著者
埋橋 志穂美 東條 元昭 今津 道夫 柿嶌 眞
出版者
日本菌学会
雑誌
日本菌学会大会講演要旨集
巻号頁・発行日
vol.52, pp.133, 2008

<I>Pythium</I>属菌は世界各地の土壌や水域環境に広く分布する卵菌類で,現在130種以上,日本では約50種が報告されている.多くの種は野菜をはじめ多くの作物の苗立枯れや根腐れを引き起こす重要な土壌伝染性病原菌として知られている.一方,土壌や水域環境下で腐生的に生存している種も認められているが,それらを調査した研究は少なくその分布や種類相については不明な点が多い.演者らはこれら腐生性種を含む土壌中の<I>Pythium</I>属菌を得るため,日本各地より土壌を採集し<I>Pythium</I>属菌を分離した.その結果,日本未報告種や新種の可能性のある種を含む多数の<I>Pythium</I>属菌が認められ,土壌中の<I>Pythium</I>属菌の多様性が示された.そこで,これら未解析の<I>Pythium</I>属菌の系統関係を明らかにするため,得られた菌株についてrDNA ITS領域およびD1/D2領域の塩基配列を決定し,既存のデータとともに分子系統解析を行った.その結果,得られた系統樹上には4単系統群が検出された.<I>Pythium</I>属菌においてはITS領域の分子系統解析により胞子のうの形状と密接に関わる3単系統群が認められており(L&eacute;vesque and de Cock, 2004),本解析でもこれらと一致する膨状胞子のうを形成する種からなる単系統群と球状胞子のうを形成する種からなる2単系統群が検出された.更に本解析ではこれら3系統群とは明確に異なる単系統群も検出された.この単系統群には,異なる地域より分離された8菌株が含まれており,ITS領域には2種の配列が認められ,その相同性は93.9%(687/732)と低かったが,D1/D2領域の塩基配列は全ての菌株で完全に一致した.これらの菌株はいずれも細く特徴的な分枝形態を示す菌糸を形成し,球形,楕円形,洋ナシ型等様々な形態の胞子のうを形成し,一部の菌株では,付着器や膨状胞子のう様の菌糸の膨らみも認められた.造卵器は平滑で1個から数個の造精器が付着し,雌雄異菌糸性または同菌糸性で造卵器内に1個の非充満型卵胞子を形成した.
著者
千田 麻美子 川野 亜紀 高橋 智子 大越 ひろ
出版者
日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会大会研究発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.15, pp.4, 2003

【目的】 リゾットはイタリアの米料理であるが、そのテクスチャーとおいしさに関する報告はほとんど見られない。そこで、本研究ではリゾットのテクスチャーとおいしさに及ぼす米品種の影響について検討した。【方法】 日本米(Aこしひかり)およびイタリア米3種(Bウ゛ィアローネナノ,Cカルナローニ,Dアルボーリオ)の計4種を材料として用いた。調製方法は日本イタリア料理協会会員を対象に行ったアンケート調査を参考に、実験室レベルで調製可能なモデルを検討した。リゾットのテクスチャーとしては、調製後30分までの変化について、リゾット全体(全粒法)のテクスチャー特性の硬さ,凝集性,付着エネルギーおよび、米粒一粒あたり(一粒法)の破断荷重を測定した。また、シェッフェの一対比較芳賀変法を用い、調製後のリゾットについて、かたさ、存在感、べたつき感、好ましさの4項目について評価してもらった。【結果】 4種の米を用いたリゾットは、いずれも調製直後から経時的に、テクスチャー特性の硬さは増加傾向を示し、米一粒の破断荷重はやや減少傾向を示した。付着エネルギーは放置時間に伴い4試料とも増加傾向を示したが、Aこしひかりを用いたリゾットが他のイタリア米3種のものより大となった。しかし、Dアルボーリオを用いたリゾットは他のイタリア米のものより付着エネルギーの増加が顕著であった。官能検査の結果、AこしひかりとCカルナローニで調製したリゾットが好まれた。
著者
小村 親英
出版者
関西外国語大学留学生別科
雑誌
関西外国語大学留学生別科日本語教育論集 (ISSN:24324574)
巻号頁・発行日
no.20, pp.53-66, 2010

