五番町睦十 (@mutsuju)

投稿一覧(最新100件)

RT @r_fusoh: jsai2017:2M2-OS-34a-1 ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング https://t.co/DqzIjXVtfs 「※例外的に発表原稿を非公開としました。」ねぇ。 で、ここからどうなるの? https…
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
RT @mountain_white: CiNii 論文 -  1701 参勤交代のプロジェクトマネジメント : 加賀藩の旅程管理とリスク・マネジメント(研究会セッション) https://t.co/BTxJFpoTao #CiNii
RT @tanakh: “CiNii 論文 -  気圧や気温の変化が痛みに与える影響について” https://t.co/b9v4QOTgSK
RT @Rahna_rarahna: 中京大学体育研究所紀要 No.30 2016小塚元選手と湯浅景元先生の研究論文 「小塚選手の使用済みフィギュアスケート靴の解体報告書」 ネットで公開されてました。 https://t.co/YgbBaYceTx?
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 内発的動機づけに及ぼす自己有能感と自己決定感の効果(碓井 真史),1992 https://t.co/OlKnHjAvi2
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 天氣豫報暴風警報及氣象區の改定,1903 https://t.co/1iScYTkhOW
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 経営戦略 新規開発 ウェザーニューズ--個人も魅了する情報商品力,2001 https://t.co/m0GpwDFkM9
RT @itokosk: Supplemental materialもあるので、元のリンクも貼っておきます。あと、データベースを構築するにあたっては、琉球大学の学生さんに大変頑張ってもらいました。改めて感謝。https://t.co/cDNKIzYIgK
RT @itokosk: 気象庁の台風強度予報誤差を統計的に検証した論文を出版しました。いろんな方に共有してほしい。(1)強度予報誤差は長期的に見て増加傾向(2)急発達と記録されるイベントが2000年代後半から激増⇒予報が困難化した可能性がある。(続く)https://t.co…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 外国人看護師・介護士が職場に配属 言葉の壁の克服に様々な工夫(野村 和博),2009 https://t.co/LpGa0xu3DN
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? C170 2010年10月20日、奄美地方北部で発生した記録的大雨 : 高層データを基に大雨発生当初の要因を探る(降水システムII,一般口頭発表)(用貝 敏郎),2011 https://t.co/yIiMemPdVb
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 徹子が黙ったとき : テレビトーク番組の相互作用分析(南 保輔),2008 https://t.co/s9XrEI5iOa
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中国語圏ジャニーズファンの活動及びファンコミュニティの特性(魏 然ほか),2014 https://t.co/dCbfbt8J0A
RT @HirofumiSeo: 「ウルトラセブンの訪問により解熱をした腎移植の1例」 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 29, 156-158, 2009-08-31 https://t.co/CP537tcwEZ 猛烈に気になる… https://t.co…
RT @tanakh: ブ ラ ジ ャ ー 着用 時 と非 着用 時 の 運 動 中の 乳房振動特性 / “CiNii 論文 -  ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性” https://t.co/y7f0V2Zzt3
RT @nekonoizumi: 沼野先生による、「一人の人間の死は悲劇だが、百万人の死はもはや統計である」の出所をめぐるエッセイ。面白い。 ⇒沼野充義「悲劇と統計 : スターリンは本当にそんなことを言ったのか?」 https://t.co/Sp2CAYXY30
RT @quiriu_pino: さかなクンさん、査読誌で業績積んでんじやん…… 津波被災地の小学校における海の認識に関するテキスト分析 佐々木 剛 , さかなクン , 川名 優孝 [他] 臨床教科教育学会誌 15(1), 9-13, 2015 http://t.co/vmK…
あとよむ https://t.co/afdNMhRtr7 なぜ大災害の非常事態下で祭礼は遂行されるのか ――東日本大震災後の「相馬野馬追」と中越地震後の「牛の角突き」――
RT @H_Hirayama: CiNii 論文PDF - オープンアクセス 「1979 年 10 月 28 日の御岳山の噴火」 火山. 第2集 26(2), 159, 1981-07-01 特定非営利活動法人日本火山学会 http://t.co/m9kQW9eDU9 #Ci…
http://t.co/CpYqDeZfx8 ブラジャー着用時と非着用時の運動中の乳房振動特性 てっきりC86案件かと思ったら収録が日本家政婦学会誌とか言っててガチだった。
RT @hakkutuNDLDC: 国会図書館デジタルコレクション 茨城県内港湾の被災および復旧状況. 平成23年8月25日 関東地方整備局 2011-08-25 http://t.co/VjYvnHoosy #東日本大震災 #茨城 #港湾
あとよむRT @mountain_white: メモ/CiNii 論文 -  新聞の科学報道とジャーナリズムの規範的機能--専門ジャーナリズムは機能しているのか (特集 科学ジャーナリズムの課題と展望) http://t.co/dRW1vZEx9N #CiNii
RT @call_me_nots: おいやめろ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/t73536RGtJ
RT @kenn_okasaka: "危機対応時における「情報のハブ」の有用性 : 聖路加国際病院の事例研究から(<特集>「情報技術の人間的側面」) 高田朝子 2005 http://t.co/YZnxRPAl
RT @h_okumura: 最後の名字のない研究者のメアドは載ってない残念 RT @y_mat2009: 日本で一番名の知られている生物学者の一人。家業が忙しいのが残念なくらい。 / “CiNii 論文 - 皇居におけるタヌキの食性とその季節変動” http://t.c ...

