人工植物(はたらく植物)「つくると!5」お疲れさ (@GAPUX)

投稿一覧(最新100件)

2 2 0 0 OA 国産機械図集

みんな大好きなダブルリンク式引き込みクレーン なんだけど Demag式のではじめは上のリンクが引張りと曲げを受けて下のリンクが圧縮を受けるって考えのようで、今の同様のクレーンとは構造がちょっと違う 国産機械図集. 起重機… https://t.co/kInnxjCMFZ

2 2 0 0 OA 国産機械図集

昔の荷役クレーン (懸吊)旋回マントロリーよりもガーダーをレールに対して直角から数度斜めにできる捻斜装置の方が面白いんじゃないかな。 国産機械図集. 起重機 https://t.co/gs1nwlCrWy (国立国会図書館ウェブ… https://t.co/MjehNH9ZEc
子供の将来の考え方、今でも結構当てはまるんじゃないかな ページ三の最後の段落「世間の親御さんも、…」のあたりとか 『僕の工作 : 動かす工夫』(昭和23年) https://t.co/BFILnelMMy (国立国会図書館ウェブ… https://t.co/rs2gP00iXN

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

RT @GAPUX: 画像左上日立のスイングレバー式クレーン、引込(ジブの俯仰)動作はクランク機構だから、「絶対に」行きすぎない 『機械工学年鑑』昭和17年版 http://t.co/PFvUjLhdpI (国立国会図書館ウェブサイトより) http://t.co/Vsu8u8…

51 0 0 0 OA 国産機械図集

RT @GAPUX: @GAPUX 同じ機械と思われる。こりゃフォークリフトというよりテーブルリフトだったか 国産機械図集(昭和14年) http://t.co/MoH5P0Kx7W (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/L1XynCvjm2

2 0 0 0 OA 機械工学年鑑

RT @GAPUX: @GAPUX これ機械工学年鑑のにってる奴だ 「機械工学年鑑. 昭和9年版」 http://t.co/0Ik8ZDycsz 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/5ajjBRrpJz

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

RT @GAPUX: みんな大好き、いや私が大好き機械工学年鑑の昭和17年版には「スイングレバー式」という一般名称でのっている。 http://t.co/nhWNePQYvC 当時の設計書いくつかに「MAN式」と言って載せてあるのの親類だ。内容が似通っているあたり同じ本を基に…
RT @GAPUX: 新兵器工作隊 http://t.co/ehqasDsgTD 昭和19年刊行の読み物仕立ての工作の本。舟やら飛行機の他にツカミ付きクレーン http://t.co/oklLXCBZVq があったりする。
RT @GAPUX: 新兵器工作隊 http://t.co/ehqasDsgTD 昭和19年刊行の読み物仕立ての工作の本。舟やら飛行機の他にツカミ付きクレーン http://t.co/oklLXCBZVq があったりする。

31 3 0 0 OA 実用船舶便覧

三菱重工の… スチール家具 (『実用船舶便覧』 昭和12年版)(国立国会図書館より) https://t.co/qNB0anXsgV https://t.co/H9hpBmDq0s

1 0 0 0 OA 接合剤製法

100年くらいまえの接合技術の本だとputtyをプッティーとかカナ書きしていた風な感じ 『接合剤製法』(明治39年) https://t.co/2enCtWgANf https://t.co/VLDUh23fRU
RT @GAPUX: 機械の巻き込まれ事故は気の毒だが、およそ機械が出揃ってきた100年前にはもう和文でまとめてある。それだけ事故が良くおきたのだろう。 『安全装置工業事故予防法. 電気及機械之部』(大正7年) https://t.co/9BjnreOayL (国会図書館ウェブ…
でかい機械は昔から。 リンク先恐らく砲身加工用の長尺機 https://t.co/MmVTSbxUTu https://t.co/lKSe9TuFQ0

1 0 0 0 黒ゆりの花

NDLにあるの聞ける図書館鹿児島にはないってやつ https://t.co/gJc92yvsoO
RT @GAPUX: 古い舶用機関本に、薬品使って鉄を接ぐ方法「薬剤冷着法」があると書かれている http://t.co/pFiaINTwgw のを見て漁っていたら、廃物利用法の本にぶち当たったが、太平洋戦争直後の本だから食品関係力はいってて凄い http://t.co/0zJ…
RT @GAPUX: 古い舶用機関本に、薬品使って鉄を接ぐ方法「薬剤冷着法」があると書かれている http://t.co/pFiaINTwgw のを見て漁っていたら、廃物利用法の本にぶち当たったが、太平洋戦争直後の本だから食品関係力はいってて凄い http://t.co/0zJ…
エクストルージョン・クッキングhttps://t.co/FJ4e5U5dlQ
ローマ字書きの荷役機械の人の機械本 長雄節郎『人間と機械』 https://t.co/CwBrhUlFn7

