某研究者 (@boukenkyuu)

投稿一覧(最新100件)

1 1 0 0 OA 日本歴史文庫

https://t.co/UJcNNbyuzj 四手槍と言うのは https://t.co/Zg5lC31V6k >2 白熊はぐまの毛で作った払子ほっすに似たもの。槍の柄につけて槍印とする。   白熊の房が付いた槍なのかだが https://t.co/vSi0LjsJVA

1 1 0 0 OA 日本歴史文庫

https://t.co/6FglxEF8Sm 応仁乱消息には半首が出て来るが 応仁乱時点でも未だ利用されていたのかだが https://t.co/nCtX4hl71B
https://t.co/K1nb3Ra2dO >日本にはオノマトペが非常に豊かに存在し,日常の話し 言葉表現や,詩や文学の書き言葉表現として頻繁に用いら れている.こうした日本の言語文化の伝統に対して,西欧 の言語文化では,オノマトペ表現は日本と比べてその数は 限られ,

1 0 0 0 OA 水と文明

https://t.co/An5e4PixB0 >この浮き袋は、いまでもシルクロードの中心地パキス タン地方で、「ジャーラ」と称されて古来そのままに使 用されている。    呼吸用の皮袋は 現代では利用されているのかだが

1 0 0 0 OA 革船考

https://t.co/qhZdPEICPN >円形 皮 革 船 の他 に,ア ッシ リア後 期 に 於 て は ニネ ヴ ェ 出土 浮 彫 に 看 取 され る如 く,チ グ リス ・ユ ー フ ラ テ ス河 に 於 け る渡 河 は 四 足 獣 の 首 と手 足 を 切 断,腹 部 を さい て 臓 物 を 出 し,
https://t.co/bB5uNeLriQ 島原の熊本藩の忍者・吉田十右衛門も10石の足軽身分だろうが 弓の名手であるから 打根を装備していた可能性は有るのかだが
RT @DevaBrahma: 他論文も。 日本の大豆発酵食品である納豆エキスが、SARS-CoV-2を含むウイルス感染を実験環境下で直接抑制する。 https://t.co/yPMwVN7VQv 更に、ナットウキナーゼは腸管から血管内に入ることが出来る。 ラットでの研究…
https://t.co/m1MMjRof8X 左の寛永期の火縄銃は 砂鉄のみ利用なのかどうかだが
https://t.co/SaZGVe0N4W 国友鉄砲鍛冶は出雲・播磨の砂鉄を好んだと有るが 高級品だと輸入鉄利用は無いと言う事なのかだが

30 0 0 0 OA 十二類巻物

@JavierMasaki This bird is an anthropomorphic black kite(鳶) in The Battles of the Twelve Animals(十二類合戦絵巻).  https://t.co/ErrVJlWSrt
https://t.co/0Rr8yjyix2 甲陽軍鑑だと 武田軍の透破は 偵察だけでは無く 夜間の陣地警備・夜襲時の馬の略奪・放火及び籠城戦も行っているが 昼も伏兵に利用されていたと言う事なのかだが
https://t.co/bB5uNeLriQ 熊本藩の忍者が 鎌を鍛冶屋に発注している例も有る様だが 此れは武器としては何処迄使われたのかだが
https://t.co/3MMPA1JmtY 福井藩の忍者が9-12石で 徒武者的甲冑を装備していたとすると 熊本藩の10-15石の忍者も装備していた可能性は有るのかだが
https://t.co/qyAZLxV24Y https://t.co/DZs9va7hJr 忍秘伝に 鋸付きの鎌が出て来る様だが 錨綱の切断にも使われたのかどうかだが
RT @ninja_yakata: 昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍…
RT @ninja_yakata: 昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍…
RT @ninja_yakata: 昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍…

