著者
川西 利昌
出版者
公益社団法人 日本工学教育協会
雑誌
工学教育 (ISSN:13412167)
巻号頁・発行日
vol.65, no.5, pp.5_2-5_7, 2017 (Released:2017-10-01)
参考文献数
5

At the present time circumstances around universities change on a large scale and students are in more severe situations than before. Therefore the problems which students have are complex and more difficult to solve. One professor or one counselor for one truant is beyond his capacity. Plural and trained staffs from various fields must grapple with one truant’s problems. This paper points out truant’s reasons as follows maladjustment to small group, inexperience to laboratory work, uncooperative attitude for professor’s experimentation, etc. Moreover, this paper introduces prevention and treatments for truants through concrete examples.
著者
大塚 文和 中本 壮祐 吉田 誠裕 川西 利昌 増田 光一
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集B3(海洋開発)
巻号頁・発行日
vol.73, no.2, pp.I_917-I_922, 2017
被引用文献数
1

本研究は,東京湾における代表的な親水海浜であるふなばし三番瀬海浜公園の干潟域に最も大きく影響すると考えられる真間川河口前面海域の放射性物質の存在実態を,柱状採泥結果を基に3次元的に把握した.また,先の干潟域における放射線量の経年的な計測結果を通して放射線量の実態の概要を把握した.これらの結果を基に,東京湾における代表的な親水海浜であるふなばし三番瀬海浜公園の干潟域における放射線量の変動の可能性についても検討した.
著者
川西 利昌 大塚 文和
出版者
Architectural Institute of Japan
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.79, no.696, pp.201-207, 2014

Ultraviolet radiation may be cause the skin damage. In order to determine the shade to protect of the skin against ultraviolet radiation, it is necessary to know the radiance distribution of the sky ultraviolet radiation. Conventionally, the sensor of the sky radiance distribution has been generally swept using mechanical method. The mechanical sweeping method has the problems that sky conditions change during several minutes. Electronically sweep-type measurement equipment for sky erythema ultraviolet radiation equipped with 145 area of erythema ultraviolet sensors was developed, and it has become possible to measure the all sky in only three seconds. This research aims to measure the erythema ultraviolet radiance distribution for low latitude area using this measurement equipment. A regression equation of radiance distribution was made from measurement results. Architectural Sun Protection Factor of shade was calculated using the equation.
著者
川西 利昌
出版者
Japanese Society for Engineering Education
雑誌
工学教育 (ISSN:13412167)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.2-9, 2005-03-20 (Released:2009-04-10)
参考文献数
22
被引用文献数
2

Recently many professors have experience to meet the student whom guidance is difficult. The professor of science and engineering has many experiences because there is much time to meet the student in class, experiment, design drawing, thesis for the master's degree. The professor can't solve the problem using his own experience. Firstly, this paper explains the mental problem of the student. Next, the proper way of coping to the problem is explained. And, it is written how to decrease the stress of the professor. The contents of this paper are composed the mental problem of student and student support by professor.
著者
関口 克明 吉田 燦 吉野 泰子 蜂巣 浩生 川西 利昌 早川 朝康 関口 克明
出版者
日本大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2000

当プロジェクトは中国北西部の広大な黄土高原地域に根づく伝統住居"窰洞"の持続発展可能な近代化に関する研究である。調査対象の窰洞は陜西省延安市棗園村で、現地調査は1998年8月〜2002年1月に6回実施した。1〜3回は既存窰洞を対象とし、4〜5回は新型多層窰洞を対象としてそれぞれ冬季と夏季に実施した。測定内容は窰洞に関する居住環境の意識調査と温熱、音、光、空気質に関する物理量の計測である。生活に対する実態調査とアンケート結果より、・夏涼しく、冬暖かい温熱環境は90%が満足 ・空気質は通風が悪く粉塵が不快(70%) ・光環境に対する不満はない ・外部生活騒音は多少気になる等について確認した。その結果光環境については、昼間は最深部で暗く(昼光率1%未満)夜間照度は部屋中央で101x以下であることから、住民の視力検査とライトシェルフの可能性に関する調査を追加(2000/8)した。温熱環境は部屋全体として熱収支を把握し、具体的な問題点を指摘するため常に空間分布として計測した。測定は室内空気温、壁表面温度と壁体熱流について相関を持たせながら24時間の連続測定を基本とした。空気が乾燥し日較差・年較差の激しい気候のため、ふく射熱の影響を考慮した計測システムを開発して空間分布とベクトル温度による考察を加えた。室内気温は窰洞形式、居住下・無人下によって差はあるが、築年(築100年から築1年の5タイプ)による差はない。外気温との比較により土の保温性能が把握できた。新型窰洞は平地における独立二層型で、北側は換気・採光を考慮した窓開口のある厚い壁(45〜60cm)である。南側サンルームは冬季に効果的を発揮し、既存窟洞に対して明るく暖かな気温を維持するが、冬季の間終日影となる北側壁面からは常に熱流が外向きで壁体の蓄熱効果はないことを示した。また、ベクトル温度計により、気温と壁面温度の較差の様子を示した。