著者
久木留 毅 相澤 勝治 岡田 藍 徳山 薫平 河野 一郎
出版者
一般社団法人日本体力医学会
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.56, no.4, pp.429-436, 2007-08-01 (Released:2007-09-14)
参考文献数
31
被引用文献数
3 3

[Objective] This study examined the effects of resting metabolic rate (RMR), sleeping metabolic rate (SMR), and diet-induced thermogenesis (DIT) during acute weight loss in elite male wrestlers.[Methods] Subjects were elite male wrestlers (n=6), who were instructed to reduce the body weight in seven days. RMR, SMR, and DIT were measured by indirect calorimetry in normal training phase and after rapid weight loss. Body composition and energy intake were also measured.[Results] Energy intake significantly decreased in rapid weight loss phase (P<0.05). After the rapid weight reduction, percent reduction of body weight (-4.4%), fat mass (-17.5%), and total body water (-3.2%) significant compare with that of normal training phase (P<0.05). RMR(-15.2%), and SMR (-11.8%) significantly decreased during acute weight loss (P<0.05). DIT(-89.4%) tended to be decrease during acute weight loss.[Conclusion] The present study suggests that rapid weight loss in elite male wrestlers causes decreases in RMR and SMR.
著者
仙石 泰雄 中村 和照 緒形 ひとみ 吉岡 利貢 渡部 厚一 鍋倉 賢治 徳山 薫平
出版者
一般社団法人日本体力医学会
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.285-294, 2008-04-01 (Released:2008-08-13)
参考文献数
24
被引用文献数
2 2

The present study was conducted to obtain basic information about blood glucose fluctuation and relation with race performance during 100 km marathon. Subcutaneous glucose of one well-trained runner was measured by continuous glucose monitoring system (CGMS) at 5 min interval and blood samples for biochemical analysis were drawn at pre, middle and post of the race. Energy balance during one week prior to the 100 km race was recorded, and the whole energy and fluid intake during the race was analyzed. Blood glucose fluctuated reflecting duration of exercise and energy supply during the race. During the latter part of the race (65–70 km), abrupt declines in blood glucose level, which reflected insufficient carbohydrate intake before the race (119 g), were accompanied by decrease in running speed. The present report suggests that continuous glucose monitoring supplemented with standard nutritional and physiological measurement provides precise and valuable information on runner’s energy state during the ultra-endurance race, and that athletes need to reassess their preparation for the race and planning of energy intake during the race.
著者
鍋倉 賢治 徳山 薫平 榎本 靖士
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2015-04-01

長距離競走の成否には、大きなエネルギー供給能力(最大酸素摂取量:VO2maxなど)に加え、エネルギーを節約(省エネルギー)して走る能力が重要となる。例えばマラソンでは、体内に蓄えた糖質には限りがあるため、糖を節約しつつ走りきることが重要である。マラソンより短い種目(5000mや10000mなど)であっても、終盤のスパートには糖(筋グリコーゲン)の利用が欠かせない。エネルギー(糖)の節約に影響を及ぼす能力の一つとして脂質代謝能力がある。一方、省エネに関わる能力には走の経済性(ランニングエコノミー:RE)があり、これがトップランナーのパフォーマンスの優劣に直結するとした研究報告は多い。本研究はこの2要因に焦点を当て、中長距離走パフォーマンスとの関係を明らかにし、トレーニング課題、効果的なトレーニング法について提案することを目的とした実践研究である。研究最終年度(平成30年)には、トレーニング実験を行ない、高強度+持続走トレーニングは通常の持続走のみを行なうトレーニングよりも効果的に有酸素性能力を高められる可能性が明らかとなった。研究期間全体を通して得られた結果は以下のとおりである。(1)REに関して:①乳酸性代謝閾値(LT)速度を超えるような高強度におけるREの測定法を確立した。②その方法で求めたREは、LT強度以下で求めたREよりも競技パフォーマンスとの関係が強い。③REとVO2maxを縦断的に追跡した結果、両者は同時に高めるのではなく、交互に高めることが効果的である。(2)脂質代謝能力に関して:①運動に対する脂質酸化動態は、事前の貯蔵エネルギーの状態、運動プロトコールに影響される。②事前に高強度運動を行なわせることで、その後の運動時の脂質酸化量が増大する。③高強度+持続走をトレーニングとして用いることによって、より効果的に持久性能力を高められる可能性がある。
著者
徳山 薫平
巻号頁・発行日
2014

科学研究費助成事業 研究成果報告書:挑戦的萌芽研究2011-2013 課題番号:23650428
著者
高野 純平 藤井 範久 向井 直樹 劉 莉荊 林 和彦 白崎 芳夫 斉藤 慎一 徳山 薫平
出版者
一般社団法人日本体力医学会
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.1, pp.123-130, 2004-02-01 (Released:2010-09-30)
参考文献数
25

Side to side difference in tennis players' mid-radius and cross-sectional study on mid-tibia of jumpers and sedentary controls suggest that the improvement of mechanical properties of cortical bone in response to long-term exercise is related to geometric adaptation and not to volumetric bone mineral density. In the present study, geometric and mechanical properties of right tibia were estimated along 64 directions centering center of gravity of the bone on cross-sectional peripheral quantitative computed tomography (pQCT) images. The tibias of 17 jumpers (7 females, 10 males) and 15 controls (8 females, 7males), aged 18-23, were scanned at mid site using pQCT. Periosteal and endocortical radius were larger, cortical thickness was thicker, and mechanical properties (moment of inertia of area and strength strain index) were greater in jumpers compared to those of controls. The differences in cortical thickness between the two groups were dependent on direction of measurement. Defined a direction from tibia's center of gravity to fibula's as 0°, difference in the cortical thickness between jumpers and controls was the greatest at around 240°. Along this direction, differences in mechanical properties were also the most significant, suggesting that the site-specific adaptation of bone to long-term exercise is due to geographical relation of bone to muscle.
著者
徳山 薫平
巻号頁・発行日
2013

科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書:基盤研究(B)2010-2012
著者
田中 茂穂 徳山 薫平 藤井 久雄 田中 千晶 緑川 泰史 二見 順
出版者
独立行政法人国立健康・栄養研究所
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

エネルギー消費量を評価するヒューマンカロリメーターの分析精度を向上させ、食事によるエネルギー消費量の評価法を提案した。また、エネルギー消費量に対する身体組成の影響や食習慣・運動習慣の影響について明らかにした。さらに、身体活動の種類と強度が評価できる3次元加速度計を用いて、歩数が中高強度の身体活動量をかなり反映するが、歩・走行以外の身体活動も重要であること、1日の身体活動量に対する歩・走行以外の身体活動の相対的な寄与が職業間で異なっていることを明らかにした。
著者
徳山 薫平 佐藤 誠 長坂 昌一郎
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

遅い時刻の夕食や朝食欠食などの食習慣は24時間のエネルギー消費量に影響しないが、24時間の平均血糖値を上昇させた(研究発表論文1)。朝食前の運動は朝食後の運動に比べて24時間で脂肪される酸化の量が多く、体脂肪増加の抑制に有効である可能性が示唆された(研究発表論文2)。また非運動性身体活動によるエネルギー消費の有無が血糖調節に影響することを明らかにした(研究発表論文3)。睡眠時無呼吸が重症化するに従ってエネルギー消費は高い傾向となり、脂肪酸化が抑制されていた(投稿準備中)。