TOYODA Eizi (@e_toyoda)

投稿一覧(最新100件)

RT @tnk123456: 駒場の素粒子研出身で、その後マッキンゼーなどで活躍されたり学校つくったりされた炭谷俊樹さんの「物理をやめて見えてきたもの」という文章があった。 https://t.co/BboSGH9aDg
RT @mkatolithos: 南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日という精度など…
コレ自体は地形が違うがリファレンス拾いに使えるかも https://t.co/j1OrDlC8rS

5 0 0 0 OA 短信

RT @NDLJP: 【フランス】[短信]公文書のアーカイブに関する法律の制定『外国の立法』237-1号, 2008.10. https://t.co/sd2UOTUAtQ #NDL調査局今月のトピック #行政文書の管理・公開
RT @bomb_akyura: そう言えば、私もJpGUは招待講演だった。 日本地球惑星科学連合2018年大会/アルゴフロートを用いた北西太平洋爆弾低気圧下の高頻度海洋観測 https://t.co/1MAvOlzUG1
北川(2012)ホッケ柱(ばしら):渦形成によるホッケ魚群の摂餌戦略 https://t.co/NNovmJaURm
RT @ajgeog: 【地理学評論掲載論文】髙根雄也・日下博幸・髙木美彩・岡田 牧・阿部紫織・永井 徹・冨士友紀乃・飯塚 悟 2013.岐阜県多治見市における夏季晴天日の暑熱環境の実態調査と領域気象モデルWRFを用いた予測実験.地理学評論86A: 14-37.https://…
RT @kenichi_ohkubo: この論文面白かった。 1.教師の経験年数が多くなるほど、ABA理解度が低い 2.児童の問題行動の原因を個人要因に帰属する教師ほど、ABA理解度が低い 3.ABA理解度が低い教師ほど「児童管理傾向」が強くなる 4.「児童管理傾向」が強い教…
RT @kumagi: これ読んでた。国内でもインメモリDBの開発していることにも驚いたがグループコミットを証拠なく辞めたりSERIALIZABLEの議論として引いてる論文がおそらく見当違いだったりうーん…。 https://t.co/IExCL20PdD
RT @JMSJ_metsoc: JMSJ New paper: Nishimoto, S., and H. Kanehisa, 2018: Analytical solutions of vortex Rossby waves associated with vortex…
RT @JMSJ_metsoc: JMSJ New paper published:Kamae et al 2017: Climatological relationship between warm season atmospheric rivers and heavy r…
RT @YKamae_JP: Atmospheric riverによる降水が、日本に降る雨の大きな割合を占めることを見出した論文が、JMSJから出版されました。載せている図を大きく拡大して、お住まいの地域はどうか、ぜひチェックしてみて下さい。 https://t.co/yJvG…
RT @ryuhokataoka: 太陽活動の低下と寒冷化の相関が紅葉からわかるというクールな研究。元論文は青野&谷2014 https://t.co/yr7ORBVi9Z →京都の紅葉から千年超の気温分析 https://t.co/WyCuFWfmhG
RT @disaster_i: 10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=390箇所なので,格…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ksmakoto: おっ | 日本のスーパコンピュータ開発史 https://t.co/apPUXtWD9Y
RT @lizard_isana: 木村 和宏, "準天頂衛星ネットワークシステムの軌道に関する研究" https://t.co/b0oetNJetH 準天頂衛星の軌道を保持するための制御量を静止衛星並みに抑えられることを示した論文。ここに書いてある理屈が準天頂衛星プロジェクト…
