我乱堂 (@SagamiNoriaki)

投稿一覧(最新100件)

RT @machida_77: @SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
RT @machida_77: @SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
RT @machida_77: かつて様々な官公庁や団体用に作られた体操を多く扱っている本に石橋武彦, 佐藤友久『日本の体操 : 百年の歩みと実技』(不昧堂書店, 1966)があり、後半の実技編にかなりの例がありますが、企業・業界のはほとんど入っていません。 https://t…
RT @machida_77: 警察体操の話で思い出した国鉄体操の論文。 1930年代はあちこちで体操が作られたが、その中の一つ。 崎田嘉寛. 1940年代を中心とした国鉄体操の展開. 体育史研究. 2020. 37 巻. p. 39-59 https://t.co/ooDE…
RT @tougoku_kenki: 師範に止められながらも中学3年から自己流で二刀を使い始め、21歳で天覧試合準優勝に至った藤本薫選士。複数人から竹刀が軽いのではないかと評されたり一部お歴々からあまりウケがよくなさそうという面もあるけど、この種の異端の人にはどうにも惹かれる。…

19 3 3 0 OA 日本教育文庫

RT @machida_77: 引用元は同文館編輯局編『日本教育文庫. 訓誡篇 中』(同文館, 1911) https://t.co/RTGE6yV5Jj

4 4 2 0 土佐方言集

RT @ToyosakaLabo: ちなみに「つみこぼし」は、土佐方言集によると「摘子坊師」で散髪頭の意味とのこと。 『土佐方言集』(図書館・個人送信資料) https://t.co/T148NaTwST

7 6 2 0 OA 南路志

RT @ToyosakaLabo: 土佐藩の史料『南路志 巻71』には無双直伝(神伝)流の林六大夫とその居合の由来について書かれているのだけど、国会図書館デジタルのものは高知県立図書館の翻刻資料とちょっと違っている。 『南路志. 巻71』 https://t.co/zObwCL…

8 2 0 0 OA 近世剣客伝

RT @machida_77: @SagamiNoriaki 本山荻舟編『続近世剣客伝』(報知新聞社, 大正12年)に寄せられた伊庭孝「伊庭の事ども」にもその話が登場します。細川家とは出てこないかなり短い話で池波正太郎の話には他に情報源があるのか、その部分は後付けなのか不明です…
RT @tori_haruaki: 岡田霞船 編『徳川義臣伝 : 明治戦記. 甲』 岡田霞船 編『徳川義臣伝 : 明治戦記. 乙』(共に明治16年11月) 近藤勇・土方歳三・相馬主計・松平容保 ※国立国会図書館デジタルコレクション https://t.co/FqT5jVQO…
RT @tori_haruaki: 伊藤痴遊「維新三傑木戸孝允 前編」(大正1−2年) https://t.co/gB2h6wOkz2 新選組の章はほぼ清河八郎の記載 ツッコミどころは色々あるけど名前がおもしろすぎる

5 1 0 0 OA 日本英雄物語

RT @tori_haruaki: 児玉花外「日本英雄物語」(大正3年) https://t.co/Pk72s2zUHC 近藤勇についての章がある 「勇の一代は、怖るべき血の悪歴史だけれど…」の後を読むと勇は感傷と共に人々に愛されてたんだなーと思った 「菜の花の向こふに鬼…

22 3 0 0 OA 絵本明治太平記

RT @tori_haruaki: 土方歳三が描かれている本☺️(出版は明治時代) 1~3 村井静馬「明治太平記」(明治8−13) https://t.co/SWNQPFzSdR 賊将、賊兵、賊軍、賊徒のワードが多い 4 清水市次郎「絵本明治太平記」(明治19年) http…

6 3 0 0 OA 明治太平記

RT @tori_haruaki: 土方歳三が描かれている本☺️(出版は明治時代) 1~3 村井静馬「明治太平記」(明治8−13) https://t.co/SWNQPFzSdR 賊将、賊兵、賊軍、賊徒のワードが多い 4 清水市次郎「絵本明治太平記」(明治19年) http…
RT @cuniculicavum00: (参考) ↓ 柴野浩樹先生によるホイッタカー『ロ-マ帝国のフロンティア』の解説 https://t.co/AlAAcbiRZb

3 2 0 0 OA 皇国剣道史

RT @ToyosakaLabo: 森薫一は明治三十三年に武徳会の剣術精錬証を得ています。 https://t.co/M2fKvk2ICj https://t.co/2RB9cztu68

69 3 0 0 OA 人事興信録

RT @ToyosakaLabo: 西条藩田宮神剣流高橋筅次郎の弟の森薫一の長男の記録があった。朝鮮総督府の技師をされていたみたいだけど、剣術はどうだったのだろう。 https://t.co/g0TZgpcZsl https://t.co/2OtUPQ2W2T
RT @machida_77: 江戸後期のすごろく『武芸達人双六』が知らない達人ばかりですごい(大半フィクションが元だから)。 画像は達人の一人。宮本武蔵に二刀の極意を授けた加佐原親三郎。 https://t.co/RX67jLIaPy https://t.co/Xh3LmlN…
RT @tougoku_kenki: 学生剣道界における二刀禁止とその背景−昭和天覧試合にみる二刀の競技力と流行から− https://t.co/wQdR5zymNy
RT @baritsu: 「…相手に潜入し、相手に読ませ、相手に攻めさせ、相手を誘導し、相手の読みと動きに連動した形で自身の攻めを発現させる」 剣道の方が読んでどう感じるかはわかんないけど、面白かった。伝書にもよくこんな風な事が書いてある感じ https://t.co/RDvi…
東西文化社昭和6-12年刊の合本複製…日本武術神妙記は昭和八年…続が昭和11年だから……うーん…微妙… CiNii 図書 - 福岡県郷土叢書 https://t.co/OgVMrMfHCw #CiNii
RT @machida_77: 河村与一郎編『撃剣名家豪雄言行録』(杉本甚介, 明治18年)の安藤治右衛門伝。 https://t.co/iDotamHqrz

11 2 0 0 OA 耽奇漫録 20巻

RT @machida_77: 国会図書館デジタルコレクションの『耽奇漫録 20巻. 三』で確認できる宮本武蔵の木刀と肖像。 宮本武蔵が船嶋で巌流との試合に使った木大刀で今は小倉藩宮本氏の家にある旨の説明がある。今知られている巌流島で使ったとされる木刀とは違った形状。 htt…
ふひゃー。1982年に一流派についてこういう研究をまとめたものがあるとは…それはそれとして、明治に頃に由緒を柳生十兵衛の弟子とか、さらに昔は柳生但馬守宗矩の門人とか吹いてたようで… J-STAGE Articles - 養勇流剣術の系譜および養勇流起請文資料の年次別整理 https://t.co/MetC8wqqJ9

3 3 0 0 OA 蝙蝠日記

RT @lotushouse: これはNDLデジコレで普通に読める https://t.co/TrtGkBWLG8
RT @ToyosakaLabo: 弘前藩四代藩主の津軽信政公のエピソード。居合刀の柄で扇子を抑え、抜き打ちして百発百中だった話。 修武堂の皆さんや有志がこのエピソードを元に扇子切りにチャレンジされてましたね。 https://t.co/UPF4HICmWV

