著者
谷川 清隆
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
総研大ジャーナル
巻号頁・発行日
vol.5, pp.44-45, 2004-03-25
被引用文献数
1
著者
秋篠宮 文仁 アキシノノミヤ フミヒト Fumihito AKISHINONOMIYA
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
1996-09-30

With the aim of elucidating the evolutionary origin of junglefowls and their domestication processes, I conducted molecular evolutionary analyses of mitochondrial DNAs for various kinds of birds belonging to the subfamily Phasianinae. I then found that the real matriarchic origin of all the domestic fowls examined in the present study was an Asian continental population of Gallus gallus gallus. The phylogenetic analysis conducted in this study also suggested that the continental population of Gallus gallus gallus is the monophyletic ancestor of all domestic fowls. These findings resolve the long-time controversy concerning monophyletic versus polyphyletic origin theories of domestic fowls. <br /> The present thesis is composed of four chapters. In Chapter 1, as an introduction, I described the evolutionary significance of the domestication processes of junglefowls and the overview of taxonomical problems of birds within the subfamily Phasianinae, particularly junglefowls and domestic fowls. <br /> In Chapter2, attention is focused on the molecular phylogeny of the subfamily Phasianinae. Comparisons of DNA sequences for mitochondrial control regions among 16 avian species belonging to the subfamily Phasianinae, revealed the following: (1) Generalized perdicine birds (quails and partridges) are descended from ancient lineages. Even the closest pair, the common quail of the Japanese subspecies (Coturnix coturnix japonica) and the Chinese bamboo partridge (Bambusicola thoracica), maintained only a 85.7l% identity. (2) The 12 species of phasianine birds previously and presently studied belong to three distinct branches. The first branch is made up exclusively of members of the genus gallus, while the second branch is made up of pheasants of the genera Phasianus, Chrysolophus and Syrmaticus. Gallopheasants of the genus Lophura are distant cousins to these pheasants. The great argus (Argusianus argus) and peafowls of the genus Pavo constitute the third branch. Members of the fourth phasianine branch, such as tragopans and monals, were not included in the present study. (3) The one perdicine species, Bambusicola thoracica, is more closely related to the phasianine genera Gallus and Pavo than to members of other perdicine genera. The above might indicate that Bambusicola belongs to one stem of the perdicine lineage which later split into two sublineages that yielded phasianine birds; one evolving to Gallus, while