著者
二井 將光
雑誌
生化学 (ISSN:00371017)
巻号頁・発行日
vol.79, no.5, 2007-05-25
著者
赤塚 若樹
出版者
東京大学
雑誌
Slavistika : 東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室年報
巻号頁・発行日
vol.14, pp.95-109, 1999-03-31

その後の研究から大幅な改訂の必要が認められたこと,また改訂版を自著に収めたことを理由に著者が削除を希望したため。
著者
藤原 暁宏 石水 隆 井上 美智子 増澤 利光 藤原 秀雄
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]
巻号頁・発行日
vol.98, no.30, pp.129-136, 1998-03-23

本稿では, 近年注目されている並列計算モデルであるCGMモデル及びBSPモデル上で, 要素数nの選択及びソートを行う決定性の並列アルゴリズムを提案する.まず最初に, 内部計算時間がO(n/p)時間, 通信ラウンド数がO(min(log p, loglog n)のコスト最適な選択を行う並列アルゴリズムを提案する.次に内部計算時間がO(n/p log p)時間, 定数通信ラウンド数の通信ラウンド数が最適な並列アルゴリズムを提案する.上記の2つのアルゴリズムは, n/p≥P^εかつε>0を満たすプロセッサ数pに対して動作する.最後に, 2つ目の選択アルゴリズムの拡張として, n/p≥P^2を満たすpに対して, O(n/p log n)時間, 定数通信ラウンド数でソートを行うアルゴリズムを提案する.
著者
高木 英至
出版者
埼玉大学教養学部
雑誌
埼玉大学紀要 教養学部 (ISSN:1349824X)
巻号頁・発行日
vol.46, no.2, pp.133-141, 2010

高木(1992b,1993)では外見的魅力、態度の類似性、報酬履歴に基づいて恋愛関係が形成されるという前提に基づき、恋愛関係形成の計算モデルを構築した。本研究は、基本的にこのモデルを前提とし、新たなプログラミング環境に適合したコード化をしつつ、距離空間を導入した新たなモデルを構築する。距離空間の導入により、対人関係の古典的説明要因である近接性(proximity)をモデルの中で考慮することが可能になる。そしてこのモデルの実行による試験的なシミュレーション試行を実施する。シミュレーションから次の傾向が確認できた。1)成立するデート関係および婚約関係は、距離の導入によって近隣で生じるようになる。2)距離を導入した場合、デート関係の場合より近隣で婚姻関係が生じるようになる。3)距離の導入により外見の良い相手を求める傾向が阻害される半面、高い態度類似性をパートナー間で実現する傾向が生じる。4)位置によって相手の選択が分岐し、中心的位置にあるエージェントは周辺的な位置にある場合より態度類似性が高いパートナーを見出しやすい。これらのシミュレーション結果の含意と、今後の研究の展開を議論する。
著者
加藤 幹郎
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
1996 (Released:1996-04-01)

映画は、今年一九九五年で満百歳をむかえる。しかし、これは映画が発明されて百年になるという意味ではない。映画を撮影鑑賞するのに必要な機材は、一八九五年以前にすでに実用化されている。では今年を映画生誕百年と呼ぶのは、どういうことなのか。それは映画が今日の上映形態に近いかたちで、初めて公共の場所でスクリーンに投影され、それを見るために一般の観客が入場料をしはらって一堂に会したのが、ちょうど百年前のことになるということである。つまり映画が、のちに映画館と呼びうるような場所で公開された一八九五年を、映画元年としているのである。今日さまざまな種類の映画史が書かれ、映画の歴史は映画作品の歴史、映画作家や映画製作会社の歴史、あるいは映画技術の歴史として広く知られている。しかるに、われわれは肝腎なことをまだよく知らないでいる。それが映画館の歴史であり、映画館をにぎわせた観客の歴史である。だれがどのようにして映画をつくったのかという歴史は、比較的多くの研究者によって解明されている。しかし、だれがどのような場所で映画を見せたのかという歴史、そして観客がどのように映画を享受したのかという歴史は、いまだに不分明な点が多い。括弧つきとはいえ、「映画館」生誕百年を祝う今年は、劇場とそこにつどう観客の歴史の研究元年としなければならないだろう。
著者
Kogoma Masuhiro Takeda Atsushi Tanaka Kunihiko
出版者
The Institute of Electrical Engineers of Japan
雑誌
電気学会論文誌. A, 基礎・材料・共通部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A, A publication of Fundamentals and Materials Society (ISSN:03854205)
巻号頁・発行日
vol.127, no.7, pp.417-422, 2007-07-01
被引用文献数
1

