みんみんぜみ (@inuchochin)

投稿一覧(最新100件)

19 2 2 2 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: 「太刀態」は窪田清音の著書からの復元のようで、元の著書はこちらから読むことができます。こちらの演武と見比べてみるのも面白いかもしれません https://t.co/thiRJpOzvD

19 2 2 2 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: 「太刀態」は窪田清音の著書からの復元のようで、元の著書はこちらから読むことができます。こちらの演武と見比べてみるのも面白いかもしれません https://t.co/thiRJpOzvD
RT @baritsu: @inuchochin これです。著者は郷土資料館の人みたい https://t.co/hTTI8FQmYF
RT @tsukiokabunko: 拙稿「林崎居合神社参詣諸藩士の祈願 Prayers of Feudal Warriors who pilgerimage to Hayashizaki-Iai-Shrine」(『山形大学歴史・地理・人類学論集』17号、2016年3月)htt…
RT @quiriu_pino: 日タイの絆 : 日本式刀剣 (日タイ修好130周年記念特別展 タイ : 仏の国の輝き) 末兼 俊彦 タイ国情報 51(5), 5-9, 2017-09 https://t.co/3KjzipULj5 多分これも同内容の文章。
RT @quiriu_pino: もっとちゃんとした形なら、こちら。 2015 年度 研究成果報告書 基盤研究(B) タイにおける異文化の受容と変容  ―13世紀から18世紀の対外交易品を中心として― https://t.co/NK2UMHVZUo pdfファイルで研究成果の概…
RT @2SC1815J: 国立国会図書館デジタルコレクション、図書、古典籍等約5,800点を新規追加 https://t.co/2tZlEAG5AL 。江戸時代の行商人の姿と売り声を記した曲亭馬琴『近世流行商人狂哥絵図』https://t.co/6VO1aFeuPR も。画像…
RT @baritsu: 「武」の字形研究 武という字は、戈を止めるとか戈をもって進むとかいろいろ説があるけど、武という文字の形の変遷から見た論文。楷書時代の変化から唐代に演芸的側面が発達し戈の部分が武器を表すという認識が薄くなったのではないかと。大変面白い https:…
RT @sagasengoku: ★論文はWEB公開されています:https://t.co/soZEx7CLRC ⑤ 唐泉山、八天狗社(たぶん現在の神社の位置とは違う)、そして岩屋山(浄土山)、愛宕神社あたりは山伏が峰入りで回る修行場。タイ捨流・丸目蔵人の高弟、伝林坊頼慶は図中…
@6858ichikawa おそれいります。 直心影流は一時期調べていたので記憶にありました。たしか軽米克尊先生の「直心影流に関する研究」に鞘内の内容についても書かれていたと思います。 https://t.co/J4WmB997hq
RT @oikawamaru: 日本水産学会賞受賞に際して発表された「北田(2016)種苗放流の効果と野生集団への影響 PDF https://t.co/gqHwHA6hfE」放流の効果と影響を調べ続けてきた専門家による重要な指摘「放流実施を前提とする現在の栽培漁業政策から産卵…

19 2 2 2 OA 剣道集義

②の足構えの件、これは以前も話題にしたけど、江戸後期から幕末にかけて活躍した、田宮流の窪田清音の構えが剣道的に後ろ脚の踵をうかせている。とすつと、窪田清音の田宮流は「日本武術の伝統である体捌き」を無視しているのだろうか。… https://t.co/kEmok8Wzud
RT @baritsu: 「大日本弓道会の成立・展開と組織形態」あまり触れられないからこれは嬉しい https://t.co/9AlGCciPb4

4 0 0 0 空手道教範

昭和十年の空手道教範だと既に鉄騎表記なんや。 https://t.co/X89uaHJ1ov 中華的ではなく日本的という意味で敵性言語とか書いてるのかな。考えてみると、そもそも中国語の置き換えとかあったのかよく知らない。
RT @podoron: 「20年分の温泉の健康増進作用に関する研究論文のレビュー」 温泉の効果の研究の信頼性を、科学的根拠に基づいた医療(EBM)の視点から評価 ・「効果ある」、0編(0.0%) ・「おそらく効果あり」、32編(55.2%) ・「効果ないかも」、26編(…
@SagamiNoriaki 井蛙流に興味が!? 井蛙語海と井蛙正伝については太田順康先生が武道学会で発表されてますね。 https://t.co/rZhdQDKyM3
RT @ToyosakaLabo: この超重量の居合刀による稽古はさらに窪田清音の弟子にも受け継がれます。清音の弟子戸田八郎左衛門忠道の使用した居合刀は総長140cm、拵え含む総重量8.8kgというすさまじいものです。詳しくはこちらの論文を参照の事(https://t.co/R…

8 0 0 0 OA 北斎漫画

@mon_emon @atsuji_yamamoto 棒はこっちの絵ですね。 https://t.co/OPn3P5C33L https://t.co/yWLXCqPeQL
RT @oikawamaru: hamusiさんのブログhttps://t.co/12lsPPTNxGで紹介されていた「隠岐国産物絵図注書https://t.co/R0eNyBQzDD」面白い。確かに30コマのシュモクザメのゆるキャラ度が高い。個人的にコウモリのポージングも気に…
おお、これもJ-stageに! 岸和田の心働流柔術(開祖は片山久勝だとか)の武士が岩国まで行って片山家に入門、片山流居合と剣術を学んだ記録。和田哲也「片山家文書『佐々木十蔵・新川佐十郎当流修行記』」 https://t.co/QNSFgK81JM
宝蔵院流の歴史等については「日本の古武道」以外に渡辺一郎「鎌宝蔵院流槍術」や、平上信行「極意相伝第2巻」くらいがあるだけだけど、武道学会で多数の発表をされている石川哲也先生の著作が一番分量、内容ともに豊富だと思う。このあたりとか。 https://t.co/wBMzHktUL7
RT @ToyosakaLabo: 追記で。現代の田宮流の前宗家、妻木正麟先生の祖父の妻木恰についても記載がある。代々西條の重臣で、若くして尊王攘夷を志して江戸京阪へ赴き活動していた由。三十四歳の若さで亡くなられたそう。 https://t.co/XSMjgCLRNJ
RT @ToyosakaLabo: そして高橋筅次郎。森惣兵衛の次男で幼くして非凡の才があり、父に就いて剣術を学んだ後江戸に出て各流に学び、諸国を歴遊して練磨し名声を博した由。各藩からも学びに来るものが絶えず、紀州藩に逆に田宮流を教えにも行ってたみたい(^^; https://…
RT @ToyosakaLabo: 吉田藤兵衛と森惣兵衛。吉田藤兵衛は三野伴五郎の弟子の豊田仲右衛門の弟子で、西條藩剣術指南役となる。ちなみに豊田仲右衛門の子と思われる豊田近左衛門の系統が現代の田宮流の妻木家へ続く。 https://t.co/BC3PQQrpZx
RT @ToyosakaLabo: 何人か抜き出して紹介してみる。まず三野伴五郎。田宮神剣流では田宮対馬守長勝ー江田儀左衛門ー三宅集意ー栗本半蔵に次ぐ五代目。武道の達人で武神と称される程だった由。父の栗本右衛門とは栗本半蔵の事だろうか。 https://t.co/1zw9BfR…
RT @ToyosakaLabo: ちょっと前に郷土史の話があったので再掲。あまり知られていない西條藩の田宮神剣流の伝承者に関する記述があって面白い。 「西条藩三百年記念号」 https://t.co/KHRO8RvYPt
RT @awajiya: [ CiNii 博士論文 - エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法|石黒, 鎮雄 https://t.co/C3NRdq8B5O " 学位授与年月日 1958-08-29" ]ははぁ こういう先進的研究を.
RT @ToyosakaLabo: 愛媛県新居郡誌から西条藩田宮神剣流 高橋筅次郎についての記述。「其の最も得意とする所は両刀使ひにして名声四方に轟き天下無敵の評あり」とある。「大鼓打」や「大鼓小鼓」と言われてたなんてのは初めて見た。両手で鼓を打つような早業だったということかな…
RT @oikawamaru: この論文みると輸入ドジョウの放流はドジョウそのものも問題だけど、やはり寄生虫の問題もかなりありそう。すなわちどんな生き物でもよそから持ってきて放流すると、それに寄生するものも放流され、在来種に悪影響を及ぼす可能性があるということ。 https:/…
@AkiraGoto_kkym そういえば十兵衛杖の解説や写真はこちらで読めます。 https://t.co/D0ZTm1Vfzm
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
RT @ToyosakaLabo: この超重量の居合刀による稽古はさらに窪田清音の弟子にも受け継がれます。清音の弟子戸田八郎左衛門忠道の使用した居合刀は総長140cm、拵え含む総重量8.8kgというすさまじいものです。詳しくはこちらの論文を参照の事(https://t.co/R…
@kentarou_yokota この楊心流臼井利左衛門と同一人物なら明和の頃、江戸時代中期の人ですかね。 https://t.co/WwVD1HA93R

