天翔@Elektroboote (@Tensyofleet)

投稿一覧(最新100件)

@kappakick どうやらこのサイトの底本は「捕鯨 附日本の遠洋漁業(1952年刊)」のようですね。昭和9年に沿岸捕鯨船を制限したのは、過当競争で資源の減少を招いたためです。当時の捕獲頭数はこちらで、ヒゲ鯨の減を補うためマッコ… https://t.co/PgH0trMnMx
このグラフのうち、戦標缶各種の方は同じ著者の別の論文に数字が載っている。「危険水面」の考え方や、戦標缶についての記述もある。 https://t.co/PHrOwCYzyu https://t.co/SbncqpGVB7

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

@mits3263 こちらはおそらく平時C型のものですが、甲12型の原型と思われる蒸気タービンと減速装置です。 https://t.co/OQnuOji46f https://t.co/a0VyL0hn6Y

13 0 0 0 OA 舶用機関研究

こちらが円缶で、戦標1C、2TMに搭載された3号缶。 https://t.co/z9XLbxZVzK https://t.co/NYXtlS0rSf

51 0 0 0 OA 国産機械図集

川崎型主機のD8Z 70/120。こちらはボルト直径6インチと読めるが、果たしてナット直径いくばくなりや。 https://t.co/mhb50qxeKc https://t.co/oYLH0Yo0AS
@mits3263 ちょっと読んでみたいですね( 舶用メカニカルストーカ自体、この論文の22P辺りですとWW1終わってからの装備っぽいので、登場があと10年早ければあるいは。。。 https://t.co/z3vhPPnCxe
当時五号船台に載っていたのはどの船だろうか。撮影は7月1日となっているので、9日後に進水を控えた日南丸ではなく、日輪丸だろう。起工からおよそ4か月にしては、工事の進捗がいまいちのように思えるが。。。… https://t.co/ZNYt0T2j9p
昼にRTした資料をパラパラと見ていて気付いたもの。撮影日時と場所からして、ヒ86船団所属の戦時標準船K型、辰鳩丸(辰馬汽船,5,396総トン)だろう。日本鋼管鶴見建造のK型の写真は初めて見るなぁ。… https://t.co/aGn8r81PIo
RT @shell_fing: 1944年半頃から終戦までの米軍による旧陸海軍の陸戦兵器、航空機、艦船、戦術、陣地や基地などの分析した情報資料のリンク。 ①https://t.co/nVrOW3VmjG ②https://t.co/Ho4QDpSNHH ③https://t.c…
RT @shell_fing: 1944年半頃から終戦までの米軍による旧陸海軍の陸戦兵器、航空機、艦船、戦術、陣地や基地などの分析した情報資料のリンク。 ①https://t.co/nVrOW3VmjG ②https://t.co/Ho4QDpSNHH ③https://t.c…
RT @shell_fing: 1944年半頃から終戦までの米軍による旧陸海軍の陸戦兵器、航空機、艦船、戦術、陣地や基地などの分析した情報資料のリンク。 ①https://t.co/nVrOW3VmjG ②https://t.co/Ho4QDpSNHH ③https://t.c…
RT @shell_fing: 1944年半頃から終戦までの米軍による旧陸海軍の陸戦兵器、航空機、艦船、戦術、陣地や基地などの分析した情報資料のリンク。 ①https://t.co/nVrOW3VmjG ②https://t.co/Ho4QDpSNHH ③https://t.c…

5 0 0 0 OA 碎氷船

白陽丸の中央断面図と思われるもの。水線下は氷海航行用に傾斜を持つ独特の形状である。ビルジキールもあるようだ。 J-STAGE Articles - 碎氷船 https://t.co/V5sM6Sxat7 https://t.co/Rw8BNsZaOu
原子力船むつの対衝突構造、T-2タンカーベースなんだな。満載23,368排水トンが16ノット90度の角度で突入する、と。1967(昭和42)年11月起工、1973(昭和48)年3月海上公試の船がそれでいいものか、よく分からないが。… https://t.co/q52XhUnCxs
電気推進の欠点として、損失がすべて熱に変換される発電機・電動機の冷却が面倒、ということはあまり知られていない。しらせ(2代)でも制御機器はともかく、電動機は空冷であるようだ。 https://t.co/Yxu7cV70Vy
じゃあアメリカの電気推進の戦艦や空母はどうしていたのかというと、レキシントンでは『主交流發電機及び主推進電働機冷却用としては舷外よりの空氣を使用せす、艦内にて室氣冷却を行ひ之を循環す。』となっている。図は同艦の機関配置。… https://t.co/W7nL0LJ4J9
結露対策とかどうしていたのかな、と思ったら、どうやら停泊時はヒーターで温めていたらしい。運転時は発電機・電動機自体が熱を持つので必要ないのだろう。 https://t.co/KGG14WsNmm
同型(?)3隻のうち、三菱長崎で建造された浅間丸と龍田丸は、主機に単動2サイクルズルツァー8ST68/100を4基搭載したディーゼル船である。 CiNii 論文 - 淺間丸龍田丸機關部計畫及び成績に就て… https://t.co/8olgJG4S3G
本船は大阪商船の大連航路に就航していた黒龍丸(7,369総トン)。燃料を石炭とするため、水管式ボイラーにメカニカルストーカを備えている。誘導通風が要るのはそのせいもあるのだけれど。。。 https://t.co/C5x6wlVImU https://t.co/kvfpjmyiXo
もうちょっと何かないかと探していたら、同じホーネット飛行隊の翌日の報告書(台湾の飛行場を爆撃している)に紛れて3枚の写真が。。。おそらくこれも吉備津丸ではないかと思う。 https://t.co/FGKfjDLhvn https://t.co/4VkWMNPV7p
国会図書館デジタルコレクションより、1945(昭和20)年1月3日に台湾沖で米空母ホーネット航空隊の攻撃を受ける輸送船。おそらくマタ40の吉備津丸。 https://t.co/USPAhcCYjt https://t.co/Kom5lvo4vl

1 0 0 0 戦前船舶

@Kaeru_kikan @estermachine289 遠隔複写依頼してみてはどうでしょう? https://t.co/KcUtYOYUYe 164号なら神戸大学にもあるようですが https://t.co/HOYC4yUHk7
「当社」というのは赤阪鐵工所なのだけれども、1945(昭和20)年4月から6月にかけて4台を竣工させ、川崎重工に納入したらしい。とすれば、この辺りの潜水艦に搭載されている可能性が高いだろう。… https://t.co/io9nyRGIIZ
主機は500馬力のディーゼルエンジンを2基、各々が330kWの直流発電機を駆動し、400馬力の推進電動機に電力を供給している。 J-STAGE Articles - ヂーゼルエレクトリツク曳船住吉丸に就いて… https://t.co/X3CAHT2iwY
@ranzosha あまりいい図がないのですが。。。 https://t.co/q4OZGci65h https://t.co/gpPUS2SxFO
@ranzosha 2サイクルディーゼルエンジンも同じで、燃料噴射タイミングを変更します。もっとも、燃料ポンプで噴射タイミングを変更する焼玉と異なり、こちらは噴射弁の方で変更しますので、一般的にはカム軸の当たり位置をずらして行いま… https://t.co/O4IPIu66iT
@ranzosha これ以上の出力になりますと、共に自己逆転を行う機構を備えるようになります。まず焼玉ですが、これは2サイクルなので燃料噴射のタイミングを変更して逆転を行います。 https://t.co/6R4CGUtEJ0 https://t.co/MCN4yMwdzS
@ranzosha 焼玉ディーゼル共に、小出力の機関に用いられていたのはミーツアンドワイス社式の逆転機が多いような印象です。 https://t.co/WC7KcHytjR https://t.co/IEeJV9v1pB
@ranzosha 推進軸とクランク軸直結してるやつですよね。一般的には両方とも小出力の機関ならギヤを用いた逆転機があります。人力でレバーを操作するもので、逆に言えば人力で何とかなる出力までですね。ごくまれにエアーを用いるのがあり… https://t.co/sGBSMG8TUV

