著者
Son Trinh-Van Gina Kwon Keum Cheol Hwang Yong Bae Park
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Electronics Express (ISSN:13492543)
巻号頁・発行日
vol.10, no.17, pp.20130596-20130596, 2013-09-10 (Released:2013-09-10)
参考文献数
9
被引用文献数
1

A uniplanar, compact electromagnetic band-gap (UC-EBG) structure based on modified semi-Spidron fractal and meander-line strip (SFM-EBG) patterning is proposed. The semi-Spidron fractal geometry significantly increases the equivalent capacitance, whereas meander-line strips increase the equivalent inductance; as a result, the proposed design can be used to successfully miniaturize an EBG structure having a wide operating bandwidth. The measurement results show that a center frequency reduction of 32.14% as compared to that achieved by a conventional UC-EBG structure can be achieved by utilizing this proposed structure. The SFM-EBG structure has a measured operating bandwidth of 39.7% (3.33-4.98GHz), which is wider than that of a conventional UC-EBG (31%).
著者
小野 定康 藤井 哲郎 藤井 竜也
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.3, no.2, pp.2_10-2_33, 2009-10-01 (Released:2011-07-01)
参考文献数
13
被引用文献数
1 1

本稿では, 日本発の超高精細4K ディジタルシネマの開発とハリウッドをはじめとする映像専門家の間で高い評価を得るに至った歴史について述べる. それは決して平たんな道ではなかったし, これからも様々な問題に遭遇するであろと予想している. しかしそれらがあっても, この超高精細画像を使う究極のコンテンツと呼ばれるディジタルシネマが最終段階に入ってきたことは確実になって現在に至っている.
著者
Chika NAGAOKA Masashi KOMORI
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Transactions on Information and Systems (ISSN:09168532)
巻号頁・発行日
vol.E91.D, no.6, pp.1634-1640, 2008-06-01 (Released:2010-03-01)
参考文献数
17
被引用文献数
2 21

Body movement synchrony (i. e. rhythmic synchronization between the body movements of interacting partners) has been described by subjective impressions of skilled counselors and has been considered to reflect the depth of the client-counselor relationship. This study analyzed temporal changes in body movement synchrony through a video analysis of client-counselor dialogues in counseling sessions. Four 50-minute psychotherapeutic counseling sessions were analyzed, including two negatively evaluated sessions (low evaluation groups) and two positively evaluated sessions (high evaluation groups). In addition, two 50-minute ordinary advice sessions between two high school teachers and the clients in the high rating group were analyzed. All sessions represent role-playing. The intensity of the participants' body movement was measured using a video-based system. Temporal change of body movement synchrony was analyzed using moving correlations of the intensity between the two time series. The results revealed (1) A consistent temporal pattern among the four counseling cases, though the moving correlation coefficients were higher for the high evaluation group than the low evaluation group and (2) Different temporal patterns for the counseling and advice sessions even when the clients were the same. These results were discussed from the perspective of the quality of client-counselor relationship.
著者
平石 邦彦
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.257-264, 2013-04-01 (Released:2013-04-01)
参考文献数
24

業務プロセスを記述する手法は,企業情報システムを構築する技術の一部として発展してきた.近年では,医療プロセスの詳細なモデル化やそれを用いた潜在的なリスク発見など,人間の介在する,より複雑なプロセスのモデル化及び分析に関する研究開発が進んでいる.本稿では,人間系を含む複雑なプロセスのモデル化に必要な機能を明らかにし,更に,幾つかの既存のプロセス記述手法について解説する.
著者
安永 憲司
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.56-67, 2011-07-01 (Released:2011-07-01)
参考文献数
17

ランダムに構成すると望ましい性質を持つオブジェクトは,多くの場合ランダムなままでは扱えないため,「擬似ランダム」に構成する必要がある.擬似ランダムオブジェクトは様々に存在し,それぞれの目的や性質は異なるが,幾つもの擬似ランダムオブジェクトは,統一的な特徴付けが可能であることをVadhan が示した.そのオブジェクトとは,誤り訂正符号,エクスパンダグラフ,標本器,乱数抽出器,困難性増幅器,擬似乱数生成である.本稿では,誤り訂正符号を基本的な視点として,その他のオブジェクトについて統一的に理解することを目的とし,各オブジェクトの紹介と解説を行う.
著者
新保 史生
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.6, no.3, pp.199-209, 2013-01-01 (Released:2013-01-01)
参考文献数
48

法令遵守への対応にあたって,その基準が一般にわかりづらいと考えられがちな個人情報・プライバシー保護への対応について,両者の違いを明確にした上で,マネジメントシステムの活用のあり方をプライバシー・バイ・デザイン(PbD)やプライバシー影響評価(PIA)を通じて考察する.いわゆるビッグデータの取扱いへの対応については,自主規制による取り組みとしてライフログ活用サービスにおける配慮原則及びスマートフォン・プライバシー・イニシアティブを取り上げ,今後の我が国の個人情報保護制度のあり方を提示する.
著者
Kaita Imai Keita Yasutomi Keiichiro Kagawa Shoji Kawahito
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Electronics Express (ISSN:13492543)
巻号頁・発行日
vol.9, no.24, pp.1893-1899, 2012-12-28 (Released:2012-12-28)
参考文献数
4

This paper proposes a distributed ramp signal generator of column-parallel single-slope ADCs for CMOS image sensors. This architecture does not require any power-hungry amplifiers of the conventional one but consists of miniaturized column-wise ramp signal generators connected together by metal wires, which achieves high linearity and high uniformity. Simulation results show less than 1LSB nonlinear error of the ramp signal at 12-bit ADC resolution is attained only by having the consumption current of 6.4mA and the area of 2.4mm2 which are much smaller than the conventional one. It is also confirmed that 100mΩ resistive connection attains less than 1LSB gain error mismatching, even though the mismatch of the column-wise ramp signal generators is as large as 20%.
著者
泉 知論 山内 寛紀
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.2, no.3, pp.3_45-3_52, 2009-01-01 (Released:2011-05-01)
参考文献数
19