68 0 0 0 OA 史籍集覧

RT @kamaeatte: https://t.co/zp57ouYGC6 国立国会図書館デジタルコレクションで細川幽斎覚書が読める。幽斎が家中に向けて書いた覚え書きが家臣三宅某に伝わったものだという。以下、戦術に関する事柄で気になった箇所をいくつか紹介したい。
https://t.co/jKYB6Z0tDj 保元物語の為朝の鑿形鏃だと幅3cm 刃長24cmで 茎は矢柄全体に通っている等と言うが 手突矢でもこうした物は有るのかどうかだが
https://t.co/kzAYCiPnvb 福井藩の忍者だと雨松明が有るが 此れを投げて着火していたのかだが 手火矢(焙烙玉)での着火も有ると言う事なのかだが
https://t.co/unaVWJjmYh 平治物語絵巻だと鉢巻は描かれないと言う事なのかだが https://t.co/DMRio0uIJL 蒙古襲来絵詞では多いだろうか
RT @Navy_hisa: @NazologyInfo こちらに掲載の最後の方に「本研究により、損傷急性期に与える温熱刺激は二次損傷を助長するが、再生過程においては効果的であることが示唆された」とありますね。https://t.co/xujlsuJk6h

31 0 0 0 OA 築城記

RT @vr_murakamijo: 国会図書館のデジタルアーカイブで「築城記」が見られるんだが、「サク木」の記述を踏まえて立体化すると右側のような感じになる。縦材の密度は「瀬波郡絵図」を参考に作ってるのと同じでいいみたいだが、横材は4本渡すとある。 https://t.co/…
https://t.co/qqgln204xx  平治物語絵巻・三条殿焼討巻に 袖の無い鎧の上に服が有る騎兵が描かれるが 僧兵では無いと言う事なのかだが https://t.co/nH6ZV67Wyk
RT @baritsu: 結構長い。冒頭の所の、何故百姓身分の物が剣術家になれたのか素朴な疑問がわくとか、これまでの研究では武術は武士だけのものとされてきたとかの辺りでちょっと引くが、後半の翻刻が貴重 https://t.co/f1zrNadoLd
https://t.co/ZNKrbx1PUr > ビッカース硬さ(Hmv)は刃先が 600~700,中央部分 (芯部)は 300~400 である.   >著者の測定した鎌倉,室町,江戸期日本刀 の中には折れるのを防ぐために芯に極低炭素鋼を用いている ものもあり,芯のビッカース硬さは 100~160 程度で,
RT @Beat_Cow_299: @bioregions これですか? https://t.co/nisKiP5kVM https://t.co/RAFAcIPu0l
https://t.co/bq0fyuIQXR >本研究は、打突の機会の一つである出端小手を対象として、仕太刀の動作開始時間・動作 時間、右上肢関節角度、竹刀角度、竹刀先端速度を指標とし、熟練者群と未熟練者群の相違 点を検討した。
https://t.co/MNPbjBzKcK >この ことか ら,大 学剣 道部員 は打撃中に右手で竹刀 を前 に押 しだ し,上 体 を前 に倒 しなが ら打撃 を行 って い るの に対 し て,一 流競技者 は肩 を支点 とし,腕 の上下動 と両 手首 の伸展動作 を生か した打撃 を行 ってい ると考 えられた。
https://t.co/Vb8hbRnlFh >(1)打 撃時間について 小手打 ちにおける打撃時間の平均値を表 した も のが表一1で ある。 小手打 ちを得意技 とする被験者Aと そ うでない 被験者B群 間において,① ~⑤の動作の過程 それ ぞれ につ いて,打 撃時間の平均値 の差の検 定を 行 ったところ,
RT @NicholasP_NPC: 古流柔術の稽古着~講道館柔道で制定された柔道着への変化については、こちらの論文が端的に良くまとまっていると思う。 J-STAGE Articles - 柔道衣の形態と色に関する史的研究(その1) https://t.co/8gEVw0Dd…
https://t.co/9mBMpTXlgP >城や藩邸の警備と、藩主の参勤交代の護衛を行いながら、まれに自国 や他国の探索業務を行うというのが、江戸時代の忍びの一般的な職務であるといえるだろう。
https://t.co/9mBMpTXlgP 忍者の柔術は制剛流以外も有ると言う事なのかだが 制剛流以外の隠し武器も利用されていたと言う事なのかだが
https://t.co/9mBMpTXlgP  >現飛 「鉛珠」に鎖と紐を取り付けた武器で、敵を捕える際に刀や腕に絡み 付けたり、遠距離から打撃を与えるのに使用したと考えられる。『伊賀 流忍術隠火之巻』と制剛流『道具之巻』には同じ形状の武器で「魂飛」 が記されている。
https://t.co/40jWRJk5qb 足軽より高級な甲冑を装備する 福井藩の忍者なら 相応の武術は身に付けており 焙烙玉や鉤縄も投げる事は出来ると言う事だろうし https://t.co/ljZSbMQwBb 太平記の忍者的な畑時能は刃長四尺三寸の大太刀迄 利用していると言う事だろうか
https://t.co/40jWRJk5qb >「禄高帳」以外にも忍之者の名を記した史料をいくつか見つけることができる。 「御咎之部并赦」 (六五七号)からは、文化五年(一八〇八)に駒五郎」なる人物が登場する。   江戸期でも名が公開されている忍者は 居ると言う事なのかだが
https://t.co/40jWRJk5qb >火薬を詰めた器などを投射する「手 (て火び箭や)」 、    福井藩の手火矢が投げられる忍者なら 石や鉄礫程度は放れた可能性は有るのかだが そうした物の城潜入時の携行は無いと言う事なのかだが
https://t.co/Zj6CYMEaG3 片手突きが意外にも 21回放たれているし 飛び込み突きも20回有るだろうか
https://t.co/Zj6CYMEaG3 左だとかつぎ技は5/12 かつぐ行為は31回有るのかだが
https://t.co/Zj6CYMEaG3 左だと出鼻技は9本命中 斬撃を受けてから出すすりあげ技・返し技は 計4本命中していると言う事だろうし 出鼻よりは少ないと言う事だろうか

