著者
池田 悠稀 西村 悠貴 キム ヨンキュ 樋口 重和
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.69-74, 2016 (Released:2017-10-31)

The purpose of this study was to reveal the relation between the characteristics of emotional contagion and the mirror system activity. Thirty-one university students participated in this experiment. Emotional vocalizations and video of hand reaching and grasping a cup were presented to the participants. Facial electromyography (EMG) as emotional contagion index was recorded while presenting emotional vocalizations. Mu rhythm desynchronization in electroencephalogram (EEG) as mirror system activity index was recorded while presenting the video. The result shows significant correlation between the activity of facial EMG and desynchronization of mu rhythm, suggesting a person who is likely to be affected with emotional vocalizations also shows high mirror activity.
著者
樋口 重和 北村 真吾
出版者
九州大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、光の強度、波長、照射方法がヒトの生理心理反応に及ぼす影響を調べると同時に、夜勤時の光によるメラトニン抑制を軽減する方法について検証した。その結果、以下のことがわかった。1)網膜の鼻側は耳側に比べて光刺激に対する瞳孔の縮瞳量が大きいが、メラトニン抑制に関しては違いがなかった。2)青色光は赤色光に比べて、瞳孔の縮瞳量および後頭部の総ヘモグロビン濃度の増加量が有意に大きかった。3)夜勤時の光によるメラトニン抑制を防ぐ方法として赤色バイザーキャツプの着用または仮眠が有効であった。
著者
池田 悠稀 西村 悠貴 キム ヨンキュ 樋口 重和
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.69-74, 2016

The purpose of this study was to reveal the relation between the characteristics of emotional contagion and themirror system activity. Thirty-one university students participated in this experiment. Emotional vocalizations andvideo of hand reaching and grasping a cup were presented to the participants. Facial electromyography (EMG) asemotional contagion index was recorded while presenting emotional vocalizations. Mu rhythm desynchronization inelectroencephalogram (EEG) as mirror system activity index was recorded while presenting the video. The resultshows significant correlation between the activity of facial EMG and desynchronization of mu rhythm, suggesting aperson who is likely to be affected with emotional vocalizations also shows high mirror activity.
著者
山崎 和彦 野尻 佳代子 佐藤 庸子 石橋 圭太 樋口 重和 前田 亨史
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.21-28, 2006
参考文献数
20
被引用文献数
9

The purposes of the present study were to observe the thermoregulatory responses from view points of sex difference, seasonal difference between winter and summer, and susceptibility to the heat (atugari) and the cold (samugari). The subjects were 13 females (20.5±0.5yrs, 159.2±6.4cm, 52.1±6.9kg) and 16 males (20.8±1.6yrs, 172.8±4.5cm, 61.6±6.3kg). They put on shorts or underpants, T-shirts and short pants. In the evening, the climatic chamber was controlled at 24℃ RH50%, the temperature increased to 29℃ over 60 minutes gradually. The subjects kept the sitting position. Measurement items were oral temperature, skin temperature, body weight, heart rate, blood pressure and subjective sensations. We determined atugari and samugari according to the subjective sensations of whole body during exposure. The main results were as follows. (1) The classification of atugari and samugari by self judgment did not always agree with the results of exposure experiments, (2) The skin temperatures were winter > summer in the body stem area and winter < summer in the peripheral area in male and female. (3) The skin temperatures were male < female in the body stem area and male > female in the limbs area. (4) Males felt warm in winter than in summer, and they felt warm than females in winter. (5) The values of subjective sensation were atugari > samugari generally. We guessed that the evening exposure produced these phenomena.
著者
落合 将太郎 原田 和樹 李 相逸 樋口 重和
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.69-76, 2017 (Released:2017-10-31)

The aim of the present study was to determine the measurement dependence of the effects of color light and to clarify the correlation between physiological responses and subjective impression. Seventeen male university students without color vision deficiency were exposed to blue light and red light (200 lx at eye level) at night for three hours. The effects of blue light on pupil constriction and melatonin suppression were significantly greater than the effects of red light. On the other hand, heart rate tended to be higher under the red light condition. There was no significant difference between the effects of blue light and red light on rectal temperature or alertness. Individual variations in the subjective impression of light were correlated with heart rate and rectal temperature but not with melatonin concentration or pupil constriction. The results suggest that the physiological effects of light depend on measurements and that these variations may be influenced by subjective impression.
著者
原田 哲夫 樋口 重和 石橋 圭太
出版者
高知大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

