J-Shira (@Team_inspire)

投稿一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 指圧および経穴マッサージが体温と身体柔軟性に及ぼす効果 https://t.co/KKj7CCkYKb
J-STAGE Articles - 東洋医学の再発見 https://t.co/Mf5NdABLRr
J-STAGE Articles - 運動と腸内細菌叢 https://t.co/FQ28CkeYbd
J-STAGE Articles - 月経周期が女性アスリートの生理的・心理的コンディションに与える影響 https://t.co/g68rCa7sGa
J-STAGE Articles - 間接的にパフォーマンス向上に関わるサプリメントの科学的根拠 https://t.co/xENr0nIgHJ
J-STAGE Articles - 直接的にパフォーマンスを向上させるサプリメントの科学的根拠 https://t.co/r40dKMaIzM
J-STAGE Articles - 核内NAD+レベルによるミトコンドリア機能の維持と加齢による崩壊 https://t.co/8VIGNpyE4q
@SotaroYamada https://t.co/S0FtHwg9Sf 昨日の質問にあった別の部位の肥大のやつです(筋肥大の効果転移)。普通のトレーニングでも起こるものですが、下半身のトレーニングで上半身の効果も上昇するので、肩や胸をより狙いたい場合、下半身を加圧して上半身を加圧無しで鍛えるなども効果的かと思われます。
J-STAGE Articles - 野菜に含まれる硝酸塩は毒か薬か? https://t.co/kunFTllsFX
J-STAGE Articles - 認知機能における脳グリコーゲンの生理的役割とそれに及ぼす運動効果 https://t.co/nrlYrLtvko
@pumpsasaki 健常者における低糖質ケーキが糖脂質指標に与える影響 低糖質ケーキは血糖値を上げにくい https://t.co/avypQyoHL7 この辺の数値を見るに、運動中はやはりポカリスエット1本(糖質30g程度)を消費するくらいはした方が良さそうだなぁ、という具合ですね。
J-STAGE Articles - 3.腸内細菌叢と肥満症 https://t.co/C5u5ZHeXpR
J-STAGE Articles - エネルギー代謝制御における骨格筋グルココルチコイド受容体の役割 https://t.co/DJbHVdYpNa
J-STAGE Articles - 運動後の栄養補給法に関する最近の知見 https://t.co/Zd00YXnA6r ”このような糖・タンパク質の同時摂取による筋グリコーゲン回復促進効果は,糖質の摂取量を増やした場合(~1.2 g/h/kg BW)に認められなくなることも報告されているが”
J-STAGE Articles - 1.食事の糖質比率に対する考え方と課題 https://t.co/Vnim4mv7ZF
J-STAGE Articles - 4.食後血糖と栄養素摂取の順番 https://t.co/adIGYFUeAJ ”ただし, オリーブ油では GLP-1 濃度上昇にも関わらず,インス リンの分泌促進を認めない.オリーブ油では胃運動抑 制作用がより強く,血糖値が上昇しないため,インス リン分泌が促進されにくい可能性がある”
J-STAGE Articles - 2)時間代謝学に基づく効率的な食事と運動を考える https://t.co/PVllR3xfbl
J-STAGE Articles - 運動と骨格筋GLUT4 https://t.co/YGUHFqzGpu
J-STAGE Articles - サッカーにおけるヘディングの累積曝露と慢性外傷性脳症に関する最近の知見 https://t.co/QgyQdXFJeu
J-STAGE Articles - 栄養センシングと細胞機能の制御 https://t.co/LBgHu3L92s 化学と生物 2013 年 51 巻 5 号 p. 294-301
RT @smalldoemu: 私の博士論文がリポジトリにて公表されました。英語では読みにくかった方、こちらを参考にしてみて下さい。ページは少ないですが、私の3年間の博士課程の血と涙と汗の結晶です。 https://t.co/bgUirkyaB7
J-STAGE Articles - 脊髄損傷者の体温上昇抑制に有効な身体冷却法の検討 https://t.co/MItb71BkiN
J-STAGE Articles - バットスイング軌道からみた左右方向への打球の打ち分け技術 https://t.co/Hi598bNmaR
J-STAGE Articles - 『流し打ち』における打球速度を最大にする最適なバットの向きとボールインパクト位置: https://t.co/l16fbSiNzi
J-STAGE Articles - 骨格筋疲労に対するリアノジン受容体の関与 https://t.co/GVLidsbmwv