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/vSbbrPmjLE  https://t.co/E1OjTqounv >ここに、紀州熊野の侍で野老源三という者がいた。奥三山に隠れ無き大力の剛の者であったが、「ここなる敵一人に多数の味方を討たれ、無念である。それがしが組み留めてみせよう」と言うと、進み寄って太刀の下にすっと寄り、 https://t.co/FhCgaXh68s
RT @inuchochin: 正徳2年(1712年)序文の出版本「文武さざれ石」、室内で大小両刀を帯刀して正座でいる人物の絵がたくさん載ってる。出版物に描かれても不自然じゃ無い所作だったのかね?? 関口新心流柔や田宮流などに大小両刀帯刀で座っている想定の形があるけど、有り得る…
https://t.co/hyj6rPK0gJ >更 に源 平盛衰記 (二十一巻小坪 の戦)に よれば,綴 太郎 と和田 小次郎 との組討 ちで綴太郎 は東 国無双 の相撲 の 上 手,四 十 八手 の取手 に暗 か らず とあ り,こ の 文 中には,内 搦,外 搦,大 渡(渡 し込み)等 で
https://t.co/40jWRJk5qb 福井藩の忍者だと半弓・刀は装備しているから 此れ等の利用と 組討は習得していたと言う事なのかだが 忍下役だと半弓・銃・刀は使えたと言う事だっただろうか

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/c6lvbz3mxb 蜂屋貞次の槍は 3間(5.45m)だが太い物なのかだが こうした槍が投げ突きにされているが 投げ突きは前書いた様に槍を投げる犬槍では無く 投げる様に突く技の可能性も有るのかだが https://t.co/vzOKrF39Uv

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/azOdlG2gZe  新発田重家の馬 染月毛は 赤く塗られた馬なのかだが 太平記でも多種の色に染められた馬が出て来たが 染月毛同様に戦場利用されていたと言う事なのかだが https://t.co/DOeWpPs0yB

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/q9Xi4ABple  槍に4・5箇所縄を結い足溜まりとして城壁に登る例も有るのかだが 忍者の登器共成る鎌槍には 同種の縄は付けられたのかだが https://t.co/ck4nrqoJqQ

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/9m5gmsLktv >尼崎幸右衛門が女親の仇を撃ちし事  里也は鎖帷子を装備していたが 岩淵伝内は無かったと言う事なのかだが 有ったとしても足軽的な剣術しか無いなら 大太刀を利用しても勝算は無かったと言う事なのかだが https://t.co/WLPvYIn95S

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/YpgC5XCdCO  林田左文も態とあとずさりした後に 飛び違い斬りをしているのかどうかだが 蹴り技も有ると言う事なのかだが https://t.co/rIgSPDL3Gy
https://t.co/40jWRJk5qb >下役が鉄炮(小筒)を扱ったことは「隠密秘事忍大意」に「下役ハ(中略)半弓鉄炮習セ申事」との記載があることに符合する が、    下役も半弓は放てるが此れの装備は無いが 奪った弓を利用出来る様にしていると言う事なのかだが

