著者
宮之原 郁代 宮下 圭一 黒野 祐一
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.21, no.5, pp.821-826, 2011 (Released:2013-05-24)
参考文献数
20
被引用文献数
1 3

右耳閉感と発疹で発症しHIV感染、内耳梅毒が判明した1例を報告する。症例は、55才男性で、2009年7月末に右耳閉感と発疹が出現し、8月下旬、右難聴が突然出現した。前医にて右突発性難聴の診断を受け、プレドニゾロン30mgから漸減療法を受けるも改善が得られず、当院受診となった。標準純音聴力検査4分法平均聴力レベルで右43.8dB、左25.0dBと感音難聴を認めた。梅毒血清反応ならびにウエスタンブロット法にて梅毒、HIV感染が確認され、HIV感染を合併した内耳梅毒の診断となった。アモキシシリン500mg×3/日、9週投与で、聴力は改善した。HIV感染症例の感音難聴では、内耳梅毒の鑑別が必要なことが示唆された。
著者
高井 禎成 加我 君孝 菅澤 正 篠上 雅信
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.83-86, 1998-05-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
14

To determine the indication of cochlear implant, an electrical auditory test on the promontry isperformed to investigate sense of sound at the auditory nerve or the nerve terminal. However, theroutinely used promontry stimulation test requires penetration of the tympanic membrane. Becauseof this harmful procedure, the promontry stimulation test is not easy to apply to normal subjects.Recently, one electroaudiometer has developed by MED-EL which has adopted a non-invasivemethod. A silver ball electrode is placed near the tympanic membrane to give electrical stimulationto the cochlea.Using this procedure, we investigated how people with normal hearing can feel electrical stimulation.Our results showed that no one could feel the stimulation as sound at low frequency of electricpulse, but considerable number of people could feel the stimulation as real sound at high frequencyof electric pulse. This auditory sensation could possibly be caused by electrophonic effect.This electroaudiometer with a silver ball electrode is less harmful and easily used for varioussubjects.
著者
小森 正博
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.22, no.3, pp.219-222, 2012 (Released:2013-07-12)
参考文献数
19

一側性難聴をもつ私の体験を述べ、本邦では検討が少ない日常生活や学業上の不自由さ、心理的問題などについて考察する。患耳側からの聞き取りの困難さにより、私は学会発表時に時にマイクの音が聞き取れないことや、患耳側の方と話すときに不便さを感じ座る席に気を遣うこと、話が聞き取れずに時に会話に入るのを諦めることがある。これらは社会人には支障となるもので、心理的負担となり、何らかの支援を必要としている例があるかもしれない。両親からの支援や学校の配慮により私は特に問題がなく幼少期や小学期を過ごせたが、大学卒業時に手術を受けることは両親に反対された。家族から患者へ正しい情報が伝わるとは限らず、また、先天的な疾患をもつ患者は治療によって何が改善するのか十分認識できていない可能性もあるので、しかるべき時期に正しい情報を提供してあげる必要があると思われた。
著者
大森 治紀
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.7-11, 2008-03-21 (Released:2011-06-17)
参考文献数
6
著者
池田 元久 渡辺 勧
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.2, no.5, pp.686-691, 1992-12-28 (Released:2011-06-17)
参考文献数
16

Six male patients complained of vertigo or disequilibrium accompanied with occupational hearing loss.Two of them worked in very noisy places for three years in the past and theothers have been working for 15 years or more. Their audiogram showed bilateral C5dip or high tone hearing loss. All of them were suffering from unilateral or bilateral tinnitus. Three of them (group A) have often felt static and gait imbalances while the others (group B) have experienced repeated rotatory vertiginous attacks. All cases of group Bshowed positional or positioning vertigo, rotatory nystagmus and decreases of caloric response. Onthe contrary, all cases of group A did not show any nystagmus or abnormal caloricresponse. The authors speculated that the patients of group A have received excessive stress by noisy circumstance in long terms, and this stress could cause insufficiency of cardiovascular system, vertebrobasilar arteries and autonomic nerve system. In the patients of group B, their inner ears were damaged not only in the cochlear but also in the vestibularsystems because of exposure to high intensity noise for a long period of time.
著者
大島 昭夫 中井 栄一 西崎 和則 結縁 晃治
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.10, no.5, pp.571-577, 2000-12-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
21

The tympanic membrane and nasopharyngeal orifice of the Eustachian tube of 40 former leprosy patients were reported.There were 16 cases of secretory otitis media, 20 ears, in 40 patients.13 cases in these 16 cases have deformity of the nasal cavity, especially a large perforation or defect of the nasal septum, and remarkable atrophy of the nasal conchae.They have a large nasal cavity. In 9 cases, the nasopharyngeal orifice of the Eustachian tube might be deformed due to leprosy.The patients of patent tube are observed in 16 cases, also they are aged.They have little deformity of their nasal cavity and the nasopharyngeal orifice of the Eustachian tube, but their mucous membrane and submucous tissue of the nasopharyngeal orifice of the Eustachian tube is remarkably atrophic.
著者
岩堀 修明
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1, pp.51-54, 2013 (Released:2015-04-16)

魚類から、陸棲動物を経て、水棲に戻ったクジラ類に到るまでの聴覚器の変遷を概観した。内耳の耳石器の中に、振動に反応する有毛細胞が分化し、やがてラゲナや球形嚢などの耳石器が魚類の聴覚器に進化していった。陸棲動物になると、エネルギーの小さい空気の振動を受容するため、中耳、外リンパ嚢、基底乳頭などが形成された。陸に棲息していたクジラ類が水中で生活するようになると、鼓膜を保護するために外耳道を閉鎖し、オトガイ孔と下顎管が音波の取り入れ口となった。
著者
中山 次久 宮崎 日出海
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.20, no.1, pp.17-22, 2010 (Released:2011-06-09)
参考文献数
15

ターナー症候群は、性腺機能不全、低身長、翼状頸、外反肘等の症状を呈し、出生約2000 人の女児に対して1人の割合で発症するとされ、一般的な合併症として、反復性中耳炎、慢性中耳炎、外耳奇形、感音難聴などの様々な聴器障害を呈することが知られている。今回我々は、ターナー症候群に合併した進行性難聴の1例を経験したので報告する。症例は46 歳女性。めまいを主訴に受診し、その後変動する両側混合性難聴とめまい発作を繰り返した。内リンパ水腫を疑い加療を行っていたが難聴は徐々に進行し、経過中にターナー症候群と診断された。中年期以降のターナー症候群においては高い確率で難聴が認められる。難聴が進行した場合には早期の補聴器装用が望ましく、定期的な聴力検査による経過観察が必要である。近年、エストラジオールと難聴の関連が示唆されており、本症例も子宮筋腫に対して子宮全摘、右付属器切除後より難聴の進行の訴えがあったため、手術後のエストラジオールの低下が難聴の進行の一因と考えられた。
著者
真鍋 恭弘 木村 幸弘 冨田 かおり
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.60-63, 2011 (Released:2013-05-17)
参考文献数
12

ステロイドの重度副作用の一つである精神症状、いわゆるステロイド精神病は、よく知られているが、耳鼻咽喉科領域での報告は少ない。今回、突発性難聴の治療直後に発症したステロイド精神病の症例を経験した。ステロイド精神病は、ステロイド治療患者の約5%に発症すると言われている。1日のプレドニゾロン投与量が40mgを超えると、発症率が高まるが、投与量や投与期間は、その重症度とは関係しない。また、ほとんどの場合、過去に精神疾患の既往歴はないので、事前に発症を予測することは困難である。したがって、軽微な徴候を早期に発見し、対応することが重要である。
著者
宇野 芳史
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.16, no.5, pp.576-581, 2006-12-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
22
被引用文献数
1 3

We investigated the efficacy of ear lavage with 3% hydrogen peroxide solution (oxydol) for refractory aural discharge related to acute otitis media after tympanotomy or insertion of a ventilation tube. The subjects were 30 patients (55 ears) in whom aural discharge persisted for 10 days or more despite therapy with antimicrobial agents. Ear lavage with 3% hydrogen peroxide solution (oxydol) was initiated, and antimicrobial agents was discontinued. Ear lavage was continued every day until aural discharge disappeared. In all patients, the disappearance of aural discharge was achieved within 14 days (mean: 6.9 days). In particular, the interval until its disappearance was 12 to 14 days (mean: 13.0 days) in patients with acute MRSA-related otitis media, but 7 days or less (mean: 6.0 days) in those in whom other types of bacteria were detected.Thus, ear lavage with 3% hydrogen peroxide solution (oxydol) was effective for refractory aural discharge related to acute otitis media after tympanotomy or insertion of a ventilation tube for the following reasons:1) 3% hydrogen peroxide solution (oxydol) destroyed the lipid membrane, DNA, and cellular contents of bacteria by generating hydroxy radicals.2) Oxygenation of the middle ear cavity via decomposition of 3% hydrogen peroxide solution (oxydol) normalized middle ear mucosa.3) Oxygenation of the middle ear cavity influenced the morphology of the pneumococcal membrane; it changed from the strongly pathogenic opaque type to the less pathogenic transparent type.
著者
羽藤 直人
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.44-47, 2007-02-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
15
被引用文献数
3
著者
長沼 英明 設楽 哲也 徳増 厚二 岡本 牧人 平山 方俊
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.1, no.5, pp.44-48, 1991-12-20 (Released:2011-06-17)
参考文献数
20