第二言語習得の評価法では、何の目的で、どのように、いつ、何を評価するかが重要な要素になってくる。なぜかと言えば、評価によって学習者の学習達成度を調べるということはもちろんのこと、教える内容、教え方、教科書の選択に至るまで全体のコースデザインの上で留意すべき点を明らかにできるからである。第二言語学習者の日本語の口頭会話能力の評価方法では、口答試験やインタビューを用いて会話能力を評価するのが従来からあるやり方である。本稿はそれら評価時現下の会話能力を評価する方法ではなく、学習者の将来の学習可能性に注目するダイナミック・アセスメントを取り上げ、その理論的特徴を考察するとともに、実践するときの問題点を挙げるものである。
著者
上村 博昭
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
日本地理学会発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.2018, 2018

<b>1.はじめに</b><br> 都市の発展に伴って,都市の内部では,既存の商業地区の変容や新たな商業地区の形成などが生じる.地方都市では,モータリゼーションで郊外にロードサイド型の大型店が増加し,商業活動の比重が変化した.鉄道駅付近の中心市街地が衰退傾向にあるため,活性化が課題とされる.他方,大都市圏では,鉄道の利用者が多く,駅前商業地区の商業集積は,店舗を入れ替えつつ,発展を続けている.<br> 既存研究では,地方都市における商業空間の変容だけでなく,後者の点も,実証的に検討されてきた.たとえば,中心市街地活性化や再開発など,都市内部で展開される政策と結びつけられて論じられている.ただし,大都市圏の商業地区といっても,大都市圏内のどの地域なのかという点で,商業空間の変容の在り方は異なるだろう.また,その分析では,戦後の商業や流通業を特徴づけるチェーン店の出店動向,近年に開発が進んでいる駅ナカや駅ビルの施設についても,併せて検討していくことが望まれる.<br> 本研究では,大都市圏の発展に伴う商業空間の再編成の実態を明らかにしたい.その際,大都市圏全体を検討するのではなく,大都市圏の郊外核となる地域を採り上げて,その内部における商業空間の再編成を検討する.このことにより,大都市圏の拡大が,郊外核の内部にある商業空間をどのように再編成してきたのか,を考察したい.本研究の事例として,城下町や商業都市として発展し,戦後に東京大都市圏の郊外核となった埼玉県川越市を採り上げる.<br><br><b>2.川越市の位置づけ</b><br> 川越市は,埼玉県南部の都市であり,東京大都市圏の郊外核の一つと位置付けられる.実際に,中核市や業務核都市に指定されており,中心性が比較的高い地域である.江戸時代には,川越藩が所在し,川越城の付近に城下町が形成されていた.その後,1893(明治26)年の川越大火によって旧来の城下町を焼失する被害が出たことに伴い,耐火構造とされる蔵造りの商家が,旧城下町地区で増加した.<br> 他方で,川越は,新河岸川の舟運で江戸との往来があるなど,物資の集散地として機能し,商業都市として栄えた.しかし,周辺の諸地域との競合によって,徐々に衰退したといわれる.明治期以降には,旧城下町の南部に,現在の西武新宿線,東武東上線やJR川越線が開通し,川越は鉄道交通の結節点となった.このほか,国道16号線や関越自動車道などの幹線道路が市内を通っており,今日では,通勤・通学の流動や物資流動が盛んな地域である.<br> 川越市の人口は,戦後の東京大都市圏の発展に連れて増加してきた.国勢調査によると,川越市の人口は,1960年に10.7万人であったが,2010年には34.3万人へと,50年間で3倍以上に増えている.2015年には川越市の人口は35.1万人であり,埼玉県では,さいたま市,川口市に次いで3番目の人口規模である.大都市圏郊外として,ベッドタウン化が進んでおり,鉄道駅の周辺に,複数の大型商業施設,商店街が立地するほか,駅ビルも整備されている.<br><br><b>3.商業空間の分化</b><br> こうした経過のなかで,川越市では,以下のように,特徴の異なる3つの商業空間が形成されたと考えられる.<br> 第1は,中心市街地の北部にある旧城下町地区である.江戸期の商人町や職人町に起源があり,川越大火を機に建造された蔵造りの街並みが残っている.かつては商業の中心地であったが,現在では,蔵造りによる観光空間へ変容し,観光関連産業の店舗が集積する地区となっている.<br> 第2は,中心市街地の南部にあたる鉄道駅周辺部である.川越市内には複数の鉄道駅があり,それらの周辺に商業集積がみられる.交通の結節点にあたり,通勤・通学客や観光客の流動が多く,駅ビルや駅付近の商店街が発達している.この地区は,今日における川越市の商業中心地である.<br> 第3は,中心市街地の外延部である.国道沿いにはロードサイド型のチェーン店が多く立地するほか,住宅地付近には食品スーパーなどが立地している.近年には,新たな宅地開発が進む地区において,複合的な商業施設が開業するなど,徐々に商業機能が高まりつつある.<br> 以上をふまえると,大都市圏の郊外のうち,比較的中心性の高い地域では,鉄道交通の利用者が多いことから,中心市街地は衰退しづらいこと,周辺部では自動車を利用したロードサイド型の店舗が立地しており,発展を続けていることを確認できる.また,このほかに,歴史的な建造物など,観光資源がある場合には,観光客を対象とする商業空間が,上述の商業空間と併存することを確認した.
著者
金城 克哉 Kinjo Katsuya
出版者
九州地区国立大学間の連携に係る企画委員会リポジトリ部会
雑誌
九州地区国立大学教育系・文系研究論文集 (ISSN:18828728)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, 2014-03

