著者
坂東 幸浩
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.7, no.3, pp.186-196, 2014-01-01 (Released:2014-01-01)
参考文献数
37

近年,映像の高精細化・モバイル端末の高性能化により,映像トラヒックが爆発的に増大している.増大する映像トラヒックに対する効率的な伝送・蓄積のために,高効率な映像符号化が求められている.しかし,H.264/AVC に代表される現行の符号化方式は成熟期を迎えており,今後,大きな符号化性能の向上が期待できない.そこで,こうしたニーズの高まりを受け,ISO/IEC 及びITU-T により,映像符号化に関する最新の国際規格High Efficiency Video Coding (HEVC) が策定された.本稿では,HEVC について,標準化の経緯を概観し,H.264/AVC からHEVC に至る発展の中で導入された新技術を紹介する.新技術の紹介では,従来法(H.264/AVC) の課題,同課題を解決するためにHEVC で講じられた手段,同手段が課題を解決できる仕組みを中心に概説する.
著者
鳥屋尾 博 小林 準人 安藤 利和 半杭 英二
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン (ISSN:21860661)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.27-32, 2015-06-01 (Released:2015-06-01)
参考文献数
7

小形化が進む無線機器の内部では,電磁ノイズによって生じる干渉の低減が課題となっている.メタマテリアルの一種である電磁バンドギャップ (EBG) 構造は,この電磁ノイズの放射を抑制する新たな技術として注目を集めている.本稿では,メタマテリアル技術の産業応用の例として,これまでに提案されているEBG構造の種類や原理を中心に,筆者らによるEBG構造の応用事例も含めて紹介する.更に試作機レベルでの電磁ノイズ抑制効果についても評価結果を示して解説する.
著者
越田 俊介 阿部 正英 川又 政征
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.34-45, 2016-07-01 (Released:2016-07-02)
参考文献数
81

可変ディジタルフィルタは,遮断周波数や帯域幅などをリアルタイムで制御できる周波数選択性ディジタルフィルタであり,電気通信,音声・音響信号処理など幅広い分野にて用いられている.本論文では,主として設計と実現の問題に着目して,可変ディジタルフィルタに関する研究成果を紹介する.また,可変ディジタルフィルタの応用として,適応信号処理の分野における可変ディジタルフィルタの研究成果についても述べる.
著者
Mohamad Samir A. EID Hitoshi AIDA
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Transactions on Information and Systems (ISSN:09168532)
巻号頁・発行日
vol.E100.D, no.8, pp.1738-1750, 2017-08-01 (Released:2017-08-01)
参考文献数
37
被引用文献数
1

Distributed Denial of Service (DDoS) attacks based on HTTP and HTTPS (i.e., HTTP(S)-DDoS) are increasingly popular among attackers. Overlay-based mitigation solutions attract small and medium-sized enterprises mainly for their low cost and high scalability. However, conventional overlay-based solutions assume content inspection to remotely mitigate HTTP(S)-DDoS attacks, prompting trust concerns. This paper reports on a new overlay-based method which practically adds a third level of client identification (to conventional per-IP and per-connection). This enhanced identification enables remote mitigation of more complex HTTP(S)-DDoS categories without content inspection. A novel behavior-based reputation and penalty system is designed, then a simplified proof of concept prototype is implemented and deployed on DeterLab. Among several conducted experiments, two are presented in this paper representing a single-vector and a multi-vector complex HTTP(S)-DDoS attack scenarios (utilizing LOIC, Slowloris, and a custom-built attack tool for HTTPS-DDoS). Results show nearly 99.2% reduction in attack traffic and 100% chance of legitimate service. Yet, attack reduction decreases, and cost in service time (of a specified file) rises, temporarily during an approximately 2 minutes mitigation time. Collateral damage to non-attacking clients sharing an attack IP is measured in terms of a temporary extra service time. Only the added identification level was utilized for mitigation, while future work includes incorporating all three levels to mitigate switching and multi-request per connection attack categories.
著者
守谷 健弘 鎌本 優 原田 登 杉浦 亮介
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.10, no.4, pp.246-256, 2017-04-01 (Released:2017-04-01)
参考文献数
87