RT @h_okumura: 今日から改正個人情報保護法全面施行。「情報処理」6月号には「改正個人情報保護法の全面施行を迎えて研究者が気を付けること」というタイムリーな記事が https://t.co/T4BYiuupXU
RT @kobako: https://t.co/Wo1GYW9VSu 極端な降水に関しては数年前に東大の木口さんがまとめて調べてて、読み応えがある文章になってたりする。これによると極値は 1分→36ミリ(推定値) 3分→44ミリ 5分→63ミリ(概算) 8分→128ミリ 15…
RT @tanakh: “CiNii 論文 -  気圧や気温の変化が痛みに与える影響について” https://t.co/b9v4QOTgSK
RT @usa_hakase: 赤色立体地図の解説論文はこれが決定版だと思います。千葉ほか2007地図 https://t.co/wm6j4MMcR5 https://t.co/424Iq8okPi
RT @bomb_akyura: 共著論文がSOLAに出版されました。2014年のバレンタインデーに甲府で大雪になった事例の総観場な解析です。主著は新潟大の本田さんです。 https://t.co/RS5m1RI3jU
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…
RT @chizulabo: このあたりも参考になります。「地図における地形表現の変遷」坂井尚登 https://t.co/LNSR0TyLNI 「光と陰, 色彩による海底地形表現」 菊池 眞一 https://t.co/OVwz6rQp3N https://t.co/Zczi…
RT @MBMtw: 面白かった。財務省主計局の現役官僚が近い分野で哲学論文を書いていることに、大変興味を覚える。 将来世代の問題の哲学的基礎について https://t.co/bHRMIm8Bbx https://t.co/IqMmGZsa7E
RT @arakencloud: シャボン玉をトレーサーにして流れ場の解析をしてる論文があった.シャボン玉発生器すごいな.https://t.co/8mM4x8cTee https://t.co/uFghBWT3qV
@e_toyoda 定在ロスビー波と言うとしても、松野ギルパターンが中緯度・非線形・湿潤環境でどう変形するか。実はちょとやってて https://t.co/F0pVM3V3cE の Fig.4(c) です。いちおうセンスはあってます。
RT @uwabami: "CiNii 論文 -  気象学におけるインターネット(7) : 地球流体電脳倶楽部(GFD-DENNOU Club)大学現場でのインターネット・情報計算環境の発展史と問題点を交えて" https://t.co/sIfgEc0RcW
RT @masuda_ko_1: B. G. Hunt, 1982 https://t.co/3JBqpviQEm @e_toyoda
科学者とは何か―その1 日本の科学と産業が縮みゆく理由(わけ) https://t.co/zFDWMkOmA1 うん、まあ、そうなんだけど、思想的深淵とか言うより、既存企業にお小遣いあげてるだけだと10年後何も残らないよとか言ったほうが届けるべき人に届くんでないの
RT @ichimiyar: 酸素と窒素ではゴムの透過率に有意な差があるようです。https://t.co/jr7pV74rSJ RT @hirokagi 店員さんの説明では窒素の方が空気よりも粒子が大きいのでタイヤから抜けにくいとのこと。迷わずお断りした。(ちなみに窒素も酸…
RT @tweeting_drtaka: じゃあ科学記者の書く科学記事とは、どういうものなのかな?と改めて思い、ググってみたら、興味深い論文を見つけました。「一般紙に掲載された科学記事の日米比較」読売新聞の科学部次長が、日本の科学記事はレベルが低いのでは?と自ら調べた論考。 h…
CiNii 論文 -  交通戦争の残影 : 交通公園の誕生と普及をめぐって http://t.co/Ly4CRteUnu なかなか読ませる。沖縄の左右転換に国際法上の必要があったとは知らなかった。

7 0 0 0 OA 平家物語図会

RT @2SC1815J: NDLデジコレ/近デジ書誌メタデータのマオ化け、おそらく三や七が最初は半角のマやオに化け、その後、データの更新や変換を行う過程で全角のマやオになっていったのだろう。盛大に化けた目次 http://t.co/Aeejn4xruG では「小松マ位中将維盛…