32 5 0 0 OA 昔咄 : 抄録

RT @ToyosakaLabo: 尾張藩二代藩主の徳川光友(瑞龍院)公のエピソード。居合が得意だったけど、父の源敬公に「それは刃引きだろ?それなら誰にもできる(意訳)」と言われちゃった話。 光友公は尾張の新陰流でも有名ですが、居合は上泉権右衛門の弟子若林是入斎から夢想流を学ん…
RT @ToyosakaLabo: 土佐藩初代藩主 山内一豊公の居合刀の話 「山内家の宝蔵に納められある公の居合刀は三尺の刃引きにて頗る重きを公は之を片手にて打ち振られしと」 何流だったのかな。 https://t.co/RubNaqFHWO
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/40GENWSBxm https://t.co/IxRaQwLn1H https://t.co/N9G3XfHPd5 https://t.co/4yvUHWAw8H https://t.co/tXpfSmJN…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/40GENWSBxm https://t.co/IxRaQwLn1H https://t.co/N9G3XfHPd5 https://t.co/4yvUHWAw8H https://t.co/tXpfSmJN…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/40GENWSBxm https://t.co/IxRaQwLn1H https://t.co/N9G3XfHPd5 https://t.co/4yvUHWAw8H https://t.co/tXpfSmJN…
RT @machida_77: 江戸時代の武術に関する資料で青龍刀が出ているといえば、安政4年の大森源正富『武道藝術秘傳圖會[3]』にも様々な武器の中に青龍刀が出ていた。 https://t.co/4BBbEpRkSs https://t.co/likVzRwIYm
RT @ToyosakaLabo: 明治16年の武術の学校正課編入論議、田宮流は田宮倶義という人が招かれてるのか。名前からして紀州藩の田宮家(田宮流師範家)の人だろう。田宮熊五郎倶流の子の田宮熊蔵さんかな。 https://t.co/Z8jWu4UMRv

3 3 0 0 本荘市史

RT @machida_77: 『本荘市史 文化・民俗編』掲載の松ヶ崎八幡神社の武術絵馬のページ。 https://t.co/BusEKa7Wiw
RT @tougoku_kenki: 『蒙古襲来絵詞』が恩賞を得るために描かれたなんて21世紀にもなって書いてる大先生がいることはいずれ紹介しておきたいかな…。実際には文永の役後鎌倉へ直談判に行ったり弘安の役後軍功申告をする場面が絵巻中にあるわけなんですが…。 https://…
RT @tougoku_kenki: 『蒙古襲来絵詞』が恩賞を得るために描かれたなんて21世紀にもなって書いてる大先生がいることはいずれ紹介しておきたいかな…。実際には文永の役後鎌倉へ直談判に行ったり弘安の役後軍功申告をする場面が絵巻中にあるわけなんですが…。 https://…
RT @baritsu: 宝暦・明和頃刊行の欠題艶本の解題と翻刻 春薬の使い方、効能とその製法を書いた艶本というのが面白い。 「右の末薬を、人の見ぬやうに茶か酒か、又は白湯などの内へ弾き入れ、是を女に興ふれば…」こういうの昔からあったのね https://t.co/hEeBM9…

21 3 0 0 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: そしてこのような兵達を一隊一列になして相手に向かわせるのだと。 シンプルですが、とても強力な技法であるように思います。そんな集団に面と向かったら恐ろしいですね。 この辺の事は、同じく剣道集義に収録された「剣法一儀変格伝授」に記載されています…

86 39 0 0 OA 十二類巻物

RT @BS_Hakus: 15世紀に成立した十二類巻物、画像は江戸期の模本だけど、この絵巻、当時の合戦の様子を語る良い資料になるんじゃないか https://t.co/l2xqOyKgnE https://t.co/jJiKsfKZY9

2 2 0 0 岩瀬郡誌

RT @machida_77: 柳生の国家老になった小山田主鈴、福島の天栄村の出身なので彼の地の郷土史の本にも出てくることがあり、福島県岩瀬郡役所編『岩瀬郡誌』では武芸に励んで柳生家に見出されたことになっている。有名な堂島の米相場の話が出てこない。 https://t.co/m…
RT @machida_77: 流泉小史の『幕末実説剣豪秘聞』の「老武者漫談記」は著者の祖父・松平勘解由昌徳からの話を記事にしたものだが、内容の中心は大石進と高柳又四郎の試合の話。詳しすぎて疑わしく思えてくる。 https://t.co/4AS72qE0Ta
RT @machida_77: 愛宕山の出世の階段を昭和11年に馬で登った昭和の曲垣平九郎・里見国啓の本。先日、NHK放送博物館に行った時に紹介しようと思っていて忘れていた。 『愛宕山登攀と高等馬術』 https://t.co/hSeysdnRrj

27 8 0 0 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: 体系は七刀三槍三重の形と言って、(7本の太刀合+3本の槍合)×(初伝、中伝、三重の3段階)という構成になっています。これ以外にも独習用の形8本、奥儀の形3本などがあったようです。七刀三槍三重の形の解説は続剣道集義に収録されています。 http…

27 8 0 0 OA 剣道集義

RT @ToyosakaLabo: @tonogen0805 ドゾー(^o^) https://t.co/eA53glKQYY
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tNk5XtEt78 ※引用ツイートツリー先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
「天神一刀流の向井亨」という名前が出てきて「聞いたことがない流派だな…」と思ったが、これ「天真一刀流の白井亨」の誤字だな…多分、手書き原稿を誰かがベタ打ちする段階で間違えたんだろう。https://t.co/WIpe0QMpGm

88 4 0 0 OA 史籍集覧

RT @tougoku_kenki: 元禄年間成立の逸話集ですが、 「刀のそりよきころなるハあたりつよし」 「直なるにてはあたりよはくて敵たをれす」 「そりたるにてはきれずといへともたをれぬハなし」 だそうです。 https://t.co/iKCXFQsfW6 https…

126 4 0 0 OA 益軒全集

RT @tougoku_kenki: 出典: https://t.co/qe1b704fSt
RT @empiken: 吉田精顕「二刀流を語る」、読んだことが無かったのですが、国会図書館デジタルにあったので「諸流の形の名称とその内容」の部分を読んでみました。 出版が昭和16年、言及されてる諸流を実際に見た可能性も高そうですが、全般的に二刀史の考察として問題が多そうに感じ…
RT @tougoku_kenki: 明治時代の審判心得において片手打ちや片手突きを取らない理由を、一刀正伝無刀流の伝書や刀法において見られないものだからとするというのも面白い。 https://t.co/Udx0uNsRzl https://t.co/D2dGom5PzK
RT @SagamiNoriaki: ふーん…剣術用の防具より、槍術用の防具の方が先行して発達していた可能性があるのか…ということは、大石が用いたという改良防具は、槍術用のそれの流用かもしれんのね。https://t.co/IAF6kv6CTn
ふーん…剣術用の防具より、槍術用の防具の方が先行して発達していた可能性があるのか…ということは、大石が用いたという改良防具は、槍術用のそれの流用かもしれんのね。https://t.co/IAF6kv6CTn

19 3 3 0 OA 日本教育文庫

RT @machida_77: RTの各種松明の話で思い出しましたが『諸士男子訓』には松明の例も出ていて、取りこもり者に対して使う松明として、太刀筋を見るための太刀炬火・木製の鍔をつけた薬研炬火を紹介していました。 https://t.co/eYbr4TMbL5 https:/…