the other differentiated toward Pavo and related genera. (4) Tandem duplication of the 60-base unit was established as a trait unique to the genus Gallus, which is shared neither by pheasant nor by quail. <br /> In Chapter 3, I discuss evolutionary relationships between red and green junglefowls. The noncoding control region of the mitochondrial DNA of various gallinaceous birds was studied with regard to its RFLP (restriction fragment length polymorphism) and sequences of the first 400 bases. Unlike its close ally green junglefowl, the red junglefowl Gallus gallus is a genetically very diverse species; a 7.0% sequence divergence was seen between those from Thailand (Gallus gallus gallus and Gallus gallus spadiceus) and that of the Indonesian island of Java(Gallus gallus bankiva). Furthermore, the divergence increased to 27.83% when each transversion was regarded as an equivalent of 10 transitions. On the other hand, a mere 0.5-3.0% difference (all transitions) separated various domestic breeds of chicken from two subspecies of Gallus gallus gallus of Thailand, thus indicating a single domestication event in the area inhabited by this subspecies, with the red junglefowl being the origin of all domestic breeds. Only transitions separated six diverse domesticated breeds. Nevertheless, a 2.75% difference was seen between RFLP type I breeds (white leghorn and nagoya) and a RFLP type VIII breed (ayam pelung). The above data suggest that although the mitochondrion of RFLP type V is the main contributor to domestication, hens of other RFLP types also contributed to this event. <br /> Finally, in Chapter 4, the evolutionary origin and dispersal patterns of domestic fowls are discussed from various .aspects of molecular evolution and human history. With the aim of elucidating in more detail, the genealogical origin of the present domestic fowls of the world, I determined mitochondrial DNA (mtDNA) sequences of the D-loop regions for a total of 21 birds which belong to the red junglefowl (Gallus gallus) comprising three subspecies (6 Gallus gallus gallus, 3 Gallus gallus spadiceus and 3 Gallus gallus bankiva) and 9 birds representing diverse domestic breeds (Gallus gallus domesticus) . I also sequenced mtDNAs from 4 green junglefowl (Gallus varius), 2 Cingalese junglefowl (Gallus lafayettei) and 1 grey junglefowl (Gallus sonnerati). I then constructed a phylogenetic tree for these birds using nucleotide sequences, choosing the Japanese quail (Coturnix coturnix japonica) as an outgroup. Moreover, I found that a continental population of Gallus gallus gallus was the real matriarchic origin of all the domestic species examined in the