HODGE (@HODGE_EGDOH)

投稿一覧(最新100件)

大阪万博といえば……カールハインツ・シュトックハウゼンですね。 こんな記事があった。 ↓↓↓ 大阪万博とシュトックハウゼンの思い出(<連載企画>音響学の温故知新) https://t.co/qoxzou7Zmv
RT @palop13a: J-STAGE Articles - 深井智朗著『ヴァイマールの聖なる政治的精神―ドイツ・ナショナリズムとプロテスタンティズム』(岩波書店、二〇一二年、三一二頁) https://t.co/WGCEa9bVpr …2013年には書評で指摘してたのね。…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  江戸川乱歩「心理試験」の心理学" https://t.co/QLzOfgf7Uq ※本文リンクあり

9 0 0 0 OA 楽典

RT @shosekika: 日本最初の楽典を、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧!https://t.co/p0POVEOTFg 26-27頁の第四十二条には「ドレミ」の階名の発明者としてグイード・ダレッツォが出てきます。写真:グイード・ダレッツォ(左)。12世紀の手写…

108 0 0 0 OA ドイツ人形

RT @fmfm_nknk: 反戦童話「かわいそうなぞう」の作者・土家由岐雄の戦意高揚童話「ドイツ人形」。人形オタクの男子学生が皇国のために外国に負けない人形を作ろうとする。人形と愛国。https://t.co/hSeu90FlXH https://t.co/ZDJwAQPGSz
RT @sushifactory: そういや 大正14年 京都美術工芸会 編 「美術工芸展覧会図録. 第1回」始祖鳥の作品が載っているのだけど、日本での古生物モチーフの美術作品の歴史とかって研究されてるのかしら https://t.co/T5fyMgGzVP https://t…
こんな論文があった → ペトルス・アルフォンシと『フランスの逍遥学派の人びとに宛てた書簡』 https://t.co/owGrWtyVIl
RT @nekonoizumi: 阿部生雄「筋肉的キリスト教の思想と近代スポーツマンシップ : トーマス・ヒューズを中心に」 筑波大学博士 (教育学) 学位論文 https://t.co/pSLIUt945O
RT @HODGE_EGDOH: こんなのもあった→ 「筋肉的キリスト教」概念の成立と変質 http://t.co/KV8mrqXfaT
RT @nekonoizumi: 本書の元になった思われる博論の概要等PDF 小田英「フランシスコ・スアレスの両権論-宗教改革・インディアス問題・東アジア布教に即して- 」 早稲田大学リポジトリ https://t.co/50CScQvKCt
RT @erase_m: 大嶋かず路「明治期日本におけるロシア音楽受容 -正教会と音楽学校の功績およびその影響関係について-」(上智ヨーロッパ研究 (6), 25, 2014) https://t.co/zfeqNZYP1y

2 0 0 0 OA 書評

フランスの生命倫理法 生殖医療の用いられ方 https://t.co/asOaQ0ZJu2
優生学に関して、レズビアン・カップルが意図して選択して聾の子供を産んだときの論争が事例として記されている → 柴嵜雅子「子どもから見た優生学」(pdfファイル) https://t.co/bKpIhUGs75
2012年7月の記事/オランド新大統領の政策課題 https://t.co/v953dnoGyJ ”宗教に関しては、憲法を改正し、フランスを非宗教的国家と規定する憲法第1 条第1項の次に、教会と国家の分離に関する1905 年の法律に定める政教分離原則に関する条文を追加…
この論文は安部公房についてのものだけど、メラニー・クラインによるジュリアン・グリーンの『私があなたなら』の分析にも触れている → 「自己愛的同一化と死のイメージについて―安部公房『無関係な死』を素材として―」 https://t.co/jVDi7MrIde
韓国における選択的中絶をめぐる議論 https://t.co/jesIGi6z1f
ジュリアン・グリーンは、シューマンの《ファウストからの情景》を聴いて、”自分が本当に心ひかれるものはこの世の外側にあるのだとの思いとともに、「天上 の浄福をひとかけら」盗みとったかのような感動を味わった”と自伝で記しているようだ。https://t.co/TwaYxcZN0o
