著者
貴志 俊彦 陳 來幸 石川 禎浩 武田 雅哉 川島 真
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2013-05-15)

1.海外における研究成果の公表:a)台湾・国立政治大学伝播学院シンポ「終戦七十年週年:日本帝国及其殖民地的戦争動員與視聴伝播」学術研討會(2015年5月16日)、b)台湾・国立政治大学「亜太局勢変動下的台日関係:回顧與展望」学術論壇(6月5日)、c)イギリス・ブリストル大学“Global China: The China Postgraduate Network Annual Conference”(7月2日)、d)中国・ハルビン師範大学「東亜的歴史、現在與未来―文化交流と相互認識 東亜学術論壇2015-」(8月25日)、e)米国・ジョージタウン“Public Symposium: Media Cultures of Wartime and Postwar East Asia”(9月15日)、f)中国・北京大学「毛沢東早期形象研究」歴史系特別講座(10月28日)、g)中国・華中師範大学「“海外華商網与華商組織”国際学術研討会」(11月7日)など2.研究成果の刊行:共著『対立与共存的歴史認識與日中関係150年』(社会科学文献出版社)、論集『増補改訂 戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版)、単著『近代中国の総商会制度』(京都大学学術出版会)、共著『東アジアの政治社会と国際関係』(放送大学教育振興会)など3.海外所蔵資料の調査:a)米国・National Archivesにて琉球列島米国民政府(USCAR)の広報用写真・映像フィルム、b)米国・ジョージワシントン大学図書館にて沖縄関係資料、c)カナダ・トロント大学図書館にて香港系移民のミニコミ・新聞など4.データベースの連携:a)『亜東印画輯』データ・データベースへの横断検索システムの適用(東洋文庫と連携、http://int.nihu.jp/)、b)米国・ラファイエット大学と絵葉書データベースの国際連携計画に着手
著者
弘末 雅士 鈴木 信昭 唐沢 達之 貴堂 嘉之 高橋 秀樹 荷見 守義 石川 禎浩 清水 和裕 土田 映子 大石 高志 疇谷 憲洋 佐々木 洋子 遠藤 正之 久礼 克季
出版者
立教大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

地中海世界・イスラーム世界・欧米・中南米・南アジア・東南アジア・東アジアにおける奴隷の歴史を比較検討することができ、地域相互間の奴隷取引や奴隷をめぐる観念の展開を広域的に解明できた。また移住者の広域ネットワークの形成に果たす役割とともに、移住先の社会の秩序構築に積極的に関わったことが明らかとなった。そうした移住者を迎えた現地人妻妾のアジアにおける事例が比較検討され、彼女らやその子孫が、前近代において商業活動や港市の社会統合に重要な役割を担ったことが解明された。さらに近現代社会における新たな仲介者や媒体の存在に注目する必要性を認識した。