id:maturi

投稿一覧(最新100件)

安達誠司 ”1983 年から 2017 年第2四半期まで()インフレ・レジームにおいて一定の条件のもとで成立すると考えられるインフレ率は消費者物価指数(除く生鮮食品、エネルギー)の上昇率でみて1.94%である”
消費税の逆進性とその緩和策 ―消費税をめぐる論点①― 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 749(2012. 4.17.)
「なぜ人間に触られた猫は毛づくろいするのか」っていう動物行動学の論文探 あれは人間の匂いをなめて味わうため説
『漢方薬内服により発症した腸間膜静脈硬化症の臨床経過 (日消誌 2014;111:61―68)』
[あとで読む] 胃MALTリンパ腫の内視鏡所見―早期胃癌や胃炎との鑑別診断
[あとで読む] “近年の期待インフレ率と流動性供給に関する研究” 英邦広 2018/3 PDF
[あとで読む] 『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1007「目で見る異次元金融緩和の成果と課題」
[あとで読む] PDF “高橋是清のリフレーショ ン政策に関する英国の認識と評価” 中村宗悦(2005)
[あとで読む][併せて読みたい]  著作権法に明るいid:bn2islander氏をCall
[歴史や伝承][あとで読む][いつか使ってみたい]
固体電解質とその機能
 春山康夫, 甲斐裕子.台湾と日本における喫煙対策と喫煙率の推移 日本健康教育学会誌 2012;20:252-253
ユーラシアの諸言語におけるクロテンおよび関連種の呼称リスト
論 説. わが国企業における株主による経営の規律づけに関する検討. ―外国人投資家を中心にした分析―. 篠 田 朝 也. 目 次. Ⅰ.はじめに
[カワウソ] ,工業集積の進む韓国慶尚南道の海岸における本種の生息痕を1982年,1991-94年,2002年および2009年にわたってモニタリングした。慶尚南道馬山地域における糞密度は,1990年代には減少傾向を示したが,2000年代後半には回復傾向に転
[カワウソ] 韓国慶尚南道の馬山地域における ユーラシアカワウソ Lutra lutra 生息状況の 長期推移とその要因
ポピュリズムというのは、何も知らない投票者に正しいことを説得する努力を放棄して(あるいは無知や誤解の度合いを増幅させて)、無知なままの投票者に票田を求めて権力を追求する政治行為である。 (権丈善一)
直接的なヒトの移動(外国人労働者受け入れ)以外にモノの移動(貿易)、カネの移動(海外投資)の活用を考えるのがいいのではという〆で
[あとで読む] 経済政策形成の研究―既得観念と経済学の相克 単行本 – 2007/9
ず、前者. は所得をその源泉によって次の五つに分けた。 シェデュールA. 工地、家屋等の不動産からの所得. シェデュールB. 借地農の所得(通常、地代の四 ...
マクロモデルからみた財政政策の効果~「政府支出乗数」に関する整理と考察~
[歴史や伝承] こいついつも傀儡政権建てようと(爆発音
[科学][あたまがよい] インスタントコーヒーを溶かしてかき混ぜるときに,ティースプーンとマグカップがぶつかり,音が生じる。この音は,インスタントコーヒーが完全に溶解するまでの間,音程が「くぐもった低い音」から徐々に甲高い音に変化

432 0 0 0 OA 真相はかうだ

[歴史や伝承]  ラジオ台本かな
[歴史や伝承][科学]  人文系学部は廃止せよ論をふと思い出したが、理系の仕事でもあった()
商業誌に書いたレフリーなしのエッセイもCiNiiにおさめられるん
なぜ名目賃金には下方硬直性があり、わが国ではその度合いが小さいのか? 行動経済学と労働市場特性・マクロ経済環境の違いによる説明 黒田祥子, 山本勲 [著] (IMES discussion paper series, 2005-J-16) 日本銀行金融研究所, [2005.8]
[科学] 自然の斉一性   1956
[検索してみた]  おたく(という単語・概念)のルーツを探ったりなんだり
賢沼ウナギ生息地に係わる弁天川流域と遡上水路の現況と問題点の検討
同時に、そこで好んで描かれた西部やアメリカ先住民などのイメージをステレオタイプ化する大衆の意識を形成するプロセスにも加担していた。白人文化の優勢の結果として形成された大衆意識に対し、拙論文では、まず、
ハイエナ from ギリシャ 動物 植物 褐色 灰色 オノマトペ カエル
Das System der Mefo-Wechsel bedeutete Rustungsfinanzierung durch Kredite. SCHACHT befurwortete eine mit Sparsamkeit verbundene Konsolidierungspolitik, aber NS-Staat konnte oder wollte SCHACHTS Vorschlagen nicht folgen.