著者
野間口 大 董 春祉 堀之内 貴大 藤田 喜久雄
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.854, pp.17-00167-17-00167, 2017 (Released:2017-10-25)
参考文献数
18

The product design project includes many uncertainties. It causes risk that a project target cannot be accompolished within lead time. In order to flexibly handle the uncertainty and avoid the risk, adaptive planning that can switch easily to another plan by preparing options for a task is needed. When a challenging design alternative is difficult to be accompolished, a project manager should decide either to continue the design taking a risk or to switch to a conservative alternative disliking a risk. This paper proposes a new optimization-based project planning method that aims at a Pareto-optimal of the potential technical performane of designed product and a project failure risk. A task option model is employed for risk assesment of option-based project management. As its planning includes a number of various design variables and various evaluation indices, in order to solve such a complicated problem with a reasonable computation cost, this research separates the optimization problem into two phases, i.e., (i) defining of process architecture and organization structure and (ii) scheduling of resource allocation into activities. This paper demonstrates its application to a student formula design project. A proposed optimization method facilitates a project manager to explore various process plans with assessing their risks.
著者
藤田 喜久
出版者
日本甲殻類学会
雑誌
Cancer : 会員連絡誌 (ISSN:09181989)
巻号頁・発行日
no.19, pp.41-51, 2010-05-01
被引用文献数
2 or 0
著者
野間口 大 中切 拓 藤田 喜久雄
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
vol.83, no.853, pp.17-00122-17-00122, 2017 (Released:2017-09-25)
参考文献数
22

Generation of new concepts in product design process serves as driving force of innovation. While many methods have been proposed for supporting design concept generation, it has rarely been supported in a systematic way, because its process is done in designer's implicit thought, and therefore, it is difficult to explicitly formalize the process. This paper proposes a model of designers' thinking process in concept generation called ECF cycle. It consists of three steps, i.e., (1) Externalization: the step for representing design concepts with drawings and language, (2) Classification: the step for classifying concepts with function trees, and (3) Finding voids: the step for finding potentials of new concepts called void, which is a defect of the classification. Then, this research builds a new method of concept generation incorporating the theory of solving inventive problems (TRIZ). The method is based on a quick reference table of TRIZ principles, which helps designers to create a new concept corresponding to a void found by ECF cycle. A case study of concept generation of new running shoes is demonstrated in order to verify the ability of the proposed method.
著者
野間口 大 中切 拓 藤田 喜久雄
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 (ISSN:21879761)
巻号頁・発行日
(Released:2017-09-19)
参考文献数
22

Generation of new concepts in product design process serves as driving force of innovation. While many methods have been proposed for supporting design concept generation, it has rarely been supported in a systematic way, because its process is done in designer's implicit thought, and therefore, it is difficult to explicitly formalize the process. This paper proposes a model of designers' thinking process in concept generation called ECF cycle. It consists of three steps, i.e., (1) Externalization: the step for representing design concepts with drawings and language, (2) Classification: the step for classifying concepts with function trees, and (3) Finding voids: the step for finding potentials of new concepts called void, which is a defect of the classification. Then, this research builds a new method of concept generation incorporating the theory of solving inventive problems (TRIZ). The method is based on a quick reference table of TRIZ principles, which helps designers to create a new concept corresponding to a void found by ECF cycle. A case study of concept generation of new running shoes is demonstrated in order to verify the ability of the proposed method.
著者
藤田 喜久
出版者
日本甲殻類学会
雑誌
Cancer : 会員連絡誌 (ISSN:09181989)
巻号頁・発行日
no.16, pp.11-16, 2007-05-01
参考文献数
30
著者
古藤田 喜久雄 若松 加寿江
出版者
公益社団法人地盤工学会
雑誌
土と基礎 (ISSN:00413798)
巻号頁・発行日
vol.36, no.12, pp.p19-24,図巻頭2p, 1988-12
被引用文献数
3 or 0
著者
藤田 喜久
出版者
社団法人日本産科婦人科学会
雑誌
日本産科婦人科學會雜誌 (ISSN:03009165)
巻号頁・発行日
vol.21, no.12, pp.1377-1386, 1969-12-01

妊婦尿中に著増するestrogenは胎児副腎から分泌されるdehydroepiandrosterone(以下DHEAと略す)を材料として胎盤で主として産生される.このDHEAの胎児副腎からの分泌調節機序解明の為,生後数日間の新生児にACTH,HCG,dexamethasoneなどを負荷し,その前後の尿中DHEAの排泄量及びPorter-Silber chromogen(以下PSCと略す)排泄量をも測定し,比較検討した.DHEAの測定法についてはColasの方法にアルカリ洗浄による尿色素の除去及びisotope dilution法を導入改良検討してその精度を高めることが出来た.即ち本法による最低測定限界は5μg,回収率は80%であつた.薄層クロマト上のRf値及び硫酸発色による吸収spectrumの検定によりDHEAであると同定した.本実験結果から1)新生児の尿中DHEA及びPSC排泄量は出生後数日間は余り変化がなく,この時期では副腎胎児層の退縮はいまだ軽微であることが示唆された.2)ACTH投与群ではDHEA測定値は222μg/dayより939μg/day(P>0.06)に,PSCは224μg/dayより1451μg/day(P>0.02)といずれも著増な示し,dexamethasone投与群ではDHEAは279μg/dayより63μg/day(p>0.02)と著減し,PSCも270μg/dayに比し162μg/day(P>0.06)と減少した.これらのことから,胎児副腎の内分泌機能はACTHの調節下にあるものと思われ,HCGに関しては投与前後において両ステロイド共変化がみられなかつたことから,その調節因子としての意義を持たないことが示唆された.
著者
藤田 喜久
出版者
国立大学法人琉球大学
雑誌
奨励研究
巻号頁・発行日
2009 (Released:2009-04-01)