7 0 0 0 OA 綱鑑易知録

RT @2SC1815J: NDLデジタルコレクション/近デジ図書の書誌メタデータにあった「�」(U+FFFD)が、11月に入って大幅に修正されている。しかし、「三」が「マ」や「マ」に、「七」が「オ」や「オ」に化けている資料が複数あるのはどういう機序だろう。例 http://t…

38 0 0 0 OA 新編浮雲

RT @2SC1815J: 文末の疑問符や感嘆符の後の全角アキは、いつごろ成立した習慣か。二葉亭四迷『浮雲』 http://t.co/If3WJGyzNY (明24)の時点で、すでに空けようという意識はあるようだ。空けていない箇所や、疑問符の後に句点「?。」などもあって、まだ組…
RT @lizard_isana: イグノーベル賞受賞論文「バナナの皮の摩擦係数」 https://t.co/a5E5PxRiFU 摩擦係数の計測、滑って転ぶメカニズム、そしてその潤滑に寄与している微細構造まで。摩擦と潤滑をテーマとするトライボロジーという分野の奥の深さを体現す…
すっかり出遅れてしまったのだけど、熱帯のSST偏差に対する大気の応答を計算した例ね http://t.co/AqoiOdo8uV ここでは地表面気圧しか見ていないのだけれど、温帯ではSST偏差に対してすぐ真北・真南とそこから東寄りに影響がでるということはおそらくそうなんだと思った
RT @knagasaki: 『同人雑誌の経営策』(大正12年)を文化庁長官裁定でインターネット公開したのはNDLの中の人のどなたかに思い入れがおありだったからではないかと思ったり。(これ自体興味深い資料ではあるにせよ。) http://t.co/Ej2qbjKecS
RT @CODATANews: Toward Implementation of the Global Earth Observation System of Systems Data Sharing Principles 2009 http://t.co/jpE3kyfdko…
RT @masuda_ko_1: 木口 雅司, 沖 大幹, 2010: 世界・日本における雨量極値記録. 水文・水資源学会誌 23: 231-247. http://t.co/MhG452A9A6 @OBA1417861533
RT @tarareba722: 1936年発行の「就職相談」って本を読んでたら「高等教育を受ける人が増えれば(文系)事務職の就職先は必ず足りなくなる」と断言してて、80年前に分かってたなら何か対策しろよと思ってしまった。 http://t.co/mHdwTtFeZm http…
RT @norionakatsuji: これ日本だけの不思議な信仰の一例だと思っていたが、真偽を研究した方がいたんだ!"@fohtake: 広く知られて欲しい研究結果です。RT @dankogai: 血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠 htt…
オープンサイエンスと科学データの可能性 https://t.co/RAcgtEYOwp 「オンライン上の注目度を定量化するオルトメトリクスが加わり,各国政府の研究データのオープン化の方針が進む中,科学データ流通を促進するための情報基盤の確立は急務」情報管理誌、ネイチャーの著者
RT @mojilove: . @koikekaisho (画像2・記事の続きです) 自分が調べた限り(http://t.co/5UuwxnXAuY)、翌年の明治19年以降、活版印刷の小説で使用される平仮名字体数の数が急に減っていくようです。 http://t.co/LwzlN…
RT @kobiwa_net: カルデラ破局噴火の一つ、アカホヤテフラ噴火による縄文文化への影響を調べていたら、こんな論文を見つけるなど。 東京とその周辺における火山災害の歴史と将来、地学雑誌、122:1088-1098. https://t.co/7Nbs0ZXwHu
RT @haruna26: 最高だ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/XJWxj0PUoI
A New Version of Hydrometeor Videosonde for Cirrus Cloud Obs https://t.co/eNDPif1GMD 薄い巻雲ではゾンデ湿度が60-70%ということがある。湿度計の時定数×速度とコンパラつまり見えないのだろう
@UNUSB @masuomso @itokosk こういうのですか? http://t.co/ASd0Tjk3jk
Watanabe (2009): WDC Activities in Japan, 2008 https://t.co/Z7yKg3fzaN ICSU WDC の記述。
でも最近はサヘル降水量増えてるっていうんだよね(ここ数年は知らない) / CiNii Articles -  C461 サヘルの降水量を増加に転じさせた全球SSTの南北両半球間のダイポール(気候システムIII) http://t.co/31rAio3yfP
RT @sputnik811: CiNii 論文 -  千葉縣九十九里平野北部の農業地理學的研究 : 天水田地域における農業について http://t.co/0Rz8svdb #CiNii 結構古い論文だけど、九十九里入門(?)にはぴったり。
「ただ、生き延びられる人が生きて研究を続けられることを祈るだけだ.」 RT: @yujitach: 芥川賞の円城さんが以前物理学会誌に書いた記事です: http://t.co/2pFQiMtJ
「レスラー模型について」 http://t.co/g9Q8fCIN 抜刷見つけました。何の深みもないものだけど、まだたくさんあるからあげます(送りました) @uwabami @murashin
地文学が天文まで含む地学団結の核となったなら、なぜ戦後忘れられたのか。 RT: _hfu_: “CiNii 論文 -  地学教科書に脈々と流れているもの : 「地文学」の精神(<特集>21世紀の地学教育の深化に向けて)” http://t.co/QTvX6ib3
RT @_hfu_: “CiNii 論文 -  地学教科書に脈々と流れているもの : 「地文学」の精神(<特集>21世紀の地学教育の深化に向けて)” http://t.co/NxS9Qzhd