障害のある子の出生回避について  https://t.co/OWGHf8liyo
島薗進「いのちの選別はなぜ避けるべきなのか?  出生前診断をめぐる日本の経験から」 https://t.co/Z690pKQETT
ジェイムズ・エルロイの『ビッグ・ノーウェア』で言及される「スリーピー・ラグーン事件」とズート・スーツに関して検索したらそのものズバリの論文があった →  1940 年代初期ロサンゼルスにおける メキシコ系米国人若者集団の状況 https://t.co/A5O3bd3G3c
RT @quiriu_pino: 長谷川亮一博士論文「十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策 : いわゆる「皇国史観」の問題を中心として」(2006年度)https://t.co/ZDOFi7hvaW 全文公開されてた興味深い博論。読まなきゃなあ。
ディアスポラの信仰者 : 在日アフマディーヤ・ムスリムにみるグローバル状況下のアイデンティティ https://t.co/AJNfy853nQ ”信徒数は公称数千万、現在はパキスタンよりも欧米や西アフリカで勢力を伸ばしている。極端な平和主義と教団の高度な組織化、カリフ制の採用など
こういう作品なのか → 『生きるジャック/死ぬマーティン Jack London の Martin Eden における 「作者」 の位置』 https://t.co/dt5FKUqInc
こんな論文があった → 羽坂,知恵 ”日常の「ヒーロー」 : ハインリヒ・ベルの『道化師の意見』について” https://t.co/midMqH6oTe
読んでる。モノクロだが図版も載っているし。 → カルロ・デル・ブラーヴォ/甲斐教行 訳「ポントルモからブロンツィーノまで」 https://t.co/8jU1xEmzy3
そういえばヘンリー・ジェイムズの「有名な」──作者に関する解説で必ず言及される──戯曲の日本語訳も公開されている(書籍化しないのだろうか)→ 水野 尚之 訳、ヘンリー・ジェイムズ 『ガイ・ドンヴィル』 http://t.co/Bn3rAThWrQ
パウル・レーってちょっと興味がある → 眞田収一郎『フリードリヒ・ニーチェ、パウル・レー、ルー・フォン・ザロメ三者の友情関係について』 : パウル・レーの人と思想 http://t.co/qzMqnYLrVt http://t.co/bbUdkVpsjP
パウル・レーってちょっと興味がある → 眞田収一郎『フリードリヒ・ニーチェ、パウル・レー、ルー・フォン・ザロメ三者の友情関係について』 : パウル・レーの人と思想 http://t.co/qzMqnYLrVt http://t.co/bbUdkVpsjP
杉山有紀子「ツヴァイク/シュトラウスのオペラ『無口な女』 : 革命前夜の「非政治的」喜劇」 http://t.co/KKKIDc5YXZ
この論文、すごくよかった → 杉山有紀子「シュテファン・ツヴァイク. 『ロッテルダムのエラスムスの勝利と悲劇』試論. ―自由のイデオロギー化とヒューマニズムの問題をめぐって―」  http://t.co/Cw5RyQ1f31
徳倫理学の最前線(1): ロザリンド・ハーストハウスの徳倫理学 http://t.co/xB5c57giRo
『作者を探す六人の登場人物』における劇行為の二重性について  La doppia struttura dell'azione teatrale dei Sei personaggi in cerca d'autore http://t.co/jLvU00ruoW #CiNii
RT @masahirosogabe: 【新刊】ここ数年,京大レポジトリに数次にわたってローマ法に関する巨大な書き下ろし作品を公開されている柴田光蔵先生が,今回,日本法に関する作品を公開されました。「ローマ法の語り部」から,今後は「日本法の語り部」を志されるとのこと。http:…
RT @tatewakiyokado: 何が引用されるか、分からない。若桑みどり『聖母像の到来』(青土社)に小文「ニッコロ・デ・コンティの旅とトスカネッリの地図およびポッジョの『再認されたインディア』」、『地中海研究所紀要』。http://t.co/xa9DyLwSSy
RT @heero108: 今野元「モナキウム・サクルム:「キリスト教国」バイエルンでのカトリシズム体験(1)」『愛知県立大学大学院国際文化研究科論集』15号(2014年)233-257頁(https://t.co/PeGaicS6PT)読了。今野先生によるカトリシズム体験の報…
