著者
青木 孝文 伊藤 康一 青山 章一郎
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.9, no.2, pp.119-130, 2015-10-01 (Released:2015-10-01)
参考文献数
14

本稿では,東日本大震災において亡くなられた方の御遺体の個人識別(身元確認)が,いかにして行われてきたかを明らかにする.今回の震災では,顔貌,指紋,掌紋,DNA型などを用いた各種の個人識別手法の中でも,特に歯科的個人識別が有効であった.しかし,発災当時,我が国の警察でさえも,多数遺体の歯科的個人識別について十分な経験を有しておらず,その方法論の確立が急務であった.この状況を打開するために,筆者らは,2011年4月から,宮城県警察本部の身元確認チームに参画し,ICTを活用した歯科的個人識別の高度化に取り組んだ.最終的に,歯科医師会と合同で,歯科情報に基づく迅速な身元確認のワークフローを構築した.本稿は,この震災現場で学んだ教訓を共有することを目的としている.更に,将来の大規模災害の身元確認に備えるために,現在,厚生労働省が実施している「歯科診療情報の標準化」事業の現状と,将来へ向けた技術課題を明らかにする.
著者
榊原 久二男
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン (ISSN:21860661)
巻号頁・発行日
vol.2010, no.15, pp.15_25-15_33, 2010-11-25 (Released:2011-06-01)
参考文献数
35

メタマテリアルの技術を用いることで,伝送線路内を伝わる電磁波の伝搬特性を制御できるため,一般に伝送線路でできているアンテナにこの技術を用いると,様々な効果が期待できる.これを実現するために,メタマテリアルの名前を冠した研究成果が多く発表されてきている.その一方で,既存の技術との違いが分かりにくい研究発表も少なくない.本論文では,メタマテリアル技術をアンテナに適用したときの様々な効果を示し,その原理と問題点について解説する.更に,既存の技術との相違点と共通する点について議論し,メタマテリアルのトリックを種明かししてみたい.
著者
大槻 知明
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン (ISSN:21860661)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.24-29, 2017-06-01 (Released:2017-06-01)
参考文献数
27

総人口の1/4以上が65歳以上の日本では, 高齢者の一人暮らしも多い. 高齢者も安心して暮らせる安全・安心な社会の実現は, 日本の喫緊の課題である. 65歳以上の高齢者の事故発生場所は, 住宅が最も多いことが知られている. 家庭内での見守りは, 生活空間での見守りであり, 特にプライバシーの保護が重要である. そのため, カメラなどの導入は好ましくない. プライバシーを保護しつつ家庭内での見守りを実現する技術として, 近年, 電波による見守り技術が注目されている. 電波による見守り技術は, 電波センサとも呼ばれている. 電波センサは, 人の存在や人の行動による電波伝搬の変動に基づき人の存在や人の行動を検出する. 電波センサは, カメラのような映像によるプライバシー侵害の心配がないため, 家庭への導入が期待されており, これまでに種々の電波センサが報告されている. 本稿では, 代表的な電波センサの幾つかを紹介する.
著者
Shuhei AMAKAWA
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Transactions on Electronics (ISSN:09168524)
巻号頁・発行日
vol.E99.C, no.10, pp.1100-1112, 2016-10-01 (Released:2016-10-01)
参考文献数
79
被引用文献数
1

The most commonly used scattering parameters (S parameters) are normalized to a real reference resistance, typically 50Ω. In some cases, the use of S parameters normalized to some complex reference impedance is essential or convenient. But there are different definitions of complex-referenced S parameters that are incompatible with each other and serve different purposes. To make matters worse, different simulators implement different ones and which ones are implemented is rarely properly documented. What are possible scenarios in which using the right one matters? This tutorial-style paper is meant as an informal and not overly technical exposition of some such confusing aspects of S parameters, for those who have a basic familiarity with the ordinary, real-referenced S parameters.
著者
林 初男
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.102-114, 2014-10-01 (Released:2014-10-01)
参考文献数
50

工学でも大きな興味が持たれている脳のニューロンや神経回路網は非線形なシステムである.ニューロンは規則的に発火するだけでなく,膜電位あるいは刺激の強さや周波数に依存して不規則に発火することがある.この不規則な発火はカオスと呼ばれる決定論的な力学則に従う非周期振動である.神経回路網の場合は,ニューロンの集団活動を反映した電場電位が周期刺激に対して引き込みやカオス応答を起こす.すなわち,ニューロン集団の同期の程度や同期したニューロン数が刺激に応じて変化する.本稿では,非線形ダイナミクスの観点から脳を概観し,脳の情報処理機構に関する研究の一例として,海馬における確率共鳴と記憶パターンの想起について述べる.
著者
Wei Jizeng Chang Yisong Li Bingchao Guo Wei Sun Jizhou
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Electronics Express
巻号頁・発行日
vol.12, no.10, pp.20150314, 2015

The traditional post-TnL vertex cache (abbr. 'post-VC') in embedded GPUs (EGPUs) with only one vertex or unified shader does not fit to multi-shader EGPUs for two reasons. As multiple shaders run in parallelism, (a) the out-of-order vertex processing may raise the post-VC inconsistency that leads to cache the error data, and (b) it is very hard to detect in time which vertices are saved in the post-VC in the stage of vertex fetching, resulting in the low performance. In this paper, we propose a modified post-VC including a decoupling cache and a vertex batch in-order commit controller, which can guarantee that the data SRAM and index tag can be updated in-order according to the same replacement policy in the different stages of vertex processing. The function of the proposed post-VC is verified on a FPGA-based platform. Experimental results show that it increases the performance by an average of 172% and 80.6% compared to the EGPU without/with the traditional post-VC respectively at a little expense.
著者
潮 俊光
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.151-154, 2018-01-01 (Released:2018-01-01)
参考文献数
4

システム工学の研究・教育に携わって40年になる.システム工学とは何かという問いと向き合いながら,今までの研究人生を振り返る.
著者
VIDMAR Luka PESKO Marko ŠTULAR Mitja PETERNEL Blaž KOS Andrej POGAČNIK Matevž
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Trans. Commun. (ISSN:09168516)
巻号頁・発行日
vol.98, no.9, pp.1906-1913, 2015

User context and user location in particular play an important role in location-based services (LBS). The location can be determined by various positioning methods. These are typically evaluated with average positioning error or percentile values, which are not the most suitable metrics for evaluation of how a positioning method functions in the semantic space. Therefore, we propose a new method for evaluation of positioning accuracy in the semantic space. We focus on two types of semantic user locations that are widely available in urban areas: the street address and the categories of the surrounding points of interest (POIs). We demonstrate its use on ten different positioning methods: a standalone satellite navigation device, GPS module on a smartphone, two versions of Foursquare positioning service, Google positioning service, a positioning service of the local mobile operator, and four other possible variants of mobile operator-based positioning methods. The evaluation suggests that approach with the street addresses is more promising approach due to either sparse or unevenly distributed POIs. Furthermore, some of the positioning methods that are less accurate in Euclidean space, such as a combination of the GPS data with the mobile operator-based method that relies on the propagation models, performed comparably well in the semantic space as the methods that are using more accurate technologies, such as Google and Foursquare.