お気に入り一覧(最新100件)

南海トラフ地震の前に西日本で地震が増えるというのは堀・尾池の20数年前の研究成果で、過去の南海トラフ地震の数10年前から被害地震が増えていたという長い時間スケールの話です。地震発生の年をピンポイントで予測するのは無理、ましてや数日… https://t.co/l5gFXrHFTO
10年以上前にやりかけた研究 https://t.co/3tcAwD6Aav によると,AMeDAS極値更新観測所の出現率は観測開始20年以降で年5%程度でした.2012-2017の6年間ですから,1300箇所×0.05×6=39… https://t.co/IA6wJluAJF
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
(承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s… https://t.co/QAnk4zJ8O1
うわっ!! CiNii 論文 -  健康食品「にんにく卵黄」によると思われる薬物性肝障害の1例 https://t.co/0p9bZ9ZwBf #CiNii
気象研究ノートからモーニンググローリーの存在を知った私は,テレビで見てて2つのフロントが重なった時に雲域が凹まなかったのが衝撃だったな. https://t.co/nvIR7Ami08
シャボン玉をトレーサーにして流れ場の解析をしてる論文があった.シャボン玉発生器すごいな.https://t.co/8mM4x8cTee https://t.co/uFghBWT3qV

1003 0 0 0 OA 雪華図説

ご用とお急ぎでない方は国会図書館デジタルコレクションに収録されている、「雪の殿さま」こと土井利位による『雪華図説』でもめくっていってはいかがでしょう。https://t.co/s3NhkI5c3C https://t.co/iTa1X8sd8x
酸素と窒素ではゴムの透過率に有意な差があるようです。https://t.co/jr7pV74rSJ RT @hirokagi 店員さんの説明では窒素の方が空気よりも粒子が大きいのでタイヤから抜けにくいとのこと。迷わずお断りした。(ちなみに窒素も酸素も共有結合半径は0.74 Å)
自民党が教育改革として「博士号取得者や専門職大学院の修了者を5年以内に2倍にする」、という提言をまとめたそうですが、ここで今から80年前に書かれた就職情報誌を見てみましょう。 http://t.co/IloBSXSRkl http://t.co/NznyBr3qk6
こんな論文どうですか? 「涼宮ハルヒの憂欝」が描く青年の妄想的世界 : 入門篇(諸井 克英),2011 http://t.co/boicFJFibW
総合研究大学院大学機関リポジトリ 「野球移民」の誕生 ―ドミニカ共和国における移民像の創出過程― http://t.co/V4i2S71J5v 久しぶりに面白かった論文。