Fe oxide-coated TiO<sub>2</sub> particles for UV protection cosmetics were produced by means of atmospheric pressure glow discharge using IAA(Iron acethyl acetonato). The particles were also coated by a silica protection layer. To examine the UV catalytic ability of Fe oxide -coated TiO<sub>2</sub>, we measured a squalene that contained the powders by GCMS for the gas products after the squalene had been irradiated by a Xe lamp for one hour. Using silica-coated TiO<sub>2</sub> that was coated by Fe oxide, we find almost no signals from any harmful organic oxides in the GC-MS spectra of the UV irradiated squalene. The multi- coated powder shows very fine and flesh like-color with pearl-like glowing.
著者
酒井 利奈 糸満 盛憲 根武谷 吾 馬渕 清資
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.210-218, 2005-11-01
参考文献数
18
被引用文献数
4 2

セメントレス人工股関節の初期固定においては,広範囲・低応力接触が重要と考えられている.一方,工学分野においては,力学的安定状態は三点固定に代表される接触部の制限が望ましいと考えられている.これは相反する理念であり,人工関節の強固な固定を実現するためには,ステム上の適切な部位に制限した接触を目指すべきである.広範囲接触を求めた場合,固定部位が流動的に動く危険性があるからである.本研究においては,対象として固定法の概念が特徴的である既存の3種類の人工股関節PerFix SV^[○!R](JMM, JPN), IMC^[○!R](JMM, JPN), VerSys^[○!R](Zimmer, USA)を用い応力解析と応力測定を行い固定法の評価を行った.生物学的な固定に到達する以前の初期段階においては,近位部に流動的でない応力分布を有することが望ましい.従来一般に信じられている低応力という基準は改めるべきである.
著者
古橋 亮慈 中尾 彰宏
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム (ISSN:09135685)
巻号頁・発行日
vol.110, no.286, pp.93-98, 2010-11-11

近年,グラウドコンピューティング・プラットフォームへのアクセスの効率化と堅牢性向上のため,パケットキャッシングや高機能ルーティングなどに代表される広域協調パケット処理に向けた,ネットワーク資源のスライス化が注目されつつある.広域協調パケット処理実現のための要件としては,(1)パケット処理の広域協調,(2)性能分離を伴うトラヒック分類,(3)スライス間干渉回避の3点が挙げられる.本稿では,性能およびセキュリティ分離を伴う広域協調パケット処理機構"OpenTag"を提案する.また,OpenTag機構がハイエンド・ルータに搭載された際に,10-Gbps 以上の転送レートを達成し,プロダクション環境で実運用可能であることを示す.
著者
五島 利兵衛
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
研究報告集. 計画系
巻号頁・発行日
no.56, pp.229-232, 1985-07-10

ロマネスク建築の特徴は1.正方形ベイ・システム、2.支柱の強弱システム、3.四周アーチ又は横断アーチ・システムにある。正方形システムは平面・立面両方に適用できるので正方形空間システムと言いかえることができる。その基礎単位が立方体の正方形空間である。また、身廊と側廊では辺長で2:1の関係であるが、これは、空間単位の大きさが異なると考えればよい。支柱のシステムは、正方形空間の縦の稜線のシステムに還元でき、その強弱システムは、単位空間の大小の違いからくる稜線の組み合わせシステムと考えられる。四周アーチは正方形空間の上面四稜線がアーチ化されたものと考えられる。横断アーチは、そのうち2つのみがアーチ化されたと考えられる。かくして、ロマネスク建築の架橋法は、究極的に正方形空間システムによる構成に還元して考えることができる。本稿は正方形空間システムの原理を考察することによってロマネスク架構法の多様性-空間構成やヴォールト形態、及びアーチ・支柱システム(側廊上階の対横圧支持機能を含む)の多様性を統一的に把握し、根源的架構法-アーチ・ヴォールトの分蓋問題(次稿)への基礎的作業を行なう。
著者
磯部 稔 Uyakul D. 高橋 宏幸 後藤 俊夫
出版者
天然有機化合物討論会
雑誌
天然有機化合物討論会講演要旨集
巻号頁・発行日
no.31, pp.396-403, 1989-09-17

