れんちきゅら (@lenti_taiga)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  道範の秘密念仏思想 -名号観を中心として- https://t.co/MDb1AynnT2 #CiNii >RT:伊豆山・土沢地蔵堂の棟札に『本願道範』とあるのだが、本願とは寺院の開基・建立を発願した住職のこと。1252年没の道範と同一人物なのだろうか
CiNii 論文 - 諦忍律師の著作の整理 https://t.co/Vg3sVUF3zn #CiNii 尾張の八事山興正寺中興の祖・諦忍妙竜(1705-1786)は、念仏を聖冏-聖聡の鎮西義白旗流から、真言を醍醐寺報恩院流玄海相承から、律を西大寺比叡尊-慧雲-大鳥山神鳳寺派円忍の流れからうけ、六字の名号と真言を全く同一に考える
大桑斉(1992)による『近世初期民衆思想史研究』があり鈴木正三の『二人比丘尼』『念仏草紙』の検討がなされて内容が仄聞できる>https://t.co/Dh6qm2ho0A いづれも仮名法語であるが、現代語化されたものは加藤みち子による『鈴木正三著作集(1)(中公クラシックス/2015)』がある https://t.co/gRecAaFVx6
CiNii 論文 - 鈴木正三の合理的思惟による仏教理解 (石井富美子教授・山西哲郎教授退職記念号) https://t.co/qwshlOBoAE #CiNii
RT:暦注に載っているものはすべて算出アプリが出ているので、難しい部分があるとしたら置閏法や九星や遁甲の飛泊・挨星・作盤・演卦など流派ごとの秘伝による相違をどう扱うか…みたいな… CiNii 論文 - 大雑書研究序説--『永代大雑書萬暦大成』の内容分析から https://t.co/SjTCEEvV8V #CiNii
CiNii 論文 -  上総地域における軍茶利明王信仰 https://t.co/UQPWhrRIdH #CiNii
CiNii 論文 -  抄略文からみた『天台伝南岳心要』 https://t.co/39slygYn5r #CiNii
CiNii 論文 -  安土城における『天主指図』の宝塔と吹き抜けの存在の可能性 : 五重塔の造形と宣教師の記録からの試論 https://t.co/mPPUkN69LW #CiNii
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。下総国寺院の室町期成立の縁起を検討。 野口 実「『笠森寺縁起』にみる平忠常と上総・千葉氏の記憶」 京都女子大学宗教・文化研究所研究紀要 (33), 1-26, 2020-03 https://t.co/WQ…
CiNii 論文 -  鎌倉時代の「諸行本願義」について:『浄土法門源流章』記載の諸師の事蹟を中心に https://t.co/L0OGs2cLkI #CiNii
CiNii 論文 -  亮汰の著作とその時代背景 https://t.co/5oS0q7OxYd #CiNii
RT @washou3956: PDF公開。平雅行「定豪とその弟子:鎌倉真言派の成立・展開」(『人間文化研究』45、京都先端科学大学、2020年11月)平氏の幕府仏教研究の新作!承久乱以前の定豪、次いで弟子の定清・定憲の活動実態を検討。朝廷―幕府間の関係の指摘など見所が多い。h…
CiNii 論文 -  後七日御修法における舎利の意味について https://t.co/X2w4oHPHtM #CiNii >御修法の発達によって変容する仏舎利について考察したもの 金剛杵の鋳造時に、鋳造炉をはさんで把に舎利をこめる僧と工人の共同儀礼などが興味深い
CiNii 論文 -  後七日御修法と大嘗祭 (共同研究「古代の祭祀と信仰」本篇) https://t.co/WA95QQ0sdJ #CiNii >御修法の壇と大嘗宮の配置図を載せる

2 0 0 0 OA 大元帥法

『大元帥法』 森田竜僊 著 高野山時報社 明治3年 https://t.co/NEljVcMEdf >霊雲寺の浄厳もよくこれを行ったという https://t.co/LO64yb420c
CiNii 論文 - 部派仏教における施餓鬼の構造 : 有部と上座部による廻向の教理的理解 https://t.co/6XQPT1l43v #CiNii
CiNii 論文 -  インターネット時代の仏教史学 : 蔵俊編『注進法相宗章疏』の本文をめぐって (岡田素之教授 清水重夫教授 退職記念号) https://t.co/0avK55QyUP #CiNii
『いわきの寺院の聖教調査-地域の教養の拠点としての寺院の役割について-』 門屋 温 2016 https://t.co/p6fA1TCLcq >福島県いわき市の、浄土宗名越派故本山如来寺(名越派第3世妙観の開山)と、同地域でもっとも寺院数の多い真言宗智山派の宝聚院聖教調査を挙げる 上述の渡辺氏の文書とリンク
『地域寺院と資料学 : 地域アイデンティティーの確立へ』渡辺 匡一 https://t.co/IYArg9wZDG 中世文学研究は日本文化を解明できるか : 中世文学会創設50周年記念シンポジウム「中世文学研究の過去・現在・未来」の記録. 中世文学会編. 笠間書院, 2006, p. 54-70.