38 0 0 0 OA 新編浮雲

文末の疑問符や感嘆符の後の全角アキは、いつごろ成立した習慣か。二葉亭四迷『浮雲』 http://t.co/If3WJGyzNY (明24)の時点で、すでに空けようという意識はあるようだ。空けていない箇所や、疑問符の後に句点「?。」などもあって、まだ組み方が定着していないようだけど
IF の誤解に対する解説は、この文献がコンパクトにまとまっていてわかりやすいです。 / インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み http://t.co/sOABnCVuK0
イグノーベル賞受賞論文「バナナの皮の摩擦係数」 https://t.co/a5E5PxRiFU 摩擦係数の計測、滑って転ぶメカニズム、そしてその潤滑に寄与している微細構造まで。摩擦と潤滑をテーマとするトライボロジーという分野の奥の深さを体現するみたいな論文。すごくおもしろい。
Toward Implementation of the Global Earth Observation System of Systems Data Sharing Principles 2009 http://t.co/jpE3kyfdko #codata
1936年発行の「就職相談」って本を読んでたら「高等教育を受ける人が増えれば(文系)事務職の就職先は必ず足りなくなる」と断言してて、80年前に分かってたなら何か対策しろよと思ってしまった。 http://t.co/mHdwTtFeZm http://t.co/keogqVCxOo
これ日本だけの不思議な信仰の一例だと思っていたが、真偽を研究した方がいたんだ!"@fohtake: 広く知られて欲しい研究結果です。RT @dankogai: 血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠 https://t.co/TVJEms5PCO”
. @koikekaisho (画像2・記事の続きです) 自分が調べた限り(http://t.co/5UuwxnXAuY)、翌年の明治19年以降、活版印刷の小説で使用される平仮名字体数の数が急に減っていくようです。 http://t.co/LwzlN0WPo5
カルデラ破局噴火の一つ、アカホヤテフラ噴火による縄文文化への影響を調べていたら、こんな論文を見つけるなど。 東京とその周辺における火山災害の歴史と将来、地学雑誌、122:1088-1098. https://t.co/7Nbs0ZXwHu
最高だ / “CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/XJWxj0PUoI
これあとでDLする。> 近代デジタルライブラリー - 明治・大正・昭和歴史資料全集. 災害篇 http://t.co/mOcVFmdvVF

19 0 0 0 OA 久里寿満寿

明治の頃に「クリスマス」に対して「久里寿満寿」という漢字をあてた例があります。 例えば、明治28年(1895年)のブックレットに『久里寿満寿』 http://t.co/XGHJExggjM というのがあります。
日本におけるオープンデータの進展と展望 大向 一輝氏( 国立情報学研究所)情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 440-447 http://t.co/LmQpx7rs9X
日本におけるオープンデータの進展と展望 大向 一輝氏( 国立情報学研究所)情報管理 Vol. 56 (2013) No. 7 P 440-447 http://t.co/LmQpx7rs9X

