著者
太田 憲 室伏 広治
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.55, no.11, pp.1228-1234, 2014-10-15

スポーツの研究によって運動スキルの理解が進んでも,そのスキルをヒトに伝達・伝承することは必ずしも容易ではない.この問題に対応するため,まず運動スキルを数理的に解明することが重要であるが,スポーツのような運動の場合,そのスキルは身体や用具のダイナミクスに強く拘束されるため,ダイナミクスベースで運動スキルを記述した.そして,この運動スキルの数理的な理解に基づいた運動スキルの可視化やその伝達方法の開発を行っているが,その数理をスキル獲得の支援に結びつけるフレームワークをサイバネティック・トレーニングと呼んでいる.ここではハンマー投競技向けのスキル獲得支援システムについて紹介する.
著者
室伏 広治
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.165, pp.44-49, 2016 (Released:2018-12-26)

アスリートにとってのコミュニケーションの重要性を,自分の経験をもとに示し,コミュニケーション能力と競技力との関連について述べた。また,ハンマー投の競技者としての私のアイデンティティや,日本的身体感覚とことばとの関わりについて記した。さらに,オリンピック・アスリートの存在の意味を自問し,社会に貢献できることについて示した。
著者
室伏 広治 山口 大輔
出版者
東京医科歯科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2019-04-01

アスリートが高レベルのパフォーマンスを維持するためには、怪我なく長期間トレーニングを継続することが重要である。負荷の高いトレーニングを長時間続ける事により負傷につながるため、多くのエリートアスリートが現役を続けることが困難となる。申請者は、現役時代に腰や股関節などの負傷による困難を打開するため、「ハンマロビクスエクササイズ」を考案し, 負傷部位への過度な負担なくトレーニングの継続が可能となり、38歳でオリンピック銅メダルを獲得できた。本研究では表面筋電、3次元動作解析、フォースプレートを用いてハンマロビクスエクササイズの運動特徴を解明し、アスリートの傷害予防への効果を検討する。
著者
室伏 広治 高島 三幸
出版者
日経BP社 ; 2002-
雑誌
日経ビジネスassocie (ISSN:13472844)
巻号頁・発行日
vol.17, no.3, pp.66-69, 2018-02

2004年のアテネ五輪で金メダル、12年のロンドン五輪では銅メダル、11年の世界陸上テグ大会では36歳という大会史上最年長での金メダルを獲得。日本選手権20連覇という偉業も果たし、16年に41歳で25年の競技人生の幕を下ろされました。世界のトップとして圧倒的な結果を出し続けられた…
著者
太田 憲 梅垣 浩二 室伏 広治 羅 志偉
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
ジョイント・シンポジウム講演論文集 : スポーツ工学シンポジウム : シンポジウム:ヒューマン・ダイナミックス : symposium on sports engineering : symposium on human dynamics
巻号頁・発行日
vol.2009, pp.447-452, 2009-12-02
被引用文献数
1

The motions of hammer were analyzed to understand the mechanism of acceleration using variable-length pendulum and hula-hoop model using energy pumping mechanism. The condition that makes the time derivative of the energy positive is derived as energy pumping for hammer. The condition is expressed in terms of tugging force times velocity to pump hammer energy and tangential acceleration on the handle. In this study, motions of hammer were analyzed and numerical experiments were performed to examine the validity of the theory.
著者
太田 憲 梅垣 浩二 室伏 広治 羅 志偉
出版者
一般社団法人日本機械学会
雑誌
シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2010, pp.319-324, 2010-11-02

The motions of a hammer are commonly regarded as a circular movement which a hammer undergoes around a turning human body. The distance of a throw depends on the speed of the hammer and the angle of its trajectory at the instant of release. The speed of the hammer increases gradually during preliminary winds and turns. During each turn the hammer rises up toward the high point of the trajectory and passes through the low point. Our interest in this study was to understand the mechanism of acceleration of the hammer in terms of parametrical excitation. The motions of hammer were analyzed to examine our theory using double pendulum model.
著者
室伏 広治
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.53, no.3, 2012-02-15