著者
大熊 恒靖
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.54, no.2, pp.119-126, 1998-02-01 (Released:2017-06-02)
被引用文献数
1

梵鐘の音の減衰時間に時代的変遷があることを前報で示した. 本報は, 奈良時代から昭和期までに制作された梵鐘206口について, 部分音の構成に関する時代的変遷について論じる. 時代区分ごとに求めた本測定の基音周波数の近似式は, 平均で2.8%以内の精度で基音周波数を推定することができた. 梵鐘の音の基音周波数に対する部分音の周波数比は, 音の減衰時間と同じく, 梵鐘の口径と駒の爪の厚さとの割合に密接な関係があり, それらが梵鐘の音の時代的変遷の一つの要因であると推定した. また, 部分音の音圧レベル分布の時間的な変化及びスペクトル数にも時代的変遷があることを確認した.
著者
大熊 恒靖
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, pp.208-214, 1997-03-01 (Released:2017-06-02)

梵鐘の音の特徴は, 部分音の構成, 減衰時間及びうなりにある。梵鐘は奈良時代から制作され, その様式は現代に継承されている。筆者は, 梵鐘の音の減衰時間に着目して, 奈良時代から現代までに制作された153口の丸鐘について解析した。その結果, 梵鐘の口径が大きくなると音の減衰時間が長くなる関係に時代的変遷があることを見出した。奈良期の梵鐘の音の平均減衰時間54秒に対して, 鎌倉期で24秒に短くなり, 江戸期で44秒まで長くなり, 更に昭和期では90秒と非常に長くなる傾向を示した。これらの時代的変遷は, 梵鐘の構造, 特に厚さに関係していることを推論した。焚鐘は, 現在でも年間約200口が制作されているが, それらの焚鐘の多くはうなりが長い特徴を持ち, また制作者によって音の減衰時間が異なることも確認できた。
著者
平原 達也 伊福部 達 吉本 千禎
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.38, no.6, pp.321-329, 1982
被引用文献数
4

In order to analyze the articulation mechanism of a talking bird "Mynah, " mimic voices obtained in He- O_2 atmosphere are compared with those in the normal air based on the frequency analysis by linear prediction. A mixture of 80%-He and 20%-0_2 at one atm is used in the experiment of helium voices, and 36 mimic voices consisted of words are recorded by a taperecorder in both cases. Comparing vowel parts of normal voices with those of helium voices, it is found that the spectrum pattern of mimic voices has two types, I and II, about the structure of spectral envelope peak components. Type I shows the frequency shift in helium atmosphere and type II shows no frequency shift. Spectral envelope peak components of type I appear around 0. 8-1. 2kHz, 1. 8-2. 4kHz and 3. 8-4. 4kHz, and their frequencies do not change with vowels. On the other hand, the component of type II appears in the range from 1. 5 to 3kHz and its frequency changes with vowels. It is ascertained that (1) only the spectral envelope peak components of type I show almost the same frequency shift as those estimated by the formula describing theoretical transformation of peak frequencies, (2) spectral envelope peak frequencies of type I coincide with resonance frequencies obtained by twin-tube model of which parameters correspond to the vocal tract of Mynah, (3) the number of observed spectral envelope peaks are beyond that of the resonances calculated by twin-tube model, and (4) the observed spectral envelope coincides with one which is obtained by adding a component of type II to the spectral envelope estimated from the source-system model using spectral envelope peaks of type I as poles. From above results and analyses, it is confirmed that type I has multi peak components which are formed by resonances of the vocal tract, and type II has a single peak component which may not be formed by the resonance. Furthermore, it is assumed that Mynah's syrinx may produce two components as sound sources. The first one has a wide range spectrum composed of pitch and its harmonics, which is similar to the sound source by human's vocal cord. The second one has a higher frequency component corresponding to type II. This hypothesis may be also supported by the anatomical structure of the syrinx. From above considerations, it is concluded that Mynah may produce the vowel part of mimic voices by controlling the frequency of the second sound source in addition to use almost fixed resonance components obtained by its vocal tract.
著者
大石 弥幸 龍田 建次
出版者
一般社団法人日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.72, no.3, pp.105-114, 2016-03-01

実際に聞こえる音の物理的特徴とそれを表す擬音語の関係について,400名あまりの被験者へのアンケートを基に分析した。初めに複雑な音として「鉄腕アトムの足音」を使って回答の多様性と共通性を示し,次に単純な音として62.5Hz,500Hz,4kHzの純音を提示し,擬音語で表記させる調査を行った。純音に対しても,回答は非常に多様ではあったが,使う子音,母音,語尾の文字などに注目すればどれも半数を超える表記が存在し,周波数ごとに代表的な擬音語を選ぶことが可能であることを示した。
著者
宮丸 友輔 江村 伯夫 山田 真司
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.73, no.10, pp.625-637, 2017 (Released:2018-04-01)
参考文献数
29

