著者
奥田 稔 高坂 知節 三宅 浩郷 原田 康夫 石川 哮 犬山 征夫 間口 四郎 新川 秀一 池野 敬一 松原 篤 稲村 直樹 中林 成一郎 後藤 了 小野寺 亮 遠藤 里見 亀井 民雄 室井 昌彦 馬場 廣太郎 島田 均 舩坂 宗太郎 大橋 伸也 鄭 正舟 小澤 実佳 八木 聰明 大久保 公裕 後藤 穣 服部 康夫 上野 則之 柏戸 泉 大塚 博邦 山口 潤 佃 守 池間 陽子 坂井 真 新川 敦 小林 良弘 佐藤 むつみ 山崎 充代 藤井 一省 福里 博 寺田 多恵 小川 裕 加賀 達美 渡辺 行雄 中川 肇 島 岳彦 齋藤 等 森 繁人 村上 嘉彦 久松 建一 岩田 重信 井畑 克朗 坂倉 康夫 鵜飼 幸太郎 竹内 万彦 増田 佐和子 村上 泰 竹中 洋 松永 喬 上田 隆志 天津 睦郎 石田 春彦 生駒 尚秋 鈴木 健男 涌谷 忠雄 宮國 泰明 夜陣 紘治 森 直樹 田頭 宣治 宮脇 浩紀 青木 正則 小林 優子 高橋 正紘 沖中 芳彦 遠藤 史郎 池田 卓生 関谷 透 奥園 達也 進 武幹 前山 忠嗣 恒冨 今日子 増山 敬祐 浅井 栄敏 土生 健二郎 中崎 孝志 吹上 忠祐 角田 憲昭 渡辺 隆 野口 聡 隈上 秀伯 吉見 龍一郎 茂木 五郎 鈴木 正志 大橋 和史
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.42, no.5, pp.633-658, 1996-09-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
21

通年性アレルギー性鼻炎患者211例を対象に, KW-467910mg/日 (KW群) の有効性, 安全性および有用性をoxatomide 60mg/日 (OX群) を対照薬として多施設二重盲検群間比較試験により検討した.最終全般改善度の「改善」以上は, KW群61-6%, OX群57.6%で, 両群間に有意差は認められなかつたが, 同等性の検証を行った結果, KW群はOX群と比較して同等ないしそれ以上と考えられた. 概括安全度の「安全性に問題なし」と評価された症例は, KW群68.0%, OX群61.4%で, 両群間に有意差は認められなかった. 主な副作用症状は両群とも眠気であった. 有用度の「有用」以上は, KW群54.9%, OX群50.5%であり両群間に有意差はなかったが, KW群の方がやや有用率が高かった.以上の成績より, KW-4679は通年性アレルギー性鼻炎に対して, 臨床的に有用性の高い薬剤であると考えられた.
著者
野沢 出 中山 久代 霜村 真一 橋本 かおり 今村 俊一 久松 建一 村上 嘉彦
出版者
一般社団法人 日本めまい平衡医学会
雑誌
Equilibrium Research (ISSN:03855716)
巻号頁・発行日
vol.52, no.4, pp.577-583, 1993 (Released:2009-06-05)
参考文献数
22

We carried out a questionnaire. survey on orthostatic dysregulation (abbreviated OD) in 63 young female subjects aged 18-19 years. Ten of them were judged to have confirmed OD, 8 had suspected OD, and the remaining 45 were regarded as normal. Schellong test results showed some difference in three items between the confirmed OD group and normal subjects, but the positive rate of the Schellong test in itself was not significantly different among these three groups. It was our impression that a more detailed analysis of this test is needed to increase its diagnostic validity in determining OD.The Cornell Medical Index-Health Questionnaire (abbreviated CMI) which was modified for the Japanese population with emotional disturbances by Fukamachi was given to these subjects to obtain information about their underlying psychological and emotional status. According to Fukamachi's classification Type III or IV patterns, suggestive of suspicious (III) or probable (IV) neurosis were found in 5 (11.1%) of the normal subjects, in 3 (30.3%) of the subjects with confirmed OD, and in 4 (50.0%) of those with suspected OD. These data suggest a correlation between OD and emotional and/or psychogenic disturbances.Subjects with OD and patients with vertigo or dizziness who visited our clinic were noted to have similar results on CMI. This does not, however, necessarily mean that some subjects with OD are abnormal or sick, since the CMI itself is intended only as an adjunct to, and not as a substitute for, medical interviews and physical examinations.