present study. It is also of particular interest to note that there were no discernible differences among Gallus gallus subspecies; Gallus gallus bankiva being a notable exception. This was because Gallus gallus spadiceus and a continental population of Gallus gallus gallus formed a single cluster in the phylogenetic tree. One obvious and distinct feature that customarily separates Gallus gallus gallus from Gallus gallus spadiceus is the color of their ear lobes: white for the former and red for the latter. The fact that domestic breeds of the chicken are of two kinds as to color of ear lobes is a clear reflection of the contribution made by Gallus gallus gallus as well as by Gallus gallus spadiceus to their ancestry. Gallus gallus bankiva, on the other hand, is a distinct entity, thus, deserving its subspecies status. This implies that a continental population of Gallus gallus gallus was the monophyletic ancestor of all domestic breeds. I also discuss the possible significance of the initial dispersal pattern of present domestic fowls, utilizing the phylogenetic tree.
著者
吉田 春夫 Haruo YOSHIDA
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
非線形現象の数理
巻号頁・発行日
pp.68-83, 1997-03

吉田春夫[国立天文台・総研大]
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
2017

元資料の権利情報 : CC BY-NC-ND
著者
青木 武信 アオキ タケノブ Takenobu AOKI
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
2001-03-23

本研究の目的はインドネシアの大衆芸能、クトプラ(kethoprak)について、現地調査から得られたデータをもとに、その公演形態、公演内容、および芸人と彼らの社会生活について民族誌的記述を行い、1990年代半ば、スハルト政権最末期のインドネシアにおけるクトプラについて考察するものである。事例としてはジョクジャカルタを中心に活発な公演活動を行っているクトプラ劇団、ペーエス・バユ(PS Bayu)をとりあげる。 クトプラはインドネシア、中部ジャワの大衆芸能であり、笑いとアクションを中心としたドタバタ喜劇である。クトプラは中部ジャワー帯で人気が高く、ジョクジャカルタを中心に各地で公演が行われているが、最近ではテレビでの放映も行われている。 クトプラで演じられる物語の主要なテーマは女性、領土、財物の奪い合いである。クトプラの人気を支えているのは、人々の情動に直に訴えかける通俗性である。この通俗性は自身の欲望に忠実な登場人物の姿に由来する。つまり、クトプラでは誰もが少ながらず持ってはいるが、日常的には抑圧されている欲望が舞台の上で鮮明に提示されるのである。そのために、観客は深い共感をもって観劇を楽しむことになる。 クトプラのもうひとつの特徴は、必ずしも単純ではない物語の筋を簡略化し、格闘シーンや笑いのシーンを適宜挿入しながら、柔軟に舞台を構成してゆくやり方にある。クトプラの芸人たちは、公演地における観客の嗜好を考慮し、かつ観客の反応をみながら、公演内容を臨機応変に組み立ててゆく。格闘シーンは舞台の進行にアクセントをっけ、弛緩した観客の注意を舞台に引き戻す効果をもっている。また、クトプラは笑いのシーンをふんだんに挿入することで、深刻さをさけ、観客に気晴らしの娯楽を提供している。理想と現実との垂離に日常的に直面し、緊張を強いられている観客は、笑いのシーンで、このズレを提示されて、それを笑うのである。 このように、人々の心に潜む欲望を的確にとらえて表現する技術や、観客の舞台に対する反応を鋭敏に感じとり、舞台を柔軟に構成してゆく技術にたけていることが人気クトプラ芸人の条件となっている。こうした能力は彼らの豊富な社会経験に由来する。クトプラの公演が行われる地理的範囲は広く、公演をおこなう機会も多様である。そのために、芸人たちはジョクジャカルタを中心に、中部ジャワの各地を訪れ、さまざまな人々と接触し、見聞を広め、広範な人的なネットワークを構築する。これらのことがクトプラ芸人の演技者や演出者としての能力を培っているのである。 こうした能力は舞台の外でもきわめて重要な役割を果たしている。このことを示す端的な例はペーエス゜バユの座長であるギトとガテイである。彼らは舞台の上で卑猥で低劣なジョークを連発し、ドタバタ喜劇を演じる。だが、舞台の外では強い倫理観を持った好人物とみなされている。こうした舞台の上でのパフォーマンスと非常にかけ離れた人物像は舞台外での芸人の「演技」から作られるところが大きい。