著者
島村 修平
出版者
The Philosophy of Science Society, Japan
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.29-46, 2012

It is commonly assumed that a personʼs avowal of her own mind is privileged. But quite a few researchers doubt this first-person privilege, finding it difficult to give it a secure place within their theories of the mind. This paper aims to show that a psychological subject must have first-person privilege. Some philosophers claim that psychological subjects must be rational agents, and a special subclass of them (like us) must have first-person privilege. Accepting this basic idea, I attempt to give substance to it by offering an indisputable interpretation of rational agency and a non-trivial argument to derive first-person privilege from it.
著者
島村 修平
出版者
日本科学哲学会
雑誌
科学哲学 (ISSN:02893428)
巻号頁・発行日
vol.45, no.2, pp.29-46, 2012 (Released:2016-01-15)
参考文献数
24

It is commonly assumed that a personʼs avowal of her own mind is privileged. But quite a few researchers doubt this first-person privilege, finding it difficult to give it a secure place within their theories of the mind. This paper aims to show that a psychological subject must have first-person privilege. Some philosophers claim that psychological subjects must be rational agents, and a special subclass of them (like us) must have first-person privilege. Accepting this basic idea, I attempt to give substance to it by offering an indisputable interpretation of rational agency and a non-trivial argument to derive first-person privilege from it.
著者
木村 正人 野矢 茂樹 早川 正祐 竹内 聖一 吉川 孝 古田 徹也 池田 喬 河島 一郎 星川 道人 島村 修平 筒井 晴香 八重樫 徹 萬屋 博喜
出版者
高千穂大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

分析哲学者を中心に昨今注目を集めている共同行為論の諸理論について紹介・検討し、さらに現象学、社会学理論等による知見を加えて、共同行為の構成要件、共同行為特有の意図性の諸原理、還元主義アプローチの当否、共同行為論における因果的解釈の射程などについて明らかにした。若手研究者を中心として組織された「行為論研究会」は学問分野を越える各学会等で注目を集め、一般公開の研究大会において報告されたその成果は、雑誌『行為論研究』にまとめられた。
著者
早川 正祐 竹内 聖一 古田 徹也 吉川 孝 八重樫 徹 木村 正人 川瀬 和也 池田 喬 筒井 晴香 萬屋 博喜 島村 修平 鈴木 雄大
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

本研究は、従来の行為者理論において見落とされてきた、人間の「脆弱性」(vulnerability)に着目することにより、自発的な制御を基調とする主流の行為者 概念を、より相互依存的・状況依存的なものとして捉え直すことを目的としてきた。その際、行為論・倫理学・現象学・社会学の研究者が、各分野の特性を活か しつつ領域を横断した対話を行った。この学際的研究により、個別領域にとどまらない理論的な知見を深め、行為者概念について多層的かつ多角的な解明を進めることができた。