102 0 0 0 OA 往昔抄

RT @baritsu: 「往昔抄」と言えば私でも知ってる室町時代の刀の押型解説本。この日本美術刀剣保存協会版が公開になってるんだけどTLでは話題になってないな https://t.co/e8KcNMZ9MW
RT @baritsu: 牛乳の添加温度は、コーヒーのおいしさに関与するかhttps://t.co/fxdDCHB1Qg ちょっと期待したんだけど真面目だった「牛乳はコーヒーがあまり熱いうちに加えない方がよいことがわかった」
撃剣叢談については、 長尾進「18世紀における剣術の変質過程に関する研究一『撃剣叢談』の分析を中心に」https://t.co/ohYwT52ZBu があり、人物や流派の多くが18世紀末に活躍しており、三上元龍が若いときから見聞きしたものをまとめた、としています。
RT @baritsu: 菱田慶文氏のムエタイ論文は、ムエタイの歴史から始まり、賭博化が技術の変化をもたらしたという面白い物。わかりやすい所では今の柔道ルールの改変などにも通じるし必読よ。 https://t.co/9trA0Q3HAA
RT @nekonoizumi: PDFあり。 CiNii 論文 -  術から文化へ : 元米国大統領グラントの演武鑑賞と柔術 https://t.co/5zYZkQiNyr CiNii Articles 検索 -  中嶋哲也 https://t.co/5uSLdVPIl8
RT @nekonoizumi: 博論。概要と審査のPDFあり。 ⇒中嶋哲也「武道のスポーツ化言説とその系譜:近代日本の武道概念史」 : 早稲田大学審査学位論文博士(スポーツ科学) https://t.co/f6h9efDOoz
RT @nekonoizumi: 中嶋哲也「日中戦争以降における武道の戦技化の起源とその背景:武道振興委員会の審議過程の分析」『武道学研究』第49巻第2号、2016年)  https://t.co/malZ7Btp7s

8 0 0 0 OA 武士道叢書

RT @ToyosakaLabo: 読んだことなかったけど、33コマ目からの武備和訓に色々面白いことが書いてあった。著者は批判しているけど、当時長刀の刃引を使った居合流派が多かったことが分かる。でもなんかこの長刀のdisり方、居合師弟問答とかぶるな^^; https://t.c…
RT @ToyosakaLabo: 追記で。現代の田宮流の前宗家、妻木正麟先生の祖父の妻木恰についても記載がある。代々西條の重臣で、若くして尊王攘夷を志して江戸京阪へ赴き活動していた由。三十四歳の若さで亡くなられたそう。 https://t.co/XSMjgCLRNJ
RT @ToyosakaLabo: そして高橋筅次郎。森惣兵衛の次男で幼くして非凡の才があり、父に就いて剣術を学んだ後江戸に出て各流に学び、諸国を歴遊して練磨し名声を博した由。各藩からも学びに来るものが絶えず、紀州藩に逆に田宮流を教えにも行ってたみたい(^^; https://…
RT @ToyosakaLabo: ちなみにこちらの論文で、神道無念流斎藤新太郎が廻国修行の際に、森惣兵衛を訪れた事が記録されている。 https://t.co/0padxAO0Jt https://t.co/vTAzIfGiFk
RT @ToyosakaLabo: 吉田藤兵衛と森惣兵衛。吉田藤兵衛は三野伴五郎の弟子の豊田仲右衛門の弟子で、西條藩剣術指南役となる。ちなみに豊田仲右衛門の子と思われる豊田近左衛門の系統が現代の田宮流の妻木家へ続く。 https://t.co/BC3PQQrpZx
RT @ToyosakaLabo: 何人か抜き出して紹介してみる。まず三野伴五郎。田宮神剣流では田宮対馬守長勝ー江田儀左衛門ー三宅集意ー栗本半蔵に次ぐ五代目。武道の達人で武神と称される程だった由。父の栗本右衛門とは栗本半蔵の事だろうか。 https://t.co/1zw9BfR…
RT @ToyosakaLabo: ちょっと前に郷土史の話があったので再掲。あまり知られていない西條藩の田宮神剣流の伝承者に関する記述があって面白い。 「西条藩三百年記念号」 https://t.co/KHRO8RvYPt
RT @knada40: TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
RT @tyuusyo: CiNii 論文 - 田中悟『戦後会津における「観光史学」の軌跡』 https://t.co/0xt37GZnH7 #CiNii この論文は必読。「会津の悲劇」そのものが司馬遼太郎や宮崎十三八により相当盛った形で都市伝説として出来上がっていく様子が描…
剣道形の最初の三本は高等師範学校のために高野佐三郎が作ったもので、残りの四本と小太刀三本が武徳会の委員会で制定された、というような経緯が書いてある。(ちなみに武徳会剣術形の解説もあり) 「形」の制定について 中村民雄 https://t.co/E89oy2xqIJ
RT @HayakawaYukio: ここの下総層群は飯岡層という。100万年前ころから堆積してたようだ。砂浜でできた黄色い地層は香取層というのだそうだ。10万年前でよいとのこと。 https://t.co/XrTKDGDanz
RT @gishigaku: 1981年と1997年の2度にわたる商法改正で総会屋は大打撃を被ったのです(実際、それで総会屋系雑誌の多くが潰れた) https://t.co/YE0SHcn4lm @hrd_hrd_hrd

10 0 0 0 OA 蜀山人全集

RT @ToyosakaLabo: (続き)筒井金太 一の宮 さぞ大太刀 いか程ぞ 三尺八寸 候べし いかもの作り ぬく手には たこの出来るも 道理なり 関口流に 廣瀬氏 権太服部 弥五兵衛に 片山流の ながれとて 中川はやき 弥兵衛や』https://t.co/GCDgMaU…