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

@sudo_simoigusa @mits3263 原型となった神戸発動機380馬力焼玉は、カタログ上だとミリ表記なんですよね。謎は深まるばかりでございます。 https://t.co/ZzWmW1DwFu https://t.co/Tal0axT9h0
これら11隻のストックボートのうち、最も竣工の早かった富士丸。主機は石炭焚蒸気レシプロで、船橋後部の第三船倉は半ば炭庫兼用となっている。写真は売船を重ねて2度目の改名で南満丸となった後の姿。… https://t.co/c4FBmEHTC6
酔って適当にツイートするとこの辺りを書き忘れます https://t.co/j4qhPnQT4r https://t.co/ZW8tdU3QeP J-STAGE Articles - 「フラガー」式「ディーゼル」機關に就て https://t.co/PvOftv3MIp

51 0 0 0 OA 国産機械図集

@mitsuki 写真とは違うものの図面ですけど、ラビリンスっぽいような。。。 https://t.co/vfHQQFf91V https://t.co/CAwqrIrEpH
客船シャルンホルスト(のちの神鷹)も電気推進だけれども、一般配置図くらいしか見たことがなくてよく分からないが、データはある。色々壊れた旨の記述があるが、当時ならこの程度はよくあることのように思う。 CiNii 論文 - N.D.… https://t.co/Enj4hRE5TA
まあ、18万馬力に比べると象と蟻であるが。。。 CiNii 論文 - 米國軍艦「レキシントン」の歴史、設明及び受領試験 https://t.co/oIdLRvVKRb #CiNii https://t.co/AJ09mVvIIC
外観はなんら特徴のない三島型貨物船であるが、図面のタイトル"THE FIRST ELECTRICALLY-PROPELLED SHIP IN JAPAN"が何やら晴れがましい。 J-STAGE Articles - 電氣推進汽船… https://t.co/kcod2P24GZ
この船、鉄道連絡船ならではの高い航海速力(最高14kt弱だけれども)と、低い甲板高さが求められたため、主機に蒸気タービンを積んでいる。2基2軸で定格1,400shpだから、1基700馬力で日本史上最少出力の舶用蒸気タービンではない… https://t.co/AsalXjuzJg
こいつかな。。。 https://t.co/gGWbrOk99R https://t.co/wJJWgmB5Rz
あ、やられた。ここで「喫水浅き高速船用」とぼかしてある図面と同じじゃないか。これメクロン級のだったんだな。 J-STAGE Articles - 浦賀式聯動汽機と其の實績 https://t.co/hj8YScpFdN https://t.co/SoAo7Yh2LB

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

まもなく始まった一連の空襲で、対空戦闘を行う船団各船は周囲を顧みる余裕すら皆無であったらしく、その経過はよく分からない。鴻が早い段階で直撃弾を受け、水柱の中に消えたことだけが分かっている。この空襲は1時間ほど続いたようだ。 (写真… https://t.co/lLw7tvI47O
巡航タービンなどという妙ちくりんなものを積むのは軍艦だけだと思っていたが、商船にも積もうとした例はあるらしい。実際に積んだという話を聞かないので計画で終わったのだろう。なんとも後ろ向きな理由であるし。。。 巡航タービンによるVLC… https://t.co/8IXQuSR6C2
とはいえその誕生までにはひと悶着あり、入札時における鋼材価格の急激な値上がりの結果、船価低減のため速力を1ノット低下させる羽目になっている。機関部重量が軽くなったため動揺が激しくなり、後に300トンの固定バラストを搭載することにな… https://t.co/r1P3kZtWFX
さあ、これさえ読めば、あなたも明日から戦時標準船の艤装工事ができる! 速成工用電気艤装の手引. 商船の部 https://t.co/j5VXU8Z0Mc https://t.co/CNkx3Vvjx2
渋谷文庫にはあるのかもしれんね(省略) https://t.co/uE7CHdKF7E https://t.co/IBGtkvhsQW
なので例の巡航タービンの製造所分かるかなぁ、と手持ち資料ぺらぺらしていたのだけれども、三菱神戸で巡航タービン集中製造してたのではないかと思わせる記述もあって、船体の建造所から追うのは難しそうだな。。。… https://t.co/pUjVKRie2T

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

造船は各種技術の集大成ともいわれるけれども、大型の舶用蒸気機関を製造できる工場は少なくて、蒸気タービンとなるとさらに少ない。著名(?)な造船所でも、蒸気タービンは自前で製造できなくて他から供給を受けていたりする。… https://t.co/AFzccOf61j

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

戦前の日本で大型船を建造できる造船所はさほど多くない。昭和12年の本だけれども、1万トンクラスを建造できるのはこのうちの2割程度ではなかろうか。 実用船舶便覧. 昭和12年版 https://t.co/fXykBVYD1Q https://t.co/rVrgFsjlTY
@mits3263 神戸川崎はまじめに書いてくれてあって、梨は舞鶴工廠だそうで。隣のしまね丸に”removed at in ehime Pref.”とか謎なことが書いてあったり、空母生駒のは4か所で作ってるらしかったりで謎は深まる… https://t.co/mEBNMrK2ar
@mits3263 松型に限れば、残存して国内で解体されのは樫、楢、柳、椿なんですが、主機の製造場所はよく分からんですね。川崎神戸の社史によれば樫と楢の右舷機を製造しているらしいのですが、藤永田が適当書いてくれているので謎になって… https://t.co/JbmNPe8dsm
昨日の艦本式蒸気タービンの巡航機、搭載されていた艦が特定できないかなー、と思ってちょっと調べてみたけどこれは埋まらんな(投 距離的に言えば石川島で解体された一等輸送艦9号が近い気はするけど、建造所たる呉の記録は少なくともweb上に… https://t.co/E2m128bAmZ
@ranzosha 詳細図面はすぐ出ないのですが、桃色の主機械室にある2基並んだ艦本22号ディーゼル機関のうち、右舷機の後方付近にあるものかと思います。 https://t.co/Gu2is9alTH https://t.co/O0fpdm0mFJ

2 0 0 0 造船講演集

@OHCJ9T2YMSpRloB 所蔵している大学か遠隔複写か、あるいは国会図書館まで出向くかですねぇ。戦前、辰馬汽船が船員教育の為に三菱神戸に依頼した若手技師の講演を起こしたもので 、戦前の商船についてざっくり掴むのによい資料で… https://t.co/qjrZNn0Tv6