こんなのもあった→ 「筋肉的キリスト教」概念の成立と変質 http://t.co/KV8mrqXfaT
RT @nooyosh: なにこれ 松岡直「フランス基本単語の記憶法についての一試論」高岡法科大学紀要 22, 19-110, 2011-03 http://t.co/nPrpU6DFBt http://t.co/DFwvwXReAF
「拒絶の精神としてのメタファー」 http://t.co/3UmWMz2eEU
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 一八世紀末フランスの知的エリートとフリーメイソン : マルセイユの医師アシャールの内面的軌跡 (西洋史特集号)(深沢 克己ほか),2011 http://t.co/4bXhwHDpsi
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 宇宙人音楽と人体音楽の作曲事例報告<制作,情報検索>(長嶋 洋一),2003 http://t.co/m9Ll5BPjmX
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」における象徴性--ヴォータンとブリュンヒルデを中心に(宇野 道義),1973 http://t.co/SP2I8cbmxd
RT @kunisakamoto: なんぞこれは。 「中東・北アフリカ地域のイスラーム圏の少数派と弱者に関する総合的研究」(基盤B、代表者 高橋英海)https://t.co/X5SZYvHui8
それと同じく豊崎光一と浅田彰の対談。最初のタイトルが「バタイユ/ブランショ/クロソウスキー」でちょっと思い出した。直接クロソウスキーを話題にはしていないがその研究者に言及した、宮澤由歌「恋人たちの共同体にみるバタイユの共同体論」→ http://t.co/tHw46sTTcp
RT @HAYASHI_twit: PDF公開 ☞「恋人たちの共同体にみるバタイユの共同体論」宮澤由歌(大阪大学リポジトリ) http://t.co/RXp2zI9Hgj ブランショやナンシーも参照したバタイユ論。「年報人間科学」最新号の掲載論文。#PDF
偽ディオニシウス・アレオパギタの「神秘神学」 http://t.co/bAGtAGo0RC
「誰がクラシックコンサートに行くのか : 東京・新潟・鹿児島のコンサート会場におけるアンケート調査をもとに」 http://t.co/gCZGMf68l3
RT @tinouye: 翻訳や、昨今の新訳に関して興味ある人には面白いかもしれない論文「新訳をめぐる翻訳比較批評」 http://t.co/D18XGlLlFR
「寓話」成立に関する一考察 : ”イソップ寓話”認識の変質 http://t.co/6U4xsx0oAA
「レベッカ・ブラウン講演会」http://t.co/B9We34kvkA
藤田大雪 / 『形而上学』Γ巻における矛盾律の疑いえなさについて http://t.co/BXrMceGdPy
RT @shoemaker_levy: 小栗虫太郎といいますと細川涼一さんのこのような論文がありまして>CiNii 論文 -  探偵小説とハンセン病--国枝史郎・小栗虫太郎・橘外男 (特集 差別の構造) -- (医療という装置) http://t.co/JBiPzYu95P #…
RT @TulipsR: アレクサンドリアのクレメンス : 『ストロマテイス』(『綴織』)第1巻 全訳 http://t.co/Agkca4BEd2
RT @edtion1: CiNii 論文 - ポール・ゴーガンをめぐるコレクション形成の黎明期-二十世紀前半のフランスにおける個人コレクターと公立美術館の動向- http://t.co/k9Tyo7DndZ
RT @heibonshatoday: メモ。国立国会図書館:調査と情報 Issue Brief:諸外国における国家秘密の指定と解除―特定秘密保護法案をめぐって― (PDF file 387KB) http://t.co/c1gQhhpbJp
”1989 年にデンマークが同性カップルの登録パートナーシップ制度を導入して以来、同性間の法律婚制度(以下「同性婚制度」という。)や、婚姻に準じた法的地位を認めるパートナーシップ制度を導入する国がある。特にEU(欧州連合)加盟国では… http://t.co/jcQZiwrX9l
こんな論文があった→黒崎靖子『ルイ・ランベール : バルザックによる知的な青年主人公の創造』 http://t.co/fE71a4aoqn