151 0 0 0 OA 徳川実紀

RT @k_hisane: 詳細は実紀の正保三年九月二十六日(https://t.co/oSdb1sxA9e)に載ってますが、諍いそのものは砲術家の家らしく銃のことが発端になってるとはいえ、やりあった獲物が結局刀だったのが残念感あります喃。銃での決闘でもしてれば、もっと扱いも大…
江戸末の兵学者で海防論の人か。不勉強で知らんかった。 『佐藤信淵の兵法』j-stage https://t.co/Rs82BIoNGI
RT @baritsu: 山本昇雲「雪戦」明治39年。タイトルから雪合戦だろうなと思って見たら、組討で抑え込んだ相手に雪玉ぶつけようとしてるし、後方では脚で首を絞められてグエってしてるし、明治の子供は実戦派だな… https://t.co/EWCIfNJLcP https://…
RT @gato42731: 拡散OKだそうです 参考文献: 見えない脅威“国内外来魚” https://t.co/mkWx7QxSku 外来種との交雑がなぜ危険なのか https://t.co/zS2WsUXekj 近年外来種と交雑による絶滅メカニズム https://t…
RT @ToyosakaLabo: 面白い論文を見つけた。筆者の方にはぜひ古い田宮流との比較をして頂きたい。https://t.co/DpRNKwxAI0
これは面白い。武道や禅などで語学的な問題で誤解から必要以上に高尚で難解なものにしてしまう話はいくつか聞いた事があるけど、その元祖みたいな話だな。しかもそれが日本の弓や古武術界隈に逆輸入されて影響を残してると。 https://t.co/vu4MZiTCvm
RT @SagamiNoriaki: “『弓と禅』で語られている神秘的で難解なエピソードは、通訳が不在の時に起きているか、通訳の意図的な意訳を通してヘリゲルに理解されたものであったことが、通訳の証言などから裏付けられ”/神話としての弓と禅https://t.co/WKgRUdG…
RT @magomecafe: 戦前の雑誌。国会図書館に行ってもなかなか所蔵がないことが多くストレス溜まってしまうけど、『国立国会図書館月報』(2012年3月 №612)に当時の収書の実態に関する記事(「国立国会図書館にない本 戦前から占領期の出版物」)が。https://t.…
宮本武蔵「尾張円明流」桜山家伝書の研究 https://t.co/dS90IiMEqe 尾張藩に伝わった三十五箇条を細川家等の三十五箇条と比較して解説してる。三十五箇条は「五輪書の前身だ」「いや五輪書より後に書かれた」と諸説あるけど武蔵流の伝書の一つとして有名。

5 0 0 0 OA 竹刀之光

出展はこちら。毛束柳太郎『竹刀之光』大正12年(1923) https://t.co/r1RWfL716j p42の『(十六)両刀対抗法』をまとめてみました。

19 2 2 2 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: ちなみに窪田派田宮流の右身二本はこちらで見られます。https://t.co/jRlyqU2B8U 田宮流の右身は大抵三本あるのですが、窪田派では一本なぜか左身になっています(^^;
.@SagamiNoriaki 武術奉納額については数馬広二先生の「 碓氷峠・熊野神社の武術奉納額について」という論文があります。まぁ関東の一地方の例ですが… https://t.co/ChnNoAaYEf

8 0 0 0 OA 武士道叢書

RT @ToyosakaLabo: 読んだことなかったけど、33コマ目からの武備和訓に色々面白いことが書いてあった。著者は批判しているけど、当時長刀の刃引を使った居合流派が多かったことが分かる。でもなんかこの長刀のdisり方、居合師弟問答とかぶるな^^; https://t.c…

7 0 0 0 OA 東京百事便

国会図書館近代デジタル『東京百事便』明治32年(1890) https://t.co/Rx5l6MC53S の263コマからの撃剣家・柔術家が面白い。柔術家は真陰流今泉八郎・竹内流金谷仙次郎・起倒流吉田直三・頭居神刀流中村半助・嘉納流西郷四郎・関口流久冨鉄太郎。
@osaka_seventeen村林正美先生の『藤堂藩の新陰流兵法』に改名について書かれてあります。藤堂藩に仕えるにあたり関口流師範津田家に養子入りした形を取ったようです。津田家は維新後も津で新陰流を教えていたみたいです。 https://t.co/rC8hhhG0M5

4 0 0 0 OA 古事類苑

@survival_d @SagamiNoriaki 古事類苑第25冊で見つけました。「蘐園秘録11」だそうです。https://t.co/3pnmt6lzPQ
RT @baritsu: 特定のゲームやアニメへの嗜好は進化の定義の理解に影響を与えるか https://t.co/VzJoRhKPoE ゲームの影響で個体の成長を「進化」と捉える青少年がいることから、大学生を対象にポケモンが好きかと、進化の定義を理解しているかの相関関係を調査…

19 2 2 2 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: こちら(https://t.co/Ix9YUv9lLB)の192ページ以降に記載されているのがそれです。分かりにくい用語等ありますが、同書の他の項目に意味が書いてありますし、なにより崩し字ではなく、活字化にあたって文章も直してあるので現代人に…
RT @ToyosakaLabo: 先賢列伝のとこに西条藩田宮神剣流関係者がチラホラと「西条藩三百年記念号」https://t.co/QMmQOTNLDn

43 0 0 0 OA 〔撃剣会之図〕

明治6年の榊原鍵吉の撃剣会の絵が国会図書館で見られるんだな。薙刀や槍の試合や組討している人も。しhttps://t.co/gFNEDzC21L https://t.co/6sJ0SL1Gdd
RT @baritsu: 武道学研究また少し更新「中学生の合気道に対するイメージの研究」おもしろいな。合気道をなにで見たか選択授業の説明以外は「テレビが7名、マンガが4名、アニメが2名。ゲーム、本、合気道の大会と回答した生徒はいなかった」だって https://t.co/8AK…
RT @nekonoizumi: PDFあり「能は武家の式楽であり,意図的に特権化…その過程において,「舞」と「踊」の区別は色濃く」 ⇒西島千尋「舞う政治と踊らせない政治─『加賀藩資料』にみる芸能統制」『現代と文化 : 日本福祉大学研究紀要』132, 2015-09 http:…
すごいもの発見。 軽米克尊「直心影流に関する研究」 https://t.co/VDlWL41RFk 直心影流の総合的な研究(博士論文)。歴史から各派(長沼派・藤川派・男谷派)の形や思想の違いまで検討されてる。いやぁ、さすが研究者はすごい。

8 0 0 0 OA 柔道

RT @baritsu: これです。実戦やった(と言われてる)人だから面白いですよhttp://t.co/i9cRD9t5Oj @DrGcapoeiraABad
RT @baritsu: 格闘技選手の精神的特性に関する研究 http://t.co/fMw09iifrd 「格闘技選手は競技種目に関わらず精神的に不安を抱えやすい傾向があること,また,情動知能として,打撃群が「自己対応」領域,組み技群は「対人対応」領域が他の領域と比べ高い」想…
RT @ToyosakaLabo: 窪田清音の弟子の戸田忠道・忠昭兄弟の使っていた居合練習刀は鍔元から切先まで約99cm(3尺2寸7分)、柄頭から切先までは約140cm(4尺6寸2分)、拵え含む重さは約8.8kgというスンゴイもの https://t.co/OPRROceOsq
RT @NATROM: 「豚レバーの生食について、E型肝炎ウイルスが元での死亡例は確認されていない」というツイートが流れてきたので医中誌先生に聞いてみた。「焼肉店での会食後に発生したE型肝炎ウイルス集団感染 うち1例は劇症肝炎で死亡」( https://t.co/8hzkup2…

