著者
岩﨑 涼太 杉山 剛 石井 裕貴 五十嵐 賢 増山 敬祐 杉田 完爾
出版者
日本小児耳鼻咽喉科学会
雑誌
小児耳鼻咽喉科 (ISSN:09195858)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.15-20, 2015 (Released:2015-06-20)
参考文献数
17

【背景】年少の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者には成長障害の合併が多いが,アデノイド口蓋扁桃摘出術(AT)前後の身体発育に関して 7 歳以下の報告は少ない。【目的】7 歳以下の OSAS 患者に対する AT の身体発育への影響を明らかにする。【方法】対象は19名(男女比13:6)。Type 3 簡易 PSG で無呼吸低呼吸指数(AHI)≧5 でアデノイド増殖・口蓋扁桃肥大を有する小児を OSAS と診断し,AT 後 3,6,12ケ月の身体発育を検討した。【結果】AT 後に AHI は有意に低下した(18.9±15.3 vs 3.4±1.6)。BMI パーセンタイルは AT 後 3 ケ月で有意に増加し(43.9±26.1 vs 55.6±22.5),身長 SD スコアは AT 後12ケ月で有意に増加した(−0.26±0.94 vs 0.006±0.63)。【結論】7 歳以下の OSAS 患者では AT 後,体重増加が先行し,身長は遅れて増加した。
著者
奥田 稔 高坂 知節 三宅 浩郷 原田 康夫 石川 哮 犬山 征夫 間口 四郎 新川 秀一 池野 敬一 松原 篤 稲村 直樹 中林 成一郎 後藤 了 小野寺 亮 遠藤 里見 亀井 民雄 室井 昌彦 馬場 廣太郎 島田 均 舩坂 宗太郎 大橋 伸也 鄭 正舟 小澤 実佳 八木 聰明 大久保 公裕 後藤 穣 服部 康夫 上野 則之 柏戸 泉 大塚 博邦 山口 潤 佃 守 池間 陽子 坂井 真 新川 敦 小林 良弘 佐藤 むつみ 山崎 充代 藤井 一省 福里 博 寺田 多恵 小川 裕 加賀 達美 渡辺 行雄 中川 肇 島 岳彦 齋藤 等 森 繁人 村上 嘉彦 久松 建一 岩田 重信 井畑 克朗 坂倉 康夫 鵜飼 幸太郎 竹内 万彦 増田 佐和子 村上 泰 竹中 洋 松永 喬 上田 隆志 天津 睦郎 石田 春彦 生駒 尚秋 鈴木 健男 涌谷 忠雄 宮國 泰明 夜陣 紘治 森 直樹 田頭 宣治 宮脇 浩紀 青木 正則 小林 優子 高橋 正紘 沖中 芳彦 遠藤 史郎 池田 卓生 関谷 透 奥園 達也 進 武幹 前山 忠嗣 恒冨 今日子 増山 敬祐 浅井 栄敏 土生 健二郎 中崎 孝志 吹上 忠祐 角田 憲昭 渡辺 隆 野口 聡 隈上 秀伯 吉見 龍一郎 茂木 五郎 鈴木 正志 大橋 和史
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.42, no.5, pp.633-658, 1996-09-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
21

通年性アレルギー性鼻炎患者211例を対象に, KW-467910mg/日 (KW群) の有効性, 安全性および有用性をoxatomide 60mg/日 (OX群) を対照薬として多施設二重盲検群間比較試験により検討した.最終全般改善度の「改善」以上は, KW群61-6%, OX群57.6%で, 両群間に有意差は認められなかつたが, 同等性の検証を行った結果, KW群はOX群と比較して同等ないしそれ以上と考えられた. 概括安全度の「安全性に問題なし」と評価された症例は, KW群68.0%, OX群61.4%で, 両群間に有意差は認められなかった. 主な副作用症状は両群とも眠気であった. 有用度の「有用」以上は, KW群54.9%, OX群50.5%であり両群間に有意差はなかったが, KW群の方がやや有用率が高かった.以上の成績より, KW-4679は通年性アレルギー性鼻炎に対して, 臨床的に有用性の高い薬剤であると考えられた.
著者
定永 恭明 宇野 正志 鮫島 靖浩 増山 敬祐 石川 哮
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.40, no.1, pp.34-44, 1994-01-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
12

近年社会問題化している, スギ花粉症の発症に及ぼす因子を疫学的に解析するために, 花粉飛散の違う熊本県内の3地区に居住する高校生を対象として, 2度にわたるスギ花粉症アンケート調査, 及びIgEと遺伝的要因としてのHLAを測定することにより発症因子を外因と内因の両面に分けて検討してみた. それによると花粉症の臨床症状は, 花粉飛散 (抗原) 量とよく相関するが, IgEの産生には単に抗原量だけでなく, 社会的因子としてのストレスや大気汚染それに遺伝的素因の及ぼす影響も強いものと想定された.
著者
近松 一朗 増山 敬祐
出版者
耳鼻咽喉科臨床学会
雑誌
耳鼻咽喉科臨床 (ISSN:00326313)
巻号頁・発行日
vol.105, no.2, pp.87-94, 2012 (Released:2012-02-01)
参考文献数
32
被引用文献数
1

Cancer immunotherapy is designed to activate and up-regulate the host immune responses against tumor cells and is currently in use or under investigation for cancer treatments. Although tumor cells can use a variety of mechanisms to create an immunosuppressive environment, many agents and strategies to reduce or eliminate tumor-induced immune suppression are either being developed or already in clinical trials. This review deals with recent advances in cancer immunotherapy, focusing on new strategies to enhance antitumor immunity. Numerous approaches have been tested for the development of therapeutic cancer vaccines. Recently, several promising reports suggest that clinical benefit has been shown in randomized phase III trials for vaccines against prostate cancer, follicular lymphoma, and melanoma. Moreover, in 2010, the first patient-specific immunotherapy (sipuleucel-T) was approved by the FDA for the treatment of prostate cancer. On the other hand, some chemotherapeutic agents such as cyclophosphamide and docetaxel, have direct effects on the immune system that is likely to contribute to an improved antitumor immunity. Therefore, cancer immunotherapy combined with chemotherapy may represent one approach for breaking tumor-induced immune suppression. To date, a number of monoclonal antibodies are in use or under evaluation. Among these antibodies, blocking negative immunoregulatory receptors, CTLA-4 and PD-1, also represent a new strategy to induce antitumor immunity by manipulation of the immune system. In clinical trials, these antibodies could increase anti-tumor T-cell immunity and result in objective tumor regression in some patients. Thus, accumulating data from recent cancer vaccine trials, the manipulation of immune suppression using chemotherapeutic agents, and the use of immune-stimulatory antibodies raise the hope that immunotherapy could become the fourth modality of cancer treatment. Based on these new findings, in our hospital, a clinical trial using dendritic cells combined with low dose cyclophosphamide and docetaxel in patients with relapsed and refractory head and neck squamous cell carcinoma is under way (UMIN000003725, ClinicalTrials.gov identifier, NCT01149902). In the near future, various immunotherapeutic modalities will most probably be applied as novel approaches in the treatment of head and neck cancer.