彼らは、人に何を期待され、何が求められているかを鋭敏に感じとり、それを舞台の外においても自身の「演技」に生かしているのである。 そして実際に、ギトとガティは地域社会において名士やリーダーとしての役割を期待され、そうした期待にこたえている。また、ガティは集落長という公職についている。ギトとガティが居を構えている集落にすむ村人の大多数はあまり裕福とはいえない農民である。彼らは、何らかの事情で、まとまった額の現金を必要とする場合、ギトやガティのもとを訪れることが多い。あるときは、手持ちの装飾品などを質草にして現金を借り、またあるときは、所有する農地や水田を彼らに買ってもらう。これに加え、集落が共同で使用する水場の新設や整備、共同墓地の拡張、道路の舗装、青年団の活動などに際しても、ギトとガティは経済的援助を求められる。 こうした期待と要求に応えることは、とかくマイナスのイメージを付与されがちな芸人という存在が地域社会で生活していく上で、必要に迫られて行っている戦術ともいえる。たしかに、仮設の小屋掛けでおこなう巡回公演を中心とするクリリガンと呼ばれるクトプラ劇団の芸人の生活は、売春まがいの行為をおこなう等の理由から、ジャワ人の一般的倫理観から大きくずれている。そうしたこともあり、ギトとガティは自己の社会的イメージを大変重視している。それは人気クトプラ劇団のリーダーであり、ジャワ芸能界の人気者にして重鎮、かつ温厚で、人当たりのよい人物というイメージである。彼らはジャワ社会における期待されている人物像を舞台の外で演じているといってよい。 以上のように、ギトとガティがになう役割と彼らの行為を見てくると、彼らは地域社会(村)とその外にあるジャワ社会を結びつけ、情報、金銭、人的コネクションを地域社会にもちこむ存在だということである。ジャワ社会でトコ・マシャラ力(tokoh masyarakat)と呼ばれる地域社会における名士あるいはリーダー的存在にはさまざまな種類の人物がいる。それは篤農家であったり、宗教的指導者であったり、富裕な商人であったりする。ギトとガティはこうした多様なトコ・マシャラカの一例なのである。 ギトとガティは政治的、宗教的に特定の勢力と深く関係することなく、中立的な立場を保持してきた。そうすることが多方面からの公演依頼を可能にすると判断したためである。だが、クトプラ芸人のなかには公演依頼を増やすために、積極的に特定の政治団体、特にスハルト政権下の与党、ゴルカル党に参加し、活動を行う者もいた。ギトとガティの場合にもいえることだが、芸人たちは生き残りをかけて、ときには利用できるものは何でも利用するしたたかさを顕わにする。そのとき、芸人は豊富な経験に裏打ちされた彼ら独特の「嗅覚」あるいは現実的感覚を大いに働かせているのである。こうした生々しい現実的感覚をもつからこそ、クトプラ芸人はジャワ社会の変化に巧みに適応しながら、クトプラの人気を長きにわたり保持しつづけることができたのだと考えられる。 そして、1990年代、テレビの普及と並行してジャワ社会は大きく変化してきている。ペーエス・バユの公演活動から、こうした変化へ適応していく様子を窺うことができる。公演は儀礼的な要素が小さくなり、娯楽としての要素が中心となってきた。公演機会も村清めのようなジャワ固有の信仰に基づくものは少なく、インドネシアの独立記念日を祝う催しやムスリムが断食月明けを祝うサワラン儀礼が多くなっている。公演日の選択にあたっても、ジャワ暦よりも土日を優先するようになっている。舞台の内容も笑いとアクションの要素を強調する傾向にあり、漫才のみの公演も増えている。公演機会や公演内容はよりいっそう世俗化し、インドネシア化しつつある。その一方でテレビを通じてクトプラはジャワ王朝時代劇としてイメージを鮮明にしている。また、ムスリムにとって聖なる月である断食月と儀礼には適さないとされているジャワ暦のポソ月は、公演機会として現在でも避けられている。このように完全に世俗化し、ジャワ的なものがインドネシア的なものに置き換わってしまっているわけではない。1990年代の現代インドネシアにおいて、ジャワとインドネシアの間でクトプラ芸人は巧みに両者の要素を取り入れ、使い分け、生き残ろうと努めている。
著者
宮本 愛喜子
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2012

生後発達期、中枢神経系では大規模な神経回路形成・編成が生じる。神経回路網の変化としては神経間の情報伝達部位であるシナプスの除去や新生があげられるが、近年、ミクログリアがシナプス除去に対して役割を持っていることが明らかとなってきた。申請者は未解明である生後1-2週目のマウスにおけるミクログリアの役割、特に神経回路発達の指標となるシナプス動態に対するミクログリアの関与について明らかにするためにin vivo 2光子イメージングを用いたミクログリアの接触とスパイン形成または消失について検討を行った。生後8-10日齢の子宮内電気穿孔法によって大脳皮質興奮性神経細胞に赤色蛍光タンパク質を発現させたlbal-EGFPマウス(ミクログリア特異的にEGFPを発現)を用いて、タイムラプスin vivo 2光子イメージングを行ったところ、ミクログリアが接触した部位に新たなフィロポディア状の突起(スパインの前駆体であると考えられている)が形成される様子が観察された。また、ミクログリアの活性を抑えるミノサイクリンを腹腔内投与したマウスのスパイン密度を調べたところ有意な減少が見られ、ミクログリア選択的に除去したマウスでも同様の結果が得られたことから、ミクログリアによるフィロポディア形成は発達期におけるスパイン形成に寄与していると考えられる。さらに、ミクログリアを除去したマウスから作成した急性スライス標本を用いて微小興奮性シナプス後電位の頻度を確認したところ対照群と比較して優位に減少していた。したがって、ミクログリアにより形成されたフィロポディアは機能的シナプスの形成に寄与していると考えられる。以上の結果から大脳皮質体性感覚野の発達期において、時期特異的にミクログリアがフィロポディアの形成を介して機能的シナプスの形成に寄与していることが示され、発達期の回路形成に対するミクログリアの新たな役割を示唆する結果が得られた。
著者
染谷 智幸
