著者
武田 邦彦
出版者
公益社団法人 日本工学教育協会
雑誌
工学教育 (ISSN:13412167)
巻号頁・発行日
vol.46, no.1, pp.12-16, 1998-01-30
参考文献数
14
被引用文献数
4 2

工学備理教育では,(1)近代工学が社会に与えた精神界への打撃,労働の追放,環境の破壊などの事実内容についての講義,(2)工学倫理の自然科学的合理性,工学の社会に対する合目的性,工学の一方向性などの考え方についての講義,及び(3)原子爆弾投下,エイズ問題,遺伝子操作による動物の飼育などの主要な事例研究と演習,さらに(4)工学倫理組合の結成,労働形態の変更など社会生活への働きかけの可否などの講義と討論をもとに構成するのが適当であると考えられる。また,工学的内容を持つ事例の講義とその倫理学的哲学的内容を教授することが必要な工学倫理教育では複数の教育者の共同教育が必要であろう。
著者
武田 邦彦
出版者
公益社団法人 日本材料学会
雑誌
材料 (ISSN:05145163)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.104-111, 2005 (Released:2006-04-07)
参考文献数
12
著者
武田 邦彦 鬼塚 初喜 渡辺 利典
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌 (ISSN:00047120)
巻号頁・発行日
vol.28, no.1, pp.82-89, 1986-01-30 (Released:2009-07-09)
参考文献数
14
被引用文献数
2 2

The uranium enrichment by redox chromatography using an ion-exchanger was studied. As a result, the isotope separation factor in this process is smaller than that determined from the equilibrium constant of solution. There exist three kinds of equilibrium reactions in this process: isotope equilibrium by electron exchange, that by adsorption/desorption of complexes(U4+, UO22+) to resin, and phase equilibrium of U4+ and UO22+. We made it clear that small isotope separation factor mainly dependes upon the adsorption characteristics of complexes (U4+, UO22+) to the ion-exchanger among those reactions. On the other hand, computer simulation of chromatographic development was carried out to analyze the details of experimental results theoretically. The separation column was hypothetically divided into equilibrium stages, and the equilibrium condition of each stage was simulated. A comparison between the calculated and observed separation factors was made. By this theoretical treatment, it was clarified that the separation factor decreases drastically in the region where development length is short.
著者
武田 邦彦 中島 江梨香
出版者
中部大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2013-04-01

海洋資源の利用、エネルギーおよび食糧資源の確保などの極めて重要な視点から高濃度CO2を活用した藻類の大量培養を進める必要があると考えられるが、本研究を通じて、早期に研究が必要なものは関連する化学工学の研究、それに付随して海洋工学、藻類研究と化学工学の融合である。工業化の研究段階は初歩的段階であるが、研究の社会的意義が大きいので公的資金獲得が可能であるので「有望である」という概念や研究申請が先行し、エネルギー収支、環境影響、科学的合理性に対する検討がまったく不十分であることが分かった。本研究を通じてCO2利用研究が単なる研究費獲得のための活動にならないことがもっとも重要であることが分かった。
著者
中島 江梨香 上野 智永 市野 良一 武田 邦彦
出版者
公益社団法人 高分子学会
雑誌
高分子論文集 (ISSN:03862186)
巻号頁・発行日
vol.71, no.4, pp.159-168, 2014-04-25 (Released:2014-04-25)
参考文献数
34

高分子材料の欠点である燃焼性を克服するために,高分子材料の熱分解と燃焼性について研究を行ってきた.高分子化合物の熱分解は,主鎖のランダムな分解,あるいは高分子鎖の末端で三量体などの化合物を生成する場合,解重合が起きる場合がある.本報では,ランダム開裂とともに末端の特定部位からの開裂が同時に起こる,ポリプロピレンとポリスチレンについて熱分解と燃焼性の関係性を研究した.熱分解生成物ばかりではなく,高分子材料の分子量が大きな影響を与えることを見いだした.分子量の違いによって燃焼状態が異なり,分子量の高い試料と低い試料では熱分解後の分子量分布の変化が異なること,特定の燃焼条件下ではある特定の分子量において燃焼しないということが明らかになった.ポリオレフィン類およびポリスチレンのように社会で大量に使用されているプラスチックにおいて,構造的に燃焼しないものが発見されたことは今後安心安全な社会の進展に大きく寄与する.
著者
武田 邦彦 橋本 淳 棚橋 満
出版者
一般社団法人 資源・素材学会
雑誌
資源と素材 (ISSN:09161740)
巻号頁・発行日
vol.120, no.3, pp.139-145, 2004 (Released:2006-04-15)
参考文献数
52

Resource saving is thought to be one of the concepts and the acts necessary for environmental preservation. However, resource saving and its effect were examined and discussed from historical, regional, value and ethical viewpoints. From a historical viewpoint, the conversion from a society that used mainly sustainable resources to a society that uses non-sustainable resources was considered. From a regional viewpoint, Japan as a special region where there are little non-sustainable resources and a lot of consumption was taken up, and the influence of monopoly of worldwide resources by Europe and the United States was considered. In addition, in terms of value, the size of the overall gain of the acquisition of resources between generations was considered, and from an ethical viewpoint, the North-South problem was mainly analyzed. Also, regarding the conversion between resources, as the first approximation, the possibility of converting a general material into energy such as oil was shown, and the examination was advanced based on this. And then, it was pointed out that resource had not been saved in terms of the construction of a sustainable society even in the Edo period when resource had generally been maintained.
著者
坂本 健太郎 遠藤 小太郎 行本 正雄 武田 邦彦
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
日本機械学會論文集. B編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. B (ISSN:03875016)
巻号頁・発行日
vol.72, no.722, pp.2338-2345, 2006-10-25
参考文献数
24

The amount of woody biomass resources in Aichi Prefecture and Toyone Village was estimated on the basis of theoretical and actual production efficiencies. Five factors should be considered at the steady production of reduced carbon from carbon dioxide by sunlight in woods. The ratio of leaf to forest area, the reflection of sunlight on leaf surface, the conversion efficiency from the light energy, efficiency of optical system, and of dark reaction are 0.70, 0.82, 0.24, 0.31, and 0.92 respectively. On the other hand, four factors are in the timber production stage. The energy consumption loss for the daily life of woods, the waste at the forest, the thinner woods to main cutting production, and the thinning are 0.50, 0.47, 0.435, 0.44, respectively. The total efficiency was calculated and the result was 0.0023. Furthermore, near fiscal year 2000, primary energy consumption in Aichi Prefecture is 1.48×10^9 GJ/year, so it is 2200 times than the present production amount and 300 times the best theoretical production amount.