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

「機械工学年鑑」昭和17年より、おそらく平時標準船C型用の日立製1,400shp単車室タービン。多分これの改良型になるんだろう。 https://t.co/OQnuOji46f
ということで、戦標2TM楠栄丸の戦標甲12タービンらしい。残ってるもんだねぇ。。。 https://t.co/r9RJW9pC4K https://t.co/DdeN4TQ3eM
@mits3263 ビンゴ、見つけました。2TMなら戦標甲12タービンですね。 https://t.co/r9RJW9pC4K https://t.co/khtSlu5ZhZ
そういや摂津丸(戦標M甲型)もWeb上に図面あったな、と。こちらは日本水産の塩蔵/冷凍工船なので、「川崎船」の方になる。なおチャームポイントは船橋上の22号電探と主機の艦本式22号ディーゼルだ。… https://t.co/4eZcLPU6Qf
@masatoshi_san URL貼るべきでしたね。10mの方は木製となってまして、どうも違うようです。ダビットは専用のものを作ったとか。 https://t.co/2ohczlO5ay https://t.co/u8kB1Ik55r
RT @Kaeru_kikan: 1945年6月26日に山東半島沖で米飛行艇の攻撃を受けるこの船。「禧星號」のような気がするが、「禧星號」の船型がわからないので何とも言えない。 https://t.co/aM6HoyoNwV https://t.co/ICfaLP8E4K

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

同型でただ1隻三連成蒸気レシプロであった濱江丸も、通常とは少し異なる排気タービン付のものを搭載している(下から4行目右端あたり)。本船を蒸気タービン搭載船とする書籍もあるが、筆が滑ったのだろう。… https://t.co/SKTHtgLKtS
@soyamaru_UMI これはコピーなので記憶モードですが、鉄道技術発達史の7巻、その復刻版として再販されたものだったかな、と思います。 https://t.co/hr8Zzv7V0w お近くの図書館に所蔵してなければ、国会図… https://t.co/l0Ai6Bt82T
@soyamaru_UMI これはコピーなので記憶モードですが、鉄道技術発達史の7巻、その復刻版として再販されたものだったかな、と思います。 https://t.co/hr8Zzv7V0w お近くの図書館に所蔵してなければ、国会図… https://t.co/l0Ai6Bt82T

7 0 0 0 OA 南洋群島現勢

そういやこれ、ここで見た奴だ、とふと思い出すなど。 https://t.co/8kgeZtN0JP https://t.co/LmNFJIM5sZ
RT @lrt_kyuu: 過去の喫水線上部のコア抜き調査ではAs塗布の可能性が指摘されており、喫水線の上下で異なる措置が取られた可能性もある CiNii 論文 - 2324 鉄筋コンクリート貨物船「武智丸」に関する調査報告(既存構造物の調査) https://t.co/oG…
1945(昭和20)年4月26日、四国の足摺岬沖でPB4Y-2の攻撃を受ける魚雷艇。潰れてしまっていて判別が難しいが、ここで何をしていたんだろうか。 https://t.co/6suTtJc6gB https://t.co/88ciZOF2O3

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

改E型こと戦時標準船2E型の一部に主機として装備された380馬力焼玉機関であるが、原型は神戸発動機が製作したものらしい。当時のラインナップにも、それと思しきものがある。 https://t.co/ZzWmW1DwFu https://t.co/GcPWMqEWnB
なんでも伊勢湾台風の再来と聞いて https://t.co/bEFfhZEIqT https://t.co/sozxV7cyTp

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

昭和12年版の「実用船舶便覧」。この時点の日本において、舶用ディーゼル機関を製造できる能力を持つメーカーは大体これくらいしかない。 https://t.co/eGMhWtdovO https://t.co/TKaTKsHix7
1945(昭和20)年6月19日、山口県沖でPB4Y-2の空襲を受ける2E型戦時標準船(推定)。煙突が見えるので、蒸気レシプロ機関船だろう。報告書には恐らく沈没、とあるが、この日の沈没船に該当しそうな船がいない。… https://t.co/RFM4nVhCyZ
戦後改装を受けた2EDの1隻などは、貨物艙を圧迫するにもかかわらず、わざわざ機関室を前方に延長し、補助缶を増設して汽動式の揚錨機・揚貨機に改造してしまった。 CiNii 論文 - 武藏丸改造工事に就いて… https://t.co/i031jwBw6p
「焼玉揚貨機」に関する資料は少ないが、武智丸型として知られるコンクリート船も主機はディーゼルであり、艤装も戦時造船の枠内なので図面にははっきりと焼玉揚貨機が記されている。 CiNii 論文 - 鐵筋コンクリート船の一設計… https://t.co/ieeJg0iPM1
終戦直後の川南工業香焼島造船所。大ビルドは写真左下に見切れてしまっている。場所は現在の三菱重工長崎造船所香焼工場になる。 https://t.co/BkR9mIB4vN https://t.co/4hYQFfc4My