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
2013

博士論文
著者
平田 光司 出口 正之 関本 美知子 柴崎 文一 安倍 尚紀 高岩 義信 伊藤 憲二 湯川 哲之 横山 広美 高岩 義信 湯川 哲之 伊藤 憲二 柴崎 文一 安倍 尚紀 瀧川 裕貴 横山 広美 加藤 直子
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2006

個人情報や第三者に関する情報も含むオーラルヒストリー記録を多数収集し、共有資産として研究者に提供するシステムについて検討し、方法を確立した。実際に高エネルギー加速器研究機構における巨大科学プロジェクト関係者に対してインタビューを実施し、記録をアーカイブし、公開した。
著者
秋篠宮 文仁
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
1996

With the aim of elucidating the evolutionary origin of junglefowls and their domestication processes, I conducted molecular evolutionary analyses of mitochondrial DNAs for various kinds of birds belonging to the subfamily Phasianinae. I then found that the real matriarchic origin of all the domestic fowls examined in the present study was an Asian continental population of Gallus gallus gallus. The phylogenetic analysis conducted in this study also suggested that the continental population of Gallus gallus gallus is the monophyletic ancestor of all domestic fowls. These findings resolve the long-time controversy concerning monophyletic versus polyphyletic origin theories of domestic fowls. <br /> The present thesis is composed of four chapters. In Chapter 1, as an introduction, I described the evolutionary significance of the domestication processes of junglefowls and the overview of taxonomical problems of birds within the subfamily Phasianinae, particularly junglefowls and domestic fowls. <br /> In Chapter2, attention is focused on the molecular phylogeny of the subfamily Phasianinae. Comparisons of DNA sequences for mitochondrial control regions among 16 avian species belonging to the subfamily Phasianinae, revealed the following: (1) Generalized perdicine birds (quails and partridges) are descended from ancient lineages. Even the closest pair, the common quail of the Japanese subspecies (Coturnix coturnix japonica) and the Chinese bamboo partridge (Bambusicola thoracica), maintained only a 85.7l% identity. (2) The 12 species of phasianine birds previously and presently studied belong to three distinct branches. The first branch is made up exclusively of members of the genus gallus, while the second branch is made up of pheasants of the genera Phasianus, Chrysolophus and Syrmaticus. Gallopheasants of the genus Lophura are distant cousins to these pheasants. The great argus (Argusianus argus) and peafowls of the genus Pavo constitute the third branch. Members of the fourth phasianine branch, such as tragopans and monals, were not included in the present study. (3) The one perdicine species, Bambusicola thoracica, is more closely related to the phasianine genera Gallus and Pavo than to members of other perdicine genera. The