J-STAGE Articles - 骨格筋におけるカルニチン:動態解析から見えた新たな役割 https://t.co/HNCuiX0sL8
https://t.co/di2KNiFj0R https://t.co/WVmi0Nga8S https://t.co/zVqvT6mH5y
https://t.co/di2KNiFj0R https://t.co/WVmi0Nga8S https://t.co/zVqvT6mH5y
J-STAGE Articles - ヒト骨格筋の反復伸張における筋肥大および筋力増強効果の検証 https://t.co/PDQEsn3OKj
J-STAGE Articles - 大学野球投手における体幹の伸張-短縮サイクル運動および動作が投球速度に与える影響 https://t.co/znRYkQ1sdZ
J-STAGE Articles - 反復投球に伴うフォーム変化の解析 https://t.co/4yzHnu8Y0G
J-STAGE Articles - 野球投手におけるマウンドと平地からの投球のバイオメカニクス的比較:投球速度および投球動作中の下肢および体幹の動作に着目して https://t.co/khKafiBfJK
ワインドアップポジションとセットポジションからのストレートによる投球のバイオメカニクス的比較:高校野球投手における投球速度および投球動作中の下肢と体幹に着目して https://t.co/cs325R4dE4
RT @Team_inspire: 栄養に関して野球選手は全般的に不足している、という傾向があるようですね。 https://t.co/PgGiPhXigW タンパク質は体重辺り2g、というのは1998年時点で根拠が無いという意見もあるようですね。その辺りがこの20年近くでど…
ミオスタチン(筋抑制因子)と競走馬の距離適性(競走馬理化学研究所 遺伝子分析室) https://t.co/xByAWCEWoK 運動による骨格筋の肥大機構の文献的研究(実践女子大学 生活科学部紀要) https://t.co/NWRWFIKEJV
野球内野手のゴロ捕球におけるステップ調節様式 https://t.co/obBdxjQail 『流し打ち』における打球速度を最大にする最適なバットの向きとボールインパクト位置 https://t.co/l16fbSiNzi バットスイング軌道からみた左右方向への打球の打ち分け技術 https://t.co/Hi598bNmaR
野球内野手のゴロ捕球におけるステップ調節様式 https://t.co/obBdxjQail 『流し打ち』における打球速度を最大にする最適なバットの向きとボールインパクト位置 https://t.co/l16fbSiNzi バットスイング軌道からみた左右方向への打球の打ち分け技術 https://t.co/Hi598bNmaR
野球内野手のゴロ捕球におけるステップ調節様式 https://t.co/obBdxjQail 『流し打ち』における打球速度を最大にする最適なバットの向きとボールインパクト位置 https://t.co/l16fbSiNzi バットスイング軌道からみた左右方向への打球の打ち分け技術 https://t.co/Hi598bNmaR
野球のバッティングにおける下肢および体幹の力学的エネルギーの流れ https://t.co/VO38CfIpji 野球の打撃動作における打撃条件の違いが上肢のキネマティクスに及ぼす影響 https://t.co/GR190rFEPD 野球打撃における左右への打ち分けに寄与する2つのインパクトメカニズム https://t.co/Cc8rASeRkc
野球のバッティングにおける下肢および体幹の力学的エネルギーの流れ https://t.co/VO38CfIpji 野球の打撃動作における打撃条件の違いが上肢のキネマティクスに及ぼす影響 https://t.co/GR190rFEPD 野球打撃における左右への打ち分けに寄与する2つのインパクトメカニズム https://t.co/Cc8rASeRkc
野球のバッティングにおける下肢および体幹の力学的エネルギーの流れ https://t.co/VO38CfIpji 野球の打撃動作における打撃条件の違いが上肢のキネマティクスに及ぼす影響 https://t.co/GR190rFEPD 野球打撃における左右への打ち分けに寄与する2つのインパクトメカニズム https://t.co/Cc8rASeRkc
J-STAGE Articles - 栄養センシングと細胞機能の制御 https://t.co/LBgHu3L92s
https://t.co/eipQ45m1Fd https://t.co/KP3blYah0m https://t.co/nOewkI3pWv
@yasuhiroshida https://t.co/43IojfrcDn まぁ不可能では無いと思いますね。
https://t.co/sPOdo4vu20 https://t.co/3N3OYrIEyP https://t.co/chJxJHq13R https://t.co/3tmLLZuhYT https://t.co/anwpPBbjHK