60 0 0 0 OA 電車百馬鹿

鉄ちゃんのマナーがどうのこうので思い出した 電話と写真のことがないだけで今でも通じる 100年前にはもう電車の中で化粧する人もいたのねえ 芝雷山人『電車百馬鹿』 https://t.co/suXDwfpDz5 (国立国会図書館ウ… https://t.co/B45mJlKPse

2 0 0 0 OA 軍艦唱歌

働く車っぽいの、日本海軍じゃなくて軍艦唱歌か。 https://t.co/xKS1wSU5z7
@GAPUX 最後のページにA5判で作りましたって書いてあるんだけど、まだあまり一般的な判型じゃなかったのかな。 https://t.co/qShCssdhhg https://t.co/jgHdIgar7l
前輪を二つにしてその間に荷台を設けた自転車、70年以上前にはすでにあったのね。 『工場ニ於ケル運搬施設ノ改善』(1940年)p.26から https://t.co/xe1DIdDZeZ (国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/albSArhZRa
機械の巻き込まれ事故は気の毒だが、およそ機械が出揃ってきた100年前にはもう和文でまとめてある。それだけ事故が良くおきたのだろう。 『安全装置工業事故予防法. 電気及機械之部』(大正7年)… https://t.co/nk9QVyDiNa
住友がdemagから図面買って作ったんだったか 『新居浜住友事業案内』 (国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/hF1WlpBxQM https://t.co/GdqfQ9ygaT

1 0 0 0 OA Flex型録

久々の近デジもといNDLDC グネグネ曲がるやつのカタログ Flex型録. 第3号 https://t.co/F414BCoDrX

1 0 0 0 OA 接合剤製法

NDLDCから。明治時代の接着剤の本のひとつ『接合剤製法』 https://t.co/XOLuzAlDQA https://t.co/TfXuC0B9tk
タワーデリック(コンクリートエレベーター、コンクリートタワー)コンクリを運ぶやつ。他の荷揚げも出来た。『土木建築資料総覧. 第2回』p.441から (国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/C8kpprx0ee https://t.co/19GEjFKMs1
@PanthertypeF だいぶ前に調べものしててたまたま見つけました。「通信用」とあるけど14総トンくらいの船だから、兵庫県内から大阪港に製品を運んでいたのかもしれませんね。 『大阪海事局管内航通運輸ニ関スル報告. 第3回』 https://t.co/E9rLamC8AT
@GAPUX 別の同じような奴には、槌形クレーンも入っていた。 機械工業教授用参考図集. 第1-7集 https://t.co/mZHaGQrOyv https://t.co/DYJv90x7IU
@GAPUX 同じ図を国会図書館のウェブサイトから拾ってきたけど、うちのに載っているものが載ってなかったりする。大正15年発行だとさ。 『機械工業教授用参考図集. 第1-6集』 https://t.co/brKokIyp3a https://t.co/84KChrob9k

51 0 0 0 OA 国産機械図集

@GAPUX 戦前の『国産機械図集』にのっている(うえのやつ。) (国立国会図書館webサイトより) https://t.co/UI9PtcUSmf https://t.co/MyYimwgfyB
@GAPUX 吊り具の設計図 https://t.co/u8ifVb7sQE
そういやちょっと前にはいふりの玉掛けの話があったけど 昭和初期の鉄道省の資料『貨物積卸機械利用の栞』にあった自動車の吊りかた。 https://t.co/QnkByQH4z7 (国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/JN5uNozzyL
@BigMuski 土木系のカタログ集はこういうのもありますね。調査済みかな? 「土木建築資料総覧. 第2回」 https://t.co/4xMJkJt2Ec
マカロニ製造機。麺と違って高い圧力で材料を押し出す。 https://t.co/uqUBsgPSun
照空燈(せうくうとう) 影絵遊びも戦争中となるとなかなか物騒だ。 『新兵器工作隊 : 子供の科学技術』 https://t.co/xeAIvBaKeA
@GAPUX そういやウィキペでフォイトシュナイダープロペラ搭載国内初とされている『第一鉄栄丸』の紹介記事を見たら、試験的にゴム製のフェンダーを取り付けてみたと言う記述あったよなあそれも空気入りの奴。地味だけどそっちが日本初かい? https://t.co/BwuqmM4F7R

10 0 0 0 OA 国産機械図集

@GAPUX 近デジでも見られる、国産機械図集の50t箱船クレーンの図、これひとつなぜか河川用の落とし込み旋回台のものが類似。円周上にコロが並べて置かれているのがわかると思う。https://t.co/lGdb9sCjjN https://t.co/JLKY0XFxX7
三菱香焼工場の600tゴライアスクレーンの上架に関する論文。桁幅15m深さ13m長さ198m(レールスパン185m)だから、巡洋艦が柱の上に載ってるようなもの。 #ゾーセンクレーン https://t.co/U5EoWHwlNG

