しーご (@Hs041300)

投稿一覧(最新100件)

僧帽筋を効率的に鍛えるエクササイズをYouTube投稿しました! https://t.co/t4Srftfdt1 【参考文献】 ✅肩挙上時の前鋸筋と僧帽筋のフォースカップル https://t.co/xdNJzlGCUD… ✅運動肢位の変化と肩関節周囲筋の筋活動について https://t.co/aakwqhDJ0E
内側広筋は膝関節屈曲90°位での運動が有効との報告があります。 https://t.co/9x3gUZTPgD この運動は内側広筋にも大殿筋に有効なトレーニングです! かなりきつい
#100日間アウトプット 29日目 背筋と腹筋のバランスは重要! 腰痛がある人は背筋の筋力が下がる。腹筋、背筋という表現には曖昧さがありますが…↓↓ https://t.co/l3HHcgBSFT 背筋:腹筋=7:3程度が理想 このような動きの協調性が重要です
✅投球改善の為のトレーニング3選 肘内側障害の危険因子 ・胸椎後弯角増大 ・踏み込み足股関節内旋制限 ・肩後方タイト ・肩回旋トータル可動域低下 投球の特徴 ・肘下がり ・骨盤早期回旋 https://t.co/xT50ZMf79r これらを加味してトレーニング紹介しています
#100日間論文紹介season2 9日目 痛みの機能的脳画像診断
#100日間論文紹介 94日目 全ての PD患者で突発的睡眠に注意が必要!! ESS スコアが突発的睡眠の指標になることが示唆された。 https://t.co/xdVdNlshrs
✅股OA患者における身体内部の機能的協調関係の解明 片側 THA 例 ▶︎股関節屈筋パワーの低下 ▶︎対側の足関節底屈筋パワーの増加が有意に相関 両側 THA 例 ▶︎股伸展角度、股屈筋パワーの低下 ▶︎動的股関節スティフネスの増大 ▶︎同側の足底屈モーメントの増大 https://t.co/nvyxw3WM1A
#100日間論文紹介 90日目 昨日投稿出来ないので本日は2投稿します。 筋厚の非対称性とボールスピード https://t.co/5T8cL18VnX
#100日間論文紹介 89日目 最近このような症状を呈する症例を担当しています。 かなーーり古い論文ですが かなり興味深いです☝️ https://t.co/7szU1jYdVT
古い論文ですが… しっかり足底に荷重をのせることが重要な事がわかる。。。 https://t.co/EwfRNlfiar
#100日間論文紹介 82日目 引き続き 総論です! https://t.co/GWwpc5lNxz
#100日間論文紹介 81日目 総説です!
https://t.co/RumCP2QETY… https://t.co/t1TmL3kG3s
#100日間論文紹介 78日目 嚥下時における鼻呼吸動態解析 ✅オトガイ舌骨筋の筋活動 ▶︎嚥下時舌骨を持ち上げ固定 ✅嚥下と呼吸 ▶︎喉頭が閉鎖し気道を塞ぎ呼吸は停止 ※鼻呼吸動態をオトガイ舌骨筋活動、喉頭運動と共に同時計測することは嚥下動態を理解する上で重要 https://t.co/t1TmL3kG3s https://t.co/taWuquqaPL
#100日間論文紹介 77日目 ✅舌骨上筋群の解剖 ▶︎顎舌骨筋 ▶︎顎二腹筋 ▶︎茎突舌骨筋 ▶︎オトガイ舌骨筋 の総称 「口腔底を形成。下顎を下方に引く、あるいは嚥下の際に喉頭を引き上げる」 顎▶︎舌骨▶︎嚥下 ここを捉えられるかで 運動器の臨床視点が変わります☝️ https://t.co/CL8wx8wGlb
【技能】は最重要だが マネージメントや自分達の置かれている立場(マーケティングスキル)を高めていく事 正確な情報をどれだけ早く取れるかで スピード感が変わってくる 今回論文ではないです
RT @Hs041300: #100日間論文紹介 62日目 小胸筋まとめ ✅小胸筋短縮は上肢挙上時 ▶︎肩甲骨外旋と後傾↓ https://t.co/Ud4p8FVVZU ✅小胸筋ストレッチ ▶︎ 肩関節屈曲30°から肘関節を支点に圧を加える方法(Retraction)…