37 0 0 0 OA 会津戊辰戦史

尚さんが何を書いていたのか割り出しました。読んでみたい!と思われる方、思わず「会津戦記」でググってしまった方はどうぞこちら(近デジ)でお読みください ⇒ 尚さん宅の畳上に書き散らされた紙の内容 http://t.co/rgq7HXhYPn 「傷病者に給する食物は……」
地震学に明るくない人が「地震学」と「地震予知」の語と概念をうまく使い分けておられないというのを昨日今日で数例見つけて、武村雅之さんの論考を思い出すなど/「歴史的視点から見た地震学と社会」 http://t.co/dRzcbvljox
論文のページにもSNSのシェアボタンが付くようになりましたね. 研究業界こそSNSと親和性が高いと思うんです. 信頼度が命だから,実名のFacebookは特に. http://t.co/215608ycJM
“CiNii 論文 -  平安和文における文の終止 : 源氏物語を資料として” http://t.co/7HtX04rU
CiNii 論文 -  千葉縣九十九里平野北部の農業地理學的研究 : 天水田地域における農業について http://t.co/0Rz8svdb #CiNii 結構古い論文だけど、九十九里入門(?)にはぴったり。
すごいな、脚注の長さが、、、そしてFreeBSD/NetBSDに言及してるのが何かすごい RT @murashin: 林祥介、1995: CiNii 論文 - 気象学におけるインターネット(7) : 地球流体電脳倶楽部(中略) http://t.co/rxAFUYvd
拝領しました。ありがとうございました。 RT @e_toyoda: 「レスラー模型について」 http://t.co/8HZwsuoz 抜刷見つけました。何の深みもないものだけど、まだたくさんあるからあげます(送りました) @uwabami @murashin
明治十津川災害に関する優れた論文を,自由にダウンロードできます。平野昌繁ほか(1984) 1889年8月豪雨による十津川災害の再検討-とくに大規模崩壊の地質構造規制について-。京大防災研年報,第27号B-1,369-386。 http://t.co/E4JZTmEa (pdf)
日本の降水継続時間毎の観測時代における最大値についてはいくつかの研究があって,だいたいわかっています.木口・沖(2010 http://t.co/6Ipr7Zx2 など.これらの値を超えれば,日本の最近100年で最大規模豪雨となります.今回の紀伊半島豪雨はその規模ではない.