1 0 0 0 OA 師範工作

@GAPUX 男子向けは、数人がかり(?)でちょっと大きなものを作ろうって感じ。 https://t.co/tJtMDpKHCi 『師範工作 本科男子用 巻一』(国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/cK9CLnLomc

1 0 0 0 OA 師範工作

動く玩具は女子向け指導書。気遣いのいる小物作り。「動ク玩具ヲ各自ノ創案ニヨツテ作ルノデアル」からのくだりが難しい 『師範工作 本科女子用 巻一』(国立国会図書館ウェブサイトより) https://t.co/vzs1mRGbGu https://t.co/P6kfHgAKem
曳船から貨客船、全長約2倍総トン数約3倍へ魔改造「青葉丸」 https://t.co/Rul6nKwdBk
Ardelt社製 水平引き込み塔形クレーンの紹介 https://t.co/55xJ234zeC Ardeltは今はKranunionってグループだね
@GAPUX https://t.co/gXGfK8JxrD
はくようくれーん https://t.co/e0yzJ4Kav1 https://t.co/tS21O0n5pH https://t.co/FgiUTO3miz https://t.co/e7KsEMEv9O https://t.co/bMUEMZVsT2

1 0 0 0 OA 荷役装置

はくようくれーん https://t.co/e0yzJ4Kav1 https://t.co/tS21O0n5pH https://t.co/FgiUTO3miz https://t.co/e7KsEMEv9O https://t.co/bMUEMZVsT2
はくようくれーん https://t.co/e0yzJ4Kav1 https://t.co/tS21O0n5pH https://t.co/FgiUTO3miz https://t.co/e7KsEMEv9O https://t.co/bMUEMZVsT2

1 0 0 0 OA 新電気揚貨機

はくようくれーん https://t.co/e0yzJ4Kav1 https://t.co/tS21O0n5pH https://t.co/FgiUTO3miz https://t.co/e7KsEMEv9O https://t.co/bMUEMZVsT2
はくようくれーん https://t.co/e0yzJ4Kav1 https://t.co/tS21O0n5pH https://t.co/FgiUTO3miz https://t.co/e7KsEMEv9O https://t.co/bMUEMZVsT2
@GAPUX 第一鉄栄丸の紹介 『フォイト・シュナイダー推進器附曳船』 https://t.co/BwuqmM4F7R
@GAPUX 30tに搭載されるフォイトシュナイダープロペラの紹介 https://t.co/5oKYeFeGaf
@GAPUX 「起重機船に對する新推進法」(石川島30t型に関する国外誌の記事の紹介) https://t.co/goXonoFA6Q
土木(橋梁用)ゴライアスクレーン http://t.co/37qRPySbHz 『鴨緑江橋梁工事報告.  全』 (国立国会図書館ウェブサイトより) http://t.co/XDcp8qousk

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

画像左上日立のスイングレバー式クレーン、引込(ジブの俯仰)動作はクランク機構だから、「絶対に」行きすぎない 『機械工学年鑑』昭和17年版 http://t.co/PFvUjLhdpI (国立国会図書館ウェブサイトより) http://t.co/Vsu8u8v756
『安全装置工業事故予防法 電気及機械之部』 http://t.co/KLK2T29wpJ 100年前には基本的な安全対策う大体でそろってたのね。 スキャンがあれだからまだいいけどどうもほんものっぽい、グロ系写真が乗っていたりする http://t.co/fBbzUYnG49

51 0 0 0 OA 国産機械図集

@GAPUX 石川島のクレーン車、自動車起重機、これな。(一枚目) http://t.co/DWh9YXqCCX (国立国会図書館ウェブサイトより ) 2枚目石川島製作品概覧第3版より http://t.co/74mo0IwMV5

1 0 0 0 OA 造船学

http://t.co/Xtw62PahEd
@PanthertypeF 調査済みだったらいいのでですが、30年前の海事協会会誌の記事をば種類と大まかな仕組みなど。 『舶用揚貨装置の現状』 http://t.co/w6a5D6PwwJ 日本海事協會會誌 (193), 352-369, 1985

