著者
岡村 正紀 平井 英治 松岡 信明
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.87-93, 1993-06-30 (Released:2012-12-11)
参考文献数
16
被引用文献数
3 3

The tritium concentrations in rain water collected in Fukuoka, Japan, from April 1987 to July 1991, were measured with the combination of low-level liquid scintillation counting and electrolytic en-richment of tritium in water. The tritium concentration of each rainfall (264 samples) showed the large fluctuation from 0.06 to 3.39 Bq/l. The tritium concentration in rain was significantly affected by the weather conditions. The frequency distributions of tritium concentrations in rain water were shifted to higher side in March, April, May and December. Higher tritium concentrations than 2.0 Bq/l were observed only in March, April and May, when air mass moved dominantly from the Asian Continent to Fukuoka. The annual average concentrations were no longer decreased after 1987 in Fukuoka.
著者
中嶋 博 金子 紘士 土田 稔
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.35-47, 2010 (Released:2012-02-01)
参考文献数
8
被引用文献数
4 3 1

東京都では、大正の初め頃から地盤沈下が起きており、戦後の復興とともに地盤沈下が進行した。特に、昭和30年代から40年代にかけて、地盤沈下は激しくなってきた。このような状況に対し、都は、法律や条例に基づき、地下水揚水規制や地下水位の観測、雨水浸透の推進などの地下水対策に積極的に取り組んできた。その結果、現在東京都における地盤沈下は沈静化傾向にあるが、完全には終息しておらず、地下水位も微増から横ばいで頭打ちの状況にあり、現行の揚水規制を緩和すれば地盤沈下が再発する可能性がある。そのため、地盤沈下を未然に防止する観点から、揚水規制を引き続き維持するとともに、地下水のかん養量を増加させるための施策の推進を一層図る必要がある。本稿では、都における地盤沈下の状況やその対策を振り返りつつ、今後の課題等について概説する。
著者
益田 晴恵
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.42, no.4, pp.295-313, 2000-11-30 (Released:2012-12-11)
参考文献数
89
被引用文献数
3 2

地殻表層付近の水とその周辺環境におけるヒ素の挙動を概観し.ヒ素汚染地下水の形成過程を説明した.ヒ素は.一次的には地殻深部から熱水や火山ガスなどに伴って還元的な物質として供給される.それが.熱水からの直接流入やヒ化鉱物や硫化鉱物の風化作用を含む酸化的化学反応にともない.一部は環境水中へ溶出する.環境水中のヒ素は懸濁粒子に吸着されたり生物遺骸として堆積物中に固定される.堆積物中に固定された物質からの脱着反応と分解反応は地下水中の溶存ヒ素を規制する要因となる.地下での生物化学的作用もヒ素の挙動を規制する重要な要因である.各地で問題になっているヒ素汚染地下水の汚染拡大の要因は単一ではなく.さまざまな現象が組み合わさったものであることが多い.ヒ素は自然循環過程で環境基準を超える濃度を環境水中にもたらすが.人為的作用は汚染の拡大に寄与する.特に.人為的汚染物質の放出は.局所的に高濃度のヒ素汚染層を形成し.その後長期間にわたって汚染を拡散する.
著者
鶴巻 道二 桜本 勇治
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
日本地下水学会会誌 (ISSN:00290602)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.1-16, 1985-02-28 (Released:2012-12-11)
参考文献数
51
被引用文献数
4 2

The average abundance of fluorine in the earth's crust is rather plentiful than that of chlorine, but the average concentration of fluoride in natural water is very low as compared with chloride. Fluoride is well known to produce strong teeth mottled in children raised where the fluoride concentration of water supply is above the recommended limit. In Japan, the limited value for drinking water is settled for 0.8 mg/i. In other respects, the concentration of fluoride more than 2 mg/kg is adopted as one of the criterion for mineral water which discriminate between normal water and abnormal water. In this paper, five case studies, all from Kinki District, have been chosen to discuss how the high fluoride groundwater is formed.In the case of Rokko granitic area, south-eastern part of Hyogo Prefecture, the possible origin of fluoride in water is due to the presence of high fluorine biotite in the rocks. The Paleozoic sandstone and shale in the northern part of Osaka Prefecture, Hokusetsu area, frequently contain high fluorine through contact metamorphism. The wells drilled in these rocks yield high fluoride water. As for these cases, high fluoride water often accompanies with high pH. Some leaching experiments using granitic rocks result in a similar relation between fluoride concentration and pH. The fluoride ion can be bounded to mineral in place of hydroxyl ion, so that with increasing pH it can be displaced from this site by hydroxyl ion in solution.A few cases of high fluoride stratum waters are reported in this area. It is not clear that the waters are caused by the geological structure which permits the upward flow of groundwater in a basement rock, or by the presence of fluorine-bearing-minerals in the stratum. More detailed researches are required in the case of stratum water.
著者
盛田 耕二
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.243-257, 1994-09-20 (Released:2012-12-11)
参考文献数
32