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/HxlgxbUXCG  玳瑁の槍と言うのは https://t.co/LG6RriaYtJ  >柄を鼈甲(べっこう)で張り包んだ槍。俗説に槍の穂の左右に二つずつ枝のあるものという。玳瑁槍(たいまいやり)。  鼈甲が貼られる物なのかだが https://t.co/ERJnS5tCcs
https://t.co/40jWRJk5qb 福井藩の忍者に手裏剣は無いが 腰指の半弓を装備していると有るが 此れは箙に装着出来る可也小型の物と言う事なのかだが 手火矢(焙烙玉)を投げる技術も有ると言う事だろうか
https://t.co/40jWRJk5qb >すなわち伊賀者は藩主の参勤に付き従い、江戸では藩邸に宿直したという。  史料一・二によると、福井藩の忍之者も同様に 属留守居」とある。

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/x3xtz8XuAM 長谷堂合戦時の前田慶次は 馬に金の山伏頭巾を被せていたのかだが 唐鞦と言うのは https://t.co/2AHjppK5MA 左の唐鞍の鞦なのかだが 明形式の物の可能性は有るのかだが https://t.co/gg0kYTuqKN

16 0 0 0 OA 続群書類従

オニビシでさえ長靴を貫通するとすると https://t.co/du3ddIgzM0  朝鮮軍が南原城で利用した鉄菱は 対日本専用では無く モンゴルや西欧的なブーツも貫通すると言う事なのかだが https://t.co/WxXu9J4Tne

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/6KzMGuDvb2  槍で打ち伏せると言うのは 槍での打撃の事なのかだが 弓での至近距離での射撃は 弦をカットされる危険も有るのかだが https://t.co/i8HpbF1NMg

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/CxX1K9jtgE 富田信高の妻の具足は 中二段黒革の緋縅なのかだが https://t.co/EANMAluryz

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/xHVio4FJkq  三木牛之助の五尺の鍬形には 歌が書いてあると言うが 一部の鍬形の様に透かし彫りが成されていた可能性も有るのかだが https://t.co/RhYcdQcNep

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/8hXGyeFVuB  黒田長政の大綿帽子と言うのは https://t.co/TU39Sl8ugR 左の官兵衛の綿帽子と類似する やや大型な物なのかだが https://t.co/MBCNUlRUct

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/U50b2NkxR8  矢田作十郎の鯉の兜と言うのは https://t.co/YlrLfan928 左の金の鯉の前立てが有る物なのかだが 矢田作十郎が戦死する1569年迄に存在した物なのかどうかだが https://t.co/TibfMbloX8

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/sqeAY6lABa  景勝が長い刀利用と有るが 戦国期だと東国の方が騎乗戦を考慮して 長い刀の利用が多い可能性は有るのかだが https://t.co/AYiA8X6gEL

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/4JJxvPsqRL  常山紀談の小田原出陣時の秀吉は 馬上で土俵靭を装備しているが 通常の騎馬武者が此れを装備した例は有るのかだが https://t.co/jJ5L5PFVAh

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/T04etVTSB3  常山紀談だと川に張られた鳴子が切断されているが 太平記等に出て来る川の乱杭の綱が水練が達者な者に 秘密裏に切断された例は有るのかどうかだが

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/JWf3aUJWsi  槍を鞭の代用として 馬を打つ例も有るのかだが 弓や刀の峰等が代用される例も有るのかだが https://t.co/kA91GXxJNU

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/mOCfJ2tMTn  常山紀談だと 自身の馬を敵の馬の横に当てて落馬させた後 組討に持ち込んでいるらしき例が有るだろうが 高等技術と言う事なのかだが https://t.co/E1GBaZmeyR
https://t.co/vkrEuwBDEI 猫潜りだと幅は6寸だが 更に巨大な雁又矢も有ると言う事だっただろうか https://t.co/jKYB6Z0tDj 為朝の鏑矢の雁又鏃の幅は 8寸と書かれる例も有るだろうか

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/GYtMq0CHwu 加藤嘉明が少人数で乗り込んだ朝鮮艦隊の本船と言うのは 旗艦なのかだが 朝鮮記に有る様に焙烙火矢や火矢で上甲板の砲の火薬に引火爆発させ 混乱に乗じて切り込んだ可能性も有るのかだが 他の船は火薬に引火し炎上している訳だろうか https://t.co/584m9cyabf

