著者
今田 純雄
出版者
日本感情心理学会
雑誌
エモーション・スタディーズ (ISSN:21897425)
巻号頁・発行日
vol.4, no.Si, pp.39-46, 2019-02-28 (Released:2019-03-11)
参考文献数
47

As a basic emotion, disgust is thought to have evolved as a biological function to protect human bodies from potentially dangerous foods. Along with the growth, elicitors of disgust have expanded to multiple domains: animals, body products, sex, death corpses, bad hygiene, body envelope violations and moral offenses. Rozin and his colleagues proposed that functions of disgust is to protect the body, soul and social order. They also proposed the CAD triad hypothesis (Rozin, Lowery, Imada, & Haidt, 1999) which stipulates that people feel anger for violations of autonomy, contempt for violations of community, and disgust for violations of divinity. In this paper, a hypothetical assumption that disgust, as a moral emotion, may be an underlying motive to produce hostility, expulsions and hate crimes toward outgroups was discussed.
著者
坂井 信之 今田 純雄
出版者
広島修道大学
雑誌
広島修大論集. 人文編 (ISSN:03875873)
巻号頁・発行日
vol.39, no.1, pp.41-66, 1998-09-30
被引用文献数
4

This article is one of series that review psychological studies about eating behavior in humans and animals. In this paper, the role of olfaction on the food selection in humans and animals were reviewed. In our daily use of the words, the word "taste (A-JI)" includes both of the sensation that is arisen from the taste receptors on the mouth and of the sensation arisen from the olfactory receptors on the nasal cavity. We humans sometimes experience "The taste (A-JI) of the food is changed by the respiratory infection." It is known that this change of taste is come from the change of odor perception. Thus, we can not distinguish the taste sensation from the odor sensation. The negative and positive experience to the food changes the hedonics of the "taste (A-JI)" of that food. Some studies in cognitive psychology and psychophysiology suggest that the olfactory hedonics is ready to associate with the emotional memory and that the taste hedonics is innate and robust. The authors suggest that the change of the hedonics of "taste (A-JI)" after some experiences stems from the change of the hedonics of odor. The olfactory experiment in eating behavior have not been documented well. The studies about the hedonics and its changes of the olfactory perception in eating behavior seem to be needed more.
著者
今田 純雄 鈴木 千尋
出版者
広島修道大学
雑誌
広島修大論集. 人文編 (ISSN:03875873)
巻号頁・発行日
vol.40, no.2, pp.285-302, 2000-03-10

People differ widely in their reasons for drinking. This article reports on the development of a six-factor measure that assesses four enhancement and two suppression motives for alcohol drinking in adult male drinkers. Apart from the three traditionally accepted motives-social, coping and enhancement-sensory/cognitive pleasures were evaluated as further motives for the use of alcohol. Also, two distinctly different motives were shown to explain the suppression of the wish to drink. Comparison of undergraduate students with male adults showed different patterns of the motivational bases of alcohol use across two groups. Young people tend to drink for social and enhancement motives, although male adults use alcohol to cope with negative emotion and to gain sensory/cognitive pleasure. Data gained from female students suggests the sex difference as the causative factor in their suppression of drinking, when compared with males. These findings indicate the importance of taking into account these different motives to explain drinking behavior in natural settings.
著者
田崎 慎治 今田 純雄
出版者
広島修道大学
雑誌
広島修大論集. 人文編 (ISSN:03875873)
巻号頁・発行日
vol.45, no.1, pp.17-37, 2004-09-30
被引用文献数
1

