著者
奥田 稔 高坂 知節 三宅 浩郷 原田 康夫 石川 哮 犬山 征夫 間口 四郎 新川 秀一 池野 敬一 松原 篤 稲村 直樹 中林 成一郎 後藤 了 小野寺 亮 遠藤 里見 亀井 民雄 室井 昌彦 馬場 廣太郎 島田 均 舩坂 宗太郎 大橋 伸也 鄭 正舟 小澤 実佳 八木 聰明 大久保 公裕 後藤 穣 服部 康夫 上野 則之 柏戸 泉 大塚 博邦 山口 潤 佃 守 池間 陽子 坂井 真 新川 敦 小林 良弘 佐藤 むつみ 山崎 充代 藤井 一省 福里 博 寺田 多恵 小川 裕 加賀 達美 渡辺 行雄 中川 肇 島 岳彦 齋藤 等 森 繁人 村上 嘉彦 久松 建一 岩田 重信 井畑 克朗 坂倉 康夫 鵜飼 幸太郎 竹内 万彦 増田 佐和子 村上 泰 竹中 洋 松永 喬 上田 隆志 天津 睦郎 石田 春彦 生駒 尚秋 鈴木 健男 涌谷 忠雄 宮國 泰明 夜陣 紘治 森 直樹 田頭 宣治 宮脇 浩紀 青木 正則 小林 優子 高橋 正紘 沖中 芳彦 遠藤 史郎 池田 卓生 関谷 透 奥園 達也 進 武幹 前山 忠嗣 恒冨 今日子 増山 敬祐 浅井 栄敏 土生 健二郎 中崎 孝志 吹上 忠祐 角田 憲昭 渡辺 隆 野口 聡 隈上 秀伯 吉見 龍一郎 茂木 五郎 鈴木 正志 大橋 和史
出版者
耳鼻と臨床会
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.42, no.5, pp.633-658, 1996-09-20 (Released:2013-05-10)
参考文献数
21

通年性アレルギー性鼻炎患者211例を対象に, KW-467910mg/日 (KW群) の有効性, 安全性および有用性をoxatomide 60mg/日 (OX群) を対照薬として多施設二重盲検群間比較試験により検討した.最終全般改善度の「改善」以上は, KW群61-6%, OX群57.6%で, 両群間に有意差は認められなかつたが, 同等性の検証を行った結果, KW群はOX群と比較して同等ないしそれ以上と考えられた. 概括安全度の「安全性に問題なし」と評価された症例は, KW群68.0%, OX群61.4%で, 両群間に有意差は認められなかった. 主な副作用症状は両群とも眠気であった. 有用度の「有用」以上は, KW群54.9%, OX群50.5%であり両群間に有意差はなかったが, KW群の方がやや有用率が高かった.以上の成績より, KW-4679は通年性アレルギー性鼻炎に対して, 臨床的に有用性の高い薬剤であると考えられた.
著者
山口 潤也
巻号頁・発行日
2013

Thesis (Ph. D. in Science)--University of Tsukuba, (A), no. 6487, 2013.3.25
著者
山口 潤一郎 掛谷 秀昭 庄司 満 長田 裕之 林 雄二郎
出版者
天然有機化合物討論会
雑誌
天然有機化合物討論会講演要旨集
巻号頁・発行日
no.47, pp.25-30, 2005-09-15

Lucilactaene (1), a cell-cycle inhibitor in p53-Transfected cancer, is a synthetically challenging molecule because of its rare hexahydro-3a-hydroxy-5-oxo-2H-furo [3,2-b]pyrrol-6-yl ring system and its substituted and conjugated E,E,E,E,E pentaene moiety, which is unstable to acid, base, and light. Lucilactaene (1), which readily undergoes racemization, has been synthesized for the first time in optically pure form via a biomimetic pathway. The conditions under which racemization occurs were elucidated during this total synthesis. The careful isolation of lucilactaene (1) from both the broth and the mycelia under neutral, nonracemizing conditions demonstrated that the isolable natural product is in fact itself racemic. This total synthesis, which enabled verification of the absolute configuration of lucilactaene (1), has several noteworthy features: All the reactions from NG-391 (2) are mild enough not to affect the labile E,E,E,E,E pentaene moiety; ether formation from 2 to 25 and 28 and the intramolecular Michael reaction from 26 to 27 or from 30 to 31 are both highly stereoselective; the reductive removal of the epoxide with Sml_2 without effecting demethoxylation, andthe deprotection of a hemiaminal under neutral, oxidative conditions via vinyl ether 33 by using a newly developed phenylselenylethyl protecting group, are also useful transformations.