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/RxlUuPhgnp  菅正利が虎の眉間を斬って倒したと有るが 刃長2尺3寸程度の刀で虎の頭骨を斬るのは容易なのかだが 他の傷が致命傷と成っていた可能性も有るのかだが https://t.co/7E1Nufuhkb

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/MkmWMdbr4k  乗馬追撃を牽制する為に 槍の穂を後方に向けて持ちつつ 敵に背を向けて徒で後退した例も有ると言う事なのかだが https://t.co/0LIoxWzJ7Y

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/MkmWMdbr4k 常山紀談だと 十文字槍で馬上の兵を掛け落とそうとしているが 鉤槍でも同様の事は行われたのかだが https://t.co/nTmCXf13hj

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/GcqGF0EhZf  常山紀談だと 清正は藁を糠の代用品として馬に与えたと有るが 他ではどうなのかだが https://t.co/xZfPVCdbZ3

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/ng76h8pY2e 常山紀談の遠藤文七郎・原田左馬助は 一丈の木太刀を装備しているが 大阪陣の宮本武蔵も 大木刀を装備していたと言う事だっただろうか https://t.co/QI0ux2Yc6q

4 0 0 0 OA 常山紀談

https://t.co/hww1g0z9on  常山紀談の野矢甚右衛門の至近距離からの射撃と言うのも 雑兵物語に類似の物が有るだろうが 接近戦に備えて 弭槍を装備していたのかだが 取り矢の様な形で 打根を近接戦用に持っている例も有るのかどうかだが
https://t.co/40jWRJk5qb 福井藩の忍者が携行する打鈎(鈎縄)も長いだろうが これで長物を拘束する事は 果たしてしていたのかどうかだが

16 0 0 0 OA 続群書類従

https://t.co/kpTwibORYu 大河内秀元の下の組討で 鎧の隙間を突いたのは 少スカ=小柄と言う事なのかだが 脇差は失ったか 相手に密着されて抜刀出来ず 此れでも抜ける小柄を抜いたと言う事なのかだが https://t.co/KyOYpEMxiN

16 0 0 0 OA 続群書類従

https://t.co/2uLEHvm9dy  大河内秀元も 下の場面では馬上で短い刀を利用している可能性も有るのかだが https://t.co/KtyKYMSHnl

16 0 0 0 OA 続群書類従

https://t.co/YNARSiIp4x 日本軍の焙烙火矢が 朝鮮船の火薬に引火して誘爆している例も有るが 大砲は亀甲船以外は 上甲板に有る構造だっただろうか https://t.co/IYBWWHlJkB

16 0 0 0 OA 続群書類従

https://t.co/4I74xJuHYx 身長7尺で3尺余の大太刀(此れは苗刀か)を持つ 朝鮮兵と大河内秀元等は戦闘しているが 鎧の袖で槍が絡められて 切断されていたと言う事なのかだが 大河内秀元の短い刀にはそうした事は出来なかったと言う事なのかだが https://t.co/3CWdGEYQBi

16 0 0 0 OA 続群書類従

https://t.co/Q3raIP41KS 南原城攻防戦時の大河内秀元は 下馬して騎兵を 短い刀で斬っていたと言う事なのかだが https://t.co/Pxa3faqNey
https://t.co/3MMPA1JmtY 福井藩の忍者だと兜・頬当迄有る 徒武者的な装備だが 太平記の畑時能とその部下が 大鎧と鎖帷子を使い分けていたと同様に 軽装で潜入した例も有るのかどうかだが
撒菱を投げる等と言うのは 忍者以外では有るのかどうかだが https://t.co/3MMPA1JmtY 一方で福井藩の忍者だと 撒菱の携行は無いと言う事なのかだが

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/yAVms18LKL  奥州後三年記で 薄金を着た伴次郎傔杖助兼が 清原軍の石弓で兜に石を落とされる場面は 後三年合戦絵詞にも有ると言う事なのかだが https://t.co/ki3Mz0fbi4

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/PanWSV4anG 山名氏清も 一色詮範の刃長四尺三寸の大太刀・泥丸に兜鉢を連打されて落馬した後 膝を斬られ 草摺の隙間や内兜を狙われて止めを刺されたと言う事なのかだが 現実にこうした一騎打ちは有ったのかどうかだが https://t.co/YIEXHTpEPB