8 0 0 0 OA 甲斐叢書

RT @machida_77: 刀の長さの話をタイムラインで見て思い出しましたが(こればかりだ)、高坂弾正が武田の重臣の武具の話をまとめた体裁の『武具要説』が国会図書館デジタルコレクションで読めます。 刀の長短の話では塚原卜伝が二尺四寸の刀を差し、試合等では三尺程の刀を使ったと…

19 0 0 0 相撲展望

RT @ksk18681912: (続く) 例えば雑誌『食道楽』に度々相撲と食に関する記事を書いていた歌人の伊藤忍々洞ですが、ここに各部屋の名物料理が書かれています(国会図書館へのログインが必要)。 https://t.co/OWReEb90gF この文章には「鯛ちり」「鳥鍋…
RT @Historian_nomad: まずそもそもどの地域の遊牧民の話をしてるか明確にしていただきたいですね(農耕も並行して可能な地域もあれば農耕したら土地が死ぬんじゃな地域もあるので「遊牧民」でくくれない(そもそもモンゴル草原でも匈奴のころから農業やっとる(吉田順一先生の…
RT @machida_77: @SagamiNoriaki なお、司馬遼太郎の小説(新選組血風録の「油小路の決闘」)では服部武雄は二刀で戦っていません。あの辺は子母沢寛の新選組始末記がベースで、始末記には服部武雄は三尺五寸の大刀を使ったことが書かれているだけなので。 http…

2 0 0 0 豊前人物志

RT @machida_77: RT、そう言えば山崎有信『豊前人物志』(1939年)に出ている鈴木兵大夫の門弟の「丹野邦正(助右衛門)と云ふ居合土壇斬を以て名ありし」の居合土壇斬ってどういうことなんでしょうね。 https://t.co/p5liORP16h

6 0 0 0 OA 故実叢書

RT @machida_77: 塙保己一が編纂した『武家名目抄』の術藝部より「片手打」の項目。様々な文献資料から片手打が登場する部分を紹介している。片手打の次は「峯打」。 術藝部五は剣術に関する様々な言葉の登場例を整理しているので、剣術に関連する語の例を追いたい人にお勧め。 h…
RT @machida_77: @SagamiNoriaki そして有名な松平春嶽『幕儀参考』では「刀ハ貮尺二三寸ヲ定寸トシ、脇指ハ壹尺六七寸前後ナリ」と、定められた長さのような書き方になっていますが、規則というより慣習なんでしょう。 https://t.co/JcJITwQN…

2 0 0 0 OA 子孫鑑 3巻

RT @machida_77: @SagamiNoriaki 法令ではない教訓というかガイド的な本である寒河正親『子孫鑑』(寛文13年)では「刀は二尺三寸五分わきざしは一尺三寸五寸八寸までしかるべし」とあって、これは定寸とよく言われる二尺三寸に近いですね。 https://t.…
RT @machida_77: 『新聞集成明治編年史 第五卷』(林泉社)に山岡鉄舟肝煎の永続社開業式の記事が。春風館の中田誠実による数貫目の大刀の居合、72歳の戸塚派揚心流の戸塚彦介(記事では彦助)の演武、奥村二刀流の奥村左近太と菊池為之助の試合について載っている。 https…
RT @machida_77: 麦味噌が味噌として名乗れなくなる話で思い出したのは白しょうゆです。白しょうゆは後から淡口しょうゆと分けられたパターン。 梅田勇雄. 白しょう油の農林規格について. 日本釀造協會雜誌. 1973, 68巻8号, p. 576-578 https:…

5 0 0 0 江戸文化

RT @baritsu: @tougoku_kenki 榊原の撃剣会では、野見鍉次郎の息子の浜雄の文に、田沢俊明などの出資者が甘い汁を吸って剣士には金は入らなかったとありますね。只働きではないでしょうが儲かるほどではなかったのではと https://t.co/TFiR07mdU…

2 0 0 0 熊谷家伝記

RT @machida_77: 『熊谷家伝記』の猿譬猿廻流と伊吹庄左衛門についての記述はこちらで確認可能です(七三頁以降)。 https://t.co/M7g0BoQeNz
RT @tougoku_kenki: 岡田一男氏の論文だと興行を回数だけ数え日数にしていないのと、純粋な奉納演武であったらしい最後のものを入れているので存続年数等違って見えるが、「生活を潤すものではなく」「低調のうちに終止符を打った」というやはり同じような結論…。 https:…

5 0 0 0 新撰組

RT @machida_77: 国会図書館デジタルコレクションから抜刀する意味で鞘走りが使われている例です。 植山天水『日本精神の勝利』(東亜出版, 1942) https://t.co/hwrWyWwdBj 白井喬二『新撰組 第4巻』(博文館, 1944) https:…
RT @machida_77: 国会図書館デジタルコレクションから抜刀する意味で鞘走りが使われている例です。 植山天水『日本精神の勝利』(東亜出版, 1942) https://t.co/hwrWyWwdBj 白井喬二『新撰組 第4巻』(博文館, 1944) https:…

5 0 0 0 疾風月影丸

RT @machida_77: 国会図書館デジタルコレクションから抜刀する意味で鞘走りが使われている例です。 植山天水『日本精神の勝利』(東亜出版, 1942) https://t.co/hwrWyWwdBj 白井喬二『新撰組 第4巻』(博文館, 1944) https:…

5 0 0 0 OA 集古随筆

RT @machida_77: 林若樹『集古随筆』(大東出版社, 1942)の「筆禍」より。 横浜に滞在して戸部で処刑を目撃した英国士官が首から一尺ほど刀をあげて斬り落としたという記事を書いていて、林が不審に思って元八丁堀の与力に聞いたところ幕末の斬首の名人・後藤徳次郎もそうだ…

4 0 0 0 OA 福田大将伝

RT @machida_77: 福田雅太郎が若いころ、柳河藩の二刀流の使い手と試合をしたエピソードが。 https://t.co/mbzrJX4RLO

6 0 0 0 OA 徳川礼典録

RT @machida_77: 松平慶永等編『徳川礼典録 下』には天保13年9月に行われた武術上覧の記録があって、どういう配置で上覧したかや上覧に登場した流派・人名がでていた。それと講武所の受講手続きや稽古日数が載っている規則も。 https://t.co/ZNAb8il7h2

8 0 0 0 OA 国士列伝

RT @machida_77: TLの日本刀の片手打ちの話題で思い出しましたが、京都見廻組の今井信郎が独自の修練による片手打を得意とし、2尺4・5寸の刀を片手で使ったという話が出てくる『国士列伝』は国会図書館デジタルコレクションで読めます。小説などで今井信郎が片手打を使う元ネタ…

5 0 0 0 OA 最新法医学

RT @machida_77: @SagamiNoriaki @purazuma707 @inuchochin ありがとうございます。 その後該当論文は入手できていませんが、沖縄や台湾でマラリアによる脾臓肥大が多く破裂しやすく、拳で脾臓を打って破裂させることに言及した法医学の論…
RT @machida_77: @SagamiNoriaki @purazuma707 @inuchochin ありがとうございます。 その後該当論文は入手できていませんが、沖縄や台湾でマラリアによる脾臓肥大が多く破裂しやすく、拳で脾臓を打って破裂させることに言及した法医学の論…
RT @machida_77: 14日に続いて鏢局(標局)について調べていたら昭和3年に南満州鉄道が発行した『満蒙に於ける荷馬車』という面白い本を発見した。満蒙の馬車輸送について様々な角度から情報を整理した資料で鏢局についても制度面から書いている。 https://t.co/j…
@tougoku_kenki 確か剣術68手は、こちらに詳細な論考がありましたかねhttps://t.co/Aw89uPzKFX