25 0 0 0 OA 正座の源流

RT @baritsu: 前にも挙げたかしら。意外に古そうと言う論文 正座の源流  http://t.co/BJmnjITcuy @bladesno
RT @baritsu: 藩校関係で便利な日本教育史資料集に載ってました http://t.co/1ilMETfVUD 三陰流と称したようで情報は少ないけど有名と言っていい人みたいですね http://t.co/UGR8SthB3U   @inuchochin
RT @baritsu: 活法研究 : 楊心流柔術巻物の史料調査 http://t.co/EVJGJzOZia この巻物に活法は出てませんでした、という結論なんだが、伝書写真が載ってる。あと著者調べの「明治中期における天神真楊流柔術町道場主(東京市)」が良い
木剣体操や武術体操等について胴技に着目した論文。剣術で右胴のみを打つ理由を「肝臓を切る」事が目的としてますが初めてみました。なるほど。鞘柄で切れないからと思ってた 矢野祐介「1900年代前後における剣術の体操化過程にみる胴技の変容 https://t.co/SCfJEZCLKo
RT @baritsu: 以前も貼りましたけどこれ https://t.co/ZbPixgPnSl が補助金とか面白いです @inuchochin @survival_d @cogito_ergo_su
中嶋先生の古武道という概念の誕生に関係する論文。ネット上で公開されてないのが残念です。CiNii 論文 -  対抗文化としての古武道--松本学による古武道提唱と日本古武道振興会の活動を中心に http://t.co/7lJSUJNRPn #CiNii
RT @baritsu: 今は「心形刀流護身杖術」で知られてる金子愛蔵の「剣道二百二拾本勝太刀之法」左片手突が多くて面白いな。真剣勝太刀之法というのは考案とあるけど実用的っぽい。http://t.co/ZWZ2JahLmL

2 0 0 0 OA 心身強健法

RT @baritsu: 名前もそのまんまヨイサヨイサ運動w  高木兼寛の方は海行運動と鳥船運動の2種となってますね http://t.co/fnfniJLFvN  @h_rokuyou
RT @baritsu: あら、こんなのあったかしら。見落としてた「ロシア武術システマの教育的価値に関する一考察」http://t.co/Oet82rDQN9 しかし学生の「今までの体育と違い、体のためになる動きを学ぶことが出来てとても新鮮だった」て感想はちょっとまずいだろ、体育

11 0 0 0 OA 奇態流行史

RT @azukiglg: 底本は国立国会図書館の近代デジタルライブラリにもあるんだけど、スキャン状態、スキャン精度は決して良くない。 http://t.co/2F5eCqh1Zx このくらいの状態のものだと、JPEG出力してOCRかけてもほとんど拾えないんだよ(´Д`)
武道固有の身体技法に関する基礎的研究-中学校武道教材のために https://t.co/oef55dOpK1

10 0 0 0 OA 日本系譜綜覧

日本系譜総覧(1936) http://t.co/dbuqhWoNU5 戦前、昭和11年の本にしては、かなり詳しく武術流派の系図が書かれています。結構興味深いですね。

4 0 0 0 OA 現代名流自伝

「現代名流自伝」 http://t.co/0q7JRhEl0d 江原素六が神道無念流の斎藤弥九朗から免許を貰った際の話(お祝いの宴会の話)が載っています。当時渡辺昇が塾頭をしていたそうですが、渡辺昇って明治以降は偉い人になってますが、なんだか体育会系の強引な先輩みたいですな
さて柳生石舟斎の絵目録はこちらでhttp://t.co/nbhmGViCHz 疋田棲雲斎の絵目録はこちらでhttp://t.co/0agehE0cR3 それぞれ見る事ができます。便利な世の中
RT @gishigaku: 六頭身は、江戸時代では一般的な体型だった http://t.co/U1vaC1WPBp
素肌剣術期における新陰柳生流 の勢法に関する研究 ―介者剣術期からの変容とその発展― 加藤純一 https://t.co/7p83pxTc0B 尾張柳生の技法の変化について。過去の教えを否定しすぎwww
新陰柳生流形成期に見られる勢法に関する研究 -主に「かた」の継承形態からのアプローチを中心に- 加藤純一 https://t.co/XX9AzUNSBt 柳生家蔵の上泉信綱直筆?七つ太刀の絵目録の写真あり

9 0 0 0 OA 剣道集義

RT @mototchen: 近代デジタルライブラリーに山田次郎吉 編『剣道集義』1922 発見しました。 内容は『撃剣叢談』『不動智』『常静子剣談』など34の書を掲載したものです。他書『田宮流劍法大要口授』『心形刀流目緑序辨解』などでした。 http://t.co/7SrYF…
剣道における片手打ちの打撃力に関する研究 https://t.co/ObyfOeeebG 普段中段を使っている人が 1.上段から片手面 2.上段から片手小手 比較実験として 3.中段から面 4.中段から小手 の左右・前・下の打撃力と力積値(三分力測定用圧電型変換機を使用)を測定
海東剣道、高句麗から伝わる木刀と真剣を使う剣道で、この武術を学んだサムランが日本に渡って侍になったとか、海東剣道の六割竹を元に日本人が四つ割シナイを使ったとか無茶苦茶言っとる。海東剣道に関する早稲田のpdf http://t.co/iamP5D8UHr

お気に入り一覧(最新100件)

@inuchochin これです。著者は郷土資料館の人みたい https://t.co/hTTI8FQmYF
@purinmimihana 他にもいろいろ面白かったです 鏡心流元祖荒尾先生伝 https://t.co/zdZdAXDGEF
「武」の字形研究 武という字は、戈を止めるとか戈をもって進むとかいろいろ説があるけど、武という文字の形の変遷から見た論文。楷書時代の変化から唐代に演芸的側面が発達し戈の部分が武器を表すという認識が薄くなったのではないかと。大… https://t.co/o1EyhKr9Fs
生きたまま凍ってるハイイロゲンゴロウ君ですが、色々な病気を媒介する蚊の幼虫ボウフラに対する最強レベルのハンターなのです。大庭さんの総説に「ハイイロゲンゴロウの雌は、24時間で200頭以上のボウフラを捕食するほどの極めて高い捕食能力… https://t.co/RvyCRqTqeu

19 2 2 2 OA 剣道集義

窪田派田宮流だと、この居合の抜き付けた姿勢の左膝の所に左足を持ってきて立つのが立った姿勢とされていたようです。なので正面間向きで、爪先も前に向けるのかなと。https://t.co/fMqxMxoHaC https://t.co/lZSsP0Qn93
「大日本弓道会の成立・展開と組織形態」あまり触れられないからこれは嬉しい https://t.co/9AlGCciPb4
CiNii 論文 -  喧嘩両成敗法成立の法史上の意義に関する一試論 : 戦国大名武田氏の喧嘩処理を手がかりとして https://t.co/bbInutCzsn #CiNii
@DONAN_KAYO とりあえず下田雄次さんのとか、田邊 元さんのとかを読まれると面白いかと思います。比較的短い物なのでぜひw https://t.co/iR66lL8IKL https://t.co/DumFlPAT0C
ネプタ喧嘩の詳細は、小山隆秀拙稿2017「「伝統」の希求と創出 青森県津軽地方のねぷた喧嘩習俗を事例として」(『国立歴史民俗博物館研究報告 第205集』https://t.co/3pw4T2whiu
なぜだか学制のところの武芸科目には「田宮流」じゃなくて「民谷流」って書いてある。こういうの結構いい加減だよなぁ^^; https://t.co/yAcbylArZu
愛媛県新居郡誌から西条藩田宮神剣流 高橋筅次郎についての記述。「其の最も得意とする所は両刀使ひにして名声四方に轟き天下無敵の評あり」とある。「大鼓打」や「大鼓小鼓」と言われてたなんてのは初めて見た。両手で鼓を打つような早業だったと… https://t.co/6Gqq8UXIfh
@inuchochin @bushi_takashima ええ、日本の古武道で外もの槍と言ってました。 秘伝古流武術第五号の坂田新先生のインタビューで「外の物として新陰流の槍術の形を八本」とか「もともと鳥取藩に伝わった疋田新陰の槍… https://t.co/91hg813pAn
CiNii 論文 -  戦国期の守護権をめぐって--越前朝倉氏の場合 https://t.co/TSr5dpHBB8 #CiNii
CiNii 論文 -  戦記文学における剣技の推移についての考察 https://t.co/FAGHqHZ20b #CiNii
@baritsu あと、江戸時代の茶人:久須美疎安 1636~1728年の【間書】では、屏風を畳の縁の上に置けとあり、これ空間は変わらないのでパーソナルスペース論の方ですね ➾屏風の立やう、し敷をのけ、畳のへりの上に、屏風のふちを… https://t.co/AbImZT5JRv
@baritsu これ出典なんだろ^^➾床下に敵が潜み、敷居と接する畳の間か ら刀を突きだされる危険も考えられるそんな危険を避 けるためにも敷居を踏むことを戒めた https://t.co/lWt7YSF3jJ女子大生の和の行儀作法に関する認識度とその必要性/石丸淑子
牛乳の添加温度は、コーヒーのおいしさに関与するかhttps://t.co/fxdDCHB1Qg ちょっと期待したんだけど真面目だった「牛乳はコーヒーがあまり熱いうちに加えない方がよいことがわかった」
@inuchochin 出典のpdfでは八幡十郎です。 https://t.co/Ww0nJcnoX6
CiNii 論文 -  馬と刀剣の故実 : 古往来から見る中世の教養 https://t.co/gVOefh1oBx #CiNii
毛利家の武道・山頭火・蒙古からの引揚:真渓涙骨と養女・芙美子をめぐる記録と記憶 https://t.co/iq7yk27WY0 家に入った泥棒を毛利家次席家老の娘だったお婆さんが捕えた話、そのお婆さんが子供の頃に目撃した中間の手討…面白い。 「タダのババと思うたがそちの失敗じゃ」
先日の大河で、チーム徳川をずっこけさせていた地震の正体です >【資料】J-STAGEに、寒川旭氏の論文「天正地震の地震考古学」(活断層研究2011(35) 2011)がpdfで公開されています。興味のある方はぜひ https://t.co/0U2nKLFSWa
CiNii 論文 -  室町幕府と南蛮 : <足利の中華>の成立 (伊藤定良教授退任記念号) https://t.co/38B1tM7XhJ #CiNii
この妻木義雄さんて妻木センセのお父上よな。尾崎三良と言う華族に従って朝鮮に行ったのか。妻木家は西条藩の名門だったみたいだから、華族と知り合いでも不思議じゃないか(・・;) https://t.co/tzidsFQxna
先賢列伝のとこに西条藩田宮神剣流関係者がチラホラと「西条藩三百年記念号」https://t.co/QMmQOTNLDn