本論は、ゲイ向け雑誌『G-men』誌に掲載された官能小説(「野郎小説」)に頻出する9つの男性器表現を述語との共起関係から特徴づけることを目的とするものである。従来このような性に関する言葉は学術的に研究されることがほとんどなかった。本論では因子分析により3つの因子を抽出し、また階層的クラスター分析によって9つの表現の類似度を示すことに成功している。セクシュアリティと言葉の関わりという点から、これまでなされていない新たな研究の可能性が示唆されたと言える。This paper tries to analyze characteristics of nine male genital expressions which often appear in gay-targeted erotic novels by applying multivariate statistics. Based on the observation of cooccurrence between these genital expressions and their accompanying verbs, it will be claimed that factor analysis identified three factors, namely, Chimpo factor, Chinko factor and Inkei factor, which express "virility or toughness", "being embarrassed", and "organ" respectively. Also, principal component analysis reveals that "virility or toughness" is in the opposite end of "being embarrassed". Further, hierarchical cluster analysis will show us these nine expressions are grouped into three clusters. The academic discussion on these expressions is rare, so the analyses conducted in this paper contribute extensively to the study of sexuality-related expressions.この論文は「言語文化研究紀要」(22号2013年p21-40)に掲載された論文を査読し、「九州地区国立大学教育系・文系研究論文集」Vol.1, No.2(2014/3)に採択されたものである。
著者
森川 佳太 國丸 貴紀 湯口 貴史 上原 倫子
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会 年会・大会予稿集
巻号頁・発行日
vol.2012, pp.598, 2012

原子力機構が岐阜県瑞浪市において実施している超深地層研究所計画では,深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備と深地層における工学技術の基盤の整備を全体目標とし3段階に区分して調査研究を進めている。本稿では,第3段階(研究坑道を利用した研究段階)で実施する物質移動現象や物質移動パラメータに関する調査研究のうち,深度300mステージおよび深度500mステージにおいて計画している調査研究について報告する。
著者
長多 好恵 宮下 洋子 森 満
出版者
日本補完代替医療学会
雑誌
日本補完代替医療学会誌 (ISSN:13487922)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.39-43, 2013
被引用文献数
2

精油の香り吸入による嗅覚刺激は,リラクゼーションの方法の一つと考えられている.スウィートオレンジの嗅覚刺激後に,唾液 &alpha;-アミラーゼ活性と状態不安レベルは有意な低下を示した.ペパーミントでは,有意な変化はみられなかった.ある種の精油による嗅覚刺激によって,リラックス効果が得られる可能性が示唆された.<br>
著者
福島 邦道
出版者
実践女子大学
雑誌
実践国文学 (ISSN:03899756)
巻号頁・発行日
no.17, pp.p2-9, 1980-03
著者
廣澤 愛子
出版者
愛知教育大学教育実践総合センター
雑誌
愛知教育大学教育実践総合センタ-紀要 (ISSN:13442597)
巻号頁・発行日
no.7, pp.319-327, 2004-02