60 0 0 0 OA 電車百馬鹿

芝雷山人『電車百馬鹿』という、100年ほど前に出た(鉄道)乗車マナーの啓発本がある。「車内で喫煙する馬鹿」位は出ていたが、リメイクするなら「車内で火だるまになる馬鹿」を「線路に身投げする馬鹿」を追加だな。今日はちょっと不謹慎だけど。 http://t.co/irH2Scbbpz
「どちて坊や」の扱い方... 『科学知識何んでも聞きたがる子供への答』 http://t.co/lARoxhxHiL 今も昔もあまり変わらないか?
@GAPUX 無線操縦も。リレー式の奴。 http://t.co/ioJM5Uywa9
電光看板の原理、 ネオンサインとか写真電送の原理も説明してあるよ 『最新子供科学読本. 続編』 http://t.co/Lp9785mzcE
かうしやはうつくろうず http://t.co/wM318EX8EC 野暮ったいことは言いますまい
せうくうとうをつくつてみた #戦時中のツイッターにありがちなこと http://t.co/xeAIvBaKeA
@GAPUX http://t.co/br7EAToK8h 「完全に一致」 『横浜税関新設備写真帖』 (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/IFWm8BYE7x
@GAPUX なんかでてきた。少しだけ雑じゃなくなりそう 『橋梁架設用操重車ソ1形 の歴史』 https://t.co/eevGeccedH

10 0 0 0 OA 国産機械図集

@hyoubyou @Kojimamo バラスト調整は無いかと。十数tくらい入れても大丈夫そうではありますが。 (国立国会図書館ウェブサイトより) http://t.co/VIyJiMCSzs http://t.co/ytZqKgAPKb
@Kojimamo http://t.co/noPNYJ8TuK の27図かもしれません(国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/c7nwiFlCdY

51 0 0 0 OA 国産機械図集

@GAPUX 同じ機械と思われる。こりゃフォークリフトというよりテーブルリフトだったか 国産機械図集(昭和14年) http://t.co/MoH5P0Kx7W (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/L1XynCvjm2
@GAPUX ツイッターでトカコトカコ言ってるの自分だけだった。 蓄電池持上車 「工場ニ於ケル運搬施設ノ改善」 http://t.co/MKZT2wWZMP (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/MEggBP2dDK
@PanthertypeF 先にまもさんにリプしたんであれですが 戦前なら、木材なら1点吊りありだったかもです。別の吊りかたが理想的だとありますが http://t.co/Y2XbPVEOmj … 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/5nZcmpQ1BB
@Kojimamo @shiba_ttr 巻上索を直接玉掛けに使ってるからロープの端末処理が… 戦前なら、木材なら1点吊りありだったかも。 http://t.co/Y2XbPVEOmj 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/5nZcmpQ1BB

2 0 0 0 OA 機械工学年鑑

@GAPUX これ機械工学年鑑のにってる奴だ 「機械工学年鑑. 昭和9年版」 http://t.co/0Ik8ZDycsz 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/5ajjBRrpJz
@GAPUX 台船の例はオープンアクセスの資料あるからそれ見てね http://t.co/PtzuRHrhYf

10 0 0 0 OA 国産機械図集

皆おなじみ例の図集。 戦前の石川島造船製塔型クレーンのローラーパス部の構造だw旋回リングは歯切りは高くつくからピンラック(ピン車)なのだ。 http://t.co/FWBahxrmTT 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/fWMLcZu1CD

1 0 0 0 OA 営業案内

「ガスデン」じゃなくて「トカコ」だぜ。電報略号らしいがかわいい呼び名だ。 http://t.co/DxezMyFLMU 国立国会図書館ウェブサイトより http://t.co/Ie0WlbwOZX
三井造船つったらMcDermott向けのセミサブクレーン船だな。一番でかいの吊上能力6000tの旋回ジブクレーン2つ。今のThialf 基本設計はAmhoistで、製作が三井。 http://t.co/BHvgTgGLxx http://t.co/FOAb4anb17
@GAPUX 「おかあさん、この自動車のきかい、とつて舟につけてもいゝでせう。」 http://t.co/8mGYUVUyFE 車のエンジンは船のエンジンとして第二の人生を歩むw
@PanthertypeF @BoultonpaulP92 コピペミス。すんません http://t.co/Gti8mFNHEr
@GAPUX アルミの溶接関係当たってたら正体判明したけど由来がわかんない。 フランス製溶接フラックスの和名でアルカリ金属や土類金属の塩化物やらフッ化物の混合物だとさ。 https://t.co/KuDuJdyMDK

5 0 0 0 OA 造船の基礎

戦中の造船入門書 現代でもほぼそのまま使える。 「造船の基礎」 http://t.co/aCrl5kbByy
うまくリンクしてなかったんではりなおし 大正時代発行の機関士向け舶用ディーゼル本 「機関士用 デイゼルエンヂン」 http://t.co/g16InE1Bw3
長さ40m程の西唐津→呉ってことは唐津鐵工所製の砲身加工機のベッドか。現存が一つあるんだったっけ。それのかは不明だが。 http://t.co/wSMqS1ZKRy 「特種貨物取扱の実際」 (国立国会図書館ウェブサイトから転載) http://t.co/qJFrlsPZzj
土木機械から何から乗ってるよ。 「最新機器綜合型録」. 1947-1948 http://t.co/MD4imFCkNC (国立国会図書館ウェブサイトから転載) http://t.co/dMhiOLLlmg
荷の扱い方の本。貨物列車好きは一度は読んでるんじゃなかろうか 「貨物積卸機械利用の栞」 http://t.co/XMcu4GCCBd
@GAPUX 大根の汁のしぼりたてを酒の代用に提案 http://t.co/gKaVd6XIOG
@GAPUX りんくみすだな http://t.co/ZrHiCRZALM