152 0 0 0 OA 法令全書

RT: 廃刀令だけですが「個人が刀を佩びる必要は認められない」ための発布 ですので刀袋にいれての移動は取り締まりの対象外なわけでした 太政官布告38號 明治9年(現在廃止) http://t.co/spmiVcsRI3

25 0 0 0 OA 正座の源流

前にも挙げたかしら。意外に古そうと言う論文 正座の源流  http://t.co/BJmnjITcuy @bladesno

10 0 0 0 OA 実語教・童子教

これは童子教の「弟子去七尺 師影不可踏」からのようですね http://t.co/D6SwFevwaL @h_rokuyou
井伊直弼の研究として比較的新しいものに、母利美和『幕末維新の個性6 井伊直弼』(吉川弘文館、2006年)がある。その書評を、東京大学史料編纂所の箱石大氏が書いていて、下記リンクで読める(『史窓』64に掲載されたもの)。 http://t.co/4CFgJWWp3M
共通教育科目における武道の実践について-木刀による剣道基本技稽古法,居合の動き,竹刀の操作の導入- http://t.co/2oXqHeoQbK 授業でやらせた感想がおもしろい。「木刀が重い 手首等が痛くなった 」おぃ… もちろん意義や楽しさ見出した意見もあり潜在的な関心が見れる
活法研究 : 楊心流柔術巻物の史料調査 http://t.co/EVJGJzOZia この巻物に活法は出てませんでした、という結論なんだが、伝書写真が載ってる。あと著者調べの「明治中期における天神真楊流柔術町道場主(東京市)」が良い
気功 : 1 明目運気按摩功 http://t.co/2KIlblS9ug 目の疲れ等の方法。気功なんで呼吸とか諸注意が書いてあるけど、図2,4,5のやつとかは簡単にツボ刺激としてやっても効くからパソコン仕事の人なんかは試してみて。決して力を入れ過ぎずに「摩擦」を意識ね
こんな研究ありました:20代女性の出産イメージの形成過程―少子社会における日本型出産環境の創出に向けて(谷津 裕子) http://t.co/8NrgdW5LSq
昭和16年に…三尺二寸の竹刀で実際に稽古をした人の体験談によると「技の決まり方が明白で、審判は必要としない」ということであった。 おもしろいな https://t.co/a4yiWe27Yt
あら、こんなのあったかしら。見落としてた「ロシア武術システマの教育的価値に関する一考察」http://t.co/Oet82rDQN9 しかし学生の「今までの体育と違い、体のためになる動きを学ぶことが出来てとても新鮮だった」て感想はちょっとまずいだろ、体育
あとこれも「占領期における非軍事化と武装解除 : 特に「占領軍の刀狩り」を中心として」https://t.co/PqXHpfKOJ0    RT @g369: 金属類回収令とGHQの刀狩り
CiNii 論文 -  戦記文学における剣技の推移についての考察 http://t.co/FAGHqHZ20b #CiNii

5 0 0 0 OA 故実叢書

今回の追加で貴重なもののひとつか「故実叢書」膨大なのでお好みを探してほしいが、一冊だけ故実叢書. 武家名目抄 術芸部 http://t.co/TOKa4eKOjz 弓術、馬術、剣術、狩など。読んで面白い。
CiNii 論文 -  戦国軍記『武功夜話』における偽書説について : 語彙による年代確定の危うさ http://t.co/7M9LLIFZac #CiNii
幕末維新期の藩校教育と人材登用 : 鳥取藩を事例として http://t.co/FCW2lVHLP7  なんとなく読んだんだけどとても面白かった。世襲に甘えまるで怠惰な上級武士たちに対し下級の者は出世への希望から文武に励む。それを藩校改革の中で吸い上げ登用しようとする
生活様式の復元における筋骨格ストレスマーカーの有効性 https://t.co/merHHVSwAy 「武士層とされる埋葬様式群では,下肢8部位のMSMsの発達度に類似性がみられ,その特徴は,剣術・弓術・馬術などの武芸や立ち居振る舞いなどの所作によって形成」面白そうだが読めん!
こんな研究ありました:熱水力学に現れる自由境界問題に対する解の制約条件を含む非線形発展方程式の可解性(深尾 武史) http://t.co/YH9ABJ3BQ5
早稲田の先生が持っている開祖の「武道」のコピーの巻末には「右奥儀之事相傳 候 植芝守高 昭和十五年十月吉日 小谷澄之殿」とあるらしい。 http://t.co/Qaev3s7k6E なので小谷氏も形式的には開祖に入門はしたのではないだろうか。