3 0 0 0 OA 東洋史説苑

RT @machida_77: 東洋史学者・桑原隲蔵も昭和2年の『東洋史説苑』で標局について触れていた。こちらは旅客の護衛の話だけ。標車という保険馬車で旅行者を護送するもので、標局が追剥にはあらかじめ付届をしておいて手出されないようにしていたとされている。 https://t.…

10 0 0 0 OA 支那学雑草

RT @machida_77: 東洋史学者・加藤繁の昭和19年の本に鏢局についての文章があった。中国十代鏢局の一つ、會友鏢局(三皇炮捶の宋彦超が設立した)で鏢頭を勤めた王世英老人(八路軍の王世英とは別人だろう)に聞いた話をかなり書いている。 https://t.co/i0NdH…

28 0 0 0 OA 春日権現験記

RT @tougoku_kenki: 馬上で騎射と太刀打ちがどう切り替えられるかは鎌倉時代後期の『春日権現験記絵』で、青枠内の騎馬武者が左脇に弓を挟んで抜刀しようとしている描写で分かりやすいのではないかと思う。 https://t.co/oDn0eCMGxI https://…
RT @ura5ch3wo: めっちゃ面白い!堀江宗正先生に教えていただいた論文。 古代からの日本の自然についての研究。実は現代の日本は古代以来の非常に自然豊かな状態だった! 海岸林形成の歴史 太田猛彦 2012年 https://t.co/o0VGyMm9kp
RT @NorichikaHorie: @ura5ch3wo 日本の砂浜の減少は木を切らなすぎるので、土砂が流出しないからです。逆に江戸時代は木を切り過ぎて禿山が多く、砂の害が激しく海岸林が必要でした。太田猛彦「海岸林形成の歴史」 https://t.co/Yts13fqZO…

9 0 0 0 OA 春日権現験記

RT @tougoku_kenki: 不意の遭遇でもない限り基本的に矢戦は互いに楯を前面にかざしてその後ろから射る形態をとると考えれば、さぞ根気のいる持久戦だったことかと。これも鎌倉時代後期の春日権現験記絵より。 https://t.co/dRrqSr3D0T https://…
RT @kasasu2004: @NFt0LnabR2IDH7C 徳島にある写楽のお墓は徳島市内の東光寺のものですね。 話はややこしくなるのですが『阿波名家墓所記続篇』に「春藤写楽」という人物の記事があって、この人が写楽に比定されていたようです。ここの18コマを御覧ください。…

4 0 0 0 OA 掃墓史料

RT @kasasu2004: 国立国会図書館デジタルコレクションの『掃墓史料・画家之部』。 ここの4コマ目に「斎藤十郎兵衛」ならぬ俗称「藤十郎」の「斎藤写楽」という謎の人物が記載されているのです。 「斎藤十郎兵衛」の墓が発見されたために忘却された形ですが、「斎藤写楽」は何者だ…
RT @machida_77: 論文の原稿から拡大。 活字の話になってしまいますがOCRでも柔術と美術の誤認は結構あります。 https://t.co/aDQp0GeeeC https://t.co/p7AEPOySWH
RT @gannbattemasenn: 因みにこの話、ロシアにおいて同性愛者が厳しく扱われているというのは「キリスト教の影響(または正教の影響)」と言うのは、部分的には正しいが、大まかには間違っているレベル。 https://t.co/wbhkDiFJq8
RT @machida_77: @inuchochin 引用ですが『徳川氏御実紀附録 巻6』等で同じ話を確認できました。こちらだと匹夫云々は出ていませんが秀忠が剣法を学ぶのと止めた話も合わせて出ています。 https://t.co/vSGZppILDg
RT @machida_77: @inuchochin 中里介山『日本武術神妙記』で紹介されている家康と疋田の以下の逸話と、秀忠が剣法を学ぶことを聞いて、人を切るのは匹夫の勇である、大将は難を避ける術さえ心得ていればいいと家康が言った逸話(こちらは出典未確認)が混ざったような話…
RT @baritsu: 考古学知識が無いから「まとめ」を先に読んでから本文に戻った方がわかりやすかったけど勉強になった 弥生・古墳時代における長柄武器の変遷 https://t.co/JX1Yd369lQ
RT @machida_77: 「徴兵された農民兵はそもそも刀剣持ってない」「貴族、武士のファッション」という珍説が流れてきた。 もう既に批判されているからRTはしない。 『雑兵物語』でも一刀~二刀差しの足軽が多く描かれている。また足軽に対しては備え付けの刀の貸出もあったようだ…

2 0 0 0 OA 日本武道史

@Zantei_Settetsu @inuchochin その時の詳細は、ここで335ページから読めます。当時刊行されてた示現流情報としてはかなり詳細なのではないかしら。ちゃんと薬丸流との区別もされてるし。https://t.co/LWkfTbigxq

3 0 0 0 刀剣と歴史

RT @machida_77: 刀の柄の鮫皮の話で思い出した。柄に短冊の鮫皮を着せるのに右手利き・左右両利き・左手利きによって違いがあるという話が古沢義衛の「柄談義(二)」に出てくる。 甲高柄は短冊の鮫皮を着せず木地を厚くして強靭性を増したもので、柳生流の稽古柄とされている。…

2 0 0 0 刀剣と歴史

RT @machida_77: 刀の柄の鮫皮の使用と言えば、現存最古の例に正倉院の金銀鈿荘唐大刀がある。しかしその唐大刀から後の日本刀に使われるまでの間を埋める史料が少なく、『刀剣と歴史』第427号の古沢義衛「柄の話(一五)」でもざっくりとしか解説していない。 https://…
RT @no_name05: @ksk18681912 興味深いお話をありがとうございます。国会図書館の本登録ユーザはデジタルコレクションで読めますね。 あまカラ. (48) https://t.co/jewYPOhSP8 あまカラ : 随筆 https://t.co/6…

6 0 0 0 あまカラ

RT @no_name05: @ksk18681912 興味深いお話をありがとうございます。国会図書館の本登録ユーザはデジタルコレクションで読めますね。 あまカラ. (48) https://t.co/jewYPOhSP8 あまカラ : 随筆 https://t.co/6…

11 0 0 0 新選組遺聞

RT @machida_77: 新選組隊士の剣術の強さについて子母澤寛『新選組遺聞』(万里閣書房, 1929年)に「永倉は、その頃三十二歳でしたが、劍道は隊中でも一二を争う遣い手で」というのがあった。ここでも永倉の名前が挙がっている。新選組が新選組が屯所としていた八木家の子息・…

11 0 0 0 新選組遺聞

RT @machida_77: @SagamiNoriaki その通りです。 子母澤寛『新選組遺聞』(万里閣書房, 1929年)に登場します。原田左之助が楠小十郎を殺した際の話が出ている記録として紹介されています。子母澤寛のこの本以外に夢録を読んだという記録は無いはずです。 h…
RT @machida_77: 国会図書館デジタルコレクション個人送信で利用できる同書の該当ページ https://t.co/q3EiVChydq

4 0 0 0 忍びの武器

RT @machida_77: 同書の該当ページはこちら。 https://t.co/pymty8QRCM

お気に入り一覧(最新100件)