「朝食摂取トリプトファンを原料に,天然抗うつ剤のセロトニンが午前中合成され,精神衛生が改善,更にセロトニンは夜間入眠物質メラトニンに変換され,入眠や睡眠の質の改善をもたらす.」という理論的背景を基に「早寝、早起き、朝ごはんで3つのお得!」リーフレットシリーズを作成,幼児、中学生、大学生を対象とした,5種類の介入実験の結果,何れも朝型化や睡眠健康・精神衛生の向上をもたらすのに概ね有効であった.
著者
岩切 一幸 外山 みどり 高橋 正也 木口 昌子 平田 衛 樋口 重和 北原 照代 垰田 和史 久永 直見
出版者
独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
雑誌
労働安全衛生研究 (ISSN:18826822)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.255-265, 2008 (Released:2009-12-25)
参考文献数
15
被引用文献数
1 1

本稿では,介護労働において安全衛生上大きな問題となっている介護者の腰痛を取り上げ,その発生状況や予防対策を紹介するとともに,著者らが作成した「介護者のための腰痛予防マニュアル~安全な移乗のために~」を解説する.このマニュアルは,介護機器を活用する際の参考資料として厚生労働省通達の「職場における腰痛発生状況の分析について」で引用されており,介護機器を利用した介護者の腰痛予防教育などに利用できる.
著者
安河内 朗 前田 享史 石橋 圭太 樋口 重和 樋口 重和
出版者
九州大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008

本研究では光、温度、重力の各ストレスが及ぼす生理反応への影響から現代生活における適応性を評価した。その結果以下のことがわかった;1)朝の十分な光曝露と夜の電球色照明の選択は、概日リズムを調整し夜型化を抑制する。2)身体の運動不足や冬季暖房の慢性的利用は基礎代謝量を低下させ、耐寒性、耐暑性を低下させる。身体的運動はこれらの低下を向上させる。3)立ちくらみ頻度は夜型に多く、夜型は重力負荷に対する心拍応答が大きく直立耐性を低下させる。
著者
樋口 重和
出版者
秋田大学
雑誌
萌芽研究
巻号頁・発行日
2004

冬季に日照量の少ない東北地方の積雪は光の反射や拡散機能を持っており,それによる光曝露量の増加は,冬季の生体リズムの遅れを改善する効果が期待できる.本研究は冬季の積雪の前後で,朝の光曝露量と生体リズムの位相の変化を調べることを目的とした.実験は日照量が少ないことで知られる秋田県で実施し,被験者はインフォームドコンセントを得た大学生13名(22.3±1.3歳)であった.積雪前の実験は平成16年12月に実施した.被験者は連続する17日間,光曝露量を含むアクチグラフの記録を行い,10日目と17日目に人工気象室で生体リズムの位相を調べるための実験に参加した.生体リズムの指標には,暗条件下でメラトニンの分泌が始まる時刻とした.実験期間中,被験者は普段の睡眠覚醒習慣に従って規則的な生活をおくり,午前9時までに通学するように指示が与えられた.積雪後の実験は平成17年1月に実施し,積雪前と同じ実験手順で行った.目に入ってくる明るさ(目の位置での鉛直面照度)が積雪によってどの程度違うかを同じ天候状態で比較したところ,積雪無しに比べて積雪有りでは約2倍の明るさになることが分かった.被験者が実際に早朝に曝露された明るさも積雪前よりも積雪後に有意に高かった.しかし,生体リズムの指標であるメラトニンの分泌開始時刻には積雪の前後で有意な差は認められなかった.本研究より,積雪後は光の反射や拡散によって光曝露量が増加することが明らかとなったが,今回用いた実験条件では,積雪による光曝露量の増加は生体リズムに影響を及ぼさなかった.この原因として,被験者が自然光に曝露される時間が通学時に限られており,曝露時間が短かったことがあげられる.今後,長い時間を屋外で過ごすような条件を想定して検討する必要があると思われる.