3 0 0 0 OA 柔術演説筆記

「柔術演説筆記」玉心流の本だがこれはなかなか興味深いぞ  http://t.co/5UA1KZtj

フォロー(742ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ariga_prdgmmkr: 読んでない本の話ですみませんが、Cultures of Natural History https://t.co/NWNtfUHHsm とか、『文明のなかの博物学』https://t.co/VL8gsLvXMn とかですかね。グローバル…
RT @ariga_prdgmmkr: 読んでない本の話ですみませんが、Cultures of Natural History https://t.co/NWNtfUHHsm とか、『文明のなかの博物学』https://t.co/VL8gsLvXMn とかですかね。グローバル…
CiNii 論文 -  黒本・黄表紙等「忠臣蔵」もの研究 : 徳川期「忠臣蔵」扮装研究に資する一調査(上) https://t.co/BBGNqJguOz #CiNii
CiNii 論文 -  上杉謙信の崇敬と祭祀 : 謙信の「仏教」と米沢藩における廟堂祭祀 https://t.co/uNAsZUmscA #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の関所統制 https://t.co/kyRXkk32qY #CiNii
RT @HarutaSeiro: 自分の中では既に当然のことなので呟いたこともなかったのですが、アカイメネス朝ペルシアのペルセポリスの女性労働者には出産時ひと月分の支給がありました。とりあえず川瀬豊子先生のCiNii 論文 -  ハカーマニシュ朝初期の女性労働者 https:/…
.@oho2564 さんのコメント「日本人は腸が長いというのはデマ https://t.co/tTfZrod54N」にいいね!しました。 https://t.co/c332FeqFPa
CiNii 論文 -  荘園公領制における荘司をめぐる存在形態 https://t.co/YvRGnQthv8 #CiNii
CiNii 論文 -  『源氏重代友切丸』影印と翻刻 https://t.co/qZINAnF0sa #CiNii
CiNii 論文 -  『細川頼之記』の構成と『理尽鈔』 https://t.co/oJbVFqkR5f #CiNii

19 2 2 2 OA 剣道集義

「太刀態」は窪田清音の著書からの復元のようで、元の著書はこちらから読むことができます。こちらの演武と見比べてみるのも面白いかもしれません https://t.co/thiRJpOzvD
CiNii 論文 -  室町時代東國における領主の存在形態 : 上野國新田庄の岩松氏の場合 https://t.co/DJzB3Njyxc #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府体制下の諸身分について https://t.co/RopgoEyWOg #CiNii
CiNii 論文 -  國學院大學図書館所蔵「畠山家文書」 : 翻刻と考察 https://t.co/ZuSODM0S2V #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉山門派の成立と展開 https://t.co/QUjjtptgwM #CiNii
CiNii 論文 -  『吾妻鏡』に見える地震記事をめぐって : 鎌倉武士の地震観 https://t.co/mWUiIKHJNr #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉時代の阿弥陀造像と鎌倉大仏 https://t.co/KbZB2sgxoH #CiNii
CiNii 論文 -  <論説>北条氏康の旅 : 『むさし野紀行』 https://t.co/hvvjee2n0m #CiNii
RT @tanosensei: 鍵 RT TL上で見かけた、岩波新書のC. ギアーツ『二つのイスラーム社会』の翻訳がひどいという話、語訳を指摘した書評に対する訳者の反論+書評者を支持する学会側コメントがのった『民族学研究』を発見。こりゃ訳者の完敗だ…… https://t.co…
CiNii 論文 -  藤原頼長と生母 : 『台記』における「昔人」呼称をめぐって https://t.co/Q9FxJgyM2n #CiNii
自分の中では既に当然のことなので呟いたこともなかったのですが、アカイメネス朝ペルシアのペルセポリスの女性労働者には出産時ひと月分の支給がありました。とりあえず川瀬豊子先生のCiNii 論文 -  ハカーマニシュ朝初期の女性労働者… https://t.co/jBnAToptz5
CiNii 論文 -  中世禅宗の公案禅について https://t.co/s3Y97UDXiQ #CiNii
CiNii 論文 -  宝剣喪失、密教と神話の間の王権論(下)『愚管抄』と延慶本平家物語の関係をめぐって https://t.co/f7NSfqZ6xF #CiNii

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻②

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻③

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻①

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…
CiNii 論文 -  『大友記』と『太平記』 : 『太平記』の影響 https://t.co/3vigpXkREj #CiNii

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻②

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻③

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻①

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…
CiNii 論文 -  管領斯波義淳の就任・上表をめぐって https://t.co/nczs7uV26v #CiNii
CiNii 論文 -  聖護院と地方本山派組織 https://t.co/JSTCqsissH #CiNii
CiNii 論文 -  蹴鞠についての造園的考察(平成元年度日本造園学会研究発表論文集(7)) https://t.co/CmdKwgudAd #CiNii
CiNii 論文 -  赤松満政小考 : 足利義教政権の一特質 https://t.co/66Is7k9SX8 #CiNii
CiNii 論文 -  信長天下平定期の畿内におけるポルトガル人の動静(一五六〇〜一五八二年) https://t.co/xTUJr00RDj #CiNii
CiNii 論文 -  日本史学研究室寄託の石井進蒐集史料細目録 : 米沢藩関係古文書の中世史料 https://t.co/fAZYi2bVK1 #CiNii
CiNii 論文 -  戦国大名間外交における取次 : 甲斐武田氏を事例として https://t.co/Wwev4JHycc #CiNii
CiNii 論文 -  年少者への和歌指導 : 三条西家の場合 https://t.co/uShnQWPxwm #CiNii
CiNii 論文 -  律令官人藤原氏の政治的成長 : 緒嗣・冬嗣を中心に https://t.co/4OPAEzLyvx #CiNii
CiNii 論文 -  長承・保延の飢饉と藤原敦光勘申について https://t.co/wcYvtEGD9f #CiNii
RT @jimbunshoin: 西谷修先生のロングインタビュー「翻訳・戦争・人類学」(聞き手:小野正嗣、福嶋亮大/立教大学『境界を越えて』18号)が公開。ルジャンドル『ロルティ伍長の犯罪』にも少し言及があります。『カリブ‐世界論』の中村隆之さんの名前も出てきます。https:…
CiNii 論文 -  天皇制下における歴史教育と太平記 : 正成・正行像の変容 https://t.co/zP7OwuvYgc #CiNii
CiNii 論文 -  食文化の研究 : 茶の伝来と博多の茶人についての一考察(人文科学編) https://t.co/9CLaE8osag #CiNii
CiNii 論文 -  『大友記』と『太平記』 : 『太平記』の影響 https://t.co/3vigpXkREj #CiNii
CiNii 論文 -  大内氏の文化(上) https://t.co/3WINqU4z2m #CiNii
CiNii 論文 -  室町時代比丘尼御所入室と室町殿免許について : 伏見宮家姫宮と入室尼寺をめぐって https://t.co/25cGK88KXL #CiNii
@dynamicsoar 学会としては、わりと推しポイントとして考えてはいるみたいですが、、和文誌で存在感を高めるというのは難しいみたいですね。一昨年の日水誌に、IFに関する考察も載っていました。 https://t.co/xZPONwYEC5
CiNii 論文 -  有馬湯の鎮守社、湯泉神社について https://t.co/4Zl0RoyMH3 #CiNii
CiNii 論文 -  後深草時代の女性 https://t.co/5gwHEePe81 #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の宗教政策 : 将軍と得宗の宗教権威の相剋(平成16年度文学研究科修士論文要旨) https://t.co/WbqnyywNjs #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の<検断>に関する覚え書き(一) https://t.co/TKpz51RC6s #CiNii
CiNii 論文 -  『吾妻鏡』にみる回禄記事 https://t.co/LSpJmFdy06 #CiNii
CiNii 論文 -  南宋末曹洞禅僧列伝(下) https://t.co/AxeeB7FwLs #CiNii
https://t.co/GJ11cyrmhg 「高尾紳路」はCiNiiに出てくるのか。論文を書いていないから、ないだろうと思ったが、1件だけ、出てくる。文藝春秋。
CiNii 論文 -  室町期の天台僧・真盛にみる『往生要集』観の特色 : 真盛に関する新出資料を中心として https://t.co/kN1ER86i8C #CiNii
CiNii 論文 -  『思ひのままの日記』 の成立 : 貞治・応安期の二条良基 https://t.co/zkZdxFwELB #CiNii
RT @genkuroki: #統計 添付画像は赤池弘次さんによるKullback-Leibler情報量に関するSanovの定理の簡潔な解説。 https://t.co/Nle5j9of9A より 「Sanovの定理」とか呼ぶと何か難しい結果のように誤解してしまうかもしれな…
CiNii 論文 -  中世後期における摂津国山田荘 https://t.co/bzgMnZOBQW #CiNii
CiNii 論文 -  戦国大名武田氏の冨士大宮攻略と冨士氏の動向(駒沢史学会昭和六十三年度大会・総会,杉山博先生古希記念号) https://t.co/aH83bb3ZVc #CiNii
CiNii 論文 -  中世曹洞禅の一考察 https://t.co/DwBa3tcSRB #CiNii
CiNii 論文 -  平治の乱における源義朝謀叛の動機形成 : 勲功章と官爵問題を中心に https://t.co/pWcxdA1W1d #CiNii
CiNii 論文 -  二条為明の生涯 https://t.co/xTSXo0VObX #CiNii
CiNii 論文 -  室町幕府の造仏事業と院派仏師 : 洛外雲居寺大像の造像を事例として(葉貫磨哉先生追悼号) https://t.co/Vb86NREiVO #CiNii
CiNii 論文 -  史料紹介・上杉憲政文書集 : 山内上杉氏文書集3 https://t.co/DH8ls8FL9V #CiNii
CiNii 論文 -  『神明鏡』所引の平治・承久の乱記事について https://t.co/iyGyLC6xXD #CiNii
RT @fushunia: 「トルコ語で米 をpirin■と言い,籾 を■eltikと言うが,それはペ ルシア語の米は berenj,籾はshaltukあるいはchaltukを語源としており,したがって米はペ ルシアから伝来したということになっている。そもそも栽培稲の起源は中国…
「トルコ語で米 をpirin■と言い,籾 を■eltikと言うが,それはペ ルシア語の米は berenj,籾はshaltukあるいはchaltukを語源としており,したがって米はペ ルシアから伝来したということになっている。そもそ… https://t.co/P3kItj6lQn
RT @khargush1969: 大野盛雄(1992)「現代から見た「米の道」:トルコの事例」『オリエント』35(1): 97-109. https://t.co/cOtBKzBoHu 初歩的な調査記録だが,トルコの米文化(黒海経由中央アジア伝来説あり)が農法・調理法ともにイ…
CiNii 論文 -  荘園公領制における荘司をめぐる存在形態 https://t.co/YvRGnQthv8 #CiNii
CiNii 論文 -  時宗寺院の火葬場と三昧聖 : 中近世京都の二つの史料から https://t.co/WhGTGKdKta #CiNii
RT @khargush1969: 楊海英(2017)「中国が政治利用するチンギス・ハーン:「中華民族の英雄」と資源化するモンゴルの歴史と文化」『国立民族学博物館調査報告』142: 179-193. https://t.co/CifkpftZ5W 近年の肯定的なモンゴル帝国史研…
CiNii 論文 -  上杉謙信の崇敬と祭祀 : 謙信の「仏教」と米沢藩における廟堂祭祀 https://t.co/uNAsZUmscA #CiNii
CiNii 論文 -  南北朝期東国守護の存在形態に関する一考察 : 下野国の場合を中心に https://t.co/DUvU99L03N #CiNii
RT @khargush1969: 大津忠彦(2016)「明治期大庭柯公のペルシア北部紀行」『人間文化研究所年報』27,1-15. https://t.co/zQQ0MzrtmO 大阪毎日記者大庭柯公の1910/明43年の紀行『南北四萬哩』の紹介。立憲革命末期のイラン社会。クル…
CiNii 論文 -  平治の乱における源義朝謀叛の動機形成 : 勲功章と官爵問題を中心に https://t.co/pWcxdA1W1d #CiNii
RT @khargush1969: →スタインのイラン考古学調査記録・旅行記。「当時のイランを生き生きと記録した紀行文としても今なお精彩を失わない」(大津・下釜2018:81)との由。 Stein, M.A. 1940: Old routes of western Īrān :…
RT @khargush1969: 大津忠彦・下釜和也(2018)「オーレル・スタインによる北西イラン踏査:調査のまなざしとイラン考古学への今日的意義」『筑紫女学園大学研究紀要』13: 71-84. https://t.co/CIxyVWUF91 批判的に捉えられてきたスタイン…

