著者
高井 禎成 加我 君孝 菅澤 正 篠上 雅信
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.83-86, 1998-05-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
14

To determine the indication of cochlear implant, an electrical auditory test on the promontry isperformed to investigate sense of sound at the auditory nerve or the nerve terminal. However, theroutinely used promontry stimulation test requires penetration of the tympanic membrane. Becauseof this harmful procedure, the promontry stimulation test is not easy to apply to normal subjects.Recently, one electroaudiometer has developed by MED-EL which has adopted a non-invasivemethod. A silver ball electrode is placed near the tympanic membrane to give electrical stimulationto the cochlea.Using this procedure, we investigated how people with normal hearing can feel electrical stimulation.Our results showed that no one could feel the stimulation as sound at low frequency of electricpulse, but considerable number of people could feel the stimulation as real sound at high frequencyof electric pulse. This auditory sensation could possibly be caused by electrophonic effect.This electroaudiometer with a silver ball electrode is less harmful and easily used for varioussubjects.
著者
丹生 健一 志水 賢一郎 大津 雅秀 石田 春彦 菅澤 正 石橋 敏夫
巻号頁・発行日
1999 (Released:1999-04-01)

目的:甲状腺疾患は食生活や人種により発生頻度や病態が異なることは良く知られているにも関わらず、日本人のret/PTC遺伝子発現に関する報告は、これまでのところ、ほとんどない。本研究では、日本人の各種甲状腺疾患におけるret/PTCの有無を調べ、病理組織・臨床的事項との相関を検討し、本邦の甲状腺疾患におけるret/PTCの意義を研究した。対象と方法:東京大学附属病院耳鼻咽喉科および神戸大学附属病院耳鼻咽喉科において治療が行われた日本人の各種甲状腺疾患の手術標本を用いて免疫組織染色手法によりret/PTC遺伝子の有無およびp53遺伝子の過剰発現を調べ、得られた結果を、病理組織像ならびに臨床的事項と比較検討した。結果:対象となった症例は濾胞腺腫19例、濾胞腺癌2例、分化型乳頭癌40例、低分化型乳頭癌6例・未分化癌4例、髄様癌2例であった。Ret/PTC遺伝子は、分化型乳頭癌40例中14例に認められたが、他の組織型には全く認められなかった。一方、p53遺伝子の過剰発現は、分化型乳頭癌の中では1例にしか認められなかったが、低分化型乳頭癌6例中2例、未分化癌4例中4例に認められた。臨床的事項との関係を検討したところ、ret/PTC遺伝子は40歳以上34例中12例に認められたが、40歳未満の6例には一例も認められなかった。病期分類との関係では、T分類、N分類、いずれとも相関は認められなかった。一方、慢性甲状腺炎を合併した症例では9例中4例(44%)、慢性甲状腺炎を合併しなかった症例では31例中8例(26%)にret/PTC遺伝子が認められた。考察:ret/PTC遺伝子は日本人の甲状腺乳頭癌においても35%に認められた。低分化型や未分化型には全く認められないことから、分化度の低い乳頭癌では発生機序が異なると考えられた。