RT @erase_m: 出典は「子供のためのバイエルピアノ教本第1巻」 (シンフオニー楽譜出版社, 昭和14年) です。 http://t.co/LM8SRutRZz QT @erase_m: 超大型新人ピアニスト (想像図)
RT @OKUYAMAYusuke: CiNii 論文 -  愛は収容所の壁の中に http://t.co/NHoJHqnJDD #CiNii
象徴詩から作り出される時間 http://t.co/FpED6BK8 ”注目すべきは,歌詞を持たない純粋器楽における音楽と文学の関係である。これらは従来と違った関わり方を示す。即ち確立期の代表作の一つ『牧神の午後への前奏曲』・・・”
RT @isozakiai: [Firenze] / “CiNii 論文 -  1500年前後のフィレンツェ絹織物工業と国際市場--セッリストーリ金箔会社の経営記録から” http://t.co/IF3jl8aU
ジョゼフ・コンラッド『西欧の眼の下に』(西欧人の眼に)に関しては、こんな論文もあった→ "『西欧の眼の下に』 : 裏切りと共同体" http://t.co/dtiMF31I
“CiNii 論文 -  ハンス・ヘニー・ヤーンの戯曲” http://t.co/bU0hq96G
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? フランス革命の断絶に抗して : ネルヴァル『幻視者たち』 「カリオストロ」における政治と宗教(研究論文)(辻川 慶子),2009 http://t.co/AjlaWMoR
円城塔『ポスドクからポストポスドクへ』 http://t.co/OEjVHj3v
RT @mnb_chiba: 「独立機関の極限形態」としての日銀。 (君塚正臣「日本銀行の憲法学」p.58 http://t.co/b0L8G7Ud ) ……すでに一度読んでいたのだが読み返しても面白い。
鉢野正樹「国際経済の秩序とオルドー学派」 http://bit.ly/aSsl37  それと同氏による「ドイツの秩序自由主義から見たEUの経済体制」という論文もある。http://ci.nii.ac.jp/naid/40016039776
鉢野正樹「国際経済の秩序とオルドー学派」 http://bit.ly/aSsl37  それと同氏による「ドイツの秩序自由主義から見たEUの経済体制」という論文もある。http://ci.nii.ac.jp/naid/40016039776
谷口勇 ”ロレンツォ・ヴァッラの文法論 : 『文法の学芸』(解題・試訳)” http://ci.nii.ac.jp/naid/110000466688
こんな論文があるようだ。後で探して読んでみたい──横井雅子「募兵から舞踊・音楽へ : ハンガリー音楽を彩ったヴェルブンコシュが成立するまで」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000131905
「ヘンリー・ジェイムズの『カサマシマ公爵夫人』とジョゼフ・コンラッドの『密偵』について : 物を見る作者の位置の違い」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004301105
これも → 「<テロリストの身体>のその後--『カサマシマ公爵夫人』の終わり方 」 http://ci.nii.ac.jp/naid/40007346215
これ、読んでみたいな → 「ヘンリー・ジェイムズ『カサマシマ公爵夫人』における視線の力学」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000990349

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(530ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @zasetsushirazu: 明治2年8月13日(1869年9月18日)、土肥典膳が死去。岡山藩重臣で、文久2年に京都で国事周旋を開始。中川和明「平田塾と地方国学の展開」(『書物・出版と社会変容』11)曰く、「岡山藩の幕末維新史を語るうえでたいへん重要な人物」。その家…
メインストリーム歌手とバロック歌唱の歌手のバロックに対するイメージを比較した論文、、、 ってか、メインストリーム歌手っていうんだwww 「J-STAGE Articles - メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある「バロ… https://t.co/0EiI7rWcFk