本研究では,健常な大学生男女を対象に,自尊感情と痩身願望の関係について調査を行い,また,特性不安,BMI,体重変動,主観的健康感尺度の下位尺度である心理的安定感,意欲,体調および生活行動習慣,日本語版DEBQ(短縮版)の下位尺度である抑制的摂食傾向,情動的摂食傾向,外発的摂食傾向の各変数間の関係についても同時に調査を行った。その結果,女性においてはこれまでの研究と同様に,自尊感情が低いほど痩身願望が高いという,負の相関関係がみられ,さらに男性についても同様に負の相関関係がみられた。また,自尊感情と特性不安との間に有意な相関がみられるなど,これまでの知見を支持する結果であった。男性において自尊感情と痩身願望との間に負の相関関係がみられたことは,これまでの研究とは逆の結果であった。これは,時代の変化によるものと,日本と欧米の文化の差による,理想とする体型の違いであるということが考えられる。本研究において,女性では痩身願望と抑制的摂食傾向との間に有意な相関がみられ,男性では痩身願望と食行動傾向との間に有意な相関はみられなかった。このことは,男性と女性ではダイエット行動に違いがあるということを示唆している。すなわち,女性はダイエットをするとき食事の摂取量を抑制するという方法をとるが,男性は例えば運動をするなど,別の方法をとるということが考えられる。また,女性において体重の変動と痩身願望や食行動傾向などとの間に相関関係はみられなかった。女性の体重や体型に対する関心は非常に高いものであると考えられるので,この結果は矛盾したものであると考えられる。この点については更なる研究が必要である。本研究では被調査者の数が男性21名,女性66名と少なかったので,男女間の直接的な比較は困難であると判断した。また,得られたデータの信頼性,安定性という点についても問題がある。今後は,より多くのサンプルを集め,男女間の直接的な比較を行い,さらに自尊感情と痩身願望との因果関係を明らかにすることが必要であろう。
著者
今田 純雄 米山 理香 イマダ スミオ ヨネヤマ リカ Sumio Imada Rika Yoneyama
雑誌
広島修大論集. 人文編
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.493-507, 1998-03-30

本研究は,心理検査法(塩見・千葉・岸本,1988)の尺度構成法により,日本語版食物新奇性恐怖尺度の標準化を試みたものである。予備項目の選定,予備項目データの収拾と分析を行い,14項目から構成される1要因尺度を作成した。尺度の妥当性,信頼性とも高いものであり,食物新奇性恐怖の傾向を測定しうる尺度が得られたと考えられる。14項目版のみでデータを再度収拾したところ,逆転,非逆転の項目配置を反映した2因子が得られた。これは,項目配置に問題のあることを示している。今後の使用にあたっては,項目順を見直し,再度,尺度としての安定性について検討する必要があろう。
著者
今田 純雄
出版者
一般社団法人 日本健康心理学会
雑誌
健康心理学研究 (ISSN:09173323)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.12-20, 1993 (Released:2015-07-03)
参考文献数
13

Research has shown that people eat foods they like much more than those they dislike. This study investigated the hypothesis that liked foods delay evoking sensory-specific satiety (Rolls et al., 1981) and then facilitates consumption. Experiment 1 certified the validity of the sensory-specific satiety procedure. Experiment 2, using the same method as in exp. 1, compared whether or not the likers of the target food (shaped potato chips) exhibited any delay in evoking sensory-specific satiety with the dislikers. Contrary to the hypothesis, our results showed that there was no difference in the amount of the target food eaten by the two groups, or any faster emergency of the sensory-specific satiety of the target food between likers and dislikers. These results are discussed in line with the adaptive function of sensory-specific satiety.
著者
今田 純雄 鈴木 千尋 イマダ スミオ スズキ チヒロ Sumio Imada Chihiro Suzuki
雑誌
広島修大論集. 人文編
巻号頁・発行日
vol.40, no.2, pp.285-302, 2000-03-10

People differ widely in their reasons for drinking. This article reports on the development of a six-factor measure that assesses four enhancement and two suppression motives for alcohol drinking in adult male drinkers. Apart from the three traditionally accepted motives-social, coping and enhancement-sensory/cognitive pleasures were evaluated as further motives for the use of alcohol. Also, two distinctly different motives were shown to explain the suppression of the wish to drink. Comparison of undergraduate students with male adults showed different patterns of the motivational bases of alcohol use across two groups. Young people tend to drink for social and enhancement motives, although male adults use alcohol to cope with negative emotion and to gain sensory/cognitive pleasure. Data gained from female students suggests the sex difference as the causative factor in their suppression of drinking, when compared with males. These findings indicate the importance of taking into account these different motives to explain drinking behavior in natural settings.

1 0 0 0 OA 感情と食行動

著者
今田 純雄
出版者
日本感情心理学会
雑誌
感情心理学研究 (ISSN:18828817)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.120-128, 2009-11-25 (Released:2010-05-08)
参考文献数
47
被引用文献数
1

The study of eating in psychology takes place primarily at the physiological level, and research themes generally view eating as a biological behavior, controlled by biologically-based motives. This paper emphasizes the role of mental processes involved in the starting and stopping of eating, as well as the importance of affective processes in eating behaviors. Cognitive eating controls found in dieters who eagerly desire to reduce their body weight are case in point; their eating behavior is difficult to explain without considering mental processes. However difficulties in predicting how emotions affect eating linger, as previous research examining the relationship between emotions and eating often suggest contradictory and confounding results. A five-way model proposed by Macht (2008) shows promise as a good tool to analyze these differing viewpoints, and develop hypotheses to investigate the relationship between emotions and eating.
著者
今田 純雄 米山 理香
出版者
広島修道大学
雑誌
広島修大論集 人文編 (ISSN:03875873)
巻号頁・発行日
vol.38, no.2, pp.493-507, 1998-03
被引用文献数
1

