1 0 0 0 OA 都々逸 翻刻

著者
菊池 真一
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 文学・文化編 (ISSN:1347121X)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.A17-A83, 2006-03-18

This is a presentation of dodoitsu (Japanese limericks). Dodoitsu is a song sung to the accompaniment of a shamisen (samisen). It was popular in the Edo, Meiji, Taisho and Showa periods.
著者
山岡 利一
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要 = Konan Women's College researches (ISSN:03864405)
巻号頁・発行日
no.[11-12], pp.586-569, 1975-11 (Released:2012-10-23)
著者
杉田 智美
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 文学・文化編 = Studies in Literature and Culture (ISSN:1347121X)
巻号頁・発行日
no.44, pp.A53-A60, 2008-03-20

This Thesis is the study of essays in the magazine HOTOTOGISU, by SAKAMOTO Shihota (1873-1917). In the 1900s, HOTOTOGISU's authors aim was to write a sketch of spoken Japanese language. Shihota, using the method of sketching, tried to reproduce spoken language which is discussed here. Shihota took uncontrollable conversational style writing and sketched it in the written style language. But, on the other hand, his challenge was how to help the organization of one hierarchical language by using another one. His sketch essays suppressed the lower class women and strengthened the solidarity of the students language and the people who used it. From there is where the slogan "sketch" held up HOTOTOGISU's possibilities and limitations which became apparent. This Thesis will hopefully help in the process of research by using the Japanese language as its standard.
著者
合田 美穂
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 人間科学編 = Studies in human sciences (ISSN:13471228)
巻号頁・発行日
no.44, pp.75-81, 2008-03-20

1980年代以降,香港からの「プル要因」,フィリピンにおける「プッシュ要因」の相乗効果で,多くのフィリピン人女性が,家事労働者として,香港に渡ってきた。彼女たちは,香港にて家事労働を担うことによって,香港人社会の家庭における問題を解決し,また,それと同時に,フィリピンに外貨収入をもたらすことによって,フィリピン経済の活性化にも貢献し続けている。本研究では,外国人家事労働者に関する労働法例,就労における諸問題,フィリピン人家事労働者の香港流入の背景,余暇活動についての考察を行ない,それらの考察を通して,在香港フィリピン人家事労働者の現況を理解するとともに,なぜ,彼女たちが,香港を選択したのかという理由を導くことにつとめたものである。
著者
岸田 泰子 八木 範彦
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 看護学・リハビリテーション学編 (ISSN:18825788)
巻号頁・発行日
pp.47-52, 2007

共通科目「現実をみるG」を展開するにあたり,教員から学生への一方向の授業とならない工夫として,テーマに対して学生間のディスカッションを中心とした授業計画を立案し,実践した。授業の前後で,Kikuchi's Social Skill Scale(Kiss-18)を測定し,また授業前に本授業に対する期待度,授業後に満足度をたずね,統計的検討を加えたところ,Kissのうち,コミュニケーションスキルに関する2項目で良好な変化の傾向が認められ,授業前の期待度より有意に高い満足度が得られた。また半数以上の学生の自由記載の中に,ディスカッションを取り入れたことに対するプラス評価が示された。授業評価を分析し,その分析結果に即して教員が意識的に授業方法に工夫を凝らし授業改善につなげることが重要であると再認識された。
著者
神野 富一
出版者
甲南女子大学
雑誌
甲南女子大学研究紀要. 文学・文化編 (ISSN:1347121X)
巻号頁・発行日
vol.41, pp.A1-A9, 2005-03-18

Rakusanji, on the east coast of the Korean peninsula, is famous as the Korean Fudaraku, the place where Kannon lives. In this paper, I state how and when this Fudaraku originated. I have analyzed the articles in the Sangokuiji, and reviewed the belief in caves, the rite of the dragon in the East Sea, and the circumstances of the sea traffic in ancient times. And I presume that the belief in Rakusan was influenced by the belief in Fudasan in China, and originated in the latter half of the seventh century, and expanded in the middle of the ninth century. I also suggest that it was not only Buddhist priests, but also lay people who went over the sea, who contributed to the origin and expansion of these beliefs.