RT @washou3956: PDF公開。下野玲子「富岡重憲コレクションの別尊雑記断簡について」(『早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要』21、2020年3月)元亨元年4月に十無尽院本で交点、性然の署名、「高山寺」印を擦り消して「弘基」印など。東寺宝菩提院本残欠の可能性。ht…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。彫刻史の分野から、文献史料を再検討。 佐々木 あすか「仏師運慶建立の八条高倉地蔵十輪院の土地をめぐる史料の検討 : 地蔵十輪院の沿革を考察するための前提として」 駒澤大学文化 (38), 77-102,…
『弁惑指南・光明真言観誦要門』 https://t.co/TOkeAScnCh >新安祥寺流をひらいた真言宗の浄厳による。一冊93ページに弁惑指南四巻分をおさめたもの。尋常ならぬ注釈の細かさに驚き。左の目次では2巻分目までを載せ、3・4巻はタイトルのみ掲載 https://t.co/Sb7dWod0ct
CiNii 論文 -  「本覺讃」に就て https://t.co/evjbbOq98K #CiNii >西山学報に掲載されたもの。全12P。 https://t.co/6FRFQZQaVH
RT:隨心院さまの大壇は未開敷蓮華が一本(独一法身)。勧修寺・隨心院・大伝法院・沢流に多いが、金剛線を四闕の鬼目ではなく上方に巻く点が小野流 始まりを示す艮方にのみ赤蓮華を置くのは蓮華部尊に注目するという事だろうか CiNii 論文 - 有無相及び一多法界 https://t.co/3tYUthVsFW #CiNii
RT @lenti_taiga: RT:国会図書館デジタルコレクション『山崎弁栄(やまざきべんねい)聖人御遺文・摂化の巻』大正11年/全32ページ>https://t.co/cMab0spAbz https://t.co/YtpyKWhlq9
CiNii 論文 -  宗門為本の戒律思想 https://t.co/KMy8EmH90X #CiNii >わずか2ページだが、江戸時代における仏教界の戒律運動について俯瞰的・簡潔にまとめており、漠然としたこの時期のよい手掛かりになるだろう
CiNii 論文 - 無住と天台密教 : 『阿娑縛抄』と三河実相寺 https://t.co/e7HupAR8Sd #CiNii
CiNii 論文 - 唱導僧としての存覺 https://t.co/oMHq9RB1Ub #CiNii
RT @washou3956: メモ。寺尾英智「遠山因幡入道坐像について:戦国期鎌倉日蓮宗の檀越」(『法華文化研究』46、立正大学法華経文化研究所、2020年3月)https://t.co/cj6ADlMZYC #こんな論文が出ていたようです
CiNii 論文 -  中世日蓮宗における本尊の造像について https://t.co/tdzT9ZvJbD #CiNii <これとは別に、NDL所蔵の『御本尊写真帖』 稲田海素 編 全36ページもある。モノクロ写真集で、あまり写真の状態がよろしくないのだが参考までに NDLで直接閲覧すればもっと判然とするかもしれない
CiNii 論文 -  近世仏教の庶民教化:仏教説話 https://t.co/l2LklBVJQa #CiNii <1973年の論考だが、むしろここ10年ほどの風潮を描いたかのようだ。庶民教化・唱道と説話の長所と短所、海外との交渉により知識層が厚くなる文化9年(1812)頃を下限に、説話出版が消滅していく様子も興味深い
CