著者
海部 陽介 篠田 謙一 河野 礼子 米田 穣 後藤 明 小野 林太郎 野林 厚志 菅 浩伸 久保田 好美 國府方 吾郎 井原 泰雄
出版者
独立行政法人国立科学博物館
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2016-04-01

本研究では、旧石器時代の琉球列島に現れた人々がどのように海を渡ってきたかについて、その理論的枠組みを定めるため、文理問わず多彩な分野の研究者が情報を共有して、総合的モデルをつくることを目指した。彼らは草・竹・木のいずれかを素材とした漕ぎ舟に乗り、男女を含む少なくとも10人程度の集団で、黒潮の流れる海を、漂流ではなく意図的に航海してきたと考えられる。このモデルを、現在進行中で連動して行なっている実験航海に反映して、当時の航海を再現してみれば、そのチャレンジがどれだけ困難なものであったのかが見えてくるであろう。
著者
野林 厚志
出版者
日本SPF豚研究会
雑誌
All about swine (ISSN:0918371X)
巻号頁・発行日
no.39, pp.17-22, 2011-09

本稿では中国福建省とイベリア半島の事例を通して、商業的な食肉の生産が行われ、人間が動物を屠る光景が希薄になっていく現代の食肉生産、流通事情の中で、文化的な所産としての家畜動物の存在とその飼養が世界の各地で見られるということを紹介した。こうしたブタは経済的、イデオロギー的、宗教的.人間社会のあらゆる側面において深く関わってきた家畜動物である。ブタをめぐる人間の態度には、積極的にその利用を促す正の象徴化と、接触すらも禁じる負の象徴化の両方があり、それらは時には混在してきたのである。これらを理解するためには、実際にブタが人間によってどのような扱われかたをしているかについて個々の事例を検証していく必要がある。
著者
野林 厚志 Nobayashi Atsushi ノバヤシ アツシ
出版者
弘文堂
雑誌
新・食文化入門. 森枝卓士, 南直人編. 弘文堂, 2004, p.134-151
巻号頁・発行日
pp.134-151, 2004-10-15 (Released:2017-03-06)

新・食文化入門