著者
世良 至 殿垣内 正人 川井田 実
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木学会論文集 (ISSN:02897806)
巻号頁・発行日
vol.1993, no.468, pp.57-66, 1993-06-20 (Released:2010-08-24)
参考文献数
9

本論文は25~28年観測された軟弱地盤上の高速道路盛土について長期沈下の実態を示すとともに, 将来沈下予測について, 考察を加えた.厚い海成粘土の一次圧密終期と二次圧密量について検討した. 一次圧密終期に収束がやや遅れるのは, 圧密過程で圧密係数が変化 (減少) するためと考えた. 二次圧密量は僅かで実務上はほとんど無視できるとしている. 将来沈下は長期観測による沈下速度で管理する手法が有効であるとし, 残留沈下を推定する手法の提案とその実用性を述べた.
著者
梶 克彦 磯村 奎介 高井 飛翔
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.62, no.1, pp.235-245, 2021-01-15

歩行者のステップ認識は,屋内位置推定の一手法である歩行者自立航法(PDR)の構成要素として利用されているほか,歩数計・活動量計といったヘルスケアアプリケーションの根幹を担っている.ステップ認識には,歩行の際にセンサ信号が顕著に周期的な変化を示す加速度センサを用いるのが一般的である.我々はその代替として,角速度や磁気センサによって腰回転をとらえてステップ認識を行う手法を提案してきた.本稿では気圧センサを利用したステップの認識を行う手法について提案する.我々はスマートフォンを手持ちして意識的に腕振りをした場合,密閉型の腰巻きケースにスマートフォンを装着した場合,ズボンのポケットに装着した場合などについて,気圧センサの値が歩行にともなって周期的に変化する現象を発見した.この周期的な変化を,デジタルフィルタ・極値発見・閾値処理といった単純なアルゴリズムでとらえてステップ認識を行う.評価実験によって,推定誤差7.5%程度のステップ推定が可能であると確認できた.このような代替センサによるセンシングは,デバイスやシステム構成時に必要となるセンサ数の削減による省電力化,デバイス小型化,コンピュータリソースの開放につながる.たとえば活動量計は歩数や階段昇降といった情報から計算できるため,従来の活動量計はステップを加速度センサから取得し階段昇降は気圧センサから取得するが,本研究の成果を導入すれば,気圧センサのみによる活動量計の実現が期待できる.
著者
立川 陽仁
出版者
日本文化人類学会
雑誌
民族學研究 (ISSN:00215023)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.1-22, 1999

カナダ, 太平洋沿岸部の先住民族クワクワカワクゥ(クワキウトル)の「貴族層」が経験した植民地統治期における権威の衰退は, これまでの研究においては政治・経済的要因によるものと前提されてきた。つまり, 貨幣経済の浸透によって「貴族」と「平民」の経済的格差が埋まり, あるいは新たなリーダーが誕生したために「伝統」的な貴族の権威が相対化され, かつそれらのリーダーたちによって貴族の役割が剥奪されたと想定されてきたのである。しかしながら, 実際には, これらの貴族は宗教・象徴的な次元においても権威を保持していたのである。このような宗教・象徴的権威の拠り所となるのがクワクワカワクゥ独自の世界観によって「神聖」さを与えられてきたランクであり, 貴族とはその所有者なのであった。本稿は, そのような宗教・象徴的な権威がいかにして植民地統治期に凋落していったのかを探ろうとするものである。具体的には, ポトラッチにおけるヨーロッパ物資の採用や, 天然痘などの疫病の流行がクワクワカワクゥの世界観およびランクの衰退にどのような影響を及ぼしたのかを考察し, 最後に貴族による「抵抗」の手段としてのポトラッチの変化について述べることにしたい。
著者
熊澤 貴之 木村 明日香 一ノ瀬 彩
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.81, no.730, pp.2673-2682, 2016 (Released:2016-12-30)
参考文献数
20
被引用文献数
2