above might indicate that Bambusicola belongs to one stem of the perdicine lineage which later split into two sublineages that yielded phasianine birds; one evolving to Gallus, while the other differentiated toward Pavo and related genera. (4) Tandem duplication of the 60-base unit was established as a trait unique to the genus Gallus, which is shared neither by pheasant nor by quail. <br /> In Chapter 3, I discuss evolutionary relationships between red and green junglefowls. The noncoding control region of the mitochondrial DNA of various gallinaceous birds was studied with regard to its RFLP (restriction fragment length polymorphism) and sequences of the first 400 bases. Unlike its close ally green junglefowl, the red junglefowl Gallus gallus is a genetically very diverse species; a 7.0% sequence divergence was seen between those from Thailand (Gallus gallus gallus and Gallus gallus spadiceus) and that of the Indonesian island of Java(Gallus gallus bankiva). Furthermore, the divergence increased to 27.83% when each transversion was regarded as an equivalent of 10 transitions. On the other hand, a mere 0.5-3.0% difference (all transitions) separated various domestic breeds of chicken from two subspecies of Gallus gallus gallus of Thailand, thus indicating a single domestication event in the area inhabited by this subspecies, with the red junglefowl being the origin of all domestic breeds. Only transitions separated six diverse domesticated breeds. Nevertheless, a 2.75% difference was seen between RFLP type I breeds (white leghorn and nagoya) and a RFLP type VIII breed (ayam pelung). The above data suggest that although the mitochondrion of RFLP type V is the main contributor to domestication, hens of other RFLP types also contributed to this event. <br /> Finally, in Chapter 4, the evolutionary origin and dispersal patterns of domestic fowls are discussed from various .aspects of molecular evolution and human history. With the aim of elucidating in more detail, the genealogical origin of the present domestic fowls of the world, I determined mitochondrial DNA (mtDNA) sequences of the D-loop regions for a total of 21 birds which belong to the red junglefowl (Gallus gallus) comprising three subspecies (6 Gallus gallus gallus, 3 Gallus gallus spadiceus and 3 Gallus gallus bankiva) and 9 birds representing diverse domestic breeds (Gallus gallus domesticus) . I also sequenced mtDNAs from 4 green junglefowl (Gallus varius), 2 Cingalese junglefowl (Gallus lafayettei) and 1 grey junglefowl (Gallus sonnerati). I then constructed a phylogenetic tree for these birds using nucleotide sequences, choosing the Japanese quail (Coturnix