著者
佐藤 隆一
出版者
大阪城南女子短期大学
雑誌
大阪城南女子短期大学研究紀要 (ISSN:03884929)
巻号頁・発行日
vol.36, pp.A9-A47, 2002-02-28
著者
Christian-H. Heeger Erik Wissner Milena Knöll Benedikt Knoop Bruno Reissmann Shibu Mathew Christian Sohns Christine Lemes Tilman Maurer Francesco Santoro Johannes Riedl Osamu Inaba Thomas Fink Laura Rottner Peter Wohlmuth Britta Goldmann Feifan Ouyang Karl-Heinz Kuck Andreas Metzner
出版者
The Japanese Circulation Society
雑誌
Circulation Journal (ISSN:13469843)
巻号頁・発行日
(Released:2017-03-24)

Background:Pulmonary vein isolation (PVI) using the 2nd-generation cryoballoon (CB2) for the treatment of atrial fibrillation (AF) has demonstrated encouraging acute and mid-term results. However, follow-up data on outcomes beyond 1 year are sparse. We investigated the 3-year outcome after PVI using the CB2.Methods and Results:100 patients with paroxysmal (PAF, 70/100 [70%] patients) or persistent AF (pAF, 30/100 [30%] patients) underwent CB2-based PVI in 2 experienced centers in Germany. Freeze-cycle duration was 240 s. After successful PVI a bonus freeze-cycle of the same duration was applied in the first 71 patients but was omitted in the following 29 patients. Phrenic nerve palsy occurred in 3 patients (3%); 2 patients were lost to follow-up. After a median follow-up of 38 (29–50) months, 59/98 (60.2%) patients remained in stable sinus rhythm (PAF: 48/70 (69%), pAF: 11/28 (39%) P=0.0084). In 32/39 (77%) patients with arrhythmia recurrence, a second ablation procedure using radiofrequency energy was conducted. Persistent PVI was noted in 76/125 (61%) PVs. After a mean of 1.37±0.6 procedures and a median follow-up of 35 (25–39) months, 77/98 (78.6%) patients remained in stable sinus rhythm (PAF: 56/70 (80%), pAF: 20/28 (71%), P=0.0276).Conclusions:CB2-based PVI resulted in a 60.2% single-procedure and a 78.6% multiple-procedure success rate after 3 years. Repeat procedures demonstrated a high rate of durable PVI.

2 2 2 2 OA 官報

著者
大蔵省印刷局 [編]
出版者
日本マイクロ写真
巻号頁・発行日
vol.1951年12月08日, 1951-12-08
著者
増田 展大
出版者
美学会
雑誌
美學 (ISSN:05200962)
巻号頁・発行日
vol.63, no.2, pp.37-48, 2012-12-31

Au debut de XX^e siecle, Paul Richer, un professeur d'anatomie artistique, a identifie un crane decouvert au musee de l'homme comme etant celui de Rene Descartes qui avait disparu depuis 1650. Cette identification n'a pu se faire qu'en maniant les diverses techniques de reproduction comme le dessin, la photographie et le moulage. Cet article se propose donc d'examiner le procede de figuration du corps de Richer a travers la conception du <<figural>> avancee par Jean-Francois Lyotard darts Discours, Figure. Depuis les annees 1990, la problematique du figural, situee a un niveau virtuel entre langage et figure, provoque des polerniques dans les domaines de l'histoire de l'art, du cinema et des nouveaux media numeriques. Ce concept permet de debattre des proprietes ephemeres et virtuelles des images trans-mediatiques. Cependant, cela porte le risque de tomber dans la supposition d'une attitude passive et dans le manque d'analyse technique. En examinant le procede de Richer, qui analyse et modele le corps imaginaire, it faut donc d'une part verifier le figural contenu dans les processus virtuels des technologies reproductives variees, et d'autre part, presenter sa valeur au debut du XX^e et du XXI^e siecle.
出版者
アチックミューゼアム
巻号頁・発行日
vol.第21, 1938
著者
松見 俊 マツミ タカシ Takashi MATSUMI
出版者
西南学院大学学術研究所
雑誌
西南学院大学神学論集 (ISSN:03874109)
巻号頁・発行日
vol.68, no.1, pp.109-198, 2011-03