6 6 6 0 蒲鉾年鑑

元の版元の「かまぼこ新聞」てのも強いな CiNii 図書 - 蒲鉾年鑑 https://t.co/Oqzq9bSVHe #CiNii #月刊住職と同じくらい強い語感を探る
CiNii 論文 -  「摂関政治」に関するノート : 朧谷・山中および北山氏による『藤原道長』を踏まえて https://t.co/fv59yJzF90 #CiNii
CiNii 論文 -  室町幕府将軍権力に関する一断面--義教・義政初政期の場合 https://t.co/mSPZeMISf2 #CiNii
@sanpiska822 @s_hskz 蛙の方言周圏論のマップがこちらにありました。東北地方の西北端で蛙を呼ぶ言葉として使われていた「モッケ」が、この吉野の国栖の「毛瀰(もみ)」に似てる気がします。 https://t.co/8tSpGzximS
CiNii 論文 -  「竹むきが記」人物考証 : 宰相典侍・妹の君・女院の御方・やうせいのことなど(冨倉徳次郎先生退任記念號) https://t.co/h1FcLula1X #CiNii
RT @khargush1969: 五島正夫(1995)「ハーフィズの「ナイチンゲールと薔薇」への影響」『基礎科学論集 : 教養課程紀要』13,54-59. https://t.co/8zHYythIHR なんと,ワイルドの有名な童話にハーフェズの影響が窺われるとは(影響の検証…
RT @khargush1969: 大野盛雄(1992)「現代から見た「米の道」:トルコの事例」『オリエント』35(1): 97-109. https://t.co/cOtBKzBoHu 初歩的な調査記録だが,トルコの米文化(黒海経由中央アジア伝来説あり)が農法・調理法ともにイ…

19 2 1 0 OA 応永の外寇異聞

CiNii 論文 -  応永の外寇異聞 https://t.co/xIook5dah9 #CiNii
CiNii 論文 -  <論文>能装束の一考察 https://t.co/mIYcU2XpQs #CiNii
CiNii 論文 -  中尊寺の藤原氏遺体が納められてあつた金棺内の昆虫について(第 11 回日本昆蟲学会大回講演要旨) https://t.co/iY3gckAxVL #CiNii
CiNii 論文 -  鎌倉幕府の<検断>に関する覚え書き(一) https://t.co/TKpz51RC6s #CiNii
CiNii 論文 -  『平家物語』髑髏尼説話考 https://t.co/nsiCa4qIEQ #CiNii
RT @tak_weijin: CiNii 論文 -  古代末期とは何か? : 現時点でその研究状況をふりかえる https://t.co/M6USgWkVti #CiNii
CiNii 論文 -  大乗寺と鎮西探題金沢実政(人文科学編) https://t.co/ZozIDbMZwk #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデンティティ構築の…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデンティティ構築の…
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @kzmei: 慈悲なる人明智光秀が何故かその日雀の子どもを踏み殺したエピソードは具体的に言うと明良洪範続篇9巻に載ってるよ。出来るオタクだからURLも貼る https://t.co/WpVqUkE0fC
CiNii 論文 -  西園寺公経と後嵯峨天皇 : 『民経記』仁治三年四月五日条記載贈答歌をよむ https://t.co/ZEJgNp4GKY #CiNii
CiNii 論文 -  年齢を表す名詞語彙の変遷 https://t.co/g8OSJWQwrt #CiNii
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  水戸光圀における「源義経」論 : 鵯越の坂落しと弓流しの逸話から https://t.co/bOSLKrnfMA #CiNii