3 0 0 0 OA 百花村物語

https://t.co/FKoxdmzlgJ このへんの佐藤春夫の無節操さ好き、研究者困ってそう。

フォロー(444ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
@SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
RT @jashinchan_PJ: おはようございます、アニメ #邪神ちゃんドロップキック です。北海道大学の山村先生が先日行われたセミナーについてまとめてくださいました!邪神ちゃんをきっかけに現地を訪れる方が増えたら嬉しいです! #邪神ちゃんドロップキック #jcdk #邪…
かつて様々な官公庁や団体用に作られた体操を多く扱っている本に石橋武彦, 佐藤友久『日本の体操 : 百年の歩みと実技』(不昧堂書店, 1966)があり、後半の実技編にかなりの例がありますが、企業・業界のはほとんど入っていません。 https://t.co/kJcpKzAQ39
RT @machida_77: 警察体操の話で思い出した国鉄体操の論文。 1930年代はあちこちで体操が作られたが、その中の一つ。 崎田嘉寛. 1940年代を中心とした国鉄体操の展開. 体育史研究. 2020. 37 巻. p. 39-59 https://t.co/ooDE…
警察体操の話で思い出した国鉄体操の論文。 1930年代はあちこちで体操が作られたが、その中の一つ。 崎田嘉寛. 1940年代を中心とした国鉄体操の展開. 体育史研究. 2020. 37 巻. p. 39-59 https://t.co/ooDEvVcHm4
RT @mmhinoeuma: @bushidoh_sb 鈴木幹雄(倫理学)論文「悪について―『わるい』から『悪』へ」に、悪源太などの「悪」はワルいという性質状態を示すのではなく、不吉な邪悪な力と人や運や霊などとの合体を示し、人物名に接頭語としてつくことでその対象人物の実体性を…
師範に止められながらも中学3年から自己流で二刀を使い始め、21歳で天覧試合準優勝に至った藤本薫選士。複数人から竹刀が軽いのではないかと評されたり一部お歴々からあまりウケがよくなさそうという面もあるけど、この種の異端の人にはどうにも惹かれる。 https://t.co/9qlIgWmTRj https://t.co/oZOQSD2DQ2

58 2 2 0 OA 軍刀の操法試斬

RT @machida_77: あまり関係ない話ですが、陸軍戸山学校編『軍刀の操法試斬』(国防武道協会, 昭和19)で試斬で切る対象の材料として白菜、甘藷、大根、南瓜が例に挙げられていたことを思い出しました(色々例に出ているところから、特に大根の感触を重視しているわけではなさそ…

58 2 2 0 OA 軍刀の操法試斬

あまり関係ない話ですが、陸軍戸山学校編『軍刀の操法試斬』(国防武道協会, 昭和19)で試斬で切る対象の材料として白菜、甘藷、大根、南瓜が例に挙げられていたことを思い出しました(色々例に出ているところから、特に大根の感触を重視しているわけではなさそう)。 https://t.co/AnhS1wFaq9 https://t.co/GDwD4Ysnse https://t.co/QsJKha0X0M
RT @machida_77: 大森幸次郎と言えば池田重二『ブラジル日本移民人国記(上巻)』(日伯文化出版社, 1958)で千葉県出身とされていた(著者がその遺児を育てたというつながりがある)。 https://t.co/gEt1fqdrtE
大森幸次郎と言えば池田重二『ブラジル日本移民人国記(上巻)』(日伯文化出版社, 1958)で千葉県出身とされていた(著者がその遺児を育てたというつながりがある)。 https://t.co/gEt1fqdrtE https://t.co/30OgE5yTG1
RT @hietaro: ⇒ なぜかサーファーに多い危険なアレルギー(ザ・世界仰天ニュース) https://t.co/KAnuWWL21B 納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例(論文) https://t.co/j9fyafOycn
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J

19 3 3 0 OA 日本教育文庫

引用元は同文館編輯局編『日本教育文庫. 訓誡篇 中』(同文館, 1911) https://t.co/RTGE6yV5Jj
わが国が未批准の国際条約一覧 2013 年 1 月現在 (国立国会図書館 調査及び立法考査局) https://t.co/3AOmpPb8iZ
RT @OzakiYukioBot: 議会は、憲法に依て独立の地位を保証せられ、行政部などの干渉を受くべき筋合のものではない。然るに近来は議会は、しばしば行政府その他外部より支配せられ、自ら憲法上の地位を破壊しつつあるが、議員の多数は、それに気がつかず、平気でいるように見える…
RT @parasite2006: @mahoro_kq @MIKITO_777 大学の研究紹介プレスリリースだというのに肝心の論文をリンクしてないのはちょっとどうかと言いたくなりますが。1つめの論文はこちらでしたがhttps://t.co/HdatqNGaQx 2つめはこれか…

4 4 2 0 土佐方言集

RT @ToyosakaLabo: ちなみに「つみこぼし」は、土佐方言集によると「摘子坊師」で散髪頭の意味とのこと。 『土佐方言集』(図書館・個人送信資料) https://t.co/T148NaTwST

7 6 2 0 OA 南路志

RT @ToyosakaLabo: 土佐藩の史料『南路志 巻71』には無双直伝(神伝)流の林六大夫とその居合の由来について書かれているのだけど、国会図書館デジタルのものは高知県立図書館の翻刻資料とちょっと違っている。 『南路志. 巻71』 https://t.co/zObwCL…
論文は2017年3月に発行ですね。 CiNii 博士論文 - 二次創作コミュニティにおけるつながりの実践に関する文化人類学的研究―「愛」の評価をめぐる闘争と調停 https://t.co/oT1rvPGBxH
⇒ なぜかサーファーに多い危険なアレルギー(ザ・世界仰天ニュース) https://t.co/KAnuWWL21B 納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例(論文) https://t.co/j9fyafOycn