#100日間論文紹介 62日目 小胸筋まとめ ✅小胸筋短縮は上肢挙上時 ▶︎肩甲骨外旋と後傾↓ https://t.co/Ud4p8FVVZU ✅小胸筋ストレッチ ▶︎ 肩関節屈曲30°から肘関節を支点に圧を加える方法(Retraction) https://t.co/oYeejHLaGQ ▶︎水平外転90°、150°で小胸筋最も伸長 https://t.co/jd2huoUSHd https://t.co/NpZPipRLVQ
#100日間論文紹介 59日目 かなり古い論文ですが細かいです! https://t.co/HFIqt9N40a
+α 腱板損傷患者の 前上腕回旋動脈の有意な血流↑↑ ▶︎血流速度上昇と滑膜炎の関連性を示唆 https://t.co/1gltxY9OFK #100日間論文紹介 56日目
肩関節疾患夜間痛 まとめ 臨床的特徴 ▶︎拘縮(エコーでperibursal fatと腱板間の瘢痕化)+夜間時痛 ・臼蓋上腕角↑ ↑(肩甲骨下方回旋) ・内外旋可動域↓ ・肩甲骨下方回旋位 ▶︎炎症(エコーで肩峰下滑液包の肥厚、浮腫像)+夜間時痛 ・臼蓋上腕角↑のみ https://t.co/kTk1lhTjwt https://t.co/2d3qd1EjpT
#100日間論文紹介 47日目 今日雑誌の総説です
#100日間論文紹介 44日目 鏡視下腱板修復(ARCR)術後の リハビリテーション期間延長に関与する因子の検討 ①労災保険 ② 術前の断裂形態が不全断裂 ③3カ月時の屈曲角度・外旋角度不良 ④術後6カ月時の外転筋力不良 ただこれは固定期間、固定方法、手術方法によって異なる https://t.co/ucp5Iil2Ty
@kotakota891 多分外側ホイップです! 以下をご参照を! https://t.co/dfdl4Quvub いや! 凄い洞察力! ほぼあってます!笑 答え言いますね。
@takidataiki0420 原著はこれなんですが 購入必要みたいです。 https://t.co/fUh5K1rrWU 後古い論文なので日本の論文でも いくつか出ていたと思います。 https://t.co/NQVcTFUioC ご参考に! https://t.co/kHDLhk5YVb
棘下筋は肩の制限をする厄介な筋肉… ▶︎結帯動作制限 https://t.co/3Kt1RAi8In ▶︎2nd内旋制限 ▶︎骨頭求心位保持に大きく関与 切れると厄介… https://t.co/M7vhO8SMQ1 ▶︎肩甲上神経麻痺の棘下筋萎縮はさらに厄介… https://t.co/2QjFQ1sOuy 腱板の中で負荷のかかる筋肉 #しーごの臨床メモ https://t.co/8zH8uabKaj
棘下筋は肩の制限をする厄介な筋肉… ▶︎結帯動作制限 https://t.co/3Kt1RAi8In ▶︎2nd内旋制限 ▶︎骨頭求心位保持に大きく関与 切れると厄介… https://t.co/M7vhO8SMQ1 ▶︎肩甲上神経麻痺の棘下筋萎縮はさらに厄介… https://t.co/2QjFQ1sOuy 腱板の中で負荷のかかる筋肉 #しーごの臨床メモ https://t.co/8zH8uabKaj
棘下筋は肩の制限をする厄介な筋肉… ▶︎結帯動作制限 https://t.co/3Kt1RAi8In ▶︎2nd内旋制限 ▶︎骨頭求心位保持に大きく関与 切れると厄介… https://t.co/M7vhO8SMQ1 ▶︎肩甲上神経麻痺の棘下筋萎縮はさらに厄介… https://t.co/2QjFQ1sOuy 腱板の中で負荷のかかる筋肉 #しーごの臨床メモ https://t.co/8zH8uabKaj
この筋肉は 僧帽筋下部線維と同様に重要な筋肉 ではないでしょうか? 肩甲骨が安定しないと オーバーヘッドスポーツでの障害へ
この筋肉は 僧帽筋下部線維と同様に重要な筋肉 ではないでしょうか? 肩甲骨が安定しないと オーバーヘッドスポーツでの障害へ
#100日間論文紹介 10日目 症例論文です! 1.5METs以下の活動では 慢性疼痛は良くならないようです
原著は下記 ↓↓↓ https://t.co/HGeUsytbnB