1 0 0 0 OA 接合剤製法

@GAPUX 接着剤の本にやり方書いてあった。リンク先の(九)、七、がそれ。他に「鍛接のようになる」という記述見かけたきがするけど、気のせいだったか出てこない。 http://t.co/lxUxgvO5w9 http://t.co/odjqPC14Bl

1 0 0 0 OA 接合剤

@GAPUX 接着剤の本にやり方書いてあった。リンク先の(九)、七、がそれ。他に「鍛接のようになる」という記述見かけたきがするけど、気のせいだったか出てこない。 http://t.co/lxUxgvO5w9 http://t.co/odjqPC14Bl
古い舶用機関本に、薬品使って鉄を接ぐ方法「薬剤冷着法」があると書かれている http://t.co/pFiaINTwgw のを見て漁っていたら、廃物利用法の本にぶち当たったが、太平洋戦争直後の本だから食品関係力はいってて凄い http://t.co/0zJaIkgQT6
古い舶用機関本に、薬品使って鉄を接ぐ方法「薬剤冷着法」があると書かれている http://t.co/pFiaINTwgw のを見て漁っていたら、廃物利用法の本にぶち当たったが、太平洋戦争直後の本だから食品関係力はいってて凄い http://t.co/0zJaIkgQT6
@uranoise @Kojimamo 有名どころだと大阪市の消防艇『ゆうなぎ』も河川航行できっるように、キャビン他全部引っ込むようになってますね。 http://t.co/vwlvQzBM77 http://t.co/7iJUvUcDXQ
@GAPUX 関造協の紹介記事… ありきたりな締めくくりだけど30年のうちに二度もパワーアップされてまだまだ第一線と当時予想した人は結構いたりしたのだろうか。 http://t.co/UWoLmx1DRF

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

みんな大好き、いや私が大好き機械工学年鑑の昭和17年版には「スイングレバー式」という一般名称でのっている。 http://t.co/nhWNePQYvC 当時の設計書いくつかに「MAN式」と言って載せてあるのの親類だ。内容が似通っているあたり同じ本を基にしているかも。

6 0 0 0 OA うたのほん

積み木の塹壕敷居のクリークw タミヤのタイガーIで遊んだなぁwまだ親戚宅に残っているかもしらん。 http://t.co/DtjbLv1TRw
サルベージの仕方とか書いてあるけど図はない。 沈没艦船の機械引揚作業法及び重量物引揚離礁と船渠装置法 http://t.co/gDPDF0JY6r
橋梁用「ゴライアス」クレーン http://t.co/w0TGE7RMF7
コシハラ http://t.co/ENWaHwJTi5
コシハラ http://t.co/4xMJkJt2Ec

お気に入り一覧(最新100件)

「ディジタル信号処理の落とし穴」がオープンアクセスになったので、以下にリンク。PDFをダウンロードすることができます。しかし、いつものことだけれど、書くとすぐに時代遅れになってしまう。6月の音声研究会の発表も、そうなるのか??… https://t.co/v2tsFfc2Jr
巷で話題になっている国立国会図書館デジタルコレクションのモージャー氏撮影写真資料に凄いのを発見。船名は読み取れないが船尾車両搭載口に支柱があるのと撮影場所が浦賀では無く横浜のようなので石狩・十勝・渡島丸のいずれなのか?撮影年月日が… https://t.co/WlhFYL3FCx
テルハhttps://t.co/MW30GWiTKX https://t.co/wrnJD1aVCY https://t.co/uHvS0EP1Uj 「貨物積卸機械利用の栞」鉄道省運輸局編 鉄道時報局1930年刊 より https://t.co/19IKvhs4sx
導光板技術を用いた紫外線面発光体の作製と評価 https://t.co/GID3iZGke2 - エッジライト方式のバックライトの仕組みそんままで紫外線を面に散らせるようで、手工作でチップLED置き換えていけんかなと思ってたが中華系で見ないってことはうまくいかんのだろなぁ
最近妹の方が某ゲームに実装されたけれども、戦前にこういう情報は結構入ってきてたんだなぁなどと思う CiNii 論文 - 米國軍艦「レキシントン」の歴史、設明及び受領試験 https://t.co/WkwPwCtdXS https://t.co/6rPtBk1eXT
CiNii 論文 -  起重機船に對する新推進法 https://t.co/BDA1PxYvFs