4 1 1 0 讃岐柔道史

@LanceAoyama @SagamiNoriaki @tetu162000 https://t.co/tjjFf4Hef1

フォロワー(4760ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
@SagamiNoriaki 国会図書館デジタルコレクションで利用できる『男爵近藤廉平伝』にも武智文司郎の名が出ていますね。 https://t.co/TQENMi5UHU https://t.co/dP3gRp39TX
RT @okapia_feb01: 京大に戻った吉村寿人とか、戦後の昭和26年に「生後3日〜6ヶ月の赤ん坊の指を氷水に着けて凍傷にする実験」を論文として報告してて、倫理感がマジでヤバい。(成人や児童にも同じ実験やってる) #今日の論文 "STUDIES ON THE REACT…
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @okapia_feb01: 京大に戻った吉村寿人とか、戦後の昭和26年に「生後3日〜6ヶ月の赤ん坊の指を氷水に着けて凍傷にする実験」を論文として報告してて、倫理感がマジでヤバい。(成人や児童にも同じ実験やってる) #今日の論文 "STUDIES ON THE REACT…
RT @jashinchan_PJ: おはようございます、アニメ #邪神ちゃんドロップキック です。北海道大学の山村先生が先日行われたセミナーについてまとめてくださいました!邪神ちゃんをきっかけに現地を訪れる方が増えたら嬉しいです! #邪神ちゃんドロップキック #jcdk #邪…
かつて様々な官公庁や団体用に作られた体操を多く扱っている本に石橋武彦, 佐藤友久『日本の体操 : 百年の歩みと実技』(不昧堂書店, 1966)があり、後半の実技編にかなりの例がありますが、企業・業界のはほとんど入っていません。 https://t.co/kJcpKzAQ39
RT @machida_77: 警察体操の話で思い出した国鉄体操の論文。 1930年代はあちこちで体操が作られたが、その中の一つ。 崎田嘉寛. 1940年代を中心とした国鉄体操の展開. 体育史研究. 2020. 37 巻. p. 39-59 https://t.co/ooDE…
警察体操の話で思い出した国鉄体操の論文。 1930年代はあちこちで体操が作られたが、その中の一つ。 崎田嘉寛. 1940年代を中心とした国鉄体操の展開. 体育史研究. 2020. 37 巻. p. 39-59 https://t.co/ooDEvVcHm4
RT @mmhinoeuma: @bushidoh_sb 鈴木幹雄(倫理学)論文「悪について―『わるい』から『悪』へ」に、悪源太などの「悪」はワルいという性質状態を示すのではなく、不吉な邪悪な力と人や運や霊などとの合体を示し、人物名に接頭語としてつくことでその対象人物の実体性を…
大戦末期の陸軍嘱託研究では、菊池恵楓園の宮崎所長や、熊本医大のハンセン病関連人材を加えた虹波の研究が暗視技術や潜水艇ソナーと同ジャンルで扱われていたから、軍には治療や防疫だけでなく特攻兵器の操縦者に夜目が効くようにする人体改造も念頭にあったのかもしれない。https://t.co/eHFOe3jky1 https://t.co/WqcHvMRjwG
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
感光色素を人体に投与すれば太陽光のエネルギーを生命活動増進作用に変換できる、という発想で行われていた研究で、戦後になってもしばらく、動物実験を伴う形ではあるが結核治療を目的とした臨床研究が試みられていた。 https://t.co/obfooMstA5 https://t.co/GBB55NqIa2
RT @no_name05: @ShuseiNishi 国会図書館の本登録者は、自宅等のPCで無期限で読めます。これは筑摩書房の全集ですが、1991年に9,223円だった700ページ以上の本が無料になったとも言えます。個人的には紙より読みやすいですね。 ドストエフスキー全集.…
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 小泉直美 - 日本における「ヘンゼルとグレーテル」の受容 : 明治期から昭和期まで https://t.co/gnpzRp0LVa
RT @hayakawa2600: こういうのがひっかかるけど、関係あるのかな? 教えて医学の人:「皮膚結核のルミン(虹波)療法」https://t.co/NNM2O5wknw
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 小泉直美 - 日本における「ヘンゼルとグレーテル」の受容 : 明治期から昭和期まで https://t.co/gnpzRp0LVa
師範に止められながらも中学3年から自己流で二刀を使い始め、21歳で天覧試合準優勝に至った藤本薫選士。複数人から竹刀が軽いのではないかと評されたり一部お歴々からあまりウケがよくなさそうという面もあるけど、この種の異端の人にはどうにも惹かれる。 https://t.co/9qlIgWmTRj https://t.co/oZOQSD2DQ2
RT @Kangen_Coup1246: 禅宗関係史料頻出語彙リストのようなものがあると助かるなぁと思うことがあるが、PDF公開されてるものだと古賀英彦「禅語録を読むための基本語彙 初稿 」(『禅学研究』64、1985年)が目に入った。 花園大学学術リポジトリからDL可。 ht…
RT @Kangen_Coup1246: 禅宗関係史料頻出語彙リストのようなものがあると助かるなぁと思うことがあるが、PDF公開されてるものだと古賀英彦「禅語録を読むための基本語彙 初稿 」(『禅学研究』64、1985年)が目に入った。 花園大学学術リポジトリからDL可。 ht…
【拙稿紹介 4番目】 こんな論文を書いてきました。 「スタディスキルセミナーにおけるLMSを利用した授業実践と展望」 → https://t.co/7J2QRo8MtS
【拙稿紹介 3番目】 こんな論文を書いてきました。 「教養系科目におけるタブレットPC を活用した教授法の開発」 → https://t.co/KEckVc5L9G ※池田瑞穂氏との共著
【拙稿紹介 2番目】 こんな論文を書いてきました。 「ライティング科目におけるLMSを活用したアクティブ・ラーニングの試み」 → https://t.co/0LR81Gvbdv

58 2 2 0 OA 軍刀の操法試斬

RT @machida_77: あまり関係ない話ですが、陸軍戸山学校編『軍刀の操法試斬』(国防武道協会, 昭和19)で試斬で切る対象の材料として白菜、甘藷、大根、南瓜が例に挙げられていたことを思い出しました(色々例に出ているところから、特に大根の感触を重視しているわけではなさそ…

58 2 2 0 OA 軍刀の操法試斬

あまり関係ない話ですが、陸軍戸山学校編『軍刀の操法試斬』(国防武道協会, 昭和19)で試斬で切る対象の材料として白菜、甘藷、大根、南瓜が例に挙げられていたことを思い出しました(色々例に出ているところから、特に大根の感触を重視しているわけではなさそう)。 https://t.co/AnhS1wFaq9 https://t.co/GDwD4Ysnse https://t.co/QsJKha0X0M
RT @machida_77: 大森幸次郎と言えば池田重二『ブラジル日本移民人国記(上巻)』(日伯文化出版社, 1958)で千葉県出身とされていた(著者がその遺児を育てたというつながりがある)。 https://t.co/gEt1fqdrtE
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @oricquen: @hirokifujioka_ まあ韓国の国内事情まで精通している必要はないが、フェミニズムを少子化の理由にしたい結論ありきの魂胆が見え見え杉 https://t.co/I0HmtSWo2F https://t.co/jj0kCLOQGq
RT @oricquen: @hirokifujioka_ まあ韓国の国内事情まで精通している必要はないが、フェミニズムを少子化の理由にしたい結論ありきの魂胆が見え見え杉 https://t.co/I0HmtSWo2F https://t.co/jj0kCLOQGq
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
大森幸次郎と言えば池田重二『ブラジル日本移民人国記(上巻)』(日伯文化出版社, 1958)で千葉県出身とされていた(著者がその遺児を育てたというつながりがある)。 https://t.co/gEt1fqdrtE https://t.co/30OgE5yTG1
@hirokifujioka_ まあ韓国の国内事情まで精通している必要はないが、フェミニズムを少子化の理由にしたい結論ありきの魂胆が見え見え杉 https://t.co/I0HmtSWo2F https://t.co/jj0kCLOQGq
RT @8sk_kotetsu: 永倉新八私家本(『新撰組顛末記 永倉新八』底本)が国立国会図書館デジタルコレクションにて配信されています 国会図書館まで行かなくても図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館にて閲覧・複写可能 新撰組永倉新八:故杉村義衛の壮年時代 https…
RT @Booskachan_Ver2: 『宗教研究』紀要:キリストの幕屋と日猶同祖論 (・ω・) https://t.co/FivFAoiFmN
RT @Tagomago715: 読んでいる。 木村雄一『N.カルドアとマネタリズム』https://t.co/AnrPe2XO5h https://t.co/Shfvhi38sL

1914 2 2 0 OA 刀剣談

RT @8sk_kotetsu: 先日言ってた件ですが、改めて読むとここに書いてありましたね… 水戸徳川家は江戸定府で、確か興里の家?が水戸藩邸ともそんなに離れてなかった気がします(間違ってたらすみません) 「興里は水戸義公の命で差料の刀を鍛ったので、名声が上がった」 htt…

