著者
ターン 有加里ジェシカ 村田 光二 唐沢 かおり
出版者
人間環境学研究会
雑誌
人間環境学研究 (ISSN:13485253)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.77-82, 2018 (Released:2018-12-21)

There are a considerable number of cases reported that an ex-convict's children are negatively perceived even though they themselves have not committed a crime. However, there are few quantitative researches and reasons for the negative perception have not been discussed well. This study hypothesized that the negative perception is associative stigma, and a reason for the stigma is genetic essentialism. Associative stigma is the tendency to being stigmatized or devalued based on his or her association with a stigmatized person. Genetic essentialism is the tendency to ascribe genes as a fixed and underlying nature to members of a category. An experiment was conducted, where all the participants were shown two separated vignettes of a middle-aged man who was a murderer, and of a boy who slapped his classmate. Also, the participants were given a minimum amount of information about the relationships between the two protagonists; they were randomly divided into three conditions, Child-by-blood condition (CBB), Child-by-adoption condition (CBA), and Unrelated condition (URL). If the hypothesis is supported, the boy would be perceived negatively most by CBB and least by URL. The results showed that while the boy was perceived more negatively by CBB than by URL when the perception of the middle-aged man, the murderer, was controlled, there was no such difference between CBA and URL. Although there was no difference between CBB and CBA, which contradicts with the hypothesis that genetic essentialism is a reason for the stigma, considering that there was a significant difference only between CBB and URL and not between CBA and URL, there is the possibility of the existence of genetic essentialism.
著者
津村 健太 村田 光二
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.32, no.1, pp.1-9, 2016

<p>After being socially excluded, people try to reconnect with others. Previous research indicated that excluded people show an enhanced ability to distinguish between-category differences relative to within-category differences of group members. It is important that excluded people distinguish in-group members from out-group members to avoid making an unnecessary effort for social reconnection or further ostracism, because in-group members afford more opportunities to reconnect compared with out-group members. We hypothesized that this perceptual change would heighten the perception of the similarity of group members. Participants were included or excluded by Cyberball (a ball-tossing computer game) and constructed imagined histograms of the perceived distribution of members of four groups across a trait dimension. As predicted, social exclusion heightened the participants' perception of the similarity of group members.</p>
著者
村田 光二 道家 瑠見子 樋口 収 桑山 恵真 田戸岡 好香 渡邊 さおり 谷本 奈穂 上林 憲司
出版者
一橋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011-04-01

本研究は、社会的場面における効果的な自己制御過程に影響を及ぼす要因を、実証的に解明することを目的としている。特に、目標葛藤の解決方略、制御資源の枯渇に対抗する方略、意識的抑制に基づくリバウンド効果を低減する方略を中心に実証研究を積み重ねた。その成果として、課題達成目標と誘惑とが葛藤する場面では、対抗的自己制御が働き、課題達成に役立つ人物の評価が高まることを見出した。また、制御資源の枯渇に対して、自己肯定化と解釈レベルを高次にすることの組み合わせが有効であることを再確認した。さらに、嫉妬的ステレオタイプの抑制に伴って生じるリバウンド効果を低減する方策の1つを見出した。
著者
樋口 収 道家 瑠見子 尾崎 由佳 村田 光二
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.148-157, 2011
被引用文献数
1

他者との良好な関係を維持したいという欲求は,根源的なものであるとされる。先行研究では,そのような動機から,被害者は時間の経過とともに加害者を許すことが示されている(Wohl & McGrath, 2007)。このことから,本研究は重要他者との葛藤を思い出したとき,被害者は加害者よりも当該出来事を遠くに感じる可能性について検討した。実験1では,参加者に重要他者との間に起きた過去の葛藤を被害者あるいは加害者の立場から想起させ,当該出来事をどの程度遠くに感じるかに回答させた。その結果,被害者は加害者よりも当該出来事を遠くに感じていた。実験2では,参加者に重要他者あるいは非重要他者との間に起きた葛藤を被害者あるいは加害者の立場から想起させ,当該出来事をどの程度遠くに感じるかに回答させた。その結果,重要他者との葛藤を思い出した場合には被害者の方が加害者よりも出来事を遠くに感じていたが,非重要他者との葛藤を思い出した場合には被害者と加害者の間で有意な差はみられなかった。これらの結果は,仮説と一貫しており,他者との良好な関係を維持したいという欲求が自伝的記憶の再構成に及ぼす影響を議論した。<br>
著者
道家 瑠見子 村田 光二
出版者
The Japanese Group Dynamics Association
雑誌
実験社会心理学研究 (ISSN:03877973)
巻号頁・発行日
vol.48, no.2, pp.150-158, 2009
被引用文献数
2

本研究は,僅差の失敗では予期的後悔が経験後悔よりも過大推測され,インパクト・バイアスが見られることを示したGilbert et al.(2004)の研究を追試し,先行研究と同様の結果を追認した。加えて,本研究では失敗の直後と10分後の2時点で後悔を測定し,後悔の持続時間のインパクト・バイアスについても検討した。参加者は,魅力的な賞品の当たるクイズに参加し,僅差,もしくは大差ではずれた場合の後悔の程度を予測,または報告させた。その際,半数の参加者にはクイズにはずれた直後と10分後の後悔の程度を予期させた。残りの半分の参加者には,直後と10分後に実際に経験した後悔の程度を回答させた。その結果,予想していた通り,クイズにはずれた直後も10分後も僅差条件では,経験後悔よりも予期的後悔の方が程度が大きく,インパクト・バイアスが見られた。他方,大差条件では,経験後悔と予期的後悔の間には差が認められず,インパクト・バイアスが見られなかった。時間経過に伴い,予期的後悔も経験後悔もクイズにはずれた10分後には直後よりも強度が弱まっていた。考察では後悔の持続時間のインパクト・バイアスとそれが消失する条件について議論した。<br>
著者
村田 光二 小森 めぐみ 道家 瑠見子 桑山 恵真 埴田 健司 井上 裕珠 馬場 洋香 田戸岡 好香 渡邊 さおり
出版者
一橋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2007

本研究では、他者の感情を他者がおかれた社会的文脈情報から自発的に推論することを示す実証的証拠を得た。また、状況への注目や音声による情報提示など、この推論を促進する要因について示唆を得た。他方で、後悔感情の予測におけるインパクトバイアスの実証的証拠を示した。また、学業課題におけるポジティブおよびネガティブな感情予測が、後の達成動機づけを強めることをいくつかの現場実験で示した。