The present study investigated the natural environment, including factors such as food and landscape, as a case study for dried potato production in Hitachinaka City, Ibaraki, Japan. The specific regional production environment and production behavior involved in agriculture and food production was considered. The production environment included the subsistence history, terrain, climate, soil, and land use. Production behavior included food production processes and agricultural living conditions. In addition, a community-building method based on the natural environment was developed considering these elements to preserve the cultural landscape. To achieve this, agricultural land use was assessed, and a questionnaire was developed to interview farmers and related organizations. Surveys revealed that the environmental factors considered for suitable production and cultivation conditions included the sea breeze from the Pacific Ocean coast, dry and sunny winter, black soil, drying space for potatoes, and subsistence of sideline and core businesses. From the survey, the important factors for production behavior included the slicing and arranging of potatoes, cultivation of Tamayutaka seeds, seedling cultivation in Satsumashiro, hanging out in sunlight, collaboration between farmers and short-term employers, and steam rising from the workplace on winter mornings. Finally, it is important to clarify the terroir of these foods and the landscape. A community-building method for effective dried potato production was developed based on survey results to include human resource development to relate food production and the landscape, to construct a collaborative platform to share images of food and scenery, to consider a regional coordinator, and to study information transmission techniques.
著者
福田 友美子 森本 行雄 四日市 章
出版者
Japan Audiological Society
雑誌
AUDIOLOGY JAPAN (ISSN:03038106)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.229-235, 1994-06-30 (Released:2010-04-30)
参考文献数
3
被引用文献数
1

現在の日本社会における聴覚障害者のコミュニケーション手段の使用に関して, 先天性の重度聴覚障害者の集団を対象にして, 郵便によるアンケート調査を行った。 3740通の質問紙を発送したのに対して回答数は1696通で, 回答率は45%であった。 その結果次のことがわかった。1. コミュニケーションの相手によって, 異なったコミュニケーション手段を用いていた。2. 音声言語でのコミュニケーションが要求される場面では, 筆談を用いているものが多かった。3. コミュニケーションの手段として, 手話が最も有効であり, 続いて指文字・読話・補聴器の順に有効性が高いという判断がなされていた。4. 先天性の聴覚障害者であっても, 情報補償の方法として, 手話だけでなく文字による補償への希望も同様に多かった。
出版者
国立国会図書館
巻号頁・発行日
no.(219), 2018-08
著者
金澤 潤一郎 榎本 恭介 鈴木 郁弥 荒井 弘和
出版者
一般社団法人 日本心身医学会
雑誌
心身医学 (ISSN:03850307)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.47-51, 2019 (Released:2019-01-01)
参考文献数
9

大学生アスリートを対象としてADHD症状と海外で最も研究が進んでいる脳震盪経験との関連について検討した. その結果, 第一にADHD症状が陽性となった大学生アスリートは27.9%であった. 第二にADHD症状がスクリーニング調査によって陽性となった場合, 脳震盪経験が高まることが示された (β=0.25, p<0.05). これらの結果から, スポーツ領域においても脳震盪の予防や対応の観点からコーチやアスリート支援をしている心理士などに対してADHDについての知識の普及が必要となる. さらに大学生アスリートは学生であることから, 脳震盪からの復帰の際には, 競技面と学業面の両側面からの段階的復帰を考慮する必要がある.
出版者
日経BP社
雑誌
日経アーキテクチュア (ISSN:03850870)
巻号頁・発行日
no.1096, pp.20-29, 2017-05-25

1日に1万人以上が利用する太田駅だが、周辺は衰退が進み、時間を過ごせる場所やカフェが欲しいという声が市民から出ていた。そこで、太田市は、にぎわいを呼び戻す拠点として、初の市立美術館と、5つ目の市立図書館が入る複合施設を計画した。 「1㎞ほど南…
著者
宮武 朗子 鈴木 信子 松井 豊 井上 果子
出版者
横浜国立大学
雑誌
横浜国立大学教育紀要 (ISSN:05135656)
巻号頁・発行日
vol.36, pp.173-196, 1996-11

