nambon (@nambon)

投稿一覧(最新100件)

405 0 0 0 OA 村岡花子童話集

『みみずの女王』が収録されている。/ 村岡花子童話集 http://t.co/ylUXJA93vG
CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究 http://t.co/Grm4EVXUY5
CiNii 論文 -  おいしいカレーの作り方 http://t.co/Lsz24MB

お気に入り一覧(最新100件)

じゃあ科学記者の書く科学記事とは、どういうものなのかな?と改めて思い、ググってみたら、興味深い論文を見つけました。「一般紙に掲載された科学記事の日米比較」読売新聞の科学部次長が、日本の科学記事はレベルが低いのでは?と自ら調べた論考。 http://t.co/kxjXTccsfU
明治10年刊の増山守正『明治新撰西京繁昌記』に鳥を展示する「名鳥楼」の記事がある。日本語の白文鳥の記録としては、いまのところ最古。 http://t.co/EeggUehZwE
Read: 血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―― https://t.co/21ExQpNvfF
早稲田大学 博士論文審査報告書 http://t.co/uwYmMrlO1K 「第1章では,生体組織由来のpluripotent stem cellに関する研究の動向を概説し,本論文の背景をまとめると共に,本論文の意義及び目的を明らかにしている。」 ↑ 第1章ほぼコピペですが。
「線香花火の簡単な作り方」がどう見ても簡単ではない件について。http://t.co/khbEGmqgeq
↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj
山中伸弥先生ノーベル医学・生理学賞おめでとうございます! CiNii にも先生の論文が収録されてます。例えば2008年「化学と生物」誌に掲載されたiPS細胞についての日本語解説記事は、J-STAGEで本文がご覧いただけます。 http://t.co/LSqpGLmH
政治家が科学に疎くて、ニセ科学系のものを信じて後ろ盾をしてしまうと、社会に役立つのではないかという善意からであっても社会問題になります。 (参考)沖縄における「EM(有用微生物群)」の受容 : 公的領域で語られたEM言説を中心に http://t.co/hGbebHFS

フォロー(1290ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kuwamitsuosamu: うわっ!! CiNii 論文 -  健康食品「にんにく卵黄」によると思われる薬物性肝障害の1例 https://t.co/0p9bZ9ZwBf #CiNii
memo: コンプライアンス制御と柔軟接触問題 https://t.co/wK0sNIPSMa
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
RT @mtknnktm: なんて身も蓋もない…w → "初対面異性間における対人魅力と会話行動が親密化願望に及ぼす影響" 筑波大学心理学研究 https://t.co/rVCuOu5Sk6 https://t.co/ySSupOfevG
memo: "チャンピオンデータとその限界「最強のピアノ線」" https://t.co/1kQK1Pb5lU

フォロワー(4220ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

memo: コンプライアンス制御と柔軟接触問題 https://t.co/wK0sNIPSMa
RT @hirotv2007: @morereblog @buzzwaraizm @sasuraukuma 保険収載されてるのはラパロでの前立腺癌と、腎癌のようです。 https://t.co/ewFYNm9g60 脳神経外科はトライしたようですが専用のマシン開発に乗り出した…
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
日本臨床免疫学会会誌⁰Vol. 38 (2015) No. 4 第43回日本臨床免疫学会総会抄録集 p. 285b https://t.co/XyukcqD1gX WS1-2 羊膜由来間葉系幹細胞の細胞製剤化と免疫関連疾患に対する治療応用
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
RT @oikawamaru: 佐々木(2016)日本のカワウソはなぜ絶滅したのか (PDF→https://t.co/aBFha7IFva)。絶滅までの詳細な記録と考察。乱獲、開発、農薬、害獣駆除。当時の状況で絶滅回避の方法があったのだろうかと思う。湿地帯生物愛好家としては本…
このへんの研究ですかぬ(´・ω・`) KAKEN — 視聴覚閾下刺激による誘発脳波を用いた個人認証の研究 (KAKENHI-PROJECT-15K00184) https://t.co/gSg4F3rQAq

4 4 4 0 漢とローマ

RT @shunsukekosaka: CiNii 図書 - 漢とローマ https://t.co/O1dHaezE9k #CiNii 図書館でたまたま手に取ったのだけど、フン族とアッティラに関するまとまった記述があった。知らなかったなあ。冒頭のローマ帝国東西分裂に関する記述は…
memo: "チャンピオンデータとその限界「最強のピアノ線」" https://t.co/1kQK1Pb5lU