10 0 0 0 OA 国産機械図集

ラバウルの朽ち果てたクレーンはこれに近い櫓だけど、櫓が微妙に違うんで別の機械? 石川島50t箱船起重機(14-8図) http://t.co/VIyJiMDqW2 次の14-9図は別の機械(櫓の裾にあるはずのコロと軌道の配置図を取り違え?) 14-10は同じ機械。

フォロー(1468ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @GAPUX: @Kojimamo http://t.co/noPNYJ8TuK の27図かもしれません(国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/c7nwiFlCdY
RT @GAPUX: @GAPUX ツイッターでトカコトカコ言ってるの自分だけだった。 蓄電池持上車 「工場ニ於ケル運搬施設ノ改善」 http://t.co/MKZT2wWZMP (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/MEggBP2dDK
RT @hananomoto_haru: エアコン導入による公立小学校のエネルギー消費量将来予測(2009) https://t.co/OAoCUBNzG5 なんかもあり、後でもう少し定量的に考えてみようと思います。
@WorldKuromaku @BB45_Colorado 高島の事を言っているのであれば、あそこはこんなかんじに、とんでもなく遠いところの炭を… https://t.co/bZpzhwE0Oz風を回すのに、補助扇風機(補扇)を坑… https://t.co/M40S07UInr
@BB45_Colorado これが軍艦島と高島の採掘区域と主要坑道展開図ですhttps://t.co/bZpzhwE0Oz軍艦島は、深部を自然発火で水封したあと、三ツ瀬と言う区域を採掘して命脈をつなぐもそこを食い尽くして終了です… https://t.co/QTSUdaDdZN
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
@Nama_coM リプライありがとうございます。 私は以下のような論文内容を想定してました。 J-STAGE Articles - 人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn パトリック・ゲ… https://t.co/LbCPT6MmLC
RT @Kaeru_kikan: ビルマの発煙筒発射装置付きのハ号って、ひょっとしてこの写真のだろうか。 https://t.co/OajWZtPgze https://t.co/6Nx41wharq
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
空間構成の認識に作用する変数って性差なのかな? J-STAGE Articles - 認知地図からみた都市空間構成の認識 : その1.性差の検討 https://t.co/OUUNXUKD9d
おー、面白そうな論文、メモ 後輩が参考文献に引いてる前田愛さんが冒頭で引用されてる J-STAGE Articles - 境界的空間が持つ意味についての考察 : 漱石の『草枕』に見る四つの境界的空間 https://t.co/j5TFZN0t1H
文化人類学も近い? J-STAGE Articles - 〈趣旨説明〉 工芸のグローバル化、芸術のローカル化 https://t.co/dOppgId7tB
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 罪と贖罪の神話 : 「シン・ゴジラ」「風の谷のナウシカ」から考える「シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」(溝部 宏二ほか),2018 https://t.co/M1jirJe774
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
RT @Kaeru_kikan: 東京都水道局 消水車 消水車とは消防車のことだろうか https://t.co/R68UoRCeCe https://t.co/WltJmHqj9N
RT @Kaeru_kikan: 函館船渠の3000t浮きドックの写真があった。 https://t.co/1MyFzqGfgc https://t.co/y5CziBZQwV
RT @Kaeru_kikan: この水戸飛行場?のRailroad carは何なんだろう? German bombsも気になる。 https://t.co/olXiGWN3Ad https://t.co/w4mudr7zi6

136 83 83 0 OA 刺客岡田満

RT @hinatanococo: 近代以降「南京虐殺」は少なくとも4回あったと言われるが(日本がやったのではない) 「南京虐殺」という言葉自体が大正2年=1913年事件で既に使われている事に驚き。 事件の詳細→ https://t.co/C2ST4nWxqi https:/…
@faruco10032 内受容感覚の虚偽情報を提示する場合には嘘の情報を体に流し込むことになるから、その嘘っぱちを信じ込ませるためにその嘘っぱちの情報とリンクした身体を獲得したほうがいい 内受容感覚インターフェイスは、短いながら… https://t.co/N6gKEWPAso
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
私の形態から意味を見出そうとする態度は記号論的と言えるのかな。「街並み記号論」という考え方が私の関心と近い。類似と差異のネットワークを特に意味システムで解読したがってるんだろうなと。 J-STAGE Articles - 建築・都… https://t.co/Z55y5bmuAq
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW

4 4 4 0 OA 帝国美術資料

RT @sushifactory: 光琳の波濤図はメトロポリタン美術館蔵になってるようね https://t.co/bWcDOOlVD4 東京国立博物館の伝俵屋宗達の関屋図屏風も https://t.co/cAxBNBDAaT この『帝国美術資料』では所有者が別府金七になって…