The realization of heat extraction from magma has long been one of the dreams of mankind because of its huge potential as an energy source. However, current levels of technology, materials and understanding of magma seem to be far from the levels needed. On the other hand, several potential geothermal resources including Hot Wet Rock, Super Hot Rock and magma origin fluid systems lie on the way toward magma. These potential resources should provide suitable places for developing or improving technologies or materials, and for acquiring a deeper understanding of magma.The author's strategy is to begin an R&D program with easier or shallower potential resources, and realizing power generation with them, progressing toward magma step by step. In order to achieve this strategy, the development of a closed system downhole heat exchanger is essential. The author has been proposing the Downhole. Coaxial Heat Exchanger (DCHE) system and carrying out studies on it assuming Hot Wet Rock as the first target.By means of an experiment carried out in Hawaii, it was proved that a highly efficient DCHE is technically feasible and works as predicted. Also, it was indicated by a feasibility study that the. possibility of the practical use of the DCHE system is very high. The next step is to demonstrate the DCHE's ability to produce more than 5 MW / DCHE (the criterion for economical power generation from a middle to long term point of view) with a 3,000m long DCHE at Hot Wet Rock and at the same time to proceed with the development of technologies necessary for the realization of the practical use of the system.On the other hand, there is another possible application of the DCHE. A combined DCHE-heat pump space heating system makes possible the utilization of generally distributed shallow and low quality geothermal resources. This system is applicable for wherever space heating is needed. Hence, huge amounts of thermal energy can also be supplied with the combined heating systems. The author intends to initiate studies regarding the space heating system.Thus, the degree of contribution of the DCHE system in energy and environmental issues may be the greatest among the various heat extraction methods and conventional geothermal steam or brine extraction methods.
著者
梁 熙俊 嶋田 純 松田 博貴 利部 慎 董 林垚
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.187-205, 2015-05-29 (Released:2015-06-25)
参考文献数
35
被引用文献数
2

沖縄県南大東島における淡水レンズは貴重な水資源として用いられており,その形状と成因を明らかにするため,本研究では,15ヶ所の観測井における電気伝導度の観測結果を用いて淡水レンズの形状を推定し,地形,地質,地下水位の時系列解析によりその成因を評価した。本地域の地下水位は,潮汐の主要5分潮の周波数で高いシグナルを示し,潮位変動の影響を受けることが明らかになり,島の南側に位置する観測井で相対的に高い透水性がみられ,西側と北東側で低い透水性がみられた。本地域における淡水レンズ(電気伝導度2000μS/cm以下)は,西側と北東側で確認でき,淡水レンズの厚さは,中央低地で10~13m,西側で5~8m,北東側で3~6mであった。なお,透水性の違いや島の西側に多くの池沼・湿地が分布する地形的な理由から,西側の淡水レンズにおいて季節変動がみられた。
著者
村上 裕晃 田中 和広
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.57, no.4, pp.415-433, 2015-11-30 (Released:2016-02-01)
参考文献数
49
被引用文献数
1

島根県津和野地域では,塩濃度の高い鉱泉水がガスを伴い自噴している。この鉱泉水とガスについて,湧出箇所と地化学的特徴を調査した。津和野地域の鉱泉水は最大で海水の約半分程度の塩濃度を示す。自噴するガスは二酸化炭素が主成分である。これらの特徴に加え,鉱泉水の水素・酸素同位体比は天水線から外れる組成を示し,希ガス同位体比からマントル由来のヘリウムの混入が示唆される。これらの地化学的特徴と周辺の地質構造から津和野地域の高塩濃度流体の成因を考察すると,津和野地域の高塩濃度流体には地下深部から供給される流体が含まれていると考えられる。しかし,津和野地域の高塩濃度流体に深部流体が含まれているとしても,その寄与量は最大でも4分の1程度である。また,高塩濃度流体の指標となる塩化物イオンのフラックスが活断層周辺で最も高いことから,高塩濃度流体は活断層を主要な水みちとして移動していると推測される。ただし地表付近において,高塩濃度流体は活断層周辺の亀裂も利用していると考えられる。
著者
安池 慎治 鈴木 裕一
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
日本地下水学会会誌 (ISSN:00290602)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.163-171, 1986 (Released:2012-12-11)
参考文献数
12
被引用文献数
2

