検証的因子分析の結果,この4因子モデルの適合度指標(RMSEA=0.062)は,構成概念妥当性を確保していた.【考察】新たに4因子40項目の対人的嫌悪感情の測定尺度を作成し,統計学的に検証できた.今後,心身医学的な問題を抱える女子大学生の対人的嫌悪感情の程度と性格特性について研究を進めたい.
著者
李 貞美 小川 俊樹
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学 (ISSN:13452894)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.120-143, 2010

社会が望む美の基準に合わせるために,醜いと考えている身体部分に手を加えることは自分の外見を変える方法の一つである.現代社会において外見の魅力はますます強調されている.本研究では女性を対象に,美容のために体に手を加えることに関する認識の特徴を検討するために,"美容のための身体可変性の認識尺度(BMB)"を作成し,"有用性の認知および結果に対する期待"と"罪悪感および人工性の観点にとらわれない傾向"の2つの次元で構成されていることを確認した.この結果は,女性が美容のために体に手を加える際の葛藤を明確に示している.いくつかの例外を除けば,多くの身体加工においてBMBの第1因子の特性が重要であること,またBMBの第2因子はより危険性が高い身体加工と関与していることが示された.韓国と日本の女子大生を対象にBMBと身体可変リストについて比較検討を行った結果,身近に行われる身体加工について受容しやすくなることが推察された.また自分の体に手を加えて外見を変えられるという認識は,主に体重と関連した統制の認識とは異なる概念である可能性も示唆された.
著者
今野 理恵子 淺野 敬子 正木 智子 山本 このみ 小西 聖子
出版者
一般社団法人 日本女性心身医学会
雑誌
女性心身医学 (ISSN:13452894)
巻号頁・発行日
vol.21, no.3, pp.295-305, 2016 (Released:2017-04-13)
参考文献数
26

【目的】性暴力被害後3カ月以内に精神科初診となった患者(急性期)とそれ以降に初診となった患者(慢性期)の転帰や症状評価の比較検討を行い,臨床の実態を明らかにする.【方法】2012年6月~2015年11月末の3年半に性暴力被害後に初診となった患者のカルテから,転帰や症状評価,認知行動療法の実施実態等の情報を収集し分析する.【結果/考察】①調査対象者数は初診時に被害から3カ月以内の急性期群21名,それ以降の慢性期群12名の計33名であり,急性期群と慢性期群で有意差が見られたのは精神科既往歴(p=.024)であった.②急性期群21名の転帰は,寛解者が6名,治療中断者が9名,治療中の者が6名であった.慢性期群においては,寛解者はなく,治療中断者が3名でいずれも,1回か2回の診察で中断となっていた.寛解者の被害から診察に至るまでの平均日数は1カ月程度であり,治療中の者や治療中断者の50日余りと比べて少なく,被害後早い段階で診察に至ることがより良い予後につながる可能性が考えられる.中断者は,平均診察期間が短く治療の方針を立てる前に中断となってしまったことがうかがえる.③急性期群,慢性期群の初診後直近と2015年11月30日以前の直近の前後比較を行った結果,急性期群ではIES-R(p=.0108),DES(p=.0208),BDI-II(p=.0277),JPTCI(p=.0469)の心理検査において有意差が認められた.④認知行動療法を行うまで,初診から急性期群で6カ月,慢性期群で10カ月ほどかかっていた.急性期群で認知行動療法を実施した7名すべてのIES-R(p=.0180),CAPS(p=.0464)得点が下がっており,転帰も寛解か軽快になっていた.慢性期群の場合も,実施した5名は,有意差は認められなかったがIES-R,CAPS得点は下がっていた.【結論】性暴力被害者に対して認知行動療法を行うことが,PTSD症状を減らすためには,有効であると考える.ただし,認知行動療法実施には一定の準備期間が必要であり,その期間の中断をいかに防ぐかが今後の課題である.