48 10 7 0 OA 上海戦と国際法

@ZF_phantom @satalbe 信夫淳平 著「上海戦と国際法」国会図書館デジタルで読めます。よかったらどうぞ。 https://t.co/eqCnnem6lN
#超算数 原典を実見して一点の曇りもなく4×8=32の作問の意図を明らかにしたい向きは、 佐伯胖、長坂敏彦、上野直樹 (1988) 昭和62年度特定研究成果報告書『子どものドロップアウトに関する教育学的研究』 の54ページ*以前*を見てくださいhttps://t.co/1ctzyCQrWx。駒林邦男さんありがとうございます。
#超算数 ナンセンスな作問が出たので(52)、ナンセンスな出題をして理解を測った(53)とみるのが妥当です。有元典文氏という研究者の論文を孫引きしたのが次の画像。出所はhttps://t.co/Xjut6zDdUp。有元の研究は佐伯らの問題意識を受けたものでしょうが、かけ算の順序からは遠いところにあります。 https://t.co/NLibtn7w9N
RT @hietaro: ⇒ なぜかサーファーに多い危険なアレルギー(ザ・世界仰天ニュース) https://t.co/KAnuWWL21B 納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例(論文) https://t.co/j9fyafOycn

45 4 4 0 OA 宿所一覧

RT @NIJL_collectors: そういえば、正岡子規自筆の「宿所一覧」https://t.co/0S7znkOddD に漱石の名が出て来るのは、知られているのだろうか。 「夏目金之助 熊本市北千反畑町旧文学精舎跡」 最初は江戸の文人の宿所を集めようとして、途中から同…
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
RT @feminist_tokyo: あと今さらですが、公共空間の話は「セクハラ」には該当しません。 セクハラとは(他のハラスメントも同様に)、労使関係において労働者がその行いで不利益を被ることを言います。 以前に「環境型セクハラ」を誤用していた弁護士さんもいましたが、なぜ…
RT @ryou_takano: インボイス方式導入をめぐる経緯と課題 https://t.co/ImcUsXVT6J
4項目目に説明あり https://t.co/6fS36aPg1w 弘道館で教えてたりしたそうです https://t.co/QlB7iNMQ84

1 1 1 0 水戸市史

4項目目に説明あり https://t.co/6fS36aPg1w 弘道館で教えてたりしたそうです https://t.co/QlB7iNMQ84

19 3 3 0 OA 日本教育文庫

引用元は同文館編輯局編『日本教育文庫. 訓誡篇 中』(同文館, 1911) https://t.co/RTGE6yV5Jj

1 1 1 0 OA 寰区因革証図

春村は筆名で、本名は秀鷹と言ったようです(レファレンス出したら沢山調べてくれました…ありがたい) 弟さんの補講してたり 寰区因革証図. 1 https://t.co/DL0dA665JZ 高瀬氏の感化院とも関係があったようです 他にも何かわかれば嬉しい
RT @Kagami_Ryuji: 隈本有尚『天文による運勢予想術』は近代日本における最初のホロスコープ指南書だとされているけれど、それに先んじて欧式陶宮術としてアラン・レオ式の星座占いの本を書いていたんですね!「天文心理」だって。https://t.co/VTG0rydmvD
RT @feminist_tokyo: あと今さらですが、公共空間の話は「セクハラ」には該当しません。 セクハラとは(他のハラスメントも同様に)、労使関係において労働者がその行いで不利益を被ることを言います。 以前に「環境型セクハラ」を誤用していた弁護士さんもいましたが、なぜ…

10 10 10 0 山形市史

RT @WagtailW: 最上家の鬼切丸(現・北野天満宮の鬼切丸(髭切))について書かれている「山形市史」も個人送信にあり (クラスタには有名な資料) 童子切→頼光が酒吞童子を切った 鬼切→頼光四天王の渡辺綱が鬼を切った とぼんやり覚えていたけど この本では鬼切丸が酒呑童子…
RT @fukanju: へー。ソラニンなどを含まない、緑化しても毒性が出現しない遺伝子改良じゃがいもの研究とかもされているんだなぁ。 https://t.co/R2x2ZnFXVA
へー。ソラニンなどを含まない、緑化しても毒性が出現しない遺伝子改良じゃがいもの研究とかもされているんだなぁ。 https://t.co/R2x2ZnFXVA
RT @feminist_tokyo: あと今さらですが、公共空間の話は「セクハラ」には該当しません。 セクハラとは(他のハラスメントも同様に)、労使関係において労働者がその行いで不利益を被ることを言います。 以前に「環境型セクハラ」を誤用していた弁護士さんもいましたが、なぜ…
RT @QmHSxpgqThzrxfk: どの組織でも言えることだけれども、学芸員の非正規雇用や短期雇用が常態化するとこうなるのよな 出典論文↓ https://t.co/hOtit98qmc https://t.co/KySQjd2zal
わが国が未批准の国際条約一覧 2013 年 1 月現在 (国立国会図書館 調査及び立法考査局) https://t.co/3AOmpPb8iZ
RT @OzakiYukioBot: 議会は、憲法に依て独立の地位を保証せられ、行政部などの干渉を受くべき筋合のものではない。然るに近来は議会は、しばしば行政府その他外部より支配せられ、自ら憲法上の地位を破壊しつつあるが、議員の多数は、それに気がつかず、平気でいるように見える…
#超算数 過激なことを主張しているかに見えるのと同時に、現実的な理由でより穏当な主張を唱道するパターン、ポストモダン思想家の常套手段ですね。 中原忠男「顧問 故 平林一榮先生のご逝去を悼む」『日本数学教育学会誌』第93巻(2011年)第9号、41ページ。https://t.co/tbdPDhoLzG 業績は、多いです。 https://t.co/xDP106mssG
RT @parasite2006: @mahoro_kq @MIKITO_777 大学の研究紹介プレスリリースだというのに肝心の論文をリンクしてないのはちょっとどうかと言いたくなりますが。1つめの論文はこちらでしたがhttps://t.co/HdatqNGaQx 2つめはこれか…
#超算数 平林一栄「数学教育における構成主義の素性: とくに急進的構成主義について」『近畿数学教育学会会誌』通号13 (2000年)、46-61ページ。https://t.co/slinSZlYBg 冒頭、「要約」に急進的構成主義が導入困難なのは【伝統的学校数学はプラトン的絶対主義にひどく染められているからである。】と。 https://t.co/NFP6nh9YK3

51 47 47 0 OA 青年の為に

RT @hsjoihs: 大隈重信の発言これか。欄外に「今の青年よりはエライ」って要約してあるのおもろいな https://t.co/Kfdglb8lKF https://t.co/8gHOlfg78v
#超算数 ファン・ヒーレ理論が日本の算数教育界に図形指導の抑制として効果を上げていること、理論普及の年代を見ると、平林は中島健三的な現代化には反対だったかも。弟子の佐々木徹郎は80代の平林が数学教育におけるポストモダニズムに関心を持っていたと述べているhttps://t.co/VrRfHyziut。