coturnix japonica) as an outgroup. Moreover, I found that a continental population of Gallus gallus gallus was the real matriarchic origin of all the domestic species examined in the present study. It is also of particular interest to note that there were no discernible differences among Gallus gallus subspecies; Gallus gallus bankiva being a notable exception. This was because Gallus gallus spadiceus and a continental population of Gallus gallus gallus formed a single cluster in the phylogenetic tree. One obvious and distinct feature that customarily separates Gallus gallus gallus from Gallus gallus spadiceus is the color of their ear lobes: white for the former and red for the latter. The fact that domestic breeds of the chicken are of two kinds as to color of ear lobes is a clear reflection of the contribution made by Gallus gallus gallus as well as by Gallus gallus spadiceus to their ancestry. Gallus gallus bankiva, on the other hand, is a distinct entity, thus, deserving its subspecies status. This implies that a continental population of Gallus gallus gallus was the monophyletic ancestor of all domestic breeds. I also discuss the possible significance of the initial dispersal pattern of present domestic fowls, utilizing the phylogenetic tree.
著者
髙野瀬 惠子 タカノセ ケイコ Keiko TAKANOSE
出版者
総合研究大学院大学
巻号頁・発行日
2009-03-24

院政前期において注目すべき人物に令子内親王(1078〜1144)がいる。令子内<br />親王は白河天皇の第三皇女として生まれ、賀茂斎院を勤めた後に鳥羽天皇の准母として皇<br />后となった。院号こそ受けなかったが、院政前期に未婚の皇女が立后して皇室を支えた事<br />例として、その存在の意義は小さくない。そして内親王家で行われた文芸活動もまた考究<br />すべき面を持つ。<br />令子内親王は、母・賢子の養父である藤原師実とその室麗子によって、摂関家で養育さ<br />れた。従って斎院時代(1089〜99)には師実・師通親子の手厚い後見を受けており、<br />摂関家の文化的豊かさを象徴する存在であった。その華やかな内親王家の和歌活動を伝え<br />るのが『摂津集』であり、同じ時期の摂関家の和歌活動を伝えるものに『肥後集』がある。<br />この二集には、摂関家の盛儀歌合や廷臣を率いた花見など、伝統的美意識を継承した催事<br />に関わる和歌が多く収められているが、そこには摂関家の伝統と権威を守り文化的主導権<br />を保ち続けようとする師実・師通親子の意識の反映がある。この時期の令子内親王家は「摂<br />関家文化圏」にあったと言ってよく、それは先行研究において指摘されていた。しかし、<br />令子内親王斎院期には、紫野の斎院御所に於いて神楽が年二回(夏神楽と相嘗祭後朝神楽)<br />催行されていたことや、音楽との関わりも多い廷臣と女房の交流などに、芸能流行の時代<br />の貴族社会の一面を具体的に知ることが出来る。<br />令子内親王が斎院を退下した康和元(1109)年六月、関白師通が三十六歳で薨去し<br />た。これにより摂関家が大きな痛手を被り、自河院政が進行する。内親王は退下後も師実<br />夫妻との関係が深かったが、康和三(1101)年二月、師実もまた薨去した。その翌年、<br />令子内親王は同母弟の堀河天皇に寄り添うように内裏に入り、弘徽殿に住むようになった。<br />この時期の『殿暦』『中右記』の記事からは、令子の内裏入りに、堀河天皇と摂関家(忠<br />実)との結合、天皇と白河院との紐帯をそれぞれ強めるという政治的事情もあつたことが<br />察知される。天皇が大切にする姉令子内親王とその女房たちは、今度は天皇を中核とした<br />文芸活動の中に身を置いた。それは『堀河百首』が作られた時期である。内親王自身は歌<br />人ではなかったが、少なからぬ歌詠み女房を擁する前斎院令子方では、中宮篤子方と同様<br />に、天皇側近の歌人らとの盛んな交流が行われた。『大弐集』はこの時期の令子家の生活<br />を具体的に伝えている。ここでは、百首歌と関連する題詠歌、隠し題などの技巧的・遊戯<br />的な歌、漢詩文の影響を受けた物語的な連作等が見られるが、それらにこの時期の天皇と<br />廷臣らの嗜好と新風の模索が表れている。令子家は、堀河天皇を中心とした文化活動の中<br />にあってその特色を体現するものであり、いわゆる「堀河歌壇」の持つ明るく活動的な雰<br />囲気をよく反映していた。