本研究は,心理検査法(塩見・千葉・岸本,1988)の尺度構成法により,日本語版食物新奇性恐怖尺度の標準化を試みたものである。予備項目の選定,予備項目データの収拾と分析を行い,14項目から構成される1要因尺度を作成した。尺度の妥当性,信頼性とも高いものであり,食物新奇性恐怖の傾向を測定しうる尺度が得られたと考えられる。14項目版のみでデータを再度収拾したところ,逆転,非逆転の項目配置を反映した2因子が得られた。これは,項目配置に問題のあることを示している。今後の使用にあたっては,項目順を見直し,再度,尺度としての安定性について検討する必要があろう。Pliner and Hobden (1992) developed a paper and pencil measure (questionnaire) of the trait of food neophobia, which was defined as a reluctance to eat and/or avoidance of novel foods. Using standard test construction techniques, we also developed a scale to measure the trait of food neophobia for Japanese. Statistical analyses of the data showed that this questionnaire was reliable and internally consistent. A behavioral validation study demonstrated that test scores predicted food neophobic/neophilic behavior in laboratory food consumption situation. However, a factor analysis of the data gained from the new group showed that this scale was constructed with two factors: The first is grouped with reversal items and the second with others. In using this scale, change of the order of the items is suggested.
著者
長谷川 智子 福田 一彦 今田 純雄 川端 一光 川端 一光
出版者
大正大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

本研究では,幼児の食・睡眠と母親の育児行動との関連性を検討するため,2つのインターネット調査を実施した.1次調査では,1000名の母親を対象に,幼児の生活時刻と規則性から5クラスターに分類し(①:夜更かし朝寝坊,②やや夜更かし朝寝坊,③やや夜型,④早寝早起き,⑤週末朝寝坊),母親の育児行動,食行動等に関する違いを検討した.2次調査では42名の母親を抽出し,5日間の子どもの生活時刻と写真法により母親の食事を検討した.その結果,夜更かし朝寝坊の子どもの母親は子どもの夜更かしを促進する行動を行い,母親の外食・偏食が多いこと,極めて簡便な朝食を摂取していることが示された.
著者
今田 純雄
出版者
広島修道大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2000

研究1では,簡便性・経済性を優先する食態度(簡便志向),食物および食卓状況から得られる快を希求する食態度(快希求),高塩分を含有する食物に対する嗜好(塩味嗜好),摂取抑制に特徴づけられる食行動(抑制的摂食),外発反応性に特徴づけられる食行動(外発的摂食),ストレスやつよい感情によって喚起される傾向をもつ食行動(情動的摂食),さらに主観的に知覚された心身の不調感(主観的健康障害)に注目し,それらの間になんらかの因果関係が存在するかどうかを検討した.主観的に知覚された心身の不調感(主観的健康障害)を従属変数側終末におき,共分散構造分析をおこない,仮のモデルを構築した.研究2では,研究1によって仮定されたモデルを,新しいサンプルを用いて,より詳細に検討した.研究1と異なる点は3点ある.第1に食物新奇性恐怖尺度を追加したことである.食物新奇性恐怖は,摂取する食物の範囲を狭くし,結果として栄養的に問題となる食行動を導く可能性がある.食行動と健康の関係を論じる場合に,欠かせない要因であるといえよう.第2は,データの処理を男女別に行った点である.食態度については,性差が顕著であり,今回のデータについても男女によりその構造が相当に異なった.第3は,主観的に知覚された心身の不調感(主観的健康障害尺度)を2因子構造のものとして処理した点である.これは本尺度が,「つかれ」を強調し,身体特定部位に限定的な症状に言及しない心理的疲労と,めまい,息ぎれなど身体的症状が比較的明瞭な身体的疲労との2因子構造をもつことが判明したためである.これらの変更点により,食行動と健康障害との関係は,より精緻に構造化され,食行動と健康障害との因果関係を指摘する結果を得た.研究3および研究4では,研究2でとりあげられた食物新奇性恐怖に関する実験調査をおこなった.研究5では,研究成果の異文化交差研究への発展の可能性について論じた.