2 2 2 0 算数と数学

#超算数 紹介と普及は違う。 古賀昇一・平林一栄「ファン・ヒーレ夫妻の幾何教育: オランダにおける論証幾何準備過程の一例」『算数と数学』第11巻第6号 (1960年6月)、45-51ページ。https://t.co/06rbIp8Bye 小山正孝https://t.co/q6yVD60FIAは【わが国においても 1978年に平林一栄によって紹介され】
#超算数 紹介と普及は違う。 古賀昇一・平林一栄「ファン・ヒーレ夫妻の幾何教育: オランダにおける論証幾何準備過程の一例」『算数と数学』第11巻第6号 (1960年6月)、45-51ページ。https://t.co/06rbIp8Bye 小山正孝https://t.co/q6yVD60FIAは【わが国においても 1978年に平林一栄によって紹介され】

51 47 47 0 OA 青年の為に

RT @hsjoihs: 大隈重信の発言これか。欄外に「今の青年よりはエライ」って要約してあるのおもろいな https://t.co/Kfdglb8lKF https://t.co/8gHOlfg78v
RT @brighthelmer: 出典は以下の通り。2015年とやや古い文章で、心にダメージを負いつつも、楽しくは読めた。 https://t.co/NTeSWmdQwy

4 4 2 0 土佐方言集

RT @ToyosakaLabo: ちなみに「つみこぼし」は、土佐方言集によると「摘子坊師」で散髪頭の意味とのこと。 『土佐方言集』(図書館・個人送信資料) https://t.co/T148NaTwST

7 6 2 0 OA 南路志

RT @ToyosakaLabo: 土佐藩の史料『南路志 巻71』には無双直伝(神伝)流の林六大夫とその居合の由来について書かれているのだけど、国会図書館デジタルのものは高知県立図書館の翻刻資料とちょっと違っている。 『南路志. 巻71』 https://t.co/zObwCL…
RT @brighthelmer: 出典は以下の通り。2015年とやや古い文章で、心にダメージを負いつつも、楽しくは読めた。 https://t.co/NTeSWmdQwy
RT @ZF_phantom: 今、教えていただいた話。 南京戦で、出征前に僧侶してた人が戦闘の合間に僧侶してたのは知ってるが、それとは別に兵士でない従軍僧侶がいたのだそうだ。 近代真宗本願寺派の中国における活動 https://t.co/sdStT8QoZW https:…
RT @yukin_done: 総督府鉄道が朝鮮半島に与えた影響は大きく、李朝末まで交通の要地であったが総督府鉄道が来なかった忠州や尚州は低迷を続け、未発達であった新義州や大田は道庁所在地となり発展した。 ※植民地時代の朝鮮における鉄道網の発達と都市システムの変遷 東京大学大学…

14 1 1 0 OA ラヂオ年鑑

RT @DlKtKXJ1hq5dbgC: @yukin_done 当時のラヂオ年鑑は参考になりますよね。 https://t.co/p3FsOy2onu
RT @brighthelmer: 出典は以下の通り。2015年とやや古い文章で、心にダメージを負いつつも、楽しくは読めた。 https://t.co/NTeSWmdQwy

51 47 47 0 OA 青年の為に

RT @hsjoihs: 大隈重信の発言これか。欄外に「今の青年よりはエライ」って要約してあるのおもろいな https://t.co/Kfdglb8lKF https://t.co/8gHOlfg78v
⇒ なぜかサーファーに多い危険なアレルギー(ザ・世界仰天ニュース) https://t.co/KAnuWWL21B 納豆による遅発性アナフィラキシーを繰り返した1例(論文) https://t.co/j9fyafOycn
#超算数 更改。 重松敬一・佐藤学「算数・数学教育における問題解決学習の研究 (13): 算数の学習規範の育成に関する研究」『奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要』第19巻 (2010年3月)、61-6ページ。https://t.co/4YgEH6LsQi ブロック操作について、子供の迷惑そうな発言が読めるよ! https://t.co/9OhLUjVJso https://t.co/KMtXuUtMyg

4 1 1 0 讃岐柔道史

@LanceAoyama @SagamiNoriaki @tetu162000 https://t.co/tjjFf4Hef1
RT @QMusashi: 年齢が上がるほど増えるけど、40代50代の突然死も全くない訳じゃない。 30年もやってて一度も見てないとか実に嘘臭いな。 https://t.co/pFGkXxEpoD
RT @QMusashi: 年齢が上がるほど増えるけど、40代50代の突然死も全くない訳じゃない。 30年もやってて一度も見てないとか実に嘘臭いな。 https://t.co/pFGkXxEpoD
J-STAGE Articles - 鳥獣の写真撮影・観察に対する規制について https://t.co/slFzZmJJ0x
RT @fukuda326: 僕が宮台真司先生、そして宮台先輩を尊敬するのは彼の博士論文『権力の予期理論』によってであり、これを1990年の日本で発表したという一点に尽きる。戦後の東京大学大学院の社会学研究科が生み出した博士論文の中で最も優れた論文の一つだと思う。超えたいと思う…
効率でいったら廃棄物を原料としてSCP培養※が一番よさそうだなぁー ※某財団のではなくシングル・セル・プロテインです https://t.co/YHqmZCGUJu https://t.co/d1N87ba4bV

5 1 1 0 OA 物類品隲 6巻

RT @pokkenainai: 平賀国倫(平賀源内)編『物類品隲』4巻 https://t.co/KvZisvdr1p "[

5 1 1 0 OA 物類品隲 6巻

RT @pokkenainai: 4巻 https://t.co/KvZisvdr1p "
RT @Nnipponia: 保全生態学研究の特集「絶滅危惧種保全とエコツーリズム」の第4報が早期公開されました。 野生動物へのカメラマンによる影響は、日本の法令上どう制限できうるかという整理です。 鳥獣の写真撮影・観察に対する規制について.高橋 満彦 https://t.…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tv4FttMgSE https://t.co/bURQ5sGd30 https://t.co/OrAiW5EUuW https://t.co/8np8twz7gw https://t.co/P6Th0Crv…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tv4FttMgSE https://t.co/bURQ5sGd30 https://t.co/OrAiW5EUuW https://t.co/8np8twz7gw https://t.co/P6Th0Crv…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/tv4FttMgSE https://t.co/bURQ5sGd30 https://t.co/OrAiW5EUuW https://t.co/8np8twz7gw https://t.co/P6Th0Crv…
RT @Nnipponia: 保全生態学研究の特集「絶滅危惧種保全とエコツーリズム」の第4報が早期公開されました。 野生動物へのカメラマンによる影響は、日本の法令上どう制限できうるかという整理です。 鳥獣の写真撮影・観察に対する規制について.高橋 満彦 https://t.…

12 11 2 0 家畜小屋

RT @SF70687131: 登録が要るけど、何作かは国会図書館のデジタルアーカイブでも読めるようになってるのだ……! https://t.co/JlVJTAA3xl
RT @jashinchan_PJ: 【無料ダウンロード】#邪神ちゃんドロップキック 富良野編は1週間で約20万回が視聴され86万文字を超える自由回答が寄せられました。その研究結果を地方編全体の分析と共に約60ページの資料にまとめ、北海道大学で公開しましたのでぜひご覧ください!…
RT @SaveFennecSafty: そういえば、母イが先日外来に来た患者さんで「鼓膜の向こうになにか蠢いている」症例にぶち当たって、探したら50年前に1件だけ症例報告があったと言っていたのだ。 中耳顎口虫症の1例 新田 志ず子 , 中西 宜子 https://t.co…