<br /> 嘉承二(1107)年、堀河天皇が崩じると、新帝鳥羽が幼少であったことから令子内<br />親王が准母となって立后し,皇后宮となった。これによって令子内親王とその女房らは、<br />今度は「鳥羽天皇後宮文化圏」とでも言うべきものに属することになった。この時期の令<br />子家の具体的な姿を伝える女房歌集はないが、『金葉和歌集』等に皇后宮令子周辺の和歌<br />を拾うことが出来る。遺された断片的な資料から、令子家の和歌活動は小規模で即興性が<br />あり、小弓・蹴鞠・管絃、或いは今様や神楽歌などと場を同じくすることも多かったこと<br />が窺われる。その背景に、内裏や摂関家での大規模な歌合や物合がなくなり、文化活動が<br />「家」レベルや仲間同士で行われる傾向が強まったことがある。令子家の和歌は、総じて<br />個性的なものとも斬新なものとも言い難い、伝統的な詠みぶりである。しかしながら、皇<br />后宮令子が歌詠み女房を多く抱え、また音楽や物語を愛好する「風雅な宮」(『今鏡』)<br />として存したことは、後宮の中心としての必要性に沿ったことでもあった。史料に散見する<br />皇后宮の行事等からも、後宮の伝統を継承し維持することが期待されていたことが窺われ<br />るのである。<br /> このように令子内親王の人生がそのまま内親王家の文芸活動のあり方に影響したため<br />に、その活動は一貫性やオリジナリティーのないものと見なされがちで、文芸の場や内容<br />の詳細と特質に対する研究は十分には行われてこなかった。しかし、強い個性を持たず、<br />貴族社会の状況が色濃く反映したものであつたこと自体に、令子内親王家の特色と存在意<br />義があると言うべきである。白河・鳥羽両院の時代、すなわち院政の開始から確立に至る<br />時代、貴族社会が激しく変貌する中で生きた令子内親王は、斎院、前斎院、皇后宮、太皇<br />太后宮と、呼称の異なる各期において、環境も少しずつ異なる所に身を置いた。その結果<br />として、各時期の皇室と貴族社会の具体的状況と変化の様相を、内親王家のありようにも<br /> 文芸活動にも反映し続けることになったからである。貴族社会の状況を反映したという点<br />では、令子の同母姉妹(郁芳門院媞子、土御門斎院禎子)や堀河天皇中宮篤子の各内親王<br />家の文芸活動にも見ることが出来るが、とりわけ令子内親王は、六十六年の生涯において<br />長期間重い立場にあった点が重要である。<br /> 白河院政から鳥羽院政に至る時代は、いま、歴史学において中世社会の出発期として注<br/ >目される。この時代の文学の研究には『堀河百首』や『金葉和歌集』等、主要作品を読み<br />解くことが重要であるが、それらの精確な読解のためには、周辺の文芸の場のあり方と人々<br />の意識、貴族の生活実態を探ることが不可欠である。令子内親王家及びその周辺の文芸活<br />動を精査し特質を考察することは、この時代の文学の研究のために必要であり、延いては<br />和歌史の研究にも寄与するものである。
著者
加藤 健治
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
特別研究員奨励費
巻号頁・発行日
2012

脳梗塞・脊髄損傷後による運動機能障害は、大脳皮質と脊髄間を結ぶ下行路が切断されているために起こるが、損傷領域の上位に位置する大脳皮質や、下位に位置する脊髄・末梢神経・筋はその機能を失っているわけではない。従って、機能の残存している大脳皮質より神経活動を記録し、損傷領域を超えて下位の神経構造へ、神経活動依存的な電気刺激を送る「人工神経接続」によって、失った随意運動機能を再建できる可能性がある。本研究では、脳梗塞モデルサルにおける大脳皮質-筋間の人工神経接続に対する運動適応過程とその神経メカニズムについて検討した。3頭のサルを用いレンズ核線条体動脈或いは前脈絡叢動脈を結紮することにより脳梗塞モデルサルを作成した。大脳皮質-筋間の人工神経接続は、大脳皮質前頭葉へ慢性留置したシート状電極のうち1極を任意に選択し、記録された脳活動よりhigh-γ帯域(80-120Hz)の特徴的な波形を検出し、その検出頻度に依存して電気刺激の強度と周波数を変調させることにより達成した。人工神経接続切断時では麻痺手の随意制御ができなかったが、人工神経接続中には、随意的に麻痺手の運動を制御することに成功した。さらに、一次運動野、運動前野、一次体性感覚野におけるいずれの脳活動を使っても、麻痺筋の随意制御は可能であり、手関節力制御タスクの成績は時間に伴って有意に向上した。その学習に関わる神経メカニズムを調べたところ、人工神経接続への入力信号を効果的に増加させることによって、自己学習できることがわかった。これらの結果は、脳梗塞サルであっても、自ら脳活動を大規模に再編成させて新規な大脳皮質-筋間の人工神経接続に対して自己適応し、失った手の随意制御を再建できることを示唆している。将来、このような神経代替方法によって、脊髄損傷・脳梗塞等で失った四肢の随意運動機能を補綴する基礎的なメカニズムの理解に、重要な貢献をなすものである。
著者
塚原 直樹 Naoki TSUKAHARA ツカハラ ナオキ
出版者
総合研究大学院大学

カラスの鳴き声と言えば、「カー」ですよね。でもカラスの鳴き声をよく聞いてみてください。「アオア」「アッアッアッ」「ガー」など、実は色々な声を持ち、それらを使ってカラス達は発達したコミュニケーションを行っていると考えられています。今回は、カラスがどんな鳴き声を持っているか、色々な鳴き声を出せる秘密、鳴き声を使ってカラスを追い払う方法など、私が行ってきたカラスの鳴き声に関する研究についてお話します。
著者
溝口 元 Hazime MIZOGUCHI
出版者
総合研究大学院大学
雑誌
共同利用機関の歴史とアーカイブズ2006・2007
巻号頁・発行日
pp.93-114, 2008-03-31 (Released:2011-09-09)

第Ⅱ部 招待講演による記念シンポジウム 研究機関の資料保存と歴史研究 第9章 溝口 元 [立正大学・社会福祉学部]