著者
東京市商工課 編
出版者
東京市
巻号頁・発行日
vol.前編, 1930
著者
渡辺 恒夫
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
vol.68, no.6, pp.478-483, 1998-02-28 (Released:2010-07-16)
被引用数
6 or 0

Having defined the distinction between hypnagogic imagery and dreams, a preliminary study on the individual differences in the experience of visual hypnagogic imagery was conducted. (1) A questionnaire on visual hypnagogic experience was administered to 796 students. The results suggested that previous researches on the incidence of this experience might have suffered from ambiguous definitions. (2) The Scale of Mental Imagery (Hasegawa, 1992) was administered to 330 of the same students, Eysenck Personality Questionnaire to 305 students, and S-A Creativity Test (Sozosei-shinri-kenkyukai, 1969) to 221 students. The frequency of hypnagogic experiences was significantly associated with the scores of “the vividness of mental imagery”, “neuroticism”, and “creativity”. (3) Based on these results, a proposed research problem on hypnagogic imagery was discussed.
著者
木村 有美子
出版者
大阪樟蔭女子大学
雑誌
樟蔭国文学 (ISSN:03898792)
巻号頁・発行日
vol.23, pp.55-71, 1986-01-10
著者
金子 真理子
出版者
日本教育社会学会
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.65, pp.69-89, 1999-10-15 (Released:2011-03-18)

This paper analyzes the processes in the classroom, in which the teacher's evaluation affects pupils' involvement in various activities at school. In this paper, I aim to understand social meanings of evaluation in the classroom. In so doing, I hope to shed new light on the sociology of school.Based on ethnographic research conducted at an elementary school, I found the following:1) Among pupils, their recognition of teacher's evaluation is differentiated, because evaluation in the classroom is getting multifarious and the criteria of report cards are not open to pupils.2) Patterns of pupils' reaction to the teacher's evaluation are differentiated based on both “pupils' recognition” and “grades on test”. Differentiation of pupils' reaction to evaluation is a result of pupils' strategies, based on their own recognition, for making difference and getting a respectable position in the classroom. For example, lowly-graded pupils recognize their teacher's evaluation in everyday life positively and react to it accordingly. Through such strategies in dealing with teacher's evaluation, pupils make their own positions in the classroom as a social space.3) Pupils' involvement in school activities is differentiated, depending on patterns of their reaction to the teacher's evaluation.As is discussed above, the process of evaluation in the classroom is a social interaction process. Lastly, I suggest that this process makes various patterns of pupils' adjustment to school, and on the other hand it can cause a part of “self-selection”.
著者
桑原 信之 関 邦博 青木 清
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.87-97, 1986-10-15 (Released:2010-10-13)

ネコの睡眠覚醒に関する研究はこれまでに多くの報告があるが, 生物リズムとしての時間生物学的研究はきわめて少ない.それは, これまでの研究の多くが臨床的な睡眠に関する脳波学的基礎研究であったことと, 長期間の脳波の安定したポリグラフ記録を安定した環境制御の下で行うことが難しく, 比較的短時間の記録に留まっていたことによる.本研究は, 安定した環境制御下で恒明 (LL) , 恒薄明 (dimLL) , および明暗 (LD) 条件の位相変化時におけるネコの脳波, 筋電図, 眼球運動, 心拍, 呼吸, 脳温をポリグラフにより長期間記録し, これらの指標をもとに単位時間ごとの総睡眠量 (TST) で表される睡眠覚醒リズムと体温 (脳温, Tb) リズムの解析を行った.本研究により以下のことが明らかとなった.明暗条件下 (LD12: 12) では, TSTの時間的変化の型は双峰性であったが, 明期のTSTは暗期に比較して有意に少なく, 夜行性のサーカディアンリズムを示した.Tbは暗期に高く明期に低くなる夜行性のサーカディアンリズムを示した.TSTとTbのリズムは, 明暗の位相を6時間前進および後退させると, 1週間前後の移行期を経て新たな明暗サイクルに同調した.連続照明 (恒明) 条件下では, TSTとTbのリズムはその当初自由継続を示し, 時間経過とともに減弱して消失し, サーカディアンリズムに重畳していたウルトラディァンリズム成分のみが残った.このことは, 長期間の恒暗 (DD) 条件下での実験結果 (Kuwabara et al., 1986) と類似している.自由継続は65 luxの恒明 (LL) 条件下で約8日間, 1.0luxの恒薄明 (dimLL) 条件下で2週間以上持続し, 照度による違いがみられた.これらの結果はTSTとTbが内因性の時計機構の存在を反映する指標であることを示唆している.また, TSTとTbのリズムの変化の時間的なずれは, TSTとTbのサーカディアンリズムは独立なものであることを示唆している.明暗位相の変化に対する同調における移行期, 恒明恒暗における自由継続, および照度による自由継続の違いは, サーカディアンリズムの特徴に関する経験則と一致する.
出版者
日経BP社
雑誌
日経コンピュータ = Nikkei computer (ISSN:02854619)
巻号頁・発行日
no.915, pp.40-43, 2016-06-23

インターネット専業銀行のジャパンネット銀行は2016年1月から、勘定系システムの定期メンテナンス(保守)作業によるサービス停止時間を、これまでの3時間(180分)×年6回から、15分×年1回と大幅に減らし、「ほぼ無停止」を実現した(図1)。 同行 IT本部 開…
著者
斎藤 伸雄 三田 虎史
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告デジタルドキュメント(DD) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2005, no.54, pp.15-22, 2005-05-27
被引用数
5 or 0

インターネットの隆盛や,XMLの普及,オフィス文書の電子化の促進など,近年,情報処理技術においてデジタルドキュメントを取り巻く環境は急速に変化してきた.当研究会でも,状況の変化に併せて様々な研究報告が行われており,研究報告対象の変化の流れは,デジタルドキュメント環境の変化に同調しているはずである.そこで,研究報告の流れを確認すべく,デジタルドキュメント研究会発足以来これまでの研究報告252件の抄録情報に出現してきた言葉について,データマイニングツールを用いて解析を行い,年代ごとに研究報告のトピックを俯瞰したので,それらの傾向について報告する.The Internet becomes popular, XML spreads, the office document is made electronic, and the environment that surrounds a digital document that relates to information processing technology has changed rapidly in recent years. Various research reports were done changing in the situation. The change to be researched is sure to be tuned to the change in the digital document environment.Then, to confirm the flow to be researched, the word included in 252 abstract information that had been reported in the digital document society was analyzed with a data mining tool. It takes a general view of the topic that appears every age, and it reports on those tendencies.
著者
田辺 国昭
出版者
東北大学法学会
雑誌
法学 (ISSN:03855082)
巻号頁・発行日
vol.52, no.6, pp.p1066-1071, 1989-02
著者
安井 希子 寄能 雅文 三浦 雅展
雑誌
情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.81(2007-MUS-071), pp.87-92, 2007-08-02

純音又は広帯域雑音に対する変動音の変動感に関する研究は過去に報告されている.そして,遅い速度の変動音に対する変動感の評価指標として変動強度(Fluctuation Strength FS)が過去に提案されてあり,純音に対するAM音(AM SIN)において変調周波数が約 4Hzの時にFSは最大になると言われているしかし,減衰楽器の持続的な時間変動音の変動感とそれに対する主観評価に関する調査報告はほとんどないのが現状である.そこで本研究では,減衰楽器の持続的な時間変動音としてマンドリンのトレモロ音を取り上げ,トレモロ音の変動感とそれに対する主観評価の関係を調査している.

2 2 2 2 OA 足利尊氏願經

巻号頁・発行日
vol.[4], 1354