The Kanto Loam is a deposit of the volcanic ash, and is widely distributed in the Kanto district. The purpose of this paper is to clarify the effects of tube-like macropores on hydraulic conductivities and on its anisotropy of the Kanto Loam. The permeability tester developed for this study was used to measure the anisotropy of conductivities. By using this device, it is possible to obtain the conductivities of two directions (vertical and horizontal) in one sample, simultaneously. Undisturbed soil samples for this measurements were taken at the outcrop in Kawasaki city in every 1 meters height. As a result, the following conclusions are obtaind.1. The hydralic conductivities of the layer with many tube-like macropores is much larger than that of layer with few macropores. The magnitude of the difference is 10 times in horizontal direction and 100 times in vertical.2. The anisotropy of the hydraulic conductivity is also much influenced by the effects of tube-like macropores. Without tube-like macropores, the ratios of Kv (vertical hydraulic conductivity) to Kh (horizontal one) range from 1.0 to 1.5, while with macropores, the ratios of Kv to Kh range from 3.0 to 20.
著者
髙本 尚彦 嶋田 純 白石 知成
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.59, no.4, pp.325-343, 2017-11-30 (Released:2018-02-13)
参考文献数
35

地層が堆積した当時の水文情報が残っている可能性のある霞ヶ浦において,海水準変動,塩濃度変化,堆積物の堆積過程といった長期的な変遷を考慮した非定常の2次元鉛直断面地下水流動解析を行った結果,既往調査で得られた2地点のコア間隙水の塩濃度プロファイルを概ね再現することができ,2地点の陸域からの淡水地下水の寄与の違いを定量的に示すことができた。解析結果からも,湖岸に近いSiteK-1は地表水だけでなく陸域からの地下水の影響を受けやすい環境であるのに対し,湖心付近のSiteK-2は陸域からの地下水の影響を受けにくい環境であった。非定常解析を行うことにより,以上なような詳細な水文環境の変遷状況が明らかとなった。
著者
堀池 昭
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.36, no.3, pp.315-325_1, 1994-09-20 (Released:2012-12-11)
参考文献数
16
被引用文献数
1
著者
西村 宗倫 川﨑 将生 斉藤 泰久 橋本 健志
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.59, no.2, pp.125-158, 2017-05-31 (Released:2017-06-28)
参考文献数
22

水循環基本法の制定等を踏まえて,水循環解析の社会的実装の促進が求められる。そこで,国土交通省国土技術政策総合研究所では2016年3月に地方公共団体等向けの手引き書として,水循環解析の手順や必要な資料等を「水循環解析の技術資料」にとりまとめた。これを補足するものとして,本報告は,福井県大野盆地において実施した水循環解析について,モデルの設定手法や再現性の検証手法について詳述したものである。特に,水循環解析の再現性について地下水位に着目した検討を行った結果から,構築したモデルの高い再現性を示した。本報告は,持続可能な地下水の利用と保全に水循環解析を活用することの一助になると考えられる。
著者
浦越 拓野 徳永 朋祥 茂木 勝郎
出版者
公益社団法人 日本地下水学会
雑誌
地下水学会誌 (ISSN:09134182)
巻号頁・発行日
vol.47, no.2, pp.181-197, 2005-05-25
参考文献数
19
被引用文献数
6 3

海底地下水湧出現象は,陸域水循環系の出口のひとつとして,また,陸域起源物質の沿岸域への供給経路のひとつとして重要である.海底地盤中の地下水流れのポテンシャル場や水理特性は,海底地下水湧出現象を規定する要因であり,これらを明らかにすることは,海底地下水湧出現象を理解する上で重要である.そこで,本研究では,海底地盤中の2深度での間隙水圧の長期連続測定から,鉛直間隙水圧分布と水理特性を評価する手法の開発を行い,海底地下水湧出の存在が知られている黒部川扇状地沖合に適用した.その結果,海底面下0.5m及び0.84mでの間隙水圧が静水圧よりそれぞれ0.23kPa及び0.63kPa程度高いことが明らかになった.また,波浪に対する間隙水圧の応答から,地盤のhydraulicdiffusivityが0.3-1.2m<SUP>2</SUP>/sと評価された.これらから,海底地下水湧出の流束は1.8×10<SUP>-6</SUP>-5.6×100<SUP>-5</SUP>m/sと推定された.