#100日間論文紹介 8日目 良い感じの論文ツイート 途中で消えてしまいました… ギリギリすいません。 以下ご参照 https://t.co/pVZybuDfye
昨日に 続き夜間痛シリーズ 詳細は ↓↓↓ https://t.co/kTk1lhBIEV
◎肩疾患上腕回旋角度の特徴 症候性腱板断裂群(RCT群) 凍結肩群(FS群)を対象 肩屈曲90度の前腕回外,中間,回内位の3肢位で水平面を0度として各上腕回旋角度を計測 RCT群は上腕が外旋方向にシフトし内旋可動域制限 FS群は上腕の内・外旋角度ともに制限 https://t.co/LvRT7bsKnP
夜間痛に関して面白い研究があります 夜間時痛をともなう腱板損傷患者の 前上腕回旋動脈の有意な血流の上昇を確認 血流速度上昇と滑膜炎の関連性を示唆 https://t.co/1gltxY9OFK これに対して 肩甲下筋が収縮すると 前上腕回旋動脈の血流量低下 ▶︎夜間時痛軽減に関与する可能性がある https://t.co/sspWX0FIus
@love_songs0319 https://t.co/0wP1zGPzl5 こんな文献あります! MPFLの子にはよいかと! 屈曲90度での等尺性収縮がVMOの筋発揮が強く、PFを安定させます ぜひ参考に!

お気に入り一覧(最新100件)

筋力は筋面積(解剖学)、筋出力は運動単位参加(神経学)に関連すると考えてました! https://t.co/GKnJEZMwz4 https://t.co/rKMAO9S14C 筋出力(muscle exertion)は筋電図の研究で見られ、 https://t.co/Wrl6FSro0u 臨床例にarthrogenic muscle inhibition等を愚考しております! https://t.co/XVh9d2z61A https://t.co/nGVEGD0iKF
筋力は筋面積(解剖学)、筋出力は運動単位参加(神経学)に関連すると考えてました! https://t.co/GKnJEZMwz4 https://t.co/rKMAO9S14C 筋出力(muscle exertion)は筋電図の研究で見られ、 https://t.co/Wrl6FSro0u 臨床例にarthrogenic muscle inhibition等を愚考しております! https://t.co/XVh9d2z61A https://t.co/nGVEGD0iKF
理学療法学の月間アクセス数ランキング(1月)で1位、 沖田先生の【関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略】↓ https://t.co/qzo9wFh9Nd 拘縮や関節可動域制限についての初学者はもちろんですが、臨床に従事してる方には全員見て欲しい。
“筋疼痛と筋硬度との関連性を検証したが,相関関係は弱い結果となった。 このことは,MPS の筋疼痛の程度は,筋硬度の程度に影響されないということが示唆された。” 筋硬結って存在するの? 存在した場合、痛みと関連するの? 甚だ疑問。 https://t.co/NaWfEUU37w
訪問リハ関係の論文見てたら、牧迫先生の論文めちゃ出る。 https://t.co/rEnrYPb4eW
@Hs041300 仰る通りです。 しーごさんも使われるのですね! 実際臨床での効果はいかがでしょうか? こちらで大丈夫です。 私が調べた限りでは見つかっておりません。 https://t.co/m1O7JMltHb こちらで同様の評価はされていました。掲載が決まった後で見つけた際は驚いた記憶があります。
#梨状筋(#深層外旋六筋群) 股関節屈曲角度が変わると、機能も変わる‼️ (屈曲すると外旋筋でなく内旋筋) #中臀筋 サポート、骨盤安定、 つまり #体幹 の筋肉ですな。 だから腰痛の原因。 #慢性腰痛の8割以上は筋筋膜性腰痛 腰痛の原因は中臀筋・梨状筋 (論文の出典) https://t.co/Sefzxf7rEO https://t.co/03PMYWO5bt https://t.co/wFef3Dr27d
『肩甲下筋のストレッチ』 Murakiらは肩甲下筋ストレッチについて検証を行い下部線維は肩甲骨面挙上,屈曲,外転,水平外転+外旋で伸張されたと報告 →新鮮遺体 ・肩甲下筋のストレッチ 水平外転+外旋、下垂位で外旋 伸展が効果的 ➡︎上部、下部で屈伸を調節する https://t.co/xL1CxdDhtP
深部組織循環動態と肩こりの関係 : 近赤外分光法による検討 ✅健康なボランティアと比較して、著しい肩こりを報告した患者は総Hbの有意な減少を示し、肩こりを報告した患者はStO2の有意な減少を示した https://t.co/OA3BAn4kQD #CiNii
@Hs041300 ざっとですが、 https://t.co/opY47YWrNw Fullcanは上方の腱板、empty can はいろいろ https://t.co/46Vl5elN1K 棘上筋は有意差なし、棘下筋はempty can https://t.co/ruuB01bPK4 外転内旋位で棘上筋、屈曲外旋位で棘下筋 いろいろでした笑 インピンジメントには気を付けないとですね!
@Hs041300 ざっとですが、 https://t.co/opY47YWrNw Fullcanは上方の腱板、empty can はいろいろ https://t.co/46Vl5elN1K 棘上筋は有意差なし、棘下筋はempty can https://t.co/ruuB01bPK4 外転内旋位で棘上筋、屈曲外旋位で棘下筋 いろいろでした笑 インピンジメントには気を付けないとですね!
@Hs041300 ざっとですが、 https://t.co/opY47YWrNw Fullcanは上方の腱板、empty can はいろいろ https://t.co/46Vl5elN1K 棘上筋は有意差なし、棘下筋はempty can https://t.co/ruuB01bPK4 外転内旋位で棘上筋、屈曲外旋位で棘下筋 いろいろでした笑 インピンジメントには気を付けないとですね!
【二頭筋腱由来の疼痛】 二頭筋腱への高張食塩水注射により、肩前面に加え外側と後面に疼痛が発生。 臨床でも肩外側痛を認めることは多い。 当該組織への侵害刺激により支配神経領域の関連痛が生じる可能性。 疼痛解釈では忘れてはならない、是非参考に。 #理学療法士 https://t.co/C69pAMNtM7
前鋸筋の機能解剖学的研究 ✅上部筋束は肩甲骨の回旋中心を形成 ✅中部筋束は肩甲骨を外転させる ✅下部筋束は下角を上方回旋、外転させる https://t.co/VYSLaWBtml #CiNii
肩関節の可動域制限と肘関節及び前腕の可動域制限との関係:肘関節の屈伸運動の違いに着目して ✅I型では外旋制限が大きいと肘関節の伸展制限が生じ易い ✅II型では前挙制限が大きいと肘関節の伸展制限が生じ易い 肘の運動軸によって制限の傾向が変わる! https://t.co/do6PNLhThn #CiNii
サイドブリッジにおける体幹筋群の筋活動量および筋持久力に関する検討 ✅腹斜筋群の筋力訓練としてサイドブリッジは有用であると考えられる.また,腹斜筋群に対する持久力評価としても有用となる可能性が示唆された. https://t.co/c7YrY7GLdG #CiNii
投球動作の肩最大外旋角度に相関する要因 ✅フットコンタクトの瞬間に肩と肘にかかるストレスが肩のIR角度の程度によって増加する可能性がある ✅過剰なERの可動域も危険因子である可能性がある https://t.co/tINBptdivb #CiNii
理学療法士は整形外科疾患患者の痛みの問題をどう認識しているか ✅臨床経験が浅く,痛みの改善について患者との間に認識のギャップがあると感じているPTほど悩んでいる ✅そのようなPTは行動科学を重視している 解剖学、生理学、運動学がいいと思う https://t.co/L1STVEhxD4 #CiNii
尺屈アライメントと小指外転筋 ✅FCUの活動増加を伴わない手関節尺屈位においてADMの活動が有意に増加することが示唆された https://t.co/XuaHbT61hz #CiNii https://t.co/byvHcJQlGy