工学の技術を医療診断と治療に生かす方向の一つとして、超小形ロボットを使って、生体情報をモニタリングしたり、体内病巣を治療したりする、いわゆる低侵襲医療が活発化してきている。これは、人形ロボットと同様、工学の幅広い分野に関連している。五感の役割をする各種マイクロセンサ技術、センサ情報の信号処理技術、自立移動を実現するドライブ技術、超小形バッテリや燃料発電及び生体発電などのエネルギー技術、生体表面に優しい材料技術、ユビキタス無線通信技術、そして、これらを実装するLSI技術やフィルム基板実装技術などである。ここでは、実用化の先陣を切っているカプセル内視鏡と生体センサの動向を紹介する。また、これらマイクロロボットや生体センサの頭脳として開発した、私たちの体内コンピュータLSIを一例として紹介し、その応用例と発展の展望を述べる。
著者
上瀧 剛 内村 圭一
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.95-101, 2012-10-01 (Released:2012-10-01)
参考文献数
28

カーナビゲーションやインターネットによる地図検索サービスの普及に見られるようにディジタル地図が活用されている.近年では,スマートフォンなどの携帯端末や航空画像との重ね合わせ表示のサービスなど,ますます活用が進んでいる.また,都市計画や防災・災害対策においても,ディジタル地図情報は非常に重要な基礎要素となる.しかしながら,ディジタル地図の作成はいまだに人手によるものが多く,地図の作成・更新にかかるコスト及び時間は膨大である.したがって,これらの作成にかかる作業を計算機を用いて低減を図る研究が数多くなされてきた.本稿では,その研究の一つである,筆者らがこれまで取り組んできた航空画像解析による道路地図生成技術を紹介する.そして,現状の技術的な課題及び今後の展望について述べる.
著者
梶原 誠司 佐藤 康夫
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.3_71-3_77, 2008-01-01 (Released:2011-03-01)
参考文献数
21
被引用文献数
1

半導体製造プロセスの微細化やSoC(System-on-a-Chip)の高速化に伴い,遅延故障のテストの重要性が高まっている.論理回路の遅延故障のテストには,高精度な測定を可能にするDFT(Design for Testability)やテストパターン印加の仕組み,フォールスパスを考慮し故障の伝搬経路長を考慮したATPG(Automatic Test Pattern Generation:自動テストパターン生成),SoCのテストでは,高速クロック生成,複数クロックドメインへの対応等の総合的アプローチが必要である.本論文では,基本となる遅延故障のテスト手法を解説する.
著者
大濱 靖匡
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.2, no.2, pp.2_40-2_52, 2008-10-01 (Released:2011-05-01)
参考文献数
24
被引用文献数
1

情報通信網の高度化,複雑化,大域・広範化が地球的規模で進む現代の情報化社会において,多端子情報理論の枠組みとその成果の重要性が増している.その一方で,多端子情報理論には,基本的で重要であるにもかかわらず,いまだ解決されていない様々な問題がある.本稿では,多端子情報理論を支える柱の一つである多端子情報源符号化の研究を概観し,これまでに提起された基本的未解決問題の幾つかについて述べる.その中の一つとして,二つの情報源に対する分散符号化の枠組みにおける伝送率・ひずみ領域の決定問題がある.この問題に関しては,最近,情報源がガウス形で二乗誤差ひずみの場合に完全な解決が得られた.この解決には,筆者の得た研究成果が深く関与している.ガウス形情報源に対する上記の未解決問題の完全解決に関しては,そのエッセンスを筆者の研究成果との関係も含めて詳しく紹介する.
著者
Marie KATSURAI Takahiro OGAWA Miki HASEYAMA
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (ISSN:09168508)
巻号頁・発行日
vol.E95.A, no.5, pp.927-937, 2012-05-01 (Released:2012-05-01)
参考文献数
37
被引用文献数
1

In this paper, a novel framework for extracting visual feature-based keyword relationships from an image database is proposed. From the characteristic that a set of relevant keywords tends to have common visual features, the keyword relationships in a target image database are extracted by using the following two steps. First, the relationship between each keyword and its corresponding visual features is modeled by using a classifier. This step enables detection of visual features related to each keyword. In the second step, the keyword relationships are extracted from the obtained results. Specifically, in order to measure the relevance between two keywords, the proposed method removes visual features related to one keyword from training images and monitors the performance of the classifier obtained for the other keyword. This measurement is the biggest difference from other conventional methods that focus on only keyword co-occurrences or visual similarities. Results of experiments conducted using an image database showed the effectiveness of the proposed method.
著者
Keun-Chang Kwak
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
IEICE Electronics Express (ISSN:13492543)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.187-192, 2009 (Released:2009-02-25)
参考文献数
6

This paper is concerned with real-time incremental face recognition for home service robots. For this purpose, we use an Incremental Tensor Subspace Analysis (ITSA) to enroll and recognize the user's face through low-price robot camera when robot performs the real-time customized service in home environments. Furthermore, we perform face recognition based on face database constructed in u-robot test bed environments in ETRI (Electronics and Telecommunications Research Institute). Thus it can be used as a core technique in conjunction with Human-Robot Interaction (HRI) that can naturally interact between human and robots in home robot applications. The experimental results on face database reveal that the presented method shows a good performance in comparison with the well-known methods in distant-varying environments.