わたし自身,元来組織神学を専門分野として研究し,西南学院大学神学部では実践神学を教える者であり,歴史的研究は門外漢ではあるが,2010年度前期にプラハに在外研究を許された者として,プラハとチェコの歴史にとって避けることのできない重要な人物としてのヤン・フスから彼の神学思想を聞きたいと考えた。この論文では,1.フスの生涯を当時の社会的,哲学的,教会史文脈で考え,2.彼の主著といわれている『教会論』をまとめて提示し,3.彼の生涯と『教会論』を中心とした著作群から見えてくる神学思想の特徴を考察・整理しようと試みるものである。プロテスタント宗教改革は,マルティン・ルターが1517年10月31日,ヴィッテンベルクの教会の扉に「95箇条の提題」を貼り出した時から始まったとみなされがちである。むろん,バプテストの場合は,それ以前のバルタザール・フプマイヤーやアナバプテストの歴史などにも光を当ててきたのである。もっとも,「宗教改革」そのものを無視して,聖書時代に遡ってしまう極端な立場も存在してきた。そのような極端な歴史理解は別にして,ルターの宗教改革は「始まりというより,むしろ,その時点に先立つ二世紀続いた運動の結果」であったと考えるのが適切であると思える。ヤン・フスの教会改革運動も,彼自身,かなり意固地で個性的な性格であったように見受けられるが,ある才能ある個人の孤立した運動というより,この時期の教会改革運動の流れの一部分として理解されるべきであろう。ボヘミアの哲学者・神学者であり,「宗教改革以前の宗教改革者」と呼ばれるヤン・フス(Jan Hus 英John Huss,独Johannes Huss)は,今日でもその評価が分かれている。異端として断罪され,火刑に処せられたフスは,本当に異端思想の持ち主であったのだろうか,あるいは,今日,聖者として名誉回復がなされるべきなのであろうか。そして,いずれにもせよ,今日に生きるわれわれに,フスが死をかけてまで問い掛けようとしたメッセージは何であったのだろうか。われわれキリスト者は,歴史の中から「危険な記憶」としてのイエスの物語と共に,いかなる「記憶」を心に刻み,また,伝承すべきであろうか。これがこの論文の基本的テーマである。
雑誌
長崎省吾関係文書
巻号頁・発行日
vol.霊柩列車時刻表其他注意書, 1912
著者
田中 武夫 岡田 次郎
出版者
低温生物工学会
雑誌
凍結及び乾燥研究会会誌 (ISSN:02888297)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.71-75, 1969-09-30

透過型光学顕微鏡に装着できる冷凍顕微鏡(簡易型)を試作し,魚肉の凍結-解凍過程の直接観察ならびに魚の寄生虫(アニサキス)の低温側での致死温度の測定を試み,次の結果を得た.(1)魚肉の組織片,単離した筋細胞を用いての凍結-解凍過程の観察から,今までに得られている間接的な観察結果がほぼ誤りないことを確かめた.(2)アニサキスの致死温度はその凍る温度,すなわち-3.5〜-8.5℃(とくに-8℃前後)にあるとみなされた.
著者
河竹新七 案
出版者
蔦屋吉蔵
巻号頁・発行日
vol.二, 1862
著者
Ajeng K. Pramono Hirokazu Kuwahara Takehiko Itoh Atsushi Toyoda Akinori Yamada Yuichi Hongoh
出版者
Japanese Society of Microbial Ecology · The Japanese Society of Soil Microbiology
雑誌
Microbes and Environments (ISSN:13426311)
巻号頁・発行日
(Released:2017-03-17)

Termites depend nutritionally on their gut microbes, and protistan, bacterial, and archaeal gut communities have been extensively studied. However, limited information is available on viruses in the termite gut. We herein report the complete genome sequence (99,517 bp) of a phage obtained during a genome analysis of “Candidatus Azobacteroides pseudotrichonymphae” phylotype ProJPt-1, which is an obligate intracellular symbiont of the cellulolytic protist Pseudotrichonympha sp. in the gut of the termite Prorhinotermes japonicus. The genome of the phage, designated ProJPt-Bp1, was circular or circularly permuted, and was not integrated into the two circular chromosomes or five circular plasmids composing the host ProJPt-1 genome. The phage was putatively affiliated with the order Caudovirales based on sequence similarities with several phage-related genes; however, most of the 52 protein-coding sequences had no significant homology to sequences in the databases. The phage genome contained a tRNA-Gln (CAG) gene, which showed the highest sequence similarity to the tRNA-Gln (CAA) gene of the host “Ca. A. pseudotrichonymphae” phylotype ProJPt-1. Since the host genome lacked a tRNA-Gln (CAG) gene, the phage tRNA gene may compensate for differences in codon usage bias between the phage and host genomes. The phage genome also contained a non-coding region with high nucleotide sequence similarity to a region in one of the host plasmids. No other phage-related sequences were found in the host ProJPt-1 genome. To the best of our knowledge, this is the first report of a phage from an obligate, mutualistic endosymbiont permanently associated with eukaryotic cells.
著者
坂江 千寿子 上見 幸司
出版者
日本生命倫理学会
雑誌
生命倫理 (ISSN:13434063)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.68-74, 1997-09-08

本研究は、人々が脳死移植について考える際に、入手できる情報の-つである新聞を取り上げ、内容分析の手法を用いて近年の報道内容を明らかにする試みである。研究の対象は、見出し文に「脳死」と「臓器移植」の両者を含む(読売新聞社、1987年〜1995年、著作権交渉中の記事6件を除く)114件の記事とし、漢字語のソートプログラム(JSORT)を用いて(1)漢字語の経年変化、(2)特徴的な増減を示すキーワードの推移を明らかにした。次に、漢字語のみでは解釈に限界があるため、BGREPプログラムを用いてキーワードを含む文字列を検索し記事本文に遡って分析した。本研究では、キーワード「意思」を検索し、何を対象にした誰の意思がどのように言及されているかについて分析した。その結果、(1)「脳死体」や「忖度」などの特徴的な増減を示したキーワードを特定し、(2)「脳死体」や「脳死患者」などのように、生か死かの判断を迷わせるような造語の出現と、(3)「意思」の主語の多様性などを指摘することができた。そして、キーワードとしての「意思」の主体者が(4)本人から「家族あるいは遺族」に拡大し、また近年では、(5)「本人」の「意思」を「忖度」することの是非が報じられていることが判明した。
著者
中野正剛著
出版者
東方時論社
巻号頁・発行日
1919