https://t.co/sPOdo4vu20 https://t.co/3N3OYrIEyP https://t.co/chJxJHq13R https://t.co/3tmLLZuhYT https://t.co/anwpPBbjHK
ホエイからの各種有用成分の分離と栄養,機能食品への応用研究 https://t.co/HrclaJg1ow ミルクサイエンスVol.61(2012)No.2 p.95-103より https://t.co/L6qF48zLaJ
未だに糖の取り込みに関与するのはインスリンしかないと思っている人も多いですからね。 https://t.co/q4Rgi2Q3LE ↑のGLUT4をノックアウト(体内に存在しない)したマウスでは筋肉のグリコーゲンの回復速度が大幅に遅くなったというデータがあります。
@osawa25 宮下充正先生の1980年の本のやつを、ねばり強さ→持久力などに変えたものだと思われます。 https://t.co/rXeLD9NkDi これの途中にある図。
杏林医学会雑誌 Vol. 47 (2016) No. 4 p. 163-165 日本人のための糖尿病食事療法を考える https://t.co/z1nj2YOmfl スウェーデンの女性でのデータについて触れていますね。極端な糖質制限で心血管イベントのリスクが高まる、と。
@osawa25 @yasuhiroshida @iamojsn 学ぼう。 https://t.co/91WP3FxNSd https://t.co/cCMjtUgSxL https://t.co/iUFGuRV4Ft
@osawa25 @yasuhiroshida @iamojsn 学ぼう。 https://t.co/91WP3FxNSd https://t.co/cCMjtUgSxL https://t.co/iUFGuRV4Ft
@yasuhiroshida @yoko850 初めて見る商品だったので1時間ほどアレコレ漁りましたが、この商品自体のエビデンスは現在研究中で特になし、なので基礎研究的なものを。 https://t.co/lITxrK6CgJ これに基づいた効果が出るかは不明ですね。
@sk7ch400mh @greatrabbit2 ウロウロしていたら見かけましたので。こちらをどうぞ。https://t.co/JUlrBHJQJc
@dexit8TT これとか、 http://t.co/cVDWjZuHfG http://t.co/FALkCjR4Tg 同じ人が実験しているので、使えるデータと考えやすいですね。
@dexit8TT これとか、 http://t.co/cVDWjZuHfG http://t.co/FALkCjR4Tg 同じ人が実験しているので、使えるデータと考えやすいですね。
http://t.co/5e8KeG9lY5 はい。体格や年齢、ポジションに応じて必要な量が異なるのは当然なので、もっと細かい話を定義しながらやらないと、何も得るものは無いでしょうね。まぁその曖昧すぎる点が栄養学が軽視される理由だとは思いますので、先生はデータ出さないと。
栄養に関して野球選手は全般的に不足している、という傾向があるようですね。 https://t.co/PgGiPhXigW タンパク質は体重辺り2g、というのは1998年時点で根拠が無いという意見もあるようですね。その辺りがこの20年近くでどうなったのかも調べないとダメか。
あの先生は http://t.co/JTG0JCcySP このようなものをベースにして話をしているかと思います。多分。 少し古いが県大会上位のチームのデータ http://t.co/DXCuc28u5Q
あの先生は http://t.co/JTG0JCcySP このようなものをベースにして話をしているかと思います。多分。 少し古いが県大会上位のチームのデータ http://t.co/DXCuc28u5Q
ラットでの話ではあるけどPFCバランスも、その中身を検討するべきというのは当然ですわな。いろんなものを食べるのが良い、という簡単な結論。 https://t.co/D9AktmI01g ↓はそのうち読んで処理します。 http://t.co/isZ3CprXJd
ハリル監督、体脂肪率オーバー4人にカミナリ http://t.co/REycYqavZV このご時世にまさかのキャリパー法とか... http://t.co/bUDWrc3pSu 誤差が大きく出ますから、妥当性は無いですね。インピーダンスも微妙ですけど。
日本腹部救急医学会雑誌 Vol. 34 (2014) No. 1 p. 91-93 炭酸飲料水の“一気飲み”が原因と考えられた胃破裂の1例 https://t.co/3FiYZc1aat ”炭酸飲料水の“一気飲み”による胃破裂は,本邦での最初の報告である。”
ここのところ、大豆イソフラボン(というかダイゼイン)が筋肉とミトコンドリアのネタとして面白いと思っております。 https://t.co/M4eAfGKCf2 まぁ同様な効果を持つものは多いですが、一般的な食事で簡単に考えるとこれかな、と。