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/YJ9sqJgw9y  山名時熙家臣・滑良兵庫も 山名氏清の指令で刀を持つ兵を背後に回され 恐らく脛当よりやや上を斬られてやられたと言う事なのかだが https://t.co/hz0X2OSW2E

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/YJ9sqJgw9y 明徳記の一色詮範の鍬形は 銀の157cm等の物が実戦使用されていたのかだが 白地の金襴の笠印を装備し 馬には金鎖利用の鎧が装備されていたと言う事なのかだが 此れは馬面は有るのかどうかだが https://t.co/lD7Q8UIumh

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/SvGGP77etO  大内が山名軍を撃退した戦術も 騎兵も歩行戦をして 馬を狙うと言う様な良く有る物なのかだが 此れを嫌い下馬戦闘して来る敵は低い位置からの いきなりの組討で倒していたと言う事なのかだが そうした攻撃は多用されていなかったと言う事なのかだが https://t.co/DorFNDVaxT

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/SvGGP77etO 大内義弘のこの刃長3尺1寸の薙刀はhttps://t.co/zrBhL1YNmY 左の小林薙刀なのかだが 刃長は2尺5寸だが https://t.co/Ue9M1lO7Zw

21 0 0 0 OA 群書類従 : 新校

https://t.co/vKYW8zDscY  明徳記だと小林義繁が膝を折り 大内義弘の袖の下から左腕を斬ったと言う事なのかだが 籠手でダメージは軽減されているのかどうかだが https://t.co/sKeRf0Qdal
@kerpanen https://t.co/fyA6cOFhgl 平治物語絵巻・三条殿夜討巻だと 人差し指・中指をなめているのかどうかだが
https://t.co/cqAzBJJrL4 大友のフランキは1580年以前は信長に渡されていないと言うなら 三木城の一貫目筒は日本製の可能性も有るだろうが 青銅製の可能性も有るのかだが これと同サイズの物が 九鬼の大船には有ったのかどうかだが
https://t.co/cqAzBJJrL4 1571年に国友の200匁筒が作成されたと有るが 九鬼の大船の砲はこれよりは大きな可能性も有るのかだが
https://t.co/9IGZ77g74W 鉄小札も包丁鉄だけでは無く 玉鋼的な高炭素の鉄も混ざる 偽ダマスカス構造の物なのかだが 折り返しは1-3回では 10回程度の刀と異なり強度は最大化はされないと言う事なのかだが
https://t.co/c6soRjl3KO >遠矢に使用する矢 は五匁(約18,8g)か ら六匁 三 分(約23.6g)位 で,   遠矢も4匁5分よりは 重い例も有るのかだが
>それも少しの間のことで、下の者たちは水に溺れ、中ほども者は押されて死に、上の者は火に焼かれました。   https://t.co/qYVmDFzA6Z  平治物語で人が井戸に飛び込んでいる場面は 左の平治物語絵巻・三条殿焼討巻に描かれると言う事なのかだが
https://t.co/jKYB6Z0tDj >通常の 矢は、重いものでも二百グラムくらいではないかと推定されるが、この矢は 矢尻のサイズ及び中子が箆全体に差し込んであることから推定して重さは 一キログラムくらいにはなる矢となる。
https://t.co/B5E2RXzHM0 左の福井藩の忍者の絵も https://t.co/kzAYCj6YmJ 左の文書の物とはやや異なると言う事なのかだが 胴以外は赤い部分は無く 頬当も装備され 脛当は無い可能性も有るのかだが
https://t.co/kzAYCj6YmJ 福井藩の忍者だと打鉤が装備されるが 此れは矢狭間に穴を空ける事にも利用される苦無の可能性も有るのかだが
https://t.co/G5IzOlVv3x 澳門(マカオ)に ポルトガルの日本人傭兵が2-3000も居たと言う事なのかだが 売買される様な奴隷なら高位の者は居るのかだが そうした者以外の高位の傭兵も居たのかだが https://t.co/4FbiL96RTr
https://t.co/kzAYCj6YmJ >忍之者は銀半月の立物がついた椎成黒塗の甲に頬当、金ノ丸が前後についた朱塗の胴、小手などを身につけることになっていた。   >忍装束を身にまとい、 単身敵地に乗り込むという後世の創られた忍者イメージとはまるで異なる重装備だと言えよう。

お気に入り一覧(最新100件)

昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍者・服部半蔵」の誕生──昭和三九年までの作品を対象に」 https://t.co/40Q2TA5RIi
昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍者・服部半蔵」の誕生──昭和三九年までの作品を対象に」 https://t.co/40Q2TA5RIi
昨年発行の「忍者研究」3号がJ-STAGEに登録されました。 平山優「戦国時代の忍びの実像」 https://t.co/9DyB94DisC 上田哲也「熊本藩細川家の忍び」 https://t.co/cuugy9uD47 田村梨紗「「忍者・服部半蔵」の誕生──昭和三九年までの作品を対象に」 https://t.co/40Q2TA5RIi

68 0 0 0 OA 史籍集覧

https://t.co/zp57ouYGC6 国立国会図書館デジタルコレクションで細川幽斎覚書が読める。幽斎が家中に向けて書いた覚え書きが家臣三宅某に伝わったものだという。以下、戦術に関する事柄で気になった箇所をいくつか紹介したい。
@NazologyInfo こちらに掲載の最後の方に「本研究により、損傷急性期に与える温熱刺激は二次損傷を助長するが、再生過程においては効果的であることが示唆された」とありますね。https://t.co/xujlsuJk6h

31 0 0 0 OA 築城記

国会図書館のデジタルアーカイブで「築城記」が見られるんだが、「サク木」の記述を踏まえて立体化すると右側のような感じになる。縦材の密度は「瀬波郡絵図」を参考に作ってるのと同じでいいみたいだが、横材は4本渡すとある。 https://t.co/lE6ZcpqNBZ https://t.co/iKvNNGlY1n
古流柔術の稽古着~講道館柔道で制定された柔道着への変化については、こちらの論文が端的に良くまとまっていると思う。 J-STAGE Articles - 柔道衣の形態と色に関する史的研究(その1) https://t.co/8gEVw0DdPo
正徳2年(1712年)序文の出版本「文武さざれ石」、室内で大小両刀を帯刀して正座でいる人物の絵がたくさん載ってる。出版物に描かれても不自然じゃ無い所作だったのかね?? 関口新心流柔や田宮流などに大小両刀帯刀で座っている想定の形があるけど、有り得る想定だったのかも https://t.co/QeCgTxnNvr https://t.co/tfC8hJevTS

フォロー(0ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(576ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @Yamamoto0509: ファイザーワクチン接種28日後にすっごいレアな場所に静脈血栓症をきたした症例報告が日本循環器学会誌に載ってました
RT @Yamamoto0509: ファイザーワクチン接種28日後にすっごいレアな場所に静脈血栓症をきたした症例報告が日本循環器学会誌に載ってました
RT @ryu_sogen: 〇最近の研究だと現在のパーリ経典の殆どが18~19世紀で、これらの写本がどういう過程で現代に至ったかほぼ不明なため歴史資料価値の限界にも言及されている。 参考資料 「正典概念とインド仏教史」を再考する ―直線的歴史観からの解放― 下田正弘 http…
RT @petty_bonitas: これによると大学では ・必要な研究指導をしない ・教員の個人的確執に巻き込まれる ・不当な妨害、嫌がらせ などのアカハラが多々発生している。これらのいずれにも該当しないSNS内の暴言をオープンレターを出してまで非難したことについて当事者は…

12 1 1 0 OA 女大学

母は女大学を祖父から教えられたと言っていました。 https://t.co/ixBzmomi65
税収5,031,748(百万ドル) 累積債務53000000000000USドル アメリカの会計検査院は累積債務が税収の10倍もあるので返せっこないと国債踏みにじるつもりですよね。 米改正検査院の文京シビックホール説明会資料 https://t.co/us7SMWo0jd 米税収 https://t.co/rHwFLXvk8K https://t.co/fKw5TJJsA5
RT @hollyhockpetal: 実際、こちらの方が指摘なさっておられるように、学会の中では批判に向き合う対応があって、現在の学会誌のイラスト表紙で学問の内容を解説する取り組みでは男女のバランスとか考えられてるのがわかる。「一方的に燃やされた被害者」って話にするのも勝手な…
RT @kirinosakujin: 平川新さんは出羽国(現・山形県高畠町)の道場主、武田軍太の自伝をもとに「出羽国の庶民剣士―武田軍太「武元流剣術実録」の世界―」を発表した。まさに出羽の近藤勇という感じです。PDFで読めます。 https://t.co/fWOIK9lXqn