フォロー(766ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @SOLA_metsoc: SOLA New paper: Fujibe et al., Regional Features of the Relationship between Daily Heat-Stroke Mortality and Temperature i…
RT @SOLA_metsoc: SOLA New paper: Suzuki et al., Videosonde-Observed Graupel in Different Rain Systems during Pre-YMC Project, SOLA, VOL.14,…
RT @iikurayoichi: 少し古いですが、今年2月に行われたデジタルアーカイブ学会技術部会で、日欧のクラウドソーシングについて懇談した内容を、おまとめいただいているのを見つけました。ありがとうございます。私はKuLAとみんなで翻刻を紹介。 https://t.co/3…
JMSJ New paper published: Yoshida, M., M. Kikuchi, T. M. Nagao, H. Murakami, T. Nomaki, and A. Higurashi, 2018: Co… https://t.co/XJIXZb4mDs
RT @kenmetrics: 教育心理学会チュートリアルセミナーにおいて準備中と伺っていますと紹介していた,再現性問題に関するパーソナリティ研究誌のエディトリアル(追試研究・事前登録研究・事前登録追試研究の投稿受付開始)が公開されましたね。 https://t.co/lw8g…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
鈴鹿山脈山麓の地形図を眺めてたら、「三重県津市の東海層群亀山層から得られた海生珪藻化石と高海水準期イベント」を読み始めるなど。 東海層群とか古琵琶湖層群とか、本当に海水が入らなかったのかは興味があるので引き込まれてしまったw 論文… https://t.co/sIFdaSkuo8
Importance of Terrain Representation in Simulating a Stationary Convective System for the July... - https://t.co/CsHDuD42eA #ScholarAlerts
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1017「公文書管理の監視・統制―米英独仏における制度―」(PDF: 451KB)を掲載しました。 https://t.co/nF9hbRU8GZ
立法調査資料『調査と情報-ISSUE BRIEF-』No.1016「諸外国における⽝猫の販売規制―アメリカ、イギリスの動向―」(PDF: 428KB)を掲載しました。 https://t.co/41YU4cZarG
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
JMSJ New paper published: Wang et al 2018: Case study of a morning convective rainfall event over southwestern Tai… https://t.co/IQF0zWDQXO
JMSJ New paper published: Kang, Y., J.-H. Jeong, C.-H. You, and D.-I. Lee, 2018: Structure and evolution of a conv… https://t.co/JNfglk80ec
JMSJ New paper published: Chen et al 2018: Refinement of the use of inhomogeneous background error covariance est… https://t.co/e3tzRlHbYY
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
JMSJ New paper: Ding, J., Y. Chen, Y. Wang, and X. Xu, 2019: The Southeasterly Gale in Tianshan Grand Canyon in Xi… https://t.co/9jDPccUMwL
@NieA7_3170 これを思い出した https://t.co/a5ebDXxXET
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
【E-journal GEO掲載論文】栗林 賢 2018.北海道のフードバンク団体による食品調達先の確保と活動の維持,E-journal GEO 13(2),463-472.https://t.co/4cypUK6h8j
【E-journal GEO掲載論文】外枦保大介 2018.鉱山都市キルナ・イェリヴァレにおける産業動態と都市移転,E-journal GEO 13(2),452-462.https://t.co/UUfGLAUPNp
RT @ayafuruta: 物理の猫をもう一匹挙げておこう。谷村省吾「猫と電子はゲージ場を知っている」 https://t.co/QmhYhOPbhF専門家はこちら「トムとベリー : 量子力学および古典力学の微分幾何学的側面とゲージ理論について」https://t.co/gO…
#shakestsuda これです。非売品の学術誌に入ってる入手困難文献なので言ってくれれば欲しい人にはあげます。 / CiNii 論文 -  「シンデレラストーリー」としての『じゃじゃ馬ならし』 : アメリカ映画『恋のからさわぎ… https://t.co/YQrps5iIVD
この則武鉄蕉も刀剣7振を博物館(これは明治11年に名古屋で開催された博覧会)の展示に出しているが、どのような素性の人物か? 意外にも則武は、肥料に関するパンフレット、小柳津勝五郎 『薫焼土調和肥料製造法』(明治20年)の出版人と… https://t.co/NyzniJj2Tp
RT @shoemaker_levy: ちなみに大庭健氏がらみではこういう史料紹介がありまして。ご関心の向きはどうぞ。CiNii 論文 -  湯浅治久「土佐山内氏家臣大庭氏の中世系譜認識と「軌跡」 : 大庭健氏蔵『大庭氏世系図』の紹介を兼ねて」 https://t.co/1MT…
日韓防衛協力をめぐる動向と展望―北朝鮮問題に対する日米韓の連携強化と中国の台頭を踏まえて―『レファレンス』734号, 2012.03. https://t.co/Ud4KqIQGb4 #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【アメリカ】2016年北朝鮮制裁強化法『外国の立法』267-2号, 2016.05. https://t.co/tXv6T2BRrK #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【韓国】北朝鮮人権法の制定『外国の立法』268-1号, 2016.07. https://t.co/3oD3qDqFn4 #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【アメリカ】北朝鮮問題と日米韓協力の意義に関する議会決議の成立『外国の立法』269-2号, 2016.11. https://t.co/Vgm6jQyXvv #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【カナダ】北朝鮮の人権問題に関する連邦議会報告『外国の立法』269-2号, 2016.11. https://t.co/924WaHQIUs #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
北朝鮮に対する金融制裁措置について『ISSUE BRIEF』933号, 2017.01.12. https://t.co/3AUX44fGuI #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【アメリカ】朝鮮半島とインド太平洋地域の情勢に関する議会公聴会『外国の立法』275-1号, 2018.04. https://t.co/HASbZh2oxt #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
北朝鮮の核問題をめぐる経緯―第1次核危機から米朝首脳会談まで―『ISSUE BRIEF』1009号, 2018.07.12. https://t.co/hK8RD4HnKE #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
【アメリカ】米朝の初の首脳会談に関する議会公聴会『外国の立法』276-2号, 2018.08. https://t.co/xOwtPkPcyq #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
韓国文在寅政権の対北朝鮮政策―平昌冬季五輪を契機とした関係改善及び南北首脳会談に至る過程―『レファレンス』811号, 2018.08. https://t.co/9AgbdRPV1W #NDL調査局今月のトピック #北朝鮮
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @digirekiten: 1975年の和文タイプライターに関する論文 https://t.co/g2oJXG9lE1 東芝がワードプロセッサーJW-10を発表したのは1978年 https://t.co/MtQB3M37Nr 歴博にもあったよと着任当時聞きましたが後継機…
RT @okisayaka: 科学を女神として表すことや、「秘密のベールを剥がれる」自然を女性で表現する表彰のジェンダー的含意、それが女性を奇妙な気持にさせてきたことについてはたとえばこちら。https://t.co/ZX9t7zluWx
cinii booksで大学図書館の状況を見ると、地方史文献年鑑は書誌が https://t.co/IpBwAbhwOG https://t.co/ndV7ciOuzw の二つに割れてい。一見所蔵館はたくさんあるが、2016年版を持っているのは、ざっくり50館くらいか。
cinii booksで大学図書館の状況を見ると、地方史文献年鑑は書誌が https://t.co/IpBwAbhwOG https://t.co/ndV7ciOuzw の二つに割れてい。一見所蔵館はたくさんあるが、2016年版を持っているのは、ざっくり50館くらいか。