Empirical studies regarding the romantic love among the junior high school students are rare, limited to sex attitude and sexual behaviour and not to the affection nor to the awareness of romantic love. Moreover there is no study of the junior high school teachers' view of romantic love of their students. This report is part of a larger research regarding romantic love of the junior high school students. It presents the initial finding of affection, attitudes, bonding style, desires, reality and wishes of romantic love among the students. The first survey is interview conducted to 6 teachers, focused on their view of the romantic love of their students. Based on the results, the questionnaire for the second survey were prepared. In the second survey, the questionnaire were administered to 699 junior high school students. Results show that the junior high school students are aware enough that generally the romantic love of couples of their age aren't associated with the sex behaviour nor marriage, but in contrast to this awareness, personally, they wish to get married and realize the sexual desire as their longing for the romantic love is intense. Results demonstrate the gap between the general common sense and the personal wishes of the students. Next junior high school teachers view their students romantic love as non lasting, while students wish to live with, get married to and perpetuate the steady relation with the loving partner. This fact is unrecognized by their teachers. Third, the junior high school students romantic love is mostly one-sided. Fourth, as far as romantic love is concerned, boys of this age are less active than girls.
著者
柴原 直利 嶋田 豊 伊藤 隆 新谷 卓弘 喜多 敏明 後藤 博三 寺澤 捷年
出版者
The Japan Society for Oriental Medicine
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.43-50, 2000-07-20 (Released:2010-03-12)
参考文献数
20

C型慢性肝炎は高率に肝硬変症へと進展し, 自然治癒の可能性は非常に低いとされている。筆者らは, 和漢薬治療によりC型肝炎ウイルスが消失したC型慢性肝炎の一例を経験した。症例は37歳の女性。1982年の第一子出産時に輸血を受けた。1983年1月頃に全身倦怠感を自覚し, 慢性肝炎と診断され治療を受けていた。1988年に肝生検により慢性活動性肝炎と診断され, 同年5月に当科を受診した。初診時より補中益気湯・桂枝茯苓丸を併用投与し, 自覚症状は改善したが, ALT値は不変であった。しかし, 柴胡桂枝湯合当帰芍薬散投与後より徐々にALT値に改善が得られ, 加味逍遥散料に転方した1996年5月以降は正常化した。ウイルス学的検査においては, 柴胡桂枝湯合当帰芍薬散投与中である1995年3月に測定したHCV RNA定量では104 Kcopies/mlを示したが, 1998年4月以降は検出感度以下となった。
著者
髙森 寛
出版者
日本リアルオプション学会
雑誌
リアルオプションと戦略 (ISSN:21896585)
巻号頁・発行日
vol.11, no.2, pp.59, 2020 (Released:2020-10-30)

本書は、その題名「投資戦略の数理モデル」が表しているように、「投資」という人間の基本的な、かつ普遍的な行為に関わる「戦略」なるものを扱い、また、その数理モデルへの水先案内をねらいとしている。 特に、投資の戦略については、近年、「リアルオプション」なる考え方が、個人の行動や、経営、経済の諸分野で、実践され、研究され、また、話題になっているが、本書は、このリアルオプションなるものを、数理的に、整合性のある体系化されたモデルとして、纏めている。
著者
田村 行弘 真木 俊夫 嶋村 保洋 西垣 進 直井 家壽太
出版者
Japanese Society for Food Hygiene and Safety
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.20, no.3, pp.173-180, 1979-06-05 (Released:2010-03-01)
参考文献数
22
被引用文献数
9 8

In 1977, there was an outbreak of photosensitivity dermatitis by among persons who had ingested a certain brand of chlorella tablets. At least 23 patients were identified in and around the Tokyo metropolitan area.The unconsumed chlorella tablets collected from these patients invariably induced photosensitivity dermatitis in mice. These chlorella tablets contained large amounts of pheophorbide and its ester, which are well-known phototoxic pigments derived from chlorophyll, while chlorella tablets from another maker, which contained less than a tenth as much pheophorbide induced no photosensitivity lesion in mice.Furthermore, a linear dose response relationship was observed between the severity of photosensitivity dermatitis in experimental animals and the content of pheophorbide in chlorella administered. However, the reaction induced by pheophorbide extracted from the suspect chlorella was weaker than that induced by the original chlorella sample.It was confimed that ethanol, used in forming granules of chlorella before pelleting, activates chlorophyllase, which in turn hydrolyzes chlorophyll naturally contained in chlorella into pheophorbide and its ester.We concluded that the photosensitivity dermatitis was caused by the chlorella tablets, which had been treated with ethanol. We believe that pheophorbide and its ester found in large amount in these tablets, have played a major role in inducing the photosensitivity dermatitis.