なんか、こう、いろいろと残念なんですけど、効くんでしょうか。肌からそんなにも吸収されるわけでは無さそう( http://t.co/4IzV1sWLRn )ですし、言葉が明らかに間違ってたりして、怪しさが溢れてるんですよね。 https://t.co/o8tE95CHpY
@amusnsd あれはそこそこエビデンスを出そうとしているので。 http://t.co/eKbpX3ecMo カテコールアミンに作用するとか、そういった話が。神経系を直接刺激して云々。その後の今に至る話は詳しく見てないですけど。
最高筋酸素消費量の増加なしに筋持久力は向上する(Online publication April 10, 2012) https://t.co/7FLzXxC06U
@dexit8TT あとは http://t.co/VbzdpXN89A これですかね。右側のが示すように2006年は乳酸に関する扱いが疲労物質なので、データの見方を考えるのが良いでしょうね。pHが酸性に傾くと神経系の伝導が高まり、出力が高まるといった話も出てきましたので。
@dexit8TT あとは http://t.co/VbzdpXN89A これですかね。右側のが示すように2006年は乳酸に関する扱いが疲労物質なので、データの見方を考えるのが良いでしょうね。pHが酸性に傾くと神経系の伝導が高まり、出力が高まるといった話も出てきましたので。
@amusnsd 短時間の運動では効果が無かったというもの。ちょっと古いのですが。 http://t.co/9HgseKVSpf まぁでも、短時間の運動ではPCrや解糖がメインになるので、やはり効果は微妙だと推測されます。
@amusnsd 短時間の運動では効果が無かったというもの。ちょっと古いのですが。 http://t.co/9HgseKVSpf まぁでも、短時間の運動ではPCrや解糖がメインになるので、やはり効果は微妙だと推測されます。
@amusnsd 要約の前の部分の話が大きいのかな、と。 https://t.co/Dqoph8cCgm 汗なんかにも乳酸は含まれるので。水分の話は多方面に影響をすると思われます。尿とか肝臓やら腎臓やらの機能にも話は及ぶので。まぁやはり、話を単純化してはダメ、となりますかねぇ。
@tf_mcz_md 10年ほど前のデータですと、効くと思ってる人には効果がある、という結論になってます。 http://t.co/2Y5fTQVdRO ファイテンが資金を出して研究をして数年ですが、テープで大きな効果があるという例は見られていないですね。
@tf_mcz_md 10年ほど前のデータですと、効くと思ってる人には効果がある、という結論になってます。 http://t.co/2Y5fTQVdRO ファイテンが資金を出して研究をして数年ですが、テープで大きな効果があるという例は見られていないですね。
そういえば昨日チタンテープの貼り方なんていうのを質問されて微妙な答えをしましたが、プラシーボ効果は認められるって話だからそうなったわけですよ、とちうのをご理解頂きたい。 http://t.co/TzRvJ3dxf1 簡単に言えば「信じてる人には効果がある!!」
そういえば昨日チタンテープの貼り方なんていうのを質問されて微妙な答えをしましたが、プラシーボ効果は認められるって話だからそうなったわけですよ、とちうのをご理解頂きたい。 http://t.co/TzRvJ3dxf1 簡単に言えば「信じてる人には効果がある!!」
一年半くらい前にもTweetしたものを再掲。 http://t.co/4sRGefq4Yl グリコーゲンローディングに関するお話です。
surfaceに関する文献を探していたら1969年のものなんかを見つけ、チラ見したら面白かった。 http://t.co/RWTt8UpZoW タータンが1968年のメキシコ五輪から導入されるとなり、どんな靴を作れば良いかを考えた話。 はえたたきとおろし金、か。
surfaceに関する文献を探していたら1969年のものなんかを見つけ、チラ見したら面白かった。 http://t.co/RWTt8UpZoW タータンが1968年のメキシコ五輪から導入されるとなり、どんな靴を作れば良いかを考えた話。 はえたたきとおろし金、か。
RT @stret_ai_ching: 日本体力医学会の英文誌JPFSMにShort Reviewが掲載されました。パフォーマンス向上のためのダイナミックストレッチングの適切な方法について、系統的にまとめさせていただきました。特に、実施速度と量に着目をしました。 https:…
@dexit800 そんなツッコミを他の先生方から入れられて、何とか効果が出る使い方を探しますと言っていたので、多分きっと今は。 http://t.co/Ik6wVmpcUu こんなのがありますが、まぁ何とも言えない感じです。