RT @zasetsushirazu: 昭和54年9月18日、木村毅が死去。『明治天皇』、『日米文学交流史の研究』など、文化史、伝記、小説など200冊を超える著作がある文筆家。藤井哲「木村毅と英文学」(『福岡大学人文論叢』48-4)曰く、「学界の権威に向かって在野から歯に衣を着…
RT @minaokukita: 山口尚さんの論文「リチャード・ダブル、あるいは自由意志の概念工学のしかるべき限界について」がNagoya Journal of Philosophyで公開されました。 https://t.co/30T14sRPoX
RT @zasetsushirazu: 大正7年9月17日、本野一郎が死去。幕末の佐賀に生まれ、明治・大正の外交官として働いた。寺内正毅内閣の外務大臣を務めた。バールィシェフ・エドワルド「ロシア革命とシベリア出兵構想の形成-本野一郎の外交政策と米国-」(『ロシア史研究』84、2…
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
RT @rosswise: @archerknewsmit @daykazu https://t.co/rvofxou4Dt 内村鑑三も 「依テ彼等饑餓ノ民ヲ救フ法、他ナシ、彼等ニ千歳川ノ漁ヲ許シ、以テ家計ヲ立テシムルニアリ」 「諺ニ曰ク、飢餓ハ法規ヲ知ラスト、彼土人モ亦…
RT @poponainai: 朝から刀の論文を検索してしまった。 この方が新しい研究をしていてデジタルアーカイブを利用してクリックするだけで書物に当たれる引用なのがありがたい。 信国派の研究にある来や長谷部派の彫り物の表おもしろい。他のもいい。 刀匠信国系図の総合的研究:山…
RT @KogachiRyuichi: 昔、勝村先生が「カルピスというのは、ありがたい会社なんや」と言っていて、若かった私は、何だろうと不審に思っていました。 https://t.co/aKMvsgTs8K
RT @chidorij: 社会保障の基礎研究として、 太田匡彦「社会保障の財源調達 : 社会保障の構造を踏まえた法的議論のために」 https://t.co/JtCmA56DZJ
@kingtutmystery ちなみに、5世紀に白の修道院の修道院長シェヌーテの後を受け継いだコプト教父のベーサの名前は、ベス神のコプト語形と同形です。シェヌーテ(シェヌーダ)もベーサ(ウィッサ)もコプト正教会の聖人です。このよ… https://t.co/WcZHJYZ2GU
RT @zasetsushirazu: 大正9年9月12日、国際法学者の高橋作衛が死去。第2次大隈重信内閣の法制局長官。日清戦争に法律顧問として従軍し、日露戦争の前年に桂太郎首相に向けて対露強硬論を主張した「七博士意見書」に参加。前原淳史「「七博士事件」の再検討」(『社会科学』…
RT @oikawamaru: 池田(2018)外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 ここからPDFのリンクがありますね→ https://t.co/OTzdsflguO 講演録なのかな?とてもわかりやすく整理されていて、これは外来種問題に興味ある人は…
RT @TakahiroEto: 司法試験合格率の男女差については,すでに指摘があったかもしれませんが,松岡佐知子先生のご研究があります。 https://t.co/aEYNObEAE3
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…

フォロワー(1069ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @zasetsushirazu: 明治2年8月13日(1869年9月18日)、土肥典膳が死去。岡山藩重臣で、文久2年に京都で国事周旋を開始。中川和明「平田塾と地方国学の展開」(『書物・出版と社会変容』11)曰く、「岡山藩の幕末維新史を語るうえでたいへん重要な人物」。その家…
メインストリーム歌手とバロック歌唱の歌手のバロックに対するイメージを比較した論文、、、 ってか、メインストリーム歌手っていうんだwww 「J-STAGE Articles - メインストリームの歌手とバロック歌手との間にある「バロ… https://t.co/0EiI7rWcFk