お気に入り一覧(最新100件)

こんな論文があります。赤色立体地図でなく陰陽図という手法ですが。 https://t.co/zSqfMIu7Ws https://t.co/PJ26IrKESf
『男女の下着の嗜好性と印象の評価』 https://t.co/qgYev9EzJD よんでおいてくれや
CiNii 論文 -  交通戦争の残影 : 交通公園の誕生と普及をめぐって http://t.co/Ly4CRteUnu なかなか読ませる。沖縄の左右転換に国際法上の必要があったとは知らなかった。
メモ/CiNii 論文 -  新聞の科学報道とジャーナリズムの規範的機能--専門ジャーナリズムは機能しているのか (特集 科学ジャーナリズムの課題と展望) http://t.co/Ha979NgA0G #CiNii
CiNii 図書 - 図書館短大処分問題解説・資料集 http://t.co/5ASNYuBdgb #CiNii
メモ。北原糸子「災害史研究における災害社会史の役割(<特集記事>自然災害研究の方法論)」『自然災害科学』 27(3), 2008年、230-236頁。http://t.co/9x8OnkTk4M 「災害史を社会化する」(234頁)という問題意識の重要性を考えさせられます。
こんな論文どうですか? インターネットにおける「ブログ炎上」に関する一考察--コミュニケーション状況を取り巻く規範の概念を手がかりとして(平井 智尚),2007 http://t.co/ziS9p8mDHf
わ、なにこれ。「高校野球指導における丸刈りが選手の心理および打撃成績に及ぼす影響」http://t.co/8N6KZMhm
読めないけど。"東日本大震災におけるインターネットと情報発信の課題と展望--ボランティア活動で果たした役割を考える (特集 社会福祉におけるボランティア活動再考--新しい市民社会を切り拓くために) 岡坂 健 2011 http://t.co/IRkrpE9Z
"危機対応時における「情報のハブ」の有用性 : 聖路加国際病院の事例研究から(<特集>「情報技術の人間的側面」) 高田朝子 2005 http://t.co/YZnxRPAl
著者が北大の方というのがよいですね。 吉野航一、2009、「沖縄における「EM(有用微生物群)」の受容 : 公的領域で語られたEM言説を中心に」 http://t.co/LCe8b3yg

フォロー(296ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(428ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @InterRadXV: また、その放散虫と地層の関係を明らかにし、同じ地層が断層によって繰り返していることを明らかにしました。 この論文は1984年の地質学雑誌の論文です。四国斗賀野層群での繰り返し構造について報告しています。 #ブラタモリ https://t.co/H…
RT @InterRadXV: 松岡さんは、1980年代前半に四国の秩父帯の調査を行い、三畳紀~ジュラ紀放散虫を、チャートなどから発見しています。 この論文は放散虫の発見を伝える1983年の論文です。コノドントの写真も載っています。 #ブラタモリ https://t.co/9W…
RT @InterRadXV: 『秩父帯』とは呼ばれますが、秩父自体はその分布のほぼ東端にあたり、その延長が近畿や四国などにも分布しています。 以下の論文は、1998年に松岡さんが秩父帯の特徴や分布についてまとめた論文です。 #ブラタモリ https://t.co/72uZrC…