@dexit800 そんなツッコミを他の先生方から入れられて、何とか効果が出る使い方を探しますと言っていたので、多分きっと今は。 http://t.co/Ik6wVmpcUu こんなのがありますが、まぁ何とも言えない感じです。
@dexit800 あ、リンクはこちらですね。 http://t.co/GYw1LEWonL
@dexit800 あ、リンクはこちらですね。 http://t.co/GYw1LEWonL
@dexit800 @Shuuuuuyaaaaa 横入りで遅ればせながら。 http://t.co/qLZ3mWSIvq プラシーボで正解。phテンさんの首につけるやつは、あれで家かなんかを作ったら効果があったというデータがあったような記憶が。
@dexit800 @Shuuuuuyaaaaa 横入りで遅ればせながら。 http://t.co/qLZ3mWSIvq プラシーボで正解。phテンさんの首につけるやつは、あれで家かなんかを作ったら効果があったというデータがあったような記憶が。
@marunet_ データとして明確になっているのは練習後ですね。実験条件を統一するのが難しいといった点などがありまして、回復したかどうかを見ているのが多いですね。 http://t.co/7D6RW6Wv60 このような実験はあります。右のプレビューから全文をどうぞ。
http://t.co/MqZfx65SId グリコーゲンローディングが炭水化物を中心とした食事の日本人にも効果はある、どの方法が一番効果的か、を示しているもの。これなんかが代表的なものかと。
http://t.co/MqZfx65SId グリコーゲンローディングが炭水化物を中心とした食事の日本人にも効果はある、どの方法が一番効果的か、を示しているもの。これなんかが代表的なものかと。
http://t.co/weDVlPm0br マラソンなどの長距離レースの朝食は糖質メインじゃなくて脂質メインが良いというお話。食後240分の安静ってのは長過ぎる気もするが。
http://t.co/weDVlPm0br マラソンなどの長距離レースの朝食は糖質メインじゃなくて脂質メインが良いというお話。食後240分の安静ってのは長過ぎる気もするが。
まぁちょっと古く、そして国内のものですがこんなものが。 http://t.co/rvIf3j4n 確か、半年くらいの実験で持久力はほぼ効果が上がらなかったというのもあったと思うが、さて、どこにあったかなぁ。

お気に入り一覧(最新100件)

Nice review of heat stress-induced mitochondrial adaptations in skeletal muscles https://t.co/DttpDVnlXV https://t.co/qHZsxPnq8y
Case report of adverse effects of upper limb blood flow resistriction training... more doesnt always mean better!!! https://t.co/6WeqKlJwur
Phase-adjustment of human circadian rhythms by light and physical exercise https://t.co/sOWyIlNsZ3 Good timing after returning from Brazil

フォロー(297ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(5228ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

老嚥presbyphagiaの明確な診断基準は、現時点ではありません。高齢者でEAT-10で1-2点の場合や、3点以上だけど嚥下障害ではない場合には、老嚥が疑われると思います。病識がない場合には0点でも老嚥や嚥下障害のこともあります。老嚥の診断基準作りも研究テーマになりますね。 https://t.co/3KMNyymA0F https://t.co/57v6Ied8yz
CMJが得意かRJが得意かは人それぞれ違って、ポジション別に求められる能力も違う。 みんな同じトレーニングしていても同じようにジャンプ力は上がらない。 https://t.co/w7rChNpVBY
RT @kossetu_jirou: @KTy6xcovw0oJkFl https://t.co/XqJMGRLXxi これですかね?大気汚染学会誌での発表みたいですが
米国内科学会の腰痛診療ガイドライン:https://t.co/Jr0DXsvufj 日本整形外科学会と日本腰痛学会が監修したガイドライン:https://t.co/HYKKb34reI 全日本鍼灸学会の主張:https://t.co/zp02sN4brU
RT @EK_kyoto: 前にもツイートしたと思うが, バイオメカニズム学会誌 Vol. 40,No.2(2016) 超音波エラストグラフィの原理(山川誠 著) はエラストを学ぶ人が一度読んでおいた方が良い. https://t.co/asCWZALK7x