スケープゴートとは、ある集団に属する人がその集団の正当性と力を維持するために、特定の人を悪者に仕立てあげて攻撃する現象を指す。少数民族の迫害(ホロコーストなど)はこの一例であるし、より卑近な例を挙げると、学級におけるいじめや家庭における虐待も同様であろう。従来、虐待やいじめについては「トラウマ」という視点から論じられることが多いが、本論では、「スケープゴート」という視点から論じた。そして、虐待やいじめの被害者(児)の心理療法を通して筆者が感じたことを中心にして、スケープゴートにされるという経験が当人にどのような影響を及ぼし、その中で彼らがどのように自らのアイデンティティを築いていくのかについて考察した。具体的には、スケープゴートにされるという経験が及ぼす影響について、①スケープゴートとの同一化、②実存的な孤独、③「集合的な影」を見続けること、の3点から論じた。そして、彼らが自ら築いていくアイデンティティについて、①辺縁を主体的に生きること~スケープゴートからトリックスターヘ~、②基盤のなさを受け入れること、③「影」との新しい関係、の3点から論述した。
著者
文 慶哲
出版者
東北文化学園大学
雑誌
総合政策論集 (ISSN:13468561)
巻号頁・発行日
vol.2, no.2, pp.103-116, 2003-03
著者
糟谷 憲一
出版者
東洋史研究会
雑誌
東洋史研究 (ISSN:03869059)
巻号頁・発行日
vol.70, no.1, pp.100-126, 2011-06

The aim of this article is to elucidate the changes in the power structure in Joseon during the period from the Kabo Reform (July, 1894) to eve of the Russo-Japanese War (February, 1904). The author has previously examined the power structure of the Taeweongun 大院君 regime and the Min clan 閔氏 regime. The method of analysis involved a survey of those appointed to bureaucratic offices in the upper levels of the regime, clarifying to which of Four Sects (Sasek Tangp'a 四色黨派) and clans they belonged and calculating the ratios. As a result, the author made clear that within the Taeweongun regime, the ascendancy of Noron 老論, the largest faction, was unshaken, and that in the second half of the Min clan regime (December 1884 to July 1894) the ascendancy of the Noron faction became even stronger, and the power of the Yeohung Min 驪興閔 clan, which was a part of the Noron faction and was associated with the matrilineal side of the royal house, increased dramatically. In this article I survey appointees to the central government posts of Minister, Vice-Minister, and to the Department of the Imperial Household and analyze their affiliation with factions and clans. As this period was one of major political change, my analysis is based on distinguishing four periods: 1) that of the Kabo Reform, 2) that when the King resided in the Russian legation (February, 1896 to February, 1897), 3) that of the unfolding of the Independent Club's push for reform (February, 1897 to January, 1899), and 4) that of imperial despotism (January 1899 to February 1904). As a result, I have been able to clarify the following points. First, in regard to the Noron, the power of the Noron and influential clans, such as the Yeohung Min, declined within the upper levels of the government following the Kabo Reforms, but they maintained great influence in upper ranks of the Department of the Imperial Household. The power of the Noron in the upper levels of government was restored to the level of the latter half of the Min clan regime after the Independent Club began promoting reform. During that period, the Noron continued to occupy positions of power in the upper levels of the Department of the Imperial Household, and the power of the influential clans in the Noron faction was completely restored. Second, during the period of imperial despotism, the power of the Noron, from which ministerial appointments were made, increased, and the strength of the Noron in the upper levels of the Department of the Imperial Household grew to 50 percent. I believe this is an important factor in considering the foundation that supported imperial despotism.
著者
綿谷 翔太
出版者
成城大学
雑誌
常民文化 = Jomin bunka (ISSN:03888908)
巻号頁・発行日
no.38, pp.55-74, 2015-03