Frequently encountered are cases of perforated ear drum, for whom there is no opportunity of myringoplasty or operation to repair the perforation, owing to work or school. A new method of myringoplasty by intrameatal approach without skin incision and using a homograft of temporal fascia in an outpatient should thus be made available. The results of such myringoplasty in 15 ear cases, ranging in age from 21 to 75 years are presented in the following. The advantages of this treatment are summarized as follows;1) The operation can be done in an outpatient clinic.2) The surgical procedure is restricted to only the intrameatal region since obtaining the patients own temporal fascia is not necessary.3) Local anesthesia of the drum is sufficient for the operation.4) The patient may drink, eat, and return to work or school immediately following after surgery.5) The operation can be conducted on patients having general complications since general anesthesia is not required.However, the success rate of closure of the perforation was 67 per cent in this study. The reasons why the transplanted fascia was not “self” so to speak are considered. Attempts are being made to improve this rate such as by treatment of a homograft and application of fibronectin extracted from the patient's own serum to promote adherence of the graft.
著者
三代 康雄
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.107-110, 2006-05-25 (Released:2011-06-17)
参考文献数
7
被引用文献数
1
著者
樫尾 明憲 山岨 達也
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.20, no.3, pp.191-196, 2010 (Released:2011-11-30)
参考文献数
16

酸化ストレス、ミトコンドリア遺伝子障害と老化の関連が示唆されている。我々はPolgおよびゲルマニウム慢性摂取マウスという2つのミトコンドリア障害モデルで、聴覚系の変化を検討し、加齢に伴う有意な聴力閾値上昇・蝸牛組織の変性を確認した。ゲルマニウム摂取モデルでは蝸牛でミトコンドリア関連遺伝子発現低下を認め、その機能低下が蝸牛組織変性・難聴につながると考えられた。次に抗酸化剤であるビタミンC合成能欠損マウス(SMP30/GNL KOマウス)を用い、ビタミンCの投与量による聴覚系の変化を検討した。ビタミンC制限は蝸牛内ビタミンC濃度低下、聴力閾値上昇とラセン神経節細胞の減少を来たした。しかし、ビタミンC補充は野生型マウスでも蝸牛内ビタミンC 濃度の上昇はなく、聴力・ラセン神経節の保護効果はなかった。ビタミンCの欠乏は老化に伴う難聴を加速させるが、補充は難聴の進行を予防できないことが示唆された。
著者
宇佐美 真一 工 穣 鈴木 伸嘉 茂木 英明 宮川 麻衣子 西尾 信哉
出版者
日本耳科学会
雑誌
Otology Japan (ISSN:09172025)
巻号頁・発行日
vol.20, no.3, pp.151-155, 2010 (Released:2011-11-30)
参考文献数
15
被引用文献数
7 8

低音域に残存聴力を有する高度感音難聴患者に対し人工内耳埋め込み術を施行した。症例は60歳女性。40歳頃から難聴を自覚した。50 歳頃からは右耳の補聴器の装用効果が認められなくなった。この症例にMED-EL社人工内耳(COMBI 40+:standard電極)埋め込み術を行った。電極挿入は、より低侵襲な正円窓からのアプローチにより行った。全電極を挿入したにもかかわらず、挿入後の低音部聴力が保存できた。残存聴力の保存が確認できたため、Electric acoustic stimulation用のスピーチプロセッサであるDUET®を用い、低音部は補聴器、高音部は人工内耳により音情報を送り込んだ。8ヶ月後の語音弁別能を評価した結果、術前15%であった最高明瞭度が50%にまで改善が認められ、日本語の聴取においても有用であることが明らかとなった。