フォロワー(2007ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @rkscinii: CiNii 論文 -  『吾妻鏡』に見える地震記事をめぐって : 鎌倉武士の地震観 https://t.co/mWUiIKHJNr #CiNii
RT @nekonoizumi: 日本の「陣」の基礎的研究●宮武 正登 基盤研究(C) https://t.co/LIiuhwU3ou 国郡境目紛争データベース作成による日本中世の戦争と秩序形成に関する研究●小林 一岳 基盤研究(C) https://t.co/Oqrku0p…
RT @nekonoizumi: 日本の「陣」の基礎的研究●宮武 正登 基盤研究(C) https://t.co/LIiuhwU3ou 国郡境目紛争データベース作成による日本中世の戦争と秩序形成に関する研究●小林 一岳 基盤研究(C) https://t.co/Oqrku0p…
RT @HarutaSeiro: 自分の中では既に当然のことなので呟いたこともなかったのですが、アカイメネス朝ペルシアのペルセポリスの女性労働者には出産時ひと月分の支給がありました。とりあえず川瀬豊子先生のCiNii 論文 -  ハカーマニシュ朝初期の女性労働者 https:/…
.@oho2564 さんのコメント「日本人は腸が長いというのはデマ https://t.co/tTfZrod54N」にいいね!しました。 https://t.co/c332FeqFPa

19 2 2 2 OA 剣道集義

「太刀態」は窪田清音の著書からの復元のようで、元の著書はこちらから読むことができます。こちらの演武と見比べてみるのも面白いかもしれません https://t.co/thiRJpOzvD
RT @tanosensei: 鍵 RT TL上で見かけた、岩波新書のC. ギアーツ『二つのイスラーム社会』の翻訳がひどいという話、語訳を指摘した書評に対する訳者の反論+書評者を支持する学会側コメントがのった『民族学研究』を発見。こりゃ訳者の完敗だ…… https://t.co…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻②

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻③

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻①

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻②

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻③

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…

15 15 15 5 OA 『仙芥集』翻刻①

RT @quiriu_pino: 中世東国仏教研究会なる団体が大正大学の『綜合仏教研究所年報』で連載している『仙芥集』の翻刻、pdf公開されているのを発見。 『仙芥集』翻刻① https://t.co/rzk06FYmZJ 『仙芥集』翻刻② https://t.co/EdZn…
こちらが、踊る大捜査線の柳葉と、相棒の水谷豊が実質クリシュナだったという内容の論文です  CiNii 論文 -  「刑事ドラマ」に表れる義務(dharma)の遂行の一考察 : ドラマ『相棒』と『踊る大捜査線』を事例として… https://t.co/Fqy7L9KOaR
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @CatNewsAgency: 【復習編】今日のニュース女子に出演していた小谷賢氏。第二次大戦中の日本の諜報戦について研究していている。以前、NHKに出演した時、日本が国民党軍の外交電報をほぼ解読していた事実について説明していた。 【参考】 科研費研究『第二次世界大戦と日…
RT @houki38: こんな種がいるんだ…。Macrocyclopsって日本産4種なんだね。3種かと思ってた。 CiNii 論文 -  日本の山地水体から得られたケンミジンコ(甲殻類)の新種Macrocyclops monticolaとDiacyclops dispino…
RT @fushunia: 「トルコ語で米 をpirin■と言い,籾 を■eltikと言うが,それはペ ルシア語の米は berenj,籾はshaltukあるいはchaltukを語源としており,したがって米はペ ルシアから伝来したということになっている。そもそも栽培稲の起源は中国…
RT @fushunia: 「トルコ語で米 をpirin■と言い,籾 を■eltikと言うが,それはペ ルシア語の米は berenj,籾はshaltukあるいはchaltukを語源としており,したがって米はペ ルシアから伝来したということになっている。そもそも栽培稲の起源は中国…
「トルコ語で米 をpirin■と言い,籾 を■eltikと言うが,それはペ ルシア語の米は berenj,籾はshaltukあるいはchaltukを語源としており,したがって米はペ ルシアから伝来したということになっている。そもそ… https://t.co/P3kItj6lQn
RT @khargush1969: 大野盛雄(1992)「現代から見た「米の道」:トルコの事例」『オリエント』35(1): 97-109. https://t.co/cOtBKzBoHu 初歩的な調査記録だが,トルコの米文化(黒海経由中央アジア伝来説あり)が農法・調理法ともにイ…
RT @dokidokidoki19: この研究成果報告書は是非、一度目を通して欲しい。 東大の一研究所所長が国民の税金3000万以上をもらって行った研究の成果。国民の皆さんがしっかりと確認する必要のあるものかと思います。 より「有益な」研究へと予算がしっかり回るシステムにして…

22 1 1 0 OA 三十輻

「春湊浪話」中 (上中下の三巻組)#獅子王 肉筆 大州市立図書館(愛媛県)の史料を国文学研究資料館がデジタル化したもの https://t.co/Cera5aajKt 大正6年発行の「三十輻. 第1」に活字収録あり https://t.co/6pCHcWiRMN

6 6 6 0 蒲鉾年鑑

元の版元の「かまぼこ新聞」てのも強いな CiNii 図書 - 蒲鉾年鑑 https://t.co/Oqzq9bSVHe #CiNii #月刊住職と同じくらい強い語感を探る
@sanpiska822 @s_hskz 蛙の方言周圏論のマップがこちらにありました。東北地方の西北端で蛙を呼ぶ言葉として使われていた「モッケ」が、この吉野の国栖の「毛瀰(もみ)」に似てる気がします。 https://t.co/8tSpGzximS

20 20 20 0 OA 時局と猶太人問題

RT @pira_rucu: 「時局とゆだや人問題」若宮卯之助 [述] 大亜細亜建設社 昭和13 https://t.co/3iWRo7j8xG 一、発端 皆さんのように粒揃いの方々の前に立って、お話を申し上げるということは、一生の中に、そう何度もあることはあるまいと存じますか…
RT @dokidokidoki19: この研究成果報告書は是非、一度目を通して欲しい。 東大の一研究所所長が国民の税金3000万以上をもらって行った研究の成果。国民の皆さんがしっかりと確認する必要のあるものかと思います。 より「有益な」研究へと予算がしっかり回るシステムにして…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデンティティ構築の…
RT @nekonoizumi: PDFあり。 「現代中国におけるスポーツと社会階層 : 都市の武術学校への転入学者を事例に」『フォーラム現代社会学』9, 2010 https://t.co/fUDBEER9ZR 「武術学校のエスノグラフィ:再生産戦略とアイデンティティ構築の…
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @nekonoizumi: 池本淳一「中国における「公」と自衛--村落武術・紅槍会を事例として」『日中社会学研究』13, 2005 https://t.co/S5hcENoLAM 「現代中国における武術サブカルチャーとその担い手たち--社会学的武術研究のための一考察」『2…
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  水戸光圀における「源義経」論 : 鵯越の坂落しと弓流しの逸話から https://t.co/bOSLKrnfMA #CiNii
RT @radiowatch555: @kumonosusoup シミュレーションで爆速かつ低コストで個別最適化されるのでしょうか・・・。 インシリコスクリーニングに興味をお持ちの方に、こんな論文を見付けました。 https://t.co/jngPMVoUjn
そういや原武史氏、最初の本が朝鮮政治史だったんだよなあ。「直訴」のもつ意味合いをたどってく本で。 「直訴と王権 : 朝鮮・日本の「一君万民」思想史」 https://t.co/k67sXIIZXF
RT @heero108: その後論文を読み、またCiNiiを漁ったところ、近年「2.5次元ミュージカル」に関する論文がいくつか発表されていることに気づく。以下、忘備録として。 増山賢治「2.5次元ミュージカル活性化の諸相:演目と作曲家の多元性に着眼して」『愛知県立芸術大学紀…

2 2 2 0 OA 細川千句考

“細川千句考” https://t.co/NmDIUlPhgO
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9