Koshin is a folk belief, it was born by Sanshi-setsu (thought to be that there are insects that governs the life in the body) was brought over from China during the Heian period in Japan. It was developed independently in Japan through the Middle Ages and early modern period. When it comes to the early modern period, Koshin was largely prevalent among the Edo townsmen and suburbs of farmers. And develop into various forms in relation to the common people of faith such as Buddhism and Shinto. Also from this period, so that the stone pagoda called Koshinto is built in various places. Mid 18th century, the Buddhist sect Nichiren was also associated with Koshin. Shibamata Taishakuten (Daikyoji) appears as the center of the faith, this temple is as prevalent through the 19th and early 20th century. In this paper I will classify the Koshinto that replicates the principal image of Shibamata Taishakuten as "Shibamata type Koshinto". In addition, as a faith-area they remain, to pick up the Miura Peninsula is the major distribution areas of Shibamata type Koshin tower. And, as the reason why the faith of Shibamata Taishakuten remained in the far away land, and take up the Edogawa of water transportation that utilizes the coast of Shibamata region, we consider the process of faith of propagation.Koshin is a folk belief, it was born by Sanshi-setsu (thought to be that there are insects that governs the life in the body) was brought over from China during the Heian period in Japan. It was developed independently in Japan through the Middle Ages and early modern period. When it comes to the early modern period, Koshin was largely prevalent among the Edo townsmen and suburbs of farmers. And develop into various forms in relation to the common people of faith such as Buddhism and Shinto. Also from this period, so that the stone pagoda called Koshinto is built in various places. Mid 18th century, the Buddhist sect Nichiren was also associated with Koshin. Shibamata Taishakuten (Daikyoji) appears as the center of the faith, this temple is as prevalent through the 19th and early 20th century. In this paper I will classify the Koshinto that replicates the principal image of Shibamata Taishakuten as "Shibamata type Koshinto". In addition, as a faith-area they remain, to pick up the Miura Peninsula is the major distribution areas of Shibamata type Koshin tower. And, as the reason why the faith of Shibamata Taishakuten remained in the far away land, and take up the Edogawa of water transportation that utilizes the coast of Shibamata region, we consider the process of faith of propagation.
著者
高木 まどか
出版者
成城大学
雑誌
常民文化 = Jomin bunka (ISSN:03888908)
巻号頁・発行日
no.38, pp.180-154, 2015-03

This study examines the discourse that visitors' social position did not make sense in Yoshiwara of Edo, using Yujo hyoban-ki, which is one of the classifications of a story book Kanazoshi, in this paper. In the Edo period, there were some districts of licensed brothels, such as Shinmachi in Osaka, Shimabara in Kyoto, and Yoshiwara in Edo. Previous studies often explained that these brothel districts were places beyond the social order that visitors' social statuses did not make sense. Although there were also some positions contrary to such explanation, the dispute in a scientific meaning has not arisen between different positions. Moreover, each dispute does not show clear basis and is not necessarily an empirical discussion. In this paper, I focus on the difference in positions and the insufficient demonstration in such previous studies. Then, I'll consider why the opinions about the treatment of a visitor's status in brothel districts are divided, and how the visitor's status was in fact treated in brothels. In considering these, I use Yujo hyo-banki, which is one of the classifications of Kanazoshi, as the primary historical sources. Although Yujo hyo-banki is a document which describes the reputation of each prostitute, there are some description of visitors' aspects finely, which observe visitors' actual conditions in brothels. In this paper, I verify how visitors' social positions in brothel districts are treated, by mainly focusing on Yoshiwara from the second half of the 17th century to the middle of the 18th century, when many description about visitors to the brothels are seen in Yujo hyo-banki.This study examines the discourse that visitors' social position did not make sense in Yoshiwara of Edo, using Yujo hyoban-ki, which is one of the classifications of a story book Kanazoshi, in this paper. In the Edo period, there were some districts of licensed brothels, such as Shinmachi in Osaka, Shimabara in Kyoto, and Yoshiwara in Edo. Previous studies often explained that these brothel districts were places beyond the social order that visitors' social statuses did not make sense. Although there were also some positions contrary to such explanation, the dispute in a scientific meaning has not arisen between different positions. Moreover, each dispute does not show clear basis and is not necessarily an empirical discussion. In this paper, I focus on the difference in positions and the insufficient demonstration in such previous studies. Then, I'll consider why the opinions about the treatment of a visitor's status in brothel districts are divided, and how the visitor's status was in fact treated in brothels. In considering these, I use Yujo hyo-banki, which is one of the classifications of Kanazoshi, as the primary historical sources. Although Yujo hyo-banki is a document which describes the reputation of each prostitute, there are some description of visitors' aspects finely, which observe visitors' actual conditions in brothels. In this paper, I verify how visitors' social positions in brothel districts are treated, by mainly focusing on Yoshiwara from the second half of the 17th century to the middle of the 18th century, when many description about visitors to the brothels are seen in Yujo hyo-banki.