著者
奥田 稔 高坂 知節 三宅 浩郷 原田 康夫 石川 哮 犬山 征夫 間口 四郎 新川 秀一 池野 敬一 松原 篤 稲村 直樹 中林 成一郎 後藤 了 小野寺 亮 遠藤 里見 亀井 民雄 室井 昌彦 馬場 廣太郎 島田 均 舩坂 宗太郎 大橋 伸也 鄭 正舟 小澤 実佳 八木 聰明 大久保 公裕 後藤 穣 服部 康夫 上野 則之 柏戸 泉 大塚 博邦 山口 潤 佃 守 池間 陽子 坂井 真 新川 敦 小林 良弘 佐藤 むつみ 山崎 充代 藤井 一省 福里 博 寺田 多恵 小川 裕 加賀 達美 渡辺 行雄 中川 肇 島 岳彦 齋藤 等 森 繁人 村上 嘉彦 久松 建一 岩田 重信 井畑 克朗 坂倉 康夫 鵜飼 幸太郎 竹内 万彦 増田 佐和子 村上 泰 竹中 洋 松永 喬 上田 隆志 天津 睦郎 石田 春彦 生駒 尚秋 鈴木 健男 涌谷 忠雄 宮國 泰明 夜陣 紘治 森 直樹 田頭 宣治 宮脇 浩紀 青木 正則 小林 優子 高橋 正紘 沖中 芳彦 遠藤 史郎 池田 卓生 関谷 透 奥園 達也 進 武幹 前山 忠嗣 恒冨 今日子 増山 敬祐 浅井 栄敏 土生 健二郎 中崎 孝志 吹上 忠祐 角田 憲昭 渡辺 隆 野口 聡 隈上 秀伯 吉見 龍一郎 茂木 五郎 鈴木 正志 大橋 和史
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.42, no.5, pp.633-658, 1996-09-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
21

通年性アレルギー性鼻炎患者211例を対象に, KW-467910mg/日 (KW群) の有効性, 安全性および有用性をoxatomide 60mg/日 (OX群) を対照薬として多施設二重盲検群間比較試験により検討した.最終全般改善度の「改善」以上は, KW群61-6%, OX群57.6%で, 両群間に有意差は認められなかつたが, 同等性の検証を行った結果, KW群はOX群と比較して同等ないしそれ以上と考えられた. 概括安全度の「安全性に問題なし」と評価された症例は, KW群68.0%, OX群61.4%で, 両群間に有意差は認められなかった. 主な副作用症状は両群とも眠気であった. 有用度の「有用」以上は, KW群54.9%, OX群50.5%であり両群間に有意差はなかったが, KW群の方がやや有用率が高かった.以上の成績より, KW-4679は通年性アレルギー性鼻炎に対して, 臨床的に有用性の高い薬剤であると考えられた.
著者
奥園 達也
出版者
The Society of Practical Otolaryngology
雑誌
耳鼻咽喉科臨床 (ISSN:00326313)
巻号頁・発行日
vol.76, no.10, pp.2565-2580, 1983
被引用文献数
7 2

著者は, 身体重心動揺の方向性を重視し, 新たに動揺の各規定方向毎の動揺量を表示できるベクトル動揺図 (命名, Vector Statokinesigram; V-Skg. と略) を考案した. V-Skg. は, 重心動揺計の左右及び前後への身体動揺記録 (Statokinesigram; Skg. と略) を用い, 特製プログラムを有するマイクロコンピューターにより作成する, 即ちV-Skg. 上の動揺方向は, Skg. 上単位時間毎移動点, 2点間のΔy/Δxの逆正接より求め, 併せて動揺量は同2点間の距離より求めた. 動揺方向の一計測単位を5度とし, 360度を72分割すれば, 動揺方向毎動揺量の計測値は72個得られる. これを, 極座標上72本の放射状線分として, CRT上に描出した.<br>1) 本法により健康成人29名のV-Skg. を記録した. 動揺の型別は, 求心型, びまん型, 前後型, 多中心型, 左右型の他, 閉眼安定型を加えた. 各型別の総軌跡長, 20度毎18方向別の平均値と標準偏差を求めた. これを健常者の型別, 対照値とした.<br>2) 健康高令者65名のSkg. とV-Skg. を記録した. この型別分類, 総軌跡長及び18方向別の動揺量を求め, 健康成人群と比較した. 身体動揺は加令により増加した. 型別分類では左右型と閉眼安定型の増加が注目された.<br>3) 一側性末梢前庭障害例では左右型の動揺を示す. 動揺量は健康成人群の左右型より有意に大きい.<br>4) 小脳脳幹障害例では前後型の動揺を示すが, 健常群の前後型に比し動揺量は大きい.<br>5) 体平衡障害の代表例2例を呈示した. 本V-Skg. は, 変動する動揺の方向性を明示し, その動揺量を計量し得る方法である.