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

戦標2Eの焼玉機関が不評だったことはよく知られている(?)が、なぜ不評だったのか、という理由まで記されているものは少ない。その原因を焼玉機関故に、というところに求めるのであれば、戦前本機に倍する出力の焼玉機関が製作されよう筈もない… https://t.co/ifLTa2Xtv0
RT @Tensyofleet: 300枚くらいのカラー写真があるので、それぞれ分かる人に見てもらいたいなぁと思う https://t.co/5hdC2JU3yU https://t.co/Lq35MWURni
@chidorikikaku 私は詳しくないのでよく分かりませんが、こちらと合わせて一式陸攻一一型かその派生型(一式陸上輸送機など)を解体したものかなぁと思います。 https://t.co/bsVKYRfL83 https://t.co/DOnp755rjg
思い出しついでに、名古屋の広小路通周辺とされる写真。 https://t.co/Quh8apAY24 https://t.co/Q5rjMwsjxQ
横浜港、奥の方に見えるのは三菱横浜造船所。第四~五号岸壁あたりに艤装中の車両渡船が見える。時期的に十勝丸か渡島丸ではなかろうか。写真右端中央に見える赤いのは、ひょっとして山汐丸だろうか。… https://t.co/wNLd4GAnRe
横浜港、富士山とコロニー級軽巡洋艦(多分 https://t.co/V9lMLLVFn8 https://t.co/TAFTaYphwW
個人的にポイント高かった愛知県庁と名古屋市役所 https://t.co/xaBcuoWGIK https://t.co/jgG1LiP0R1
300枚くらいのカラー写真があるので、それぞれ分かる人に見てもらいたいなぁと思う https://t.co/5hdC2JU3yU https://t.co/Lq35MWURni
どうも撮影地は中部や近畿、中国地方らしきものもあって、関東だけではないようだ。 https://t.co/C63ZevHhSf https://t.co/BVz3gbjADr
何だかよく分からない写真もある。 https://t.co/l4dVKZRgcs https://t.co/7F397AvyUf
右はファンネルがAmerican President Linesだけれども、P2級油槽船のどれか、くらいでよく分からない。場所はおそらく横浜港。 https://t.co/2gCCpxQvFB https://t.co/gZq6PshjGe
国立国会図書館デジタルアーカイブより、氷川丸。撮影時期は不明だが、艤装が病院船なので1947(昭和22)年2月以前だろう https://t.co/o1sdvQe2ah https://t.co/UWIcJEzWfl
なお、「焼玉機関の点火は焼玉の温度による熱面着火」ということになっているが、小馬力の焼玉において「起動時は焼玉による点火であるが、運転時は圧縮加熱した空気による着火である」とした論文がある。 https://t.co/8D9J14WoQz
ボリンダ―型焼玉機関の焼玉付近の図(再掲)。(7)の燃料ノズルの先から、扇状の70~80°と50~69°の2種類の角度が図示されている。 https://t.co/1hNFAbO2bl https://t.co/l6RcaSFg86
焼玉エンジンの始動薬を装填するプラグ。左がプラグ本体で、右がセットした状態だろう。 https://t.co/eMK5gsJliv https://t.co/aEYU5GDQmq
舶用機関の方のマキタの広告。昭和15年10月発行「漁船発動機年鑑」の広告。 https://t.co/q7H9f8SjBU https://t.co/6oARy7UZl7
焼玉付近の拡大図。燃料ノズル付近にも冷却水が循環しているのが分かる。 https://t.co/1hNFAbO2bl https://t.co/VFSTFI6D6l
じゃあ諸外国ではどうだったんだ、というと、デンマークで450馬力2基を搭載した"Djursland(1934)"というフェリーがいたらしい。 CiNii 論文 - 大馬力のセミヂーゼル機… https://t.co/sEvSBF3nYZ
あ、蛭子丸(490総トン、神戸桟橋)忘れてた。これで5隻かな、要目を見るに、いずれも同型船のようである。笠戸船渠の社史は戦前建造船かなり省略してるのでよく分からないんだよね。。。 https://t.co/Ie3rwFTtvQ
600馬力焼玉機関搭載船、住吉丸(480総トン,神戸桟橋)、長田丸(479総トン,神戸桟橋)、廣田丸(479総トン,神戸桟橋)と、いずれも運航会社が同じで建造は笠戸船渠、機関製作は神戸発動機となっていて面白い。 https://t.co/ZA0fUtPcQU
どうも900馬力は大阪丸/兵庫丸、700馬力は伏見丸だけのようだが、600馬力は5~6隻に載っているらしい。生田丸の要目はこちら。 https://t.co/F8WfrgSxm1 https://t.co/KAeuX0oyUw
JES規格でようやくディーゼル油の規格が定められようとしていた頃の状況など。タラカン原油はそのままディーゼル重油として用いられていたらしい。 ディーゼル機關重油に就て https://t.co/RT7tNR2tz9 https://t.co/29TXaagiig
日本郵船が昭和10年頃からディーゼル船にの燃料に汽罐燃油こと缶用重油を混入し始めた頃の記録。ここで取り上げられているのは要目と主機から見て照国丸級だな。 舶用ディーゼル機關燃料管見 https://t.co/YkOiCO5hTF https://t.co/Jv50Zzsohz
こちらはボリンダ―社(瑞)の注水式焼玉機関の断面図。ピストン上面が斜めになっているのが気になるが、こうなっている理由については未見。注水を排気孔に逃がすためかとは思う。 https://t.co/xs0BJ0bX5e https://t.co/gHrd1chQnt

6 0 0 0 OA 日本船名録

エンジンの要目からして間違いなさそうだが、船体の方は「製造年月日」は空欄だし、「日本船名録」の製造欄は不詳だしでよく分からない。 https://t.co/IqR9qZe9T3

51 0 0 0 OA 国産機械図集

国立国会図書館デジタルコレクションより、神戸製鋼所製のV型ディーゼル機関。ヘッセルマン式となっているが、まるゆで有名なヘッセルマンエンジンとは異なり、火花点火式ではない。 https://t.co/k9nqa7vzMP https://t.co/gzC1MukRwP
一方、三井造船はGoetaverken排汽タービンの広告。実際に装備された例はバウエルバッハより少ないのではと思う。 https://t.co/nO2xvmJkCG https://t.co/J8o4HQESRv https://t.co/kPygflQ5NB

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

一方、三井造船はGoetaverken排汽タービンの広告。実際に装備された例はバウエルバッハより少ないのではと思う。 https://t.co/nO2xvmJkCG https://t.co/J8o4HQESRv https://t.co/kPygflQ5NB

お気に入り一覧(最新100件)

このグラフのうち、戦標缶各種の方は同じ著者の別の論文に数字が載っている。「危険水面」の考え方や、戦標缶についての記述もある。 https://t.co/PHrOwCYzyu https://t.co/SbncqpGVB7

13 0 0 0 OA 舶用機関研究

こちらが円缶で、戦標1C、2TMに搭載された3号缶。 https://t.co/z9XLbxZVzK https://t.co/NYXtlS0rSf

51 0 0 0 OA 国産機械図集

川崎型主機のD8Z 70/120。こちらはボルト直径6インチと読めるが、果たしてナット直径いくばくなりや。 https://t.co/mhb50qxeKc https://t.co/oYLH0Yo0AS
当時五号船台に載っていたのはどの船だろうか。撮影は7月1日となっているので、9日後に進水を控えた日南丸ではなく、日輪丸だろう。起工からおよそ4か月にしては、工事の進捗がいまいちのように思えるが。。。… https://t.co/ZNYt0T2j9p
昼にRTした資料をパラパラと見ていて気付いたもの。撮影日時と場所からして、ヒ86船団所属の戦時標準船K型、辰鳩丸(辰馬汽船,5,396総トン)だろう。日本鋼管鶴見建造のK型の写真は初めて見るなぁ。… https://t.co/aGn8r81PIo

5 0 0 0 OA 碎氷船

白陽丸の中央断面図と思われるもの。水線下は氷海航行用に傾斜を持つ独特の形状である。ビルジキールもあるようだ。 J-STAGE Articles - 碎氷船 https://t.co/V5sM6Sxat7 https://t.co/Rw8BNsZaOu
電気推進の欠点として、損失がすべて熱に変換される発電機・電動機の冷却が面倒、ということはあまり知られていない。しらせ(2代)でも制御機器はともかく、電動機は空冷であるようだ。 https://t.co/Yxu7cV70Vy
じゃあアメリカの電気推進の戦艦や空母はどうしていたのかというと、レキシントンでは『主交流發電機及び主推進電働機冷却用としては舷外よりの空氣を使用せす、艦内にて室氣冷却を行ひ之を循環す。』となっている。図は同艦の機関配置。… https://t.co/W7nL0LJ4J9
結露対策とかどうしていたのかな、と思ったら、どうやら停泊時はヒーターで温めていたらしい。運転時は発電機・電動機自体が熱を持つので必要ないのだろう。 https://t.co/KGG14WsNmm
同型(?)3隻のうち、三菱長崎で建造された浅間丸と龍田丸は、主機に単動2サイクルズルツァー8ST68/100を4基搭載したディーゼル船である。 CiNii 論文 - 淺間丸龍田丸機關部計畫及び成績に就て… https://t.co/8olgJG4S3G
本船は大阪商船の大連航路に就航していた黒龍丸(7,369総トン)。燃料を石炭とするため、水管式ボイラーにメカニカルストーカを備えている。誘導通風が要るのはそのせいもあるのだけれど。。。 https://t.co/C5x6wlVImU https://t.co/kvfpjmyiXo
もうちょっと何かないかと探していたら、同じホーネット飛行隊の翌日の報告書(台湾の飛行場を爆撃している)に紛れて3枚の写真が。。。おそらくこれも吉備津丸ではないかと思う。 https://t.co/FGKfjDLhvn https://t.co/4VkWMNPV7p
国会図書館デジタルコレクションより、1945(昭和20)年1月3日に台湾沖で米空母ホーネット航空隊の攻撃を受ける輸送船。おそらくマタ40の吉備津丸。 https://t.co/USPAhcCYjt https://t.co/Kom5lvo4vl
「当社」というのは赤阪鐵工所なのだけれども、1945(昭和20)年4月から6月にかけて4台を竣工させ、川崎重工に納入したらしい。とすれば、この辺りの潜水艦に搭載されている可能性が高いだろう。… https://t.co/io9nyRGIIZ
主機は500馬力のディーゼルエンジンを2基、各々が330kWの直流発電機を駆動し、400馬力の推進電動機に電力を供給している。 J-STAGE Articles - ヂーゼルエレクトリツク曳船住吉丸に就いて… https://t.co/X3CAHT2iwY
客船シャルンホルスト(のちの神鷹)も電気推進だけれども、一般配置図くらいしか見たことがなくてよく分からないが、データはある。色々壊れた旨の記述があるが、当時ならこの程度はよくあることのように思う。 CiNii 論文 - N.D.… https://t.co/Enj4hRE5TA
まあ、18万馬力に比べると象と蟻であるが。。。 CiNii 論文 - 米國軍艦「レキシントン」の歴史、設明及び受領試験 https://t.co/oIdLRvVKRb #CiNii https://t.co/AJ09mVvIIC
外観はなんら特徴のない三島型貨物船であるが、図面のタイトル"THE FIRST ELECTRICALLY-PROPELLED SHIP IN JAPAN"が何やら晴れがましい。 J-STAGE Articles - 電氣推進汽船… https://t.co/kcod2P24GZ
この船、鉄道連絡船ならではの高い航海速力(最高14kt弱だけれども)と、低い甲板高さが求められたため、主機に蒸気タービンを積んでいる。2基2軸で定格1,400shpだから、1基700馬力で日本史上最少出力の舶用蒸気タービンではない… https://t.co/AsalXjuzJg
あ、やられた。ここで「喫水浅き高速船用」とぼかしてある図面と同じじゃないか。これメクロン級のだったんだな。 J-STAGE Articles - 浦賀式聯動汽機と其の實績 https://t.co/hj8YScpFdN https://t.co/SoAo7Yh2LB

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

まもなく始まった一連の空襲で、対空戦闘を行う船団各船は周囲を顧みる余裕すら皆無であったらしく、その経過はよく分からない。鴻が早い段階で直撃弾を受け、水柱の中に消えたことだけが分かっている。この空襲は1時間ほど続いたようだ。 (写真… https://t.co/lLw7tvI47O
とはいえその誕生までにはひと悶着あり、入札時における鋼材価格の急激な値上がりの結果、船価低減のため速力を1ノット低下させる羽目になっている。機関部重量が軽くなったため動揺が激しくなり、後に300トンの固定バラストを搭載することにな… https://t.co/r1P3kZtWFX
さあ、これさえ読めば、あなたも明日から戦時標準船の艤装工事ができる! 速成工用電気艤装の手引. 商船の部 https://t.co/j5VXU8Z0Mc https://t.co/CNkx3Vvjx2

10 0 0 0 OA 機械工学年鑑

「機械工学年鑑」昭和17年より、おそらく平時標準船C型用の日立製1,400shp単車室タービン。多分これの改良型になるんだろう。 https://t.co/OQnuOji46f
ということで、戦標2TM楠栄丸の戦標甲12タービンらしい。残ってるもんだねぇ。。。 https://t.co/r9RJW9pC4K https://t.co/DdeN4TQ3eM
そういや摂津丸(戦標M甲型)もWeb上に図面あったな、と。こちらは日本水産の塩蔵/冷凍工船なので、「川崎船」の方になる。なおチャームポイントは船橋上の22号電探と主機の艦本式22号ディーゼルだ。… https://t.co/4eZcLPU6Qf

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

同型でただ1隻三連成蒸気レシプロであった濱江丸も、通常とは少し異なる排気タービン付のものを搭載している(下から4行目右端あたり)。本船を蒸気タービン搭載船とする書籍もあるが、筆が滑ったのだろう。… https://t.co/SKTHtgLKtS

7 0 0 0 OA 南洋群島現勢

そういやこれ、ここで見た奴だ、とふと思い出すなど。 https://t.co/8kgeZtN0JP https://t.co/LmNFJIM5sZ

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

改E型こと戦時標準船2E型の一部に主機として装備された380馬力焼玉機関であるが、原型は神戸発動機が製作したものらしい。当時のラインナップにも、それと思しきものがある。 https://t.co/ZzWmW1DwFu https://t.co/GcPWMqEWnB

29 0 0 0 OA 実用船舶便覧

昭和12年版の「実用船舶便覧」。この時点の日本において、舶用ディーゼル機関を製造できる能力を持つメーカーは大体これくらいしかない。 https://t.co/eGMhWtdovO https://t.co/TKaTKsHix7
1945(昭和20)年6月19日、山口県沖でPB4Y-2の空襲を受ける2E型戦時標準船(推定)。煙突が見えるので、蒸気レシプロ機関船だろう。報告書には恐らく沈没、とあるが、この日の沈没船に該当しそうな船がいない。… https://t.co/RFM4nVhCyZ
戦後改装を受けた2EDの1隻などは、貨物艙を圧迫するにもかかわらず、わざわざ機関室を前方に延長し、補助缶を増設して汽動式の揚錨機・揚貨機に改造してしまった。 CiNii 論文 - 武藏丸改造工事に就いて… https://t.co/i031jwBw6p
「焼玉揚貨機」に関する資料は少ないが、武智丸型として知られるコンクリート船も主機はディーゼルであり、艤装も戦時造船の枠内なので図面にははっきりと焼玉揚貨機が記されている。 CiNii 論文 - 鐵筋コンクリート船の一設計… https://t.co/ieeJg0iPM1
終戦直後の川南工業香焼島造船所。大ビルドは写真左下に見切れてしまっている。場所は現在の三菱重工長崎造船所香焼工場になる。 https://t.co/BkR9mIB4vN https://t.co/4hYQFfc4My

