著者
岩下 明裕
出版者
ロシア史研究会
雑誌
ロシア史研究 (ISSN:03869229)
巻号頁・発行日
vol.80, pp.45-59, 2007

This paper focuses on the Soviet attitude towards border delimitation between the Soviet Union and Japan before/during negotiations on normalizing relations after WWII. The so-called "four island" issue, e.g. Japan's strong territorial claims on Etorofu, Kunashiri, Shikotan and Habomai islets, was then not mentioned. The name of "northern territory" was given to the four islands in the 1960s only after the Soviet Union and Japan failed to sign the peace treaty. The normalization process between the Soviet Union and Japan in the 1950s presents the essential items for academic inquiry: Did the Soviet leadership have an option to return the four islands to Japan? Why did Nikiita Khrushchev suddenly propose to hand back the two islands, Shikotan and Habomai, to Japan during the London negotiations in 1955? Was there really a possibility that Japan would accept the two island proposal and sign the peace treaty? Why did the Soviet Union and Japan finally agree to sign the joint declaration in October of 1956 as proof of normalization and put a clause onto the declaration that stated the two islands would be transferred to Japan after the peace treaty was signed? Russian President Vladimir Putin has renewed Khrushchev's early position. Many hints for breaking the deadlock over the "northern territorial" disputes between the Soviet Union/Russia and Japan are furnished there.
著者
岩下 明裕
出版者
山口県立大学
雑誌
山口県立大学大学院論集
巻号頁・発行日
vol.1, pp.3-17, 2000-03-25
被引用文献数
1

This paper aims to analyze the key issues concerning Central Asia in Russo-Chinese relations after the Cold War. First, it reviews the Russian foreign commitment to Central Asia, which focuses on security items for the border and ex-patriots, which are vital to Russian interests. Second, it pays much attention to the Chinese attitude towards Russian policy on Central Asia, which China has recognized as a sphere of Russian influence. As its future is uncertain, China has supported the Russian presence there. It should keep close and stable relations with Russia to concentrate its resources for economic and political development as a "great power."
著者
ディビッド ウルフ 秋田 茂 泉川 泰博 岩下 明裕 遠藤 乾 松本 はる香 横手 慎二 エルドリッジ ロバート ロバート エルドリッジ 金 成浩
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

本研究では、歴史家と政治学者の連携のもと、冷戦期の北東アジア、特に日本側の役割と視点にたった多くの資料を収集・統合した。この4年の研究期間で研究メンバーは、ワークショップ、カンファレンスや様々な国際イベントにおいて、新たな資料と結論に基づく80回もの発表(半数が英語発表)を行い、約70もの論文・図書を執筆・刊行した。
著者
岩下 明裕 宇山 智彦 帯谷 知可 吉田 修 荒井 幸康 石井 明 中野 潤三 金 成浩 荒井 信雄 田村 慶子 前田 弘毅
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

本研究の実践的な成果は、第1に中国とロシアの国境問題解決法、「フィフティ・フィフティ(係争地をわけあう)」が、日本とロシアなど他の国境問題へ応用できるかどうかを検証し、その可能性を具体的に提言したこと、第2に中国とロシアの国境地域の協力組織として生まれた上海協力機構が中央アジアのみならず、南アジアや西アジアといったユーラシア全体の広がりのなかで発展し、日米欧との協力により、これがユーラシアの新しい秩序形成の一翼を担いうることを検証したことにある。また本研究の理論的な成果は、第1にロシアや中国といった多くの国と国境を共有している「国境大国」は、米国など国境によってその政策が規定されることの少ない大国と異なる対外指向をもつことを析出し、第2に国境ファクターに大きく規定される中ロ関係が、そうではない米ロ関係や米中関係とは異なっており、米ロ中印などの四角形のなかで、構成される三角形が国境を共有するかどうかで異なる機能を果たすことを実証したことにある。