多様な信号処理の全般で重要な役割を果たしている線形予測分析技術の利用の観点で,音声音響符号化技術の進展を紹介する.開発当初から線形予測分析による合成フィルタは音声生成の声道モデルと親和性が高く,音声合成や電話音声に特化した音声符号化で広く使われてきた.一方,現在普及している典型的な音響符号化には線形予測符号化技術が使われていないが,低ビットレート化,音声音響統合符号化の要請に合わせて,スペクトル包絡を効率的に表現する手法として広く使われるようになった.これらの経緯を説明し,あわせて最近実用段階にあるロスレス音響符号化MPEG-4 ALS,携帯電話用の符号化3GPP EVS について紹介する.
著者
Atsushi Iwasaki Ken Umeno
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE (ISSN:21854106)
巻号頁・発行日
vol.8, no.3, pp.215-223, 2017 (Released:2017-07-01)
参考文献数
13

Vector Stream Cipher (VSC) is a stream cipher which consists of permutation polynomial over a ring of modulo 2w. The algorithm for generating key stream is very simple and the encryption is very fast. Some theoretical attacks for VSC have been reported so far since the invention of VSC in 2004. Then, the authors proposed some improvements and developed “Vector Stream Cipher 2.0 (VSC 2.0)” to be immune against the theoretical attacks. In this paper, we propose further improvement of VSC 2.0 to publish as a new chaos cipher “Vector Stream Cipher 2.1 (VSC2.1)”. VSC 2.1 is faster and more secure than VSC 2.0. Our result suggests that permutation polynomials over a ring of modulo 2w are useful for cryptography.
著者
Sang Muk Lee Ji Hoon Jang Jung Hwan Oh Ji Kwang Kim Seung Eun Lee
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Electronics Express (ISSN:13492543)
巻号頁・発行日
pp.14.20170399, (Released:2017-05-15)
参考文献数
12

Hardware accelerators are being considered as important architectural components in the context of datacenter customization to achieve high performance and low power. Compression has played an important role in computer systems by enhancing storage and communication efficiency in the charge of extra computational cost. In this letter, we present a fully pipelined compression accelerator for the Lempel-Ziv (LZ) compression algorithm. The compression accelerator is verified by using FPGA and fabricated using 65nm CMOS technology.
著者
堀松 哲夫 佐々木 邦彦 浜口 雅春
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン (ISSN:21860661)
巻号頁・発行日
vol.5, no.3, pp.220-227, 2011-12-01 (Released:2012-03-01)
参考文献数
17

ITS情報通信システム推進会議の運転支援通信システム専門委員会において筆者らが長年にわたって検討してきた三つの周波数帯の電波を用いたシステムについて,その現状と将来展望を述べる.運転支援に有効な見通し外通信を実現するため,地上波テレビジョン放送のディジタル化の後に利用可能になる700MHz帯の電波を用いた通信システム実現に向けた技術検討や実験解析を通して実験用ガイドラインを作成し,これを様々な実証実験に供した.これらの実験により本ガイドラインの妥当性を検証したが,引き続きこれを国の標準規格にすべく技術を精査している.一方,5.8GHz帯の車々間通信については,国内のETC/DSRC (Electronic Toll Collection/Dedicated Short Range Communications) で用いられている周波数帯をなお一層活用することを目的に技術検討や実験解析を実施してきた.ここでも実験用ガイドラインを基に様々な実証を行い,実現可能性を示した.更に,未利用周波数資源開発が世界的に活発となっている中,日本でも79GHz帯のミリ波の電波を用いたレーダの開発と標準化検討を進めた.これらいずれの電波メディアも,これからの社会において道路交通の安全を第一に,利便・安心を含めた社会基盤を構築するものと期待される.