Lampteroflavin (1), a riboflavin α-D-riboside was isolated in extraordinary small amount from the luminous mushroom, Lampteromyces japonicus (Fig 1), which was available only two weeks in a year. Extraction method was improved to utilize only alive gills under aeration instead of using the whole body (Fig 3), and the method was established as Scheme 1. It's structure has been elucidated by chromatographic and spectroscopic analyses(1). It's fluorescence spectrum was identical to the bioluminescence spectrum of the mushroom, having maximum at 524nm (Fig 2). We concluded that 1 was responsible to the bioluminescence mechanism as the light emitter, since 1 was only the fluorescent constituent in fresh gills. Previous report that illudin S (lampterol) or ergosta-4,6,8(14),22-tetraen-3-one(2) could be the emitter is thus unlikely judging from the weak fluorescent intensity and the different maximum wavelength from that of mush-room bioluminescence. Lampteroflavin (Table 1) was hydrolyzed with dil. mineral acid to give riboflavin and D-ribose. Riboflavin was identified by HPLC, ^1H NMR, UV, Fluorescence and FAB mass spectrometry. D-ribose was acetylated and then confirmed by ^1H NMR, CD and tandem mass spectrometry. Riboflavin and D-ribose was connected together with α-glycosidic linkage which was determined by ^<13>C NMR of the anomeric carbon (δ=103.2ppm)(3), NOSEY spectrum (H-1" being close to H-3" and H-5') and ^1H NMR pattern of anomeric proton. The total structure of lampteroflavin was confirmed through its chemical synthesis.
著者
高橋 菜奈子
出版者
大学図書館研究編集委員会
雑誌
大学図書館研究 (ISSN:03860507)
巻号頁・発行日
vol.80, pp.65-73, 2007-08

一橋大学附属図書館で行なったハングル図書の遡及入力を素材として,NACSIS-CAT における韓国・朝鮮人名の著者名典拠の同定作業について報告する。著者名典拠とのリンク率が低いこと,その原因として同姓同名や同音異名,別名表記によるリンク形成の困難さが指摘できる。リンクを形成するにはその著者の著作,漢字表記,学位・学歴情報が同定根拠として有効であることも明らかになった。各機関が著者名リンクを放棄しないこと, 手元の図書から判明する情報を追加していくことの重要性を指摘した。
著者
全 炳河 徳田 恵一 北村 正
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 (ISSN:09151923)
巻号頁・発行日
vol.87, no.8, pp.1593-1602, 2004-08-01
被引用文献数
1

近年,連続音声認識システムにおける音響モデルとして,前後の音素環境を考慮した音素コンテクスト依存隠れマルコフモデルが広く利用されている.音素コンテクスト依存隠れマルコフモデルを利用する場合,総モデル数が増加し,システムが非常に多くの自由パラメータを含むことになるため,統計的に信頼できるパラメータを推定することが困難になる.このため,様々なパラメータ共有手法が提案されており,中でも音素決定木に基づく状態共有法は,優れた解決法の一つである.しかし,状態単位の共有構造では特徴ベクトルの全次元に同一の共有構造を構築するため,各特徴量に対し,異なる共有構造を構築できない,適切なパラメータ数を割当てることができない,といった問題点がある.本論文では,記述長最小化基準に基づく次元分割法を導入することにより音素決定木を拡張した,音素・次元決定木を提案する.更に,状態位置に関する分割条件を加え,音素コンテクスト・次元・状態位置を決定木に基づき同時にクラスタリングする手法を提案する.不特定話者連続音声認識実験の結果,提案法は従来の音素決定木に基づく状態共有法と比較して13〜15%誤り率を削減することが示された.