著者
三澤 真美恵 貴志 俊彦 佐藤 卓己 孫 安石 川島 真 小林 聡明
出版者
日本大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

本研究では東アジアの複数の地域(日本、中国、香港、台湾、シンポール、韓国、北朝鮮)および複数の視聴覚メディア(テレビ、映画、レコード、ラジオ)を対象に、地域間・メディア間の相互連関性を検討した。各年度に行われた国際ワークショップや国際シンポジウムを通じ、国内外の研究者が多様なディシプリンを持ち寄ったことで、東アジアに固有の相互連関の具体的様態についても明らかにすることができた。本研究の成果は論文集として公刊される予定である。
著者
孫 安石 Son Ansuk
出版者
神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター
雑誌
年報非文字資料研究 (ISSN:18839169)
巻号頁・発行日
no.10, pp.41-63, 2014-03

This paper will take a close look at the Shanghai News, which was first published in 1890 in Shanghai, in reference to the history of media. The background of the launch and unique features of its layout will be introduced, followed by the paperʼs view on Japan-China relations manifested in its editorial columns. The bilateral relationship will be discussed in terms of the following four aspects : 1. The launch of the newspaper, a typographical printing house and publication registration with the Japanese Consulate General in Shanghai ; 2. The Shanghai News and the issue of Japanese mistresses of Western men ; 3. The paperʼs view on Japanʼs promoting and leading Sino-Japanese trade ; and 4. Theory on Chinese merchants by the Shanghai News. Moreover, the significance of the paperʼs information network in understanding the relationship between Shanghai and Japan at the end of the Qing Period will be examined based on readersʼ comments and introductory articles regarding Chinese cities and towns. Japanese newspapers published in Shanghai survived into the Taisho and Showa periods. Even though they provide valuable insight into the early modern and modern history of the two countries, they have not been fully investigated. The author will further study and discuss the history of such papers in the Meiji, Taisho and Showa periods.共同研究東アジアの租界とメディア空間
著者
貴志 俊彦 陳 來幸 石川 禎浩 武田 雅哉 川島 真 柴山 守 松本 ますみ 孫 安石 大澤 肇 小林 聡明 谷川 竜一 菊地 暁 富澤 芳亜 泉水 英計 西村 陽子 李 梁
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2013-04-01

本共同研究では、近100 年間に東アジア域内で起こった歴史的事件、あるいは時代の画期となるトピックをとりあげ、それぞれの局面で登場した非文字史料がはたした役割とその受容者の解釈を検討した。国内外における広範な調査と成果発表にあたっては、複数の地域で製作された非文字史料を比較対照するとともに、(a)図像解釈学的分析、(b)語彙分析による情報処理、(c)コミュニケーション・パターン分析等を導入して、紛争・協調の時代イメージと非文字史料との因果関係を明らかにした。