著者
村田 陽平
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.75, no.13, pp.813-830, 2002-11-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
45
被引用文献数
2 1

本稿の目的は,従来の地理学ではほとんど検討されてこなかったセクシュアリティの視点に注目して,公共空間における男性という性別の意味を解明することである.日本のセクシュアルマイノリティの言説資料を基に,「外見の性」という性別に関わる概念を分析軸として検討する.まず「外見の性」が現代の公共空間といかに関連しているのかを考察する.次に,男性の「外見の性」に意味付けられる女性への抑圧性を検討し,その意味付けを行っている主体は,女性のみならず男性でもあることを示す.そして,公共空間における男性という性別は,「外見の性」が男性である状態を意味することを明らかにする.この知見は,日本における「女性専用空間」の意味を考える上で有意なものである.
著者
村田 陽平
出版者
一般社団法人 人文地理学会
雑誌
人文地理 (ISSN:00187216)
巻号頁・発行日
vol.52, no.6, pp.533-551, 2000-12-28 (Released:2009-04-28)
参考文献数
80
被引用文献数
4 2

Over the decades since the 1970s, feminist geography has challenged the exclusion of women from the production of geographical knowledge. With the emergence of feminist geography, gender perspectives have attracted considerable attention. However, men who feel alienated by changing gender roles have not received much attention. The purpose of this article is to elucidate the empirical situation of the masculinity of geographical knowledge by highlighting the major characteristics of alienated middle-aged single men in contemporary Japan.In the introductory section, an overview and the significance of feminist geography are discussed. This is followed by a discussion of the importance of men's studies within gender research in geography. The development of men's studies has enabled an interrogation of masculinity from varied angles.The second section is devoted to an explanation of the interview method employed in the article and its limitations. The informants are ten single men, aged 35-64. Their narratives are quoted as evidence of their alienation.The third section interprets the concrete places within which middle-aged single men feel alienated. The specific contents of these places of alienation are presented as follows:1. In rural areas, where they do not play an important role within patriarchy, they are not regarded as 'full-fledged' men.2. At the workplace, where they are unable to participate in male bonding which is a feature of homosocial workspaces.3. At home, where the lack of women results in their homes being labelled as 'dirty', as men are considered to lack the ability to do housework.4. In contemporary gendered urban spaces, where despite an image of these spaces allowing diversity, middle-aged single men feel suppressed.The evidence from the research points to the above four factors being the main considerations underlying the alienation of single and middle-aged men.Based upon the discussion of the preceding sections, the fourth section interprets the meanings of space and place from the standpoint of men who feel alienated, with reference to feminist geography. Firstly, it is noted that place in humanistic geography, which has been criticized by feminist geography as having a masculinist bias, alienates middle-aged single men, as well as women. Moreover, feminist geography points out that the notion of space in Marxist geography is also gendered. This paper draws attention to the fact that gendered space does not privilege all men, but just those men who meet certain conditions of masculinity.The final section discusses the conclusion reached, that hegemonic masculinity in geographical knowledge oppresses not only women, but also men. Therefore, it follows that we need to elucidate differences among men.
著者
村田 陽平
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.165-190, 2012 (Released:2012-03-26)
参考文献数
139

本稿の目的は,現代日本の地域政策において主要な課題の一つである喫煙問題に対して,受動喫煙に苦しむ当事者の視点から,身近な環境問題としての受動喫煙被害の実態を明らかにすることである.2007年から2008年にかけて,タバコ問題に取り組む市民団体等の紹介を経て,東京,名古屋,大阪の三大都市圏において受動喫煙被害の当事者に対する聞き取り調査を実施した.その結果,現代の日本では,さまざまな日常空間において受動喫煙の被害が生じており,それにより少なからず生活に支障をきたしていることが明らかになった.本稿の調査を通じて,日本の受動喫煙対策が不十分であることが導出されるとともに,早急な法的整備などによる社会環境の改善が望まれる.
著者
村田 陽平
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.77, no.7, pp.463-482, 2004-06-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
32
被引用文献数
1

今日の空間論においてジェンダーという視点は注目されつつある一方,男性という主体がその意味を的確に認識しているかは疑問の余地がある.そこで本稿では,男性によってジェンダーの視点を導入して設計されたといわれる岐阜県営住宅「ハイタウン北方・南ブロック」を事例に,この問題を検討した.具体的には,総合プロデューサーの男性建築家,南ブロックの居住者,男性建築家に選定された7名の女性設計者,施工主の岐阜県,という四つのアクターから,この居住空間の実態を分析した.その結果,この居住空間は,ジェンダーの視点を踏まえたものというより,むしろその視点が問題にしてきた男性中心的な発想で生産されたものであることが判明した.このことは,空間論においてジェンダー概念に伴うポジショナリティの意味が,男性という主体に十分に把握されていない表れであると考えられる.
著者
村田 陽平
出版者
The Human Geographical Society of Japan
雑誌
人文地理 (ISSN:00187216)
巻号頁・発行日
vol.57, no.5, pp.532-548, 2005-10-28 (Released:2009-04-28)
参考文献数
56
被引用文献数
1