本研究では,海岸飛沫転石帯における十脚甲殻類相の解明とその生息状況を明らかにするための野外調査と,飛沫転石帯環境の保全に関する教育普及啓発活動を行った.本研究期間中に,宮古島,石垣島、竹富島,波照間島,鳩間島,西表島を調査した.1.海岸飛沫転石帯における十脚甲殻類の生息状況調査各島の海岸の飛沫転石帯において,十脚甲殻類を採集するための定量的・定性的調査を実施した.その結果,12種(ナキオカヤドカリ,ムラサキオカヤドカリ,オオナキオカヤドカリ,ヤシガニ,ヤエヤマヒメオカガニ,ヒメオカガニ,ムラサキオカガニ,イワトビベンケイガニ,ハマベンケイガニ,ハワイベンケイガニ,カクレイワガニ,オオカクレイワガニ)の十脚甲殻類を採集した.なお,オカヤドカリ類は天然記念物であるため,種を確認した後に逃がした.竹富島・波照間島・鳩間島の各島では,従来,飛沫転石帯の十脚甲殻類相調査が全くおこなわれておらず,多くの初記録種を得た.2.飛沫転石帯環境の保全に関する普及啓発活動飛沫転石帯環境の重要性についての普及啓発を図るため,野外調査機会を利用して,調査地住民への教育普及啓発活動を実施した.具体的には,野外調査の際に,地域住民の方々に案内してもらいつつ調査を行った.また,2009年7月22日~8月30日に宮古島市総合博物館において実施された企画展「マクガン(ヤシガニ)と人の暮らし」の製作を担当し,ヤシガニの幼少時代の生息地である海岸飛沫転石帯について紹介した.さらに,宮古島の地元新聞である「宮古新報」に飛沫転石帯に生息するカニ類の紹介をした(2010年2月3日,2月24日掲載)
著者
藤田 喜久
出版者
国立大学法人琉球大学
雑誌
奨励研究
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

本研究では,沖縄県下の離島地域に生息するヤシガニ資源の保全を目的として,1)離島地域におけるヤシガニの生息状況調査,2)野外調査機会を利用したヤシガニ資源保全に関する教育啓発,を行った.1) 沖縄県下の離島地域におけるヤシガニの生息状況調査沖縄県下の各島におけるヤシガニの生息状況を解明するため,南大東島,宮古島,多良間島,波照間島において,(1)海岸部におけるヤシガニ小型個体の生息状況調査と,(2)夜間踏査によるヤシガニの生息状況調査を行った.宮古島,多良間島,波照間島の3島におけるヤシガニの個体数は,宮古島では南部および北西部の海岸,多良間島では北部海岸,波照間島では北部および南西部の海岸で,それぞれ多く見られ,今後,これらの地域で特に資源の保全を図る必要があると思われた.特に,多良間島での個体数は極めて多く,夏期の調査では2kgを超える大型個体も複数観察された.また,宮古島と多良間島の海岸において,飛沫転石帯の転石下より甲長2cm未満の小型ヤシガニを複数個体(宮古島1個体,多良間島3個体)発見した.一方,南大東島では,ヤシガニ個体は洞穴内にてわずか1個体しか発見できず,資源量が激減している可能性が示唆された.2) 野外調査機会を利用したヤシガニ資源保全に関する教育啓発野外調査のために離島地域を訪れた際に,地域の博物館や公民館等(南大東島島まるごと館,宮古島市総博物館,多良間村ふるさと民俗学習館,波照間公民館)において,ヤシガニについての聞き取り調査を兼ねた談話を行った.特筆すべきは,宮古島市総合博物館との2度の協議により,2009年7月21日~8月30目に「ヤシガニと人の暮らし展」が開催されることが決定したことである.本研究の過程でヤシガニの様々な生態資料(写真,動画)が集まったので,それらを有効に活用することができると思われる.
著者
古藤田 喜久雄
出版者
公益社団法人地盤工学会
雑誌
土質工学会論文報告集 (ISSN:03851621)
巻号頁・発行日
vol.14, no.3, 1974-09-15

最近の山留め工法の特長は無音無振動施工法でありつぎのような工法がある。場所打ちグイまたはモルタル注入グイ柱列, 土グイと建込み既製グイ併用, 建込み鋼管グイ柱列, 特殊建込みPCグイ柱列, RC造り連続地下壁など, これを本体工事の一部に使用する際にはつぎの点の検討が必要である。泥水中コンクリートの品質と鉄筋付着強度, 地下壁と本体の接続部(シャコネクターおよび鉄筋の溶接), 施工中に生じる残留応力および変形, 施工精度, 設計断面の確保, 各壁体エレメント間に付着する泥水被膜など。さらにこれをピヤと兼用する際にはつぎの点についても検討しなければならない。布状ピヤの支持力および沈下性状, 内柱基礎との支持力および沈下性状の相違, 地下壁に作用する偏心荷重の処理, 壁底に沈積するスライムの除去など。新工法の開発に際しては事前の載荷試験を行なうほか, 実際工事においても実験を繰返し, 経験を積み重ねて行く必要がある。日本建築センターに申請中のものに清水建設, 大林組, フジタ工業, 竹中工務店などの工法があり, その他の会社でも独自の研究開発が進められている。