12 12 12 0 OA 熱中症の疫学

RT @hms_ulysses: 「熱中症死亡数(T67)は1968~2013年までの45年間で12,182件であり,年平均では264件である.1968~1993年までの年平均は67件であるが1994~2013年は492件と増加している」 https://t.co/oxKAm9…
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
RT @ScreamoTAI: CiNii 論文 -  テレビゲームが子供たちに与える心理的影響 https://t.co/9PLRKksTah 「テレビゲームは子供に影響が全くない」なんて研究なんてどこにもないよ その影響力は?とか犯罪には直結するほどの傾向は?とかが研究対象
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
本稿は科学史における新クーン派の分析枠組を地理学史に導入することが目標 科学一般と比較した地理学の特殊性(課題?)が今に至るまであんまり変わってない(筆者はコード化の未発達、通常科学や具体的範例がない等と言及) J-STAGEAr… https://t.co/4nLp5QoB8g
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
RT @Naga_Kyoto: 野澤 秀樹「地理学史研究の方法 科学哲学・科学史・思想史との係わりにおいて」https://t.co/sms0HkTs5v 学史研究の方法 ①地理的知識の拡大の研究(主に前近代) ②地理学方法論の検討(主に近代以降) ③思想史としての地理(学)…
RT @Mikanixonable: https://t.co/sucb7chATT 英語にも似た規則がある可能性がある https://t.co/B6B6WbbxRF
@ozawajun わたしもです。ほんと学びが多い。んで気になって調べてみて古めの論文みっけたり。今はもっといい方法あったりするのかなあ、、あんまなさそうな気もしますが。 https://t.co/ObK0fuMLTk へーへー、と。
RT @NATROM: エアコンプレッサーによる肛門から空気注入で、気腹だけではなく、縦郭気腫も起きうる[エアコンプレッサーにより直腸損傷,縦隔気腫をきたした1例 https://t.co/xKz0HbGuEQ ]。縦郭は両肺に挟まれた部分。心臓とか気管とか食道とか重要な臓器が…
RT @kinneko: 情報学広場:情報処理学会電子図書館 https://t.co/Lb3boxeMcM マッハ新書から考える情報という商品の在り方 「2020年07月15日からダウンロード可能です。 」残念だ。 #マッハ新書
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 犬猫におけるダイオードレーザーを用いた腸管溶接法 : 実験的研究(外科学)(山田 英一ほか),2006 https://t.co/gsLqfubBnJ
RT @Macaca_masataka: 「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
戦前の地理教育の変遷が面白い 総合的地理認識重視期から地人相関認識重視期へ アカデミー地理学の確立については、まずは地質系出身者が自然地理学系を成立させ、その後人文地理学が確立していく(1920〜30年代) J-STAGE Art… https://t.co/3pDzW09pyv
@AKAIWA8095D 三ツ瀬鉱区は端島(いわゆる軍艦島)が自然発火事故で深部を放棄した後に緊急探炭だかで捕捉した鉱区、飛島鉱区は高島が深部放棄後に飛びついた(補助扇風機で無理やり風を回した)https://t.co/yixsfLLecH
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr

7 7 7 0 OA 文献等

J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr

フォロワー(1007ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @jmitani: 先日に聴いた、JAIST池田心先生の「人間にとって乱数らしく見える疑似乱数の生成方法」という講演が面白かった。 我々がイメージする「ランダム」な数の並びには、認知バイアスに拠る大きな偏りがある。 論文PDF https://t.co/JJOlMKjR…
RT @GAPUX: @Kojimamo http://t.co/noPNYJ8TuK の27図かもしれません(国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/c7nwiFlCdY
RT @GAPUX: @GAPUX ツイッターでトカコトカコ言ってるの自分だけだった。 蓄電池持上車 「工場ニ於ケル運搬施設ノ改善」 http://t.co/MKZT2wWZMP (国立国会図書館Webサイトより) http://t.co/MEggBP2dDK
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
80年代後半〜90年代は地理学方法論への疑義がテーマの論文が散見される -人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn -地理学史研究の方法 https://t.co/1cQGh33mHH -現代… https://t.co/EJKwlvlVbX
@Nama_coM リプライありがとうございます。 私は以下のような論文内容を想定してました。 J-STAGE Articles - 人文地理学方法論と生態学的視点 https://t.co/rNLSKRHIqn パトリック・ゲ… https://t.co/LbCPT6MmLC
RT @Kaeru_kikan: ビルマの発煙筒発射装置付きのハ号って、ひょっとしてこの写真のだろうか。 https://t.co/OajWZtPgze https://t.co/6Nx41wharq
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
空間構成の認識に作用する変数って性差なのかな? J-STAGE Articles - 認知地図からみた都市空間構成の認識 : その1.性差の検討 https://t.co/OUUNXUKD9d
おー、面白そうな論文、メモ 後輩が参考文献に引いてる前田愛さんが冒頭で引用されてる J-STAGE Articles - 境界的空間が持つ意味についての考察 : 漱石の『草枕』に見る四つの境界的空間 https://t.co/j5TFZN0t1H
文化人類学も近い? J-STAGE Articles - 〈趣旨説明〉 工芸のグローバル化、芸術のローカル化 https://t.co/dOppgId7tB
RT @tokoroten: ボイチェンしながら、どれくらいの周波数に設定すればいいかいろいろと探った結果、MtFの女性の女性判定率の論文から、母音を270Hzくらいまで引き上げられれば、女性と判定されるようだということが分かった。 とりあえず、母音が270Hzになるように設…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 罪と贖罪の神話 : 「シン・ゴジラ」「風の谷のナウシカ」から考える「シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」(溝部 宏二ほか),2018 https://t.co/M1jirJe774
RT @Kaeru_kikan: 東京都水道局 消水車 消水車とは消防車のことだろうか https://t.co/R68UoRCeCe https://t.co/WltJmHqj9N
RT @Kaeru_kikan: 函館船渠の3000t浮きドックの写真があった。 https://t.co/1MyFzqGfgc https://t.co/y5CziBZQwV
RT @Kaeru_kikan: この水戸飛行場?のRailroad carは何なんだろう? German bombsも気になる。 https://t.co/olXiGWN3Ad https://t.co/w4mudr7zi6