16 0 0 0 OA 漁船建造必携

戦標2Eの焼玉機関が不評だったことはよく知られている(?)が、なぜ不評だったのか、という理由まで記されているものは少ない。その原因を焼玉機関故に、というところに求めるのであれば、戦前本機に倍する出力の焼玉機関が製作されよう筈もない… https://t.co/ifLTa2Xtv0
思い出しついでに、名古屋の広小路通周辺とされる写真。 https://t.co/Quh8apAY24 https://t.co/Q5rjMwsjxQ
国立国会図書館デジタルアーカイブより、氷川丸。撮影時期は不明だが、艤装が病院船なので1947(昭和22)年2月以前だろう https://t.co/o1sdvQe2ah https://t.co/UWIcJEzWfl
なお、「焼玉機関の点火は焼玉の温度による熱面着火」ということになっているが、小馬力の焼玉において「起動時は焼玉による点火であるが、運転時は圧縮加熱した空気による着火である」とした論文がある。 https://t.co/8D9J14WoQz
ボリンダ―型焼玉機関の焼玉付近の図(再掲)。(7)の燃料ノズルの先から、扇状の70~80°と50~69°の2種類の角度が図示されている。 https://t.co/1hNFAbO2bl https://t.co/l6RcaSFg86
焼玉付近の拡大図。燃料ノズル付近にも冷却水が循環しているのが分かる。 https://t.co/1hNFAbO2bl https://t.co/VFSTFI6D6l
じゃあ諸外国ではどうだったんだ、というと、デンマークで450馬力2基を搭載した"Djursland(1934)"というフェリーがいたらしい。 CiNii 論文 - 大馬力のセミヂーゼル機… https://t.co/sEvSBF3nYZ
あ、蛭子丸(490総トン、神戸桟橋)忘れてた。これで5隻かな、要目を見るに、いずれも同型船のようである。笠戸船渠の社史は戦前建造船かなり省略してるのでよく分からないんだよね。。。 https://t.co/Ie3rwFTtvQ
600馬力焼玉機関搭載船、住吉丸(480総トン,神戸桟橋)、長田丸(479総トン,神戸桟橋)、廣田丸(479総トン,神戸桟橋)と、いずれも運航会社が同じで建造は笠戸船渠、機関製作は神戸発動機となっていて面白い。 https://t.co/ZA0fUtPcQU
どうも900馬力は大阪丸/兵庫丸、700馬力は伏見丸だけのようだが、600馬力は5~6隻に載っているらしい。生田丸の要目はこちら。 https://t.co/F8WfrgSxm1 https://t.co/KAeuX0oyUw
JES規格でようやくディーゼル油の規格が定められようとしていた頃の状況など。タラカン原油はそのままディーゼル重油として用いられていたらしい。 ディーゼル機關重油に就て https://t.co/RT7tNR2tz9 https://t.co/29TXaagiig
日本郵船が昭和10年頃からディーゼル船にの燃料に汽罐燃油こと缶用重油を混入し始めた頃の記録。ここで取り上げられているのは要目と主機から見て照国丸級だな。 舶用ディーゼル機關燃料管見 https://t.co/YkOiCO5hTF https://t.co/Jv50Zzsohz
こちらはボリンダ―社(瑞)の注水式焼玉機関の断面図。ピストン上面が斜めになっているのが気になるが、こうなっている理由については未見。注水を排気孔に逃がすためかとは思う。 https://t.co/xs0BJ0bX5e https://t.co/gHrd1chQnt

6 0 0 0 OA 日本船名録

エンジンの要目からして間違いなさそうだが、船体の方は「製造年月日」は空欄だし、「日本船名録」の製造欄は不詳だしでよく分からない。 https://t.co/IqR9qZe9T3

51 0 0 0 OA 国産機械図集

国立国会図書館デジタルコレクションより、神戸製鋼所製のV型ディーゼル機関。ヘッセルマン式となっているが、まるゆで有名なヘッセルマンエンジンとは異なり、火花点火式ではない。 https://t.co/k9nqa7vzMP https://t.co/gzC1MukRwP

51 0 0 0 OA 国産機械図集

焼玉機関の断面図。こちらは焼玉機関としては最大級の出力だけれども、構造は同じ。 https://t.co/YhCZkIqtTy https://t.co/KensHSYQlC

7 0 0 0 OA 機械工学年鑑

時局柄伏字が多いけれども、第4表の1262VF115を搭載している○○丸はもちろん大阪商船の報国丸。第3表の10MS72/125型は日本郵船の三池丸。 https://t.co/wMVI45cCnX https://t.co/zbIUOV1MRy
妙なグラフを持ち出してみる。これは浅間丸の試運転における、左舷内外軸の捩れ振動の振幅をグラフ化したもの。X軸に回転数、Y軸に振幅が取られている。実線が左舷外軸、破線が内軸で、25~40rpm前後に1次8節の危険速度があるのが分かる… https://t.co/IT1Akr5lIs
龍田丸の機関室配置。後ろの大型4基が主機で、前の小型4基は発電機。主機の排気はほぼ直上に導かれ、後部煙突に繋がっている。外側2基の排気管は船外に出て煙突に横から割り込む形になっている。一方で前部煙突は補助缶と発電機の排気のみ。… https://t.co/yaqNLB0C6h

51 0 0 0 OA 国産機械図集

再々紹介している神戸川崎のMAN DZ型複動ディーゼルであるが、その製造期間は昭和9~28年、総製造数は38基である。戦前の川崎型油槽船の主機として有名(?)な同機関だが、実は戦後の製造台数も1/3の13基に及ぶ。… https://t.co/wohMcs52bE

51 0 0 0 OA 国産機械図集

この有馬山丸を含め、戦前13隻に搭載された複動2サイクルディーゼルが三井B&W661WF140で、記載されていないが先日のこの図面の機関。4葉ルーツブロアとユニフロー掃気、戦前最も進んだ舶用ディーゼル機関ではなかろうか。… https://t.co/829KuLHXfX

51 0 0 0 OA 国産機械図集

さすがにどうか、というサイズになるので、こういう掃気ポンプを備えるものもある。 https://t.co/8GYtl1UIOm https://t.co/8f97e0VirH

51 0 0 0 OA 国産機械図集

横浜船渠(のちの三菱横浜)製2サイクル複動ディーゼル、D6Zu60/110P。6つ並ぶ気筒の左側にあるのが掃気ポンプ。出力は4,500~4,700BHPで、掃気ポンプ付を意味する末尾のPのないものと、200馬力ほど差があるようだ。… https://t.co/HldkM9tFkr
同じく7月28日に倉橋島で空襲を受ける駆逐艦。報告書では駆逐艦もしくは軽巡ということになっているが、ここには52駆逐隊の4隻がいたらしく、一連の写真は杉、楓、樫、汐風のいずれかだろう。… https://t.co/mPn8elRbcG
国立国会図書館デジタルコレクションより、同一で空襲を受ける駆逐艦。こちらの撮影は7月28日となっている。 https://t.co/LRtyVeQ4LR https://t.co/lSnlLjJW8B
同じく攻撃を受ける亜庭丸。2本煙突が特徴的なこともあってか、米軍報告書にもその旨が記されている。この後沈没し、戦後浮揚が試みられるも放棄されたらしいので、船体は未だこの付近の海底にあるのだろう。… https://t.co/syVr6wFCsc
1945年8月10日、青森県茂浦沖で米艦載機の攻撃を受ける船舶。おそらく亜庭丸(鉄道省,3,298総トン)。同船は北海道の稚内と樺太の大泊を結ぶ稚泊航路の鉄道連絡船で、冬季の結氷期の航行に備えて砕氷能力を持っていた。… https://t.co/VzY3S6AJR8
同じく1945年7月15日に本州西方で攻撃を受ける日本商船。逆光で見えづらいが、おそらく鯉城丸(拿捕船,1,543総トン)ではなかろうか。 https://t.co/xBgLvvsfcB https://t.co/lPp9RVDjwG
国立国会図書館デジタルコレクションより、1945年7月15日に三厩湾で空襲を受ける日本商船。こちらに写っているのは第二青函丸(2,493総トン)。 https://t.co/xBgLvvsfcB https://t.co/ZnyeY0c5LC
同じく7月14日の青函空襲。左上は鉄道連絡船の津軽丸(3,484総トン)、他の3葉については分からない。 https://t.co/s3m5wE4ixF (6/67) https://t.co/uRoKkJ3WcX
青森県バッコノ崎付近。右下は擱座した第六青函丸。 https://t.co/4Xhu7x7iuj https://t.co/kaMgqgaXMg
国立国会図書館デジタルコレクションより、空襲下の函館桟橋。 https://t.co/s3m5wE4ixF (4/67) https://t.co/LbFQvCydIj
直撃弾を受けて炎上中の第三青函丸。複写のため潰れてしまって分かりにくいが、左下に見えるのが倒壊しかかった船首のマスト。 https://t.co/WhrW7dTzvo https://t.co/8uTT2I6Z3y
巡洋艦で通風と言えば、本邦ではこんなのがあったな。当然のごとく、機械室の通風だけれども。。。 CiNii 論文 - 艦船機械室の通風に就て https://t.co/5Uxb7t89m7 #CiNii
駆逐艦らしきもの三隻。さすがに艦名までは分からないなぁ。 https://t.co/cSm2o2W48P(118/138) https://t.co/TYD93h1DQV
国立国会図書館デジタルライブラリより、7月25日の呉空襲下にあるカモフラージュ状態の北上。やはり複写なので画質がどうというレベルではないが、どこかにこういう写真が残っているのは確かなようだ。… https://t.co/T5Tnjh25PS
別の角度から撮った写真もある。。。ん? 上は間違いなく鳳翔だけれども、下は三ツ子島の天城だな。米海軍、報告書間違ってないかい。まあこの時期どっちでも大差ないか。 https://t.co/cSm2o2W48P(116/138) https://t.co/jLNHzM0IvN
国立国会図書館デジタルライブラリより、カモフラージュ状態の鳳翔。複写なので画質は悪いのだけれども、この状態の写真はあまり見ない気がする。 https://t.co/QJ7LMwhSbL(コマ番号:20/83) https://t.co/EZB1HCVXZV
同日、氷川丸(及び左舷後方に戦時標準船2D型)がいたのは現JMU舞鶴事業所沖。目の前の岸壁が現在の海上自衛隊北吸桟橋。 https://t.co/ikmuVIxqQ5(コマ番号:6/17) https://t.co/aPDKZ8xgKD
軽巡酒匂がカモフラージュされて係留されていたのはこの辺りと思われる。 https://t.co/QJ7LMwhSbL(コマ番:23/83) https://t.co/1dj5Ee3617
ところが、日本側の記録だと平野丸はことごとく7月15日、三厩錨地で沈没したことになっている。ランドルフの報告書には、その付近で攻撃を行った形跡がない。はてさて。 https://t.co/s3m5wE4ixF(コマ番:55/67) https://t.co/WfQiDFp8AA
NHHCのキャプションでは1945年7月24日となっているが誤りで、この日に津軽海峡付近で艦載機の攻撃によって沈んだ船はいない。攻撃を行ったのは7月14日、空母ランドルフの搭載機らしい。… https://t.co/CiiUJkgqJi
さて、アメリカ側の記録を見てみると、この付近で攻撃を受けたのは11,16,24あたり。24は機帆船で沈没(推定)、11はSCSで損傷、16はFTDで沈没とのこと。 https://t.co/s3m5wE4ixF(コマ番:53/67… https://t.co/biEUFADq28

51 0 0 0 OA 国産機械図集

国立国会図書館デジタルコレクション「国産機械図集」より、700馬力舶用焼玉機関(コマ番50/169)。焼玉機関と言えば戦標船2E型の一部に用いられた380馬力が有名だが、こちらはほぼ倍の出力。凸型のピストン形状が確かに焼玉機関。… https://t.co/oUjAllbUlH

3 0 0 0 OA 日本船名録

損傷船はほとんど記録に残らない。この日の沈没船を確認してみたが、やはり見当たらない。ではこの名を持つ日本船は存在するのかというと、確かにそれらしい船がいる。 https://t.co/6IyEGym3Rs (コマ番号:129/44… https://t.co/LwisnMzZGv

6 0 0 0 OA 官報

ところが次の優秀船舶建造助成施設では1/5載貨状態で19kt以上になり、東亜丸以来のD8Z 70/120Tでは出力が不足したものとみえて新機関の搭載となったようだ。 https://t.co/ltSRMwM891(21/49~)
さて、第一次船舶改善助成施設で建造された東亜丸と極東丸の2隻であるが、この時は総トン数1トンに対する助成金額が速力18.00kt以上で54円、これが最高ランクだったので「正常最大馬力」で18kt以上を出せばよかった。 https://t.co/8tlSdzw7fs(14/45~)

18 0 0 0 OA 国産機械図集

東亜丸の主機は川崎MAN D8Z-70/120T複動2サイクルで1基1軸、当時の日本における最大級の出力を誇るディーゼル機関である。現代とは隔世の感があるが。。。 https://t.co/ik4D00Mrl5 https://t.co/9wc0c26nBd
この時期なら、撮影日付(7月15日)と航空隊の所属(軽空母ベローウッド)が分かれば報告書が出る(コマ番41/86)。7月15日、留萌南西でSBS(Suger-Baker-Suger)を撃沈(推定)とした記録が残っている。… https://t.co/W4k6k9cz69
国立国会図書館デジタルアーカイブより、第38.1任務部隊の報告書に添付されている写真(コマ番119/138)。あれ、こいつどこかで見たな。 https://t.co/cSm2o2W48P https://t.co/r80MKM1neQ
この2隻については、米側の報告書にも損害を与えた旨の記載がある(10/83)。日本側の記録では、6月2日の入港時に触雷し、この位置に坐洲させて修理中に空襲を受けたようだ。戦後浮揚、修理されて再度就役している。… https://t.co/QCULmE6lrO
1945年7月14日、室蘭港で第38任務部隊の艦載機の空襲を受ける貨物船(第一雲洋丸(2,039総トン)?)(18/83)。"FTC"は"Fox-Tare-Charlie"の略で、一体型船橋を持つ2千~4千5百トンの貨物船のコード… https://t.co/kY5EXixP6X
どこで見たんだったか、と中々思い出せないのはどうにも気分の悪いものである。ふとした拍子に見つかったりなんかすると、奥歯の間に挟まったネギが取れたくらいに嬉しい。まあその程度のものではある。舞鶴で偽装網を被った軽巡酒匂(23/83)… https://t.co/OtLqBoEWfN

2 0 0 0 OA 捕鯨業

捕鯨船団は、ほぼイコールで捕鯨母船になるが、勝手に作ることができない。農林省(当時)の許可が要る。昭和13年時点の許可一覧が残っているが、見慣れない会社(大日本捕鯨株式会社)と、建造予定の捕鯨母船が何隻かある。… https://t.co/8d8daICCxX
では国会図書館デジタルコレクションにあるカウペンスの作戦報告を見てみよう。。。7月14から15日にかけて、北海道方面で爆撃を行っているらしいが、該当する記録がない。 https://t.co/AWUgyvRdLr https://t.co/FviCiRo0TP
1945年7月30日、艦載機による空襲下の舞鶴。左側写真の右下は氷川丸かな。。。 https://t.co/ikmuVIxqQ5 https://t.co/qUbIgyaVei

8 0 0 0 OA 日本船名録

日本船名録で調べてみるとこんな船がいるにはいる。どうも木造船ではあるようだし、何か数字も書いてあるのだが。 https://t.co/6oqSPsBVa1 https://t.co/9Cy93H62M4

5 0 0 0 OA 最新漁船図集

高低複筒一段減速で出力2,100shp、速力16ktと中々に快速であるが、後が続かなかったことをみるに好評とはいかなかったらしい。 最新漁船図集 https://t.co/Hmcj5TTM7c(コマ番12/105~)

6 0 0 0 OA 海軍艦砲操式

ありゃ、国立国会図書館デジタルアーカイブ、海軍艦砲操式なんてのもあるのね https://t.co/hhFQidbM4a https://t.co/3CJ1uFGAyR

5 0 0 0 OA 偕行叢書

なるほど、面白いもんだなぁ。。。 https://t.co/D7kCE5fWD5 https://t.co/4QDJ39bWg6
まあ他にもある訳ですけれども CiNii 論文 - 米國軍艦『ニュー、メキシコ』號 : 電氣推進法を採用せる世界最初の主戰艦 https://t.co/Xff5U8bd1B
最近妹の方が某ゲームに実装されたけれども、戦前にこういう情報は結構入ってきてたんだなぁなどと思う CiNii 論文 - 米國軍艦「レキシントン」の歴史、設明及び受領試験 https://t.co/WkwPwCtdXS https://t.co/6rPtBk1eXT

フォロー(42ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@3200taka 石川島播磨の東京工場だと、だいたい建造できる船舶の最大サイズはチェーンシップのFUTURE48あたりかな、というやつであり。全長190m、全幅33m、喫水17m、あたりであろうかという感じ。 https://t.co/XhfUCY1DDz

フォロワー(626ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @khargush1969: →天理ギャラリーは古代オリエント美術,ペルシア陶器の展示を度々やっており,その都度図録が出ている。 https://t.co/WvJMC7j3BE イスラーム美術,イスラーム陶器の図版資料。
海上自衛隊が帝国海軍の遺産を引き継ぎ如何に海軍を再建したのかについては最近こんな研究が出てますね。私はまだ未読です。戸部良一先生が書評を書いてます。→ https://t.co/l0XYSSfeVO https://t.co/vZqleBBk6F
RT @webjapaneseJ: [日本語教育関連の論文・資料 082] ◇ 違いのわかるCan-do リストの作成に向けて― 学習者Can-do 自己評価のデータに基づくリストの検討 ― https://t.co/uL0plqM03W

175 175 175 0 OA 艱難目異志

RT @hakubutu: そういえば、慶長伏見地震(1596)ではないけれど、浅井了意の仮名草子『かなめいし(艱難目異志)』に、寛文2年(1662)近江・若狭地震(日向断層・花折断層)での洛中の様子が挿絵とともに記されている。地震による都市部の被害を細かく描いた史料としては最…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
RT @junya_0511: マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。 https://t…
マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。… https://t.co/8npofnUtT6
マリアナ沖での空母大鳳の爆発・沈没については造船の専門家の方による検証論文が出ています。魚雷命中で航空燃料タンクが破損し前部エレベーターの機械室にガソリンが充満、ここで爆発が発生し格納庫内に燃焼波が伝播、という流れのようです。… https://t.co/8npofnUtT6
RT @morita11: "CiNii 論文 -  寅さんと戦争と抵抗と : 渥美清主演戦争映画における戦後抗日映画の一形態の考察" https://t.co/U1p63L5sO6 ※本文リンクあり
RT @ogugeo: 今朝の大阪府北部の地震は、右横ずれと逆断層型の断層変位が複合して生じたようだ。右横ずれを主体する断層の動きが大阪湾周辺の大地形の形成に寄与したという論文。 https://t.co/PadRW4YhnZ 今回の地震も数百万年の時間スケールで続いてきた現象…
RT @dellganov: くろこつねおの1978年の「図書館にマンガはあります 」を読んだら、文庫とマンガは公共図書館では幻の資料と呼ばれたりもするが、あるよという内容。https://t.co/OsEXO2J5jS 文庫はその後、かなり図書館に入るようになったが、マンガは…

35 19 19 0 OA 甲冑着用備双六

RT @NIJL_collectors: 褌ふんどし なるほど/\ こうくびへかけれハ おちるきづけへなしだ しかし どこか ちっときうくつなやうだ 国会デジタル「甲冑着用備双六 」https://t.co/HygZKE48WL https://t.co/WsicUeswHA
『Saipan shipping schedule for 1943』 この史料って表題の通り「計画」を書いたものなのか、それとも、実際の船の動きを記した「履歴」なのだろうか。(https://t.co/FrgdNctGO7)
RT @NIJL_collectors: >RT そういえば、昨夜ながめていた双六コレクションに「地震」のコマがあった 「地震 かみなりと くわじ おやぢ をいれて いやなものにたとへたり かしまのかなめいしは ぢしんのおやぶんにて……」 『万物出勢寿双六』https://…
@1stmobdiv https://t.co/QpIhAm8lOp これと同じものかもしれませんね。 https://t.co/KUwr6J3Xip
アルデバラン級護衛スループのアルタイルかな https://t.co/AqyeEpn0OH https://t.co/zSNE6NWAjf
RT @tyuusyo: いちっつぁんの「大東亜史概説」とは別に鉄道工学会の「大東亜共栄圏写真大観」ちゅう本もあるんですね。https://t.co/o5oeeKSS1F
RT @yuiseki: この研究、10年以上続いていて論文も大量にあるんだけど、総まとめ的なものが2016年の情報処理学会誌第57巻(特集:かわいい)に載っています。学会の会員じゃなくてもなぜか以下のURLからタダでPDFが読めるので、「かわいい」感性工学に関心があるのなら読…
RT @tyuusyo: いちっつぁんの「大東亜史概説」とは別に鉄道工学会の「大東亜共栄圏写真大観」ちゅう本もあるんですね。https://t.co/o5oeeKSS1F

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii

46 46 46 0 IR 公共心と愛国心

RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii