K.Ooi (@k_ooi)

投稿一覧(最新100件)

メモ:高橋稜一・清拓哉・高橋純一:DNAバーコーディング法を利用したツマアカスズメバチの食性解析の試み(長崎県生物学会誌 (78), 43-48, 2016-06)https://t.co/YQnwVlkace
天皇陛下のタヌキ食性論文、2008年の前報(https://t.co/2KOZlm6mJr )に引き続き、今回は英文で国立科学博物館紀要に掲載されている。https://t.co/hTg7JuBqRc
メモ:芹川ダムにおけるかび臭物質産生藍藻及び2-メチルイソボルネオールの推移についての評価 https://t.co/o2GQ03U78t ちょっとお手伝いしたもの。論文が公開された。
RT @leeswijzer: [駒場]佐藤恵子 2008. 「ビオトープ」はヘッケルの造語ではない! : ヘッケルとダールの原典に基づく「ビオトープ」という言葉の由来についての検討.東海大学総合教育センター紀要, 28, 33-43 https://t.co/Z1O6MUXo…
能登上空の黄砂由来エアロゾル中のバクテリア16Sの文献は読んだことがあったのだが、納豆に使われていたとは知らなかった。#ふしぎ発見 https://t.co/TSZbXbNQxZ
多良岳のヤマネ https://t.co/XeceH3v1LA この後佐賀県側での確認があって,15年間記録が無かったということか。30年以上記録が途絶えている背振山系でもぜひ出てきてほしい。>ヤマネ
@oikawamaru 福教大にあるみたいですよ。 http://t.co/eKrhVoPiqJ 全国方言集覧 : 動植物標準和名→方言名検索大辞典も。 http://t.co/rQ5m3S4AJ5
@oikawamaru 福教大にあるみたいですよ。 http://t.co/eKrhVoPiqJ 全国方言集覧 : 動植物標準和名→方言名検索大辞典も。 http://t.co/rQ5m3S4AJ5
オートラジオグラフィで樹木中の放射性セシウムの動態を追跡した論文。(日本原子力学会和文論文誌2013年11月) https://t.co/aVv0SiKXTG 事故時に沈着したものは斑状に,その後の植物体内の移動は樹種による。
ツチガエルは性決定に地域変異がある、とても面白い生物。http://t.co/x1zgRS45
@Landschaftsplan @makuzusan 論文はhttp://t.co/gyGVeub2とhttp://t.co/2uDXCvm2とhttp://t.co/TJoLL5K6ですかね。著書はhttp://t.co/f7NIEoU4
@invasivespeacie 九州のニッポンバラタナゴに関する参考文献は→ http://ci.nii.ac.jp/naid/110007005916
北九州のオオバヤドリギ。樹木を衰弱・枯死させるものとして駆除の対象となっている。かなり詳細な分布調査・論文。 http://ci.nii.ac.jp/naid/110007862210
@yupcolor 藪と言ったら叱られるかもしれないけれど,思い出した。半年ぐらい前にyupさんとツイッター上でお知り合いになった頃のつぶやきにも関係。「修学院離宮上之御庭大刈込の樹種」 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004091821

お気に入り一覧(最新100件)

#業績メモ 野村ほか 2017 食中毒を引き起こす有毒キノコの種特異的プライマーによるスクリーニング法の開発 ちょっとしたテクニカルノート的な論文。ご一緒させていただきました。 https://t.co/vAmHJr2NQm
@wohnishi 基礎情報に関しては2015年に短報が出ていますね。https://t.co/tBD6Yj3oVz
板川さんが筆頭著者である以下の論文がランドスケープ研究のオンライン論文集で昨日公開されました。 板川暢・樋口陽平・一ノ瀬友博・横山勝英 (2017)... https://t.co/jc74ACX49J
「日本のカワウソはなぜ絶滅したか」https://t.co/ycySaLdEZZ 筑紫女学園大学リポジトリ。
そうか、河野昭一さん、お亡くなりになったか。大学院生時代、いろいろな激しい河野さんの姿に接してきましたが。外からならなかなかに愛すべきキャラクターでもありました。 研究者の追悼には論文を再読するのがいいかと思い、古いけど一つ。https://t.co/RX9EyK8fPE
名古屋大学農学部が福島県林業研究センターの協力を得て福島県川俣町山木屋地区(避難指示区域)のモウソウチク林を2012年5, 6月と2014年4月に調査した結果をまとめた日本語論文https://t.co/WUvJxPuCRX
リュウキュウサンショウクイとサンショウクイの音声の違い・識別法の論文が掲載されました!フリーアクセスなので、興味のある方是非! https://t.co/EBavoWWrwq
[駒場]佐藤恵子 2008. 「ビオトープ」はヘッケルの造語ではない! : ヘッケルとダールの原典に基づく「ビオトープ」という言葉の由来についての検討.東海大学総合教育センター紀要, 28, 33-43 https://t.co/Z1O6MUXoLc
なんでそんなアホなことしたんだ……という事例の話もあった。「接木による食中毒事例は本邦初の報告」 ⇒「チョウセンアサガオに接木したナスによる食中毒事例」『食品衛生学雑誌』Vol. 49 (2008) No. 5 https://t.co/eN2zIn6Zhp
岩手県内に栽培されている絶滅危惧植物アツモリソウの遺伝的多様性および外来近縁種の混入。葉緑体と核DNAについて調査した結果、中国原産の外来種が混入していると推定されたようです。 http://t.co/o7yWd6X21i
国内希少野生動植物種、絶滅危惧IA種に指定されているベッコウトンボの遺伝的多様性を解明した論文(日本語)。本論文では羽化殻からDNAを抽出することで、個体群への影響を最小限にしています。 http://t.co/0FRAV9Yu5E

12 0 0 0 OA 植物生物学

写真左が柿、右が桜桃(さくらんぼ)の双生果 / 近代デジタルライブラリー 植物生物学 松本巍著 大正14年出版 http://t.co/nTJTDosb8u
もうひとつ。葉利用菓子の食文化研究 http://t.co/InHbpxBlyd
Yさんに教えてもらった「日本国内のモウソウチク集団は単一のクローンか?マイクロサテライトマーカーによるクローン構造解析」https://t.co/QNxHTjtj なるほど、島津移入個体群と万福寺個体群の区別がつかないのか。中国も含めて栽培物のモウソウチクはクローンなのか。スゴ。
史前帰化植物についてはこちら。http://ci.nii.ac.jp/naid/110003762631

フォロー(156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「渾」を使った人名として、「加藤 渾一」という例がありました。読みは、「カトウ コンイチ」 https://t.co/2O1ceW1wk6 とのこと。
RT @2SC1815J: NDLデジコレ、9月6日付けで「モージャー氏撮影写真資料」https://t.co/TU95acYFMG が追加された。資料説明 https://t.co/SOQojzJqwn によれば、1946年4月から1947年1月にかけて撮影された日本各地のカ…
RTに関連して、神奈川県立自然環境保全センターの田村淳さんによる、シカの採食圧を長く受けた後に柵を設置しても回復しにくい林床植物がある事を示した研究。 田村(2010)保全生態学研究 15(2), 255-264 https://t.co/TrlDeLTTtK
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…

フォロワー(325ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RTに関連して、神奈川県立自然環境保全センターの田村淳さんによる、シカの採食圧を長く受けた後に柵を設置しても回復しにくい林床植物がある事を示した研究。 田村(2010)保全生態学研究 15(2), 255-264 https://t.co/TrlDeLTTtK
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @itangiku: 先住民族の権利が十分に認められていない国においては、森林認証制度(FSC)の導入によって先住民族の権利がむしろ制限されることがある。例えばこれ。 https://t.co/ZbVOVKekRc
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…
RT @ogugeo: (承前)イラストで使われている等高線に陰影をつけて立体感を出す技法は、1939年に田中吉郎が発明。日本地理学会の雑誌に2編の論文を発表し、その後に世界的にも認知された。論文の pdf https://t.co/Rjyr1zOh0s https://t.…