フォロワー(870ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
RT @geofluid_lab: [地殻流体関連論文1] 中央構造線沿いは熱いか? https://t.co/JBDB7cjnMx 紀伊半島の中央構造線付近に見られる深部流体と地質・地質構造 https://t.co/Lrfafwpro5 中央構造線沿いに湧出する高塩分泉…
鈴鹿山脈山麓の地形図を眺めてたら、「三重県津市の東海層群亀山層から得られた海生珪藻化石と高海水準期イベント」を読み始めるなど。 東海層群とか古琵琶湖層群とか、本当に海水が入らなかったのかは興味があるので引き込まれてしまったw 論文… https://t.co/sIFdaSkuo8
RT @gnutar: こ、これは…。 ■情報処理 Vol.59, No.11 https://t.co/9ck2a2sAgf ディープラーニング活用事例と使いこなしの勘所:[画像処理分野]2.ラーメン画像からの全店舗識別 土井 賢治 情報処理, Vol.59, No.11…
Importance of Terrain Representation in Simulating a Stationary Convective System for the July... - https://t.co/CsHDuD42eA #ScholarAlerts
RT @ringoame8200: 来月刊行予定の『P値 ―その正しい理解と適用―』の著者である柳川堯先生によるp値の解説論文。https://t.co/L6nXRbOrSa
@NieA7_3170 これを思い出した https://t.co/a5ebDXxXET
RT @ayafuruta: 有名猫が出てくる解説としては,竹内繁樹「21世紀, 量子猫は計算をするか?」 https://t.co/kfpNfYcpAV 日本の量子コンピュータ研究の黎明期に物理学会誌に書かれた解説記事。わかりやすいて面白い。物理学者の間でも,量子コンピュータ…
【E-journal GEO掲載論文】栗林 賢 2018.北海道のフードバンク団体による食品調達先の確保と活動の維持,E-journal GEO 13(2),463-472.https://t.co/4cypUK6h8j
【E-journal GEO掲載論文】外枦保大介 2018.鉱山都市キルナ・イェリヴァレにおける産業動態と都市移転,E-journal GEO 13(2),452-462.https://t.co/UUfGLAUPNp
【蛇石】プレビューはオール英語ですが、こんな論文もありました。このリンクページを少し読む限りでは、先に挙げた情報よりも整理されているように思います。以上、蛇石に関して最近つかんだ情報でした。https://t.co/hE7ji2ls

1486 567 315 0 OA 大正震災志

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN h…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…