ポピュラ音楽のノリは総じてグルーヴ感と呼ばれ,これは演奏音の時間的逸脱や音の強弱といった演奏上の操作によって表現されることが知られている。しかしながら,グルーヴ感の多様性や,それらと演奏上の操作との定量的関係について明らかにした報告はない。本論文では,種々のグルーヴ感に関連する音楽様式や印象について問うアンケート調査を実施することにより,グルーヴ感がドライブ感とレイドバック感の2種に大別できることに加え,それらを表現するための奏法上の操作として,ドラムス演奏におけるスネアの打叩タイミングとハイハットのアクセント位置が重要な要素であることを明らかにしている。スネアの打叩タイミングとハイハットのアクセント位置を様々に制御した演奏音を対象とした印象評定実験を実施した結果,ドライブ感は,表拍にハイハットのアクセントを付け,スネアの打叩タイミングをジャストから10msから20ms前に逸脱させることによって最も強く感じる一方で,レイドバック感は裏拍にハイハットのアクセントを付け,打叩タイミングをジャストから20ms後に逸脱させることによって最も強く感じることを明らかにすると共に,いずれの場合においても30ms逸脱させると極端にグルーヴ感が損なわれてしまうことを示唆している。
著者
大石 弥幸 龍田 建次
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.72, no.3, pp.105-114, 2016

実際に聞こえる音の物理的特徴とそれを表す擬音語の関係について,400名あまりの被験者へのアンケートを基に分析した。初めに複雑な音として「鉄腕アトムの足音」を使って回答の多様性と共通性を示し,次に単純な音として62.5Hz,500Hz,4kHzの純音を提示し,擬音語で表記させる調査を行った。純音に対しても,回答は非常に多様ではあったが,使う子音,母音,語尾の文字などに注目すればどれも半数を超える表記が存在し,周波数ごとに代表的な擬音語を選ぶことが可能であることを示した。
著者
平原 達也 伊福部 達 吉本 千禎
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.38, no.6, pp.321-329, 1982-06-01 (Released:2017-06-02)
被引用文献数
1

In order to analyze the articulation mechanism of a talking bird "Mynah, " mimic voices obtained in He- O_2 atmosphere are compared with those in the normal air based on the frequency analysis by linear prediction. A mixture of 80%-He and 20%-0_2 at one atm is used in the experiment of helium voices, and 36 mimic voices consisted of words are recorded by a taperecorder in both cases. Comparing vowel parts of normal voices with those of helium voices, it is found that the spectrum pattern of mimic voices has two types, I and II, about the structure of spectral envelope peak components. Type I shows the frequency shift in helium atmosphere and type II shows no frequency shift. Spectral envelope peak components of type I appear around 0. 8-1. 2kHz, 1. 8-2. 4kHz and 3. 8-4. 4kHz, and their frequencies do not change with vowels. On the other hand, the component of type II appears in the range from 1. 5 to 3kHz and its frequency changes with vowels. It is ascertained that (1) only the spectral envelope peak components of type I show almost the same frequency shift as those estimated by the formula describing theoretical transformation of peak frequencies, (2) spectral envelope peak frequencies of type I coincide with resonance frequencies obtained by twin-tube model of which parameters correspond to the vocal tract of Mynah, (3) the number of observed spectral envelope peaks are beyond that of the resonances calculated by twin-tube model, and (4) the observed spectral envelope coincides with one which is obtained by adding a component of type II to the spectral envelope estimated from the source-system model using spectral envelope peaks of type I as poles. From above results and analyses, it is confirmed that type I has multi peak components which are formed by resonances of the vocal tract, and type II has a single peak component which may not be formed by the resonance. Furthermore, it is assumed that Mynah's syrinx may produce two components as sound sources. The first one has a wide range spectrum composed of pitch and its harmonics, which is similar to the sound source by human's vocal cord. The second one has a higher frequency component corresponding to type II. This hypothesis may be also supported by the anatomical structure of the syrinx. From above considerations, it is concluded that Mynah may produce the vowel part of mimic voices by controlling the frequency of the second sound source in addition to use almost fixed resonance components obtained by its vocal tract.
著者
越智 寛
出版者
一般社団法人 日本音響学会
雑誌
日本音響学会誌 (ISSN:03694232)
巻号頁・発行日
vol.72, no.9, pp.600-601, 2016-09-01 (Released:2017-07-01)