136 83 83 0 OA 刺客岡田満

RT @hinatanococo: 近代以降「南京虐殺」は少なくとも4回あったと言われるが(日本がやったのではない) 「南京虐殺」という言葉自体が大正2年=1913年事件で既に使われている事に驚き。 事件の詳細→ https://t.co/C2ST4nWxqi https:/…
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
私の形態から意味を見出そうとする態度は記号論的と言えるのかな。「街並み記号論」という考え方が私の関心と近い。類似と差異のネットワークを特に意味システムで解読したがってるんだろうなと。 J-STAGE Articles - 建築・都… https://t.co/Z55y5bmuAq
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW

4 4 4 0 OA 帝国美術資料

RT @sushifactory: 光琳の波濤図はメトロポリタン美術館蔵になってるようね https://t.co/bWcDOOlVD4 東京国立博物館の伝俵屋宗達の関屋図屏風も https://t.co/cAxBNBDAaT この『帝国美術資料』では所有者が別府金七になって…

12 12 12 0 OA 熱中症の疫学

RT @hms_ulysses: 「熱中症死亡数(T67)は1968~2013年までの45年間で12,182件であり,年平均では264件である.1968~1993年までの年平均は67件であるが1994~2013年は492件と増加している」 https://t.co/oxKAm9…
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
RT @ScreamoTAI: CiNii 論文 -  テレビゲームが子供たちに与える心理的影響 https://t.co/9PLRKksTah 「テレビゲームは子供に影響が全くない」なんて研究なんてどこにもないよ その影響力は?とか犯罪には直結するほどの傾向は?とかが研究対象
本稿は科学史における新クーン派の分析枠組を地理学史に導入することが目標 科学一般と比較した地理学の特殊性(課題?)が今に至るまであんまり変わってない(筆者はコード化の未発達、通常科学や具体的範例がない等と言及) J-STAGEAr… https://t.co/4nLp5QoB8g
RT @philomyu: エアコンの温度を27.5度から25度に下げただけで作業効率が4%ぐらい上がる、という研究が本気であるので、社会人の皆さんは「働き方改革だ!生産性向上だ!」と言いながらクーラーをガンガンかけるといいと思う。https://t.co/yxN9xuURpW
RT @Naga_Kyoto: 野澤 秀樹「地理学史研究の方法 科学哲学・科学史・思想史との係わりにおいて」https://t.co/sms0HkTs5v 学史研究の方法 ①地理的知識の拡大の研究(主に前近代) ②地理学方法論の検討(主に近代以降) ③思想史としての地理(学)…
RT @Mikanixonable: https://t.co/sucb7chATT 英語にも似た規則がある可能性がある https://t.co/B6B6WbbxRF
@ozawajun わたしもです。ほんと学びが多い。んで気になって調べてみて古めの論文みっけたり。今はもっといい方法あったりするのかなあ、、あんまなさそうな気もしますが。 https://t.co/ObK0fuMLTk へーへー、と。
戦前の地理教育の変遷が面白い 総合的地理認識重視期から地人相関認識重視期へ アカデミー地理学の確立については、まずは地質系出身者が自然地理学系を成立させ、その後人文地理学が確立していく(1920〜30年代) J-STAGE Art… https://t.co/3pDzW09pyv
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr

7 7 7 0 OA 文献等

J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr
J-STAGEArticles -I 地理学の制度化と日本地理学会の創設 https://t.co/I8yzOW1v6N -II 戦後復興と地理学の展開 https://t.co/vsPOOmlTr9 -III 革新を求めて-制… https://t.co/YRimmsaVJr