下位頸椎伸展可動域と頸部深層屈筋群の関連 ✅屈筋群の機能低下がある場合、伸展制限を有する可能性が高い事が示唆され、また最大圧力量が24mmHg以下の場合に伸展制限がある可能性が高い。 https://t.co/4HcGveHLEb #CiNii
中学生野球選手を対象とした体幹機能評価としての肘関節伸展筋力測定の有用性 ✅今回肘伸展筋力については,立位よりも座位の方が大きな結果となった ✅立位時には,下肢・骨盤帯が影響するため,体幹stabilityと相関が認められなかったと考える https://t.co/3f9X2QN0dS #CiNii
投球障害における手内筋の機能不全について 第2報 ✅手内筋の機能不全は、投球の影響によって後発的に生じるのではなく、もともと機能不全を有したものが、投球動作を繰り返したことにより投球障害肘を発症している可能性が高いと考えられた。 https://t.co/hCG7zfNI5W #CiNii
鏡視下腱板修復術後に生じる夜間痛に対するアンケート調査 : アンケート調査と患者背景, 手術所見による検討 ✅就寝時苦痛を感じた際の患者自身での対処は,座位への体位変換を行っている例が多かった. 就寝時のポジショニングをしても痛むとき座位で上肢支持はオススメ https://t.co/hoPaRVX2pl https://t.co/keDrHAXFJ4
肩関節疾患に対する理学療法:-機能解剖と臨床応用- 結滞制限と烏口腕筋 ✅肩甲骨面に対して伸展内旋した ところ烏口腕筋は伸展 内旋位で緊張している. https://t.co/p9c6vusxAR #CiNii https://t.co/ywzt36HQtG
投球動作により生じた広背筋皮下断裂の1例 ✅治療は保存療法で患部圧迫により断裂離開部が縮小したことで1カ月間圧迫治療を行った.組織修復と滑走が良好であることをエコーで確認の後2カ月半後にスポーツに復帰した. https://t.co/AV889N6f7R #CiNii https://t.co/r68xBxe04f
肩関節疾患でなぜ屈曲より外転をしづらいか ✅屈曲に対し外転は,(1)挙上初期から上腕外旋角度が大きく,(2)肩甲骨は常に外旋し,(3)水平肩甲上腕角度は常に大きい. https://t.co/XOmvGFPyNH #CiNii https://t.co/J8EzkMy6CY
大学ラグビー選手における肩関節外傷の初回受傷及び再受傷の危険因子 ✅IR、ER、HF ROM、IR筋力、およびラグビーの経験が肩の負傷の重要な初期危険因子であることを明確に示しました。 さらに、IR筋力とラグビーの経験は、肩の怪我の重要な再発リスク因子でした。 https://t.co/8qn5hAGezE #CiNii https://t.co/FsVzgDJc5A
【膝屈曲時の皮膚の動き】 ・0〜30:上嚢部と膝蓋骨部 ・30〜60:上嚢部と膝蓋靭帯部 ・60〜90:上嚢部>膝蓋靭帯部 ・90〜120:上嚢部 ・それ以降:有意差なし ・0〜30までの皮膚の伸長率が他の角度より大きい ➡︎TKA後などは膝蓋骨に皮膚を集める様に動きを出すといいかも https://t.co/vyFjaIMmNs
バイオメカニクスに基づいた肩関節障害の評価と治療 ✅最大限の可動域を得るためには胸鎖関節・肩鎖関節(肩甲胸郭関節)の機能も考慮する必要がある。 https://t.co/KpHdJcpwZh #CiNii https://t.co/IoDPukPZqD
✏️むち打ちの理学療法 急性期は廃用予防、可動性維持目的でのROM、疼痛抑制がメイン。 筋力増強や過度のストレッチングは疼痛を助長しやすい。 他の疾患でも同じことが言えますね! https://t.co/6nHD67jlvP

フォロー(253ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(2358ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)