RT @zasetsushirazu: 昭和54年9月18日、木村毅が死去。『明治天皇』、『日米文学交流史の研究』など、文化史、伝記、小説など200冊を超える著作がある文筆家。藤井哲「木村毅と英文学」(『福岡大学人文論叢』48-4)曰く、「学界の権威に向かって在野から歯に衣を着…
RT @minaokukita: 山口尚さんの論文「リチャード・ダブル、あるいは自由意志の概念工学のしかるべき限界について」がNagoya Journal of Philosophyで公開されました。 https://t.co/30T14sRPoX
RT @zasetsushirazu: 大正7年9月17日、本野一郎が死去。幕末の佐賀に生まれ、明治・大正の外交官として働いた。寺内正毅内閣の外務大臣を務めた。バールィシェフ・エドワルド「ロシア革命とシベリア出兵構想の形成-本野一郎の外交政策と米国-」(『ロシア史研究』84、2…
RT @monogragh: 三宅一郎氏の最初期のレビュー論文「アメリカにおける日本近代史研究の動向」(1961)。冒頭、日本近代化に関する箱根会議の話から始まる。 https://t.co/HJF1wpHM1o
RT @rosswise: @archerknewsmit @daykazu https://t.co/rvofxou4Dt 内村鑑三も 「依テ彼等饑餓ノ民ヲ救フ法、他ナシ、彼等ニ千歳川ノ漁ヲ許シ、以テ家計ヲ立テシムルニアリ」 「諺ニ曰ク、飢餓ハ法規ヲ知ラスト、彼土人モ亦…
RT @poponainai: 朝から刀の論文を検索してしまった。 この方が新しい研究をしていてデジタルアーカイブを利用してクリックするだけで書物に当たれる引用なのがありがたい。 信国派の研究にある来や長谷部派の彫り物の表おもしろい。他のもいい。 刀匠信国系図の総合的研究:山…
RT @KogachiRyuichi: 昔、勝村先生が「カルピスというのは、ありがたい会社なんや」と言っていて、若かった私は、何だろうと不審に思っていました。 https://t.co/aKMvsgTs8K
錦糸町は戦前も表記は「錦糸町」 https://t.co/JV7IfGT2ng https://t.co/yYfV5TkxzF
RT @chidorij: 社会保障の基礎研究として、 太田匡彦「社会保障の財源調達 : 社会保障の構造を踏まえた法的議論のために」 https://t.co/JtCmA56DZJ
@kingtutmystery ちなみに、5世紀に白の修道院の修道院長シェヌーテの後を受け継いだコプト教父のベーサの名前は、ベス神のコプト語形と同形です。シェヌーテ(シェヌーダ)もベーサ(ウィッサ)もコプト正教会の聖人です。このよ… https://t.co/WcZHJYZ2GU
RT @zasetsushirazu: 大正9年9月12日、国際法学者の高橋作衛が死去。第2次大隈重信内閣の法制局長官。日清戦争に法律顧問として従軍し、日露戦争の前年に桂太郎首相に向けて対露強硬論を主張した「七博士意見書」に参加。前原淳史「「七博士事件」の再検討」(『社会科学』…
笹川慶子「日英映画交渉史ー吉澤商店を事例として」 https://t.co/XLiC522RKg
RT @oikawamaru: 池田(2018)外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 ここからPDFのリンクがありますね→ https://t.co/OTzdsflguO 講演録なのかな?とてもわかりやすく整理されていて、これは外来種問題に興味ある人は…
RT @dellganov: こうした説明はよく用いられるが、単純な管理の難しさでいえば地域資料の方が高い(ここでは優先順位という理由が背後にある)。マンガジャンル全体をBANしているのには、別の理由があるだろうということは、こちらに書いた。 https://t.co/EVsu…
RT @TakahiroEto: 司法試験合格率の男女差については,すでに指摘があったかもしれませんが,松岡佐知子先生のご研究があります。 https://t.co/aEYNObEAE3
RT @cave_artists: 【お知らせ】博士論文がウェブで公開されました。書籍版『六条藤家歌学書の生成と伝流』(勉誠出版・2019)の元になった博士論文ですが、内容はかなり違います。もしよろしければ審査書・要旨もありますのでご笑覧ください。https://t.co/m2…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…