The consideration of male bodies is a significant issue for gender studies in geography since they are an influential factor in constructing gendered spaces. Few studies, however, have paid attention to male bodies, a fact that contrasts starkly with the amount of attention directed toward female bodies. Thus, the objective of this study is to clarify how male bodies contribute to the construction of gender-differentiated spaces by investigating the representation of tobacco advertisements in Japan.In Japan, smoking is primarily a male behavior; the smoking rate for men is about 47%, whereas that for women is about 12%. This is because Japanese tobacco advertisements tend to represent male bodies and their spaces around them.This study uses Japanese tobacco advertisements in Japanese magazines during 1987-2000. Surveying these advertisements, the following five characteristics were more significantly associated with represented male bodies than with female bodies.First, male bodies are represented with natural scenery whereas female bodies are represented in artificial environments. This implies that male bodies are intended to challenge nature. The images also emphasize the vastness of their space.Second, male bodies are represented with few words, while female bodies are accompanied by many words. This means that male space is emphasized by quiet, dignified male bodies through the elimination of words.Third, male bodies are accompanied by women's eyes. This representation of women gazing deeply at smoking men leads to the acknowledgement of male smoking space. This also means that male space is supported by female bodies.Fourth, male bodies are represented with the gesture of exhaling smoke, whereas such representation of female bodies is controlled. This difference indicates that only males are allowed to control their space by breathing out smoke.Fifth, male bodies are represented with distance between each other, contrary to women's bodies. Male relationships are defined only by their work, women, and smoking in order to bridge the distance.In conclusion, Japanese tobacco advertisements represent male bodies and contribute to the construction of male space as well as suggesting how men's personal space is associated with the wide open spaces. On the other hand, this finding also means the advertisements are prejudiced and biased toward men and the spaces they occupy. Therefore, it follows that we need to elucidate the meanings of "ordinary" male bodies in daily spaces.
著者
村田 陽平
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.75, no.13, pp.813-830, 2002
被引用文献数
1

本稿の目的は,従来の地理学ではほとんど検討されてこなかったセクシュアリティの視点に注目して,公共空間における男性という性別の意味を解明することである.日本のセクシュアルマイノリティの言説資料を基に,「外見の性」という性別に関わる概念を分析軸として検討する.まず「外見の性」が現代の公共空間といかに関連しているのかを考察する.次に,男性の「外見の性」に意味付けられる女性への抑圧性を検討し,その意味付けを行っている主体は,女性のみならず男性でもあることを示す.そして,公共空間における男性という性別は,「外見の性」が男性である状態を意味することを明らかにする.この知見は,日本における「女性専用空間」の意味を考える上で有意なものである.
著者
村田 陽平 埴淵 知哉
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.154-170, 2011 (Released:2011-02-12)
参考文献数
50
被引用文献数
2

本稿は,保健師による地域診断活動の実態を明らかにしながら,健康の地理学の可能性を検討するものである.具体的には,中部地方A地域管内の保健所(2カ所)・市町保健センター(10カ所)の保健師を対象に,2006年10月から2007年2月にかけて地域診断実施に関する半構造化インタビュー調査を実施した.その結果,現状では,多くの保健師が地域診断活動に対して苦手意識を持っており,体系的・理論的レベルにおいて地域診断を十分に実施していないことが明らかになった.一方,暗黙的・経験的なレベルでは,保健師は,地域における人間関係や情報をつなぐ能力を持っていることも導出された.その上で,今後の保健師の地域診断への提言を示し,人間の主観性を射程に入れる健康の地理学の視点が,地域の多様な関係性を結ぶ役割を果たす保健師という専門職の再構築につながることを指摘する.
著者
村田 陽平
出版者
人文地理学会
雑誌
人文地理学会大会 研究発表要旨
巻号頁・発行日
vol.2005, pp.29-29, 2005

最近の人口地理学において,2007年頃から増加する「団塊世代」の定年退職者が老後をどこで生活するのかという問題は、注目すべき課題の一つになっている。そこで本研究では,積極的に移住政策を進め,退職後の移住地として脚光を浴びる北海道伊達市の現状を報告する。伊達市は,道央胆振支庁に位置する人口約3万6千人の地方都市であるが,北海道においては温暖な気候を持つことから,「北の湘南」とも呼ばれている。この伊達市では,2003年度の基準地価上昇率(住宅地)で全国1位を記録したように住宅地開発が盛んに進められており,道内のみならず全国から多くの移住者が集まっている。本報告では,このような移住を大きく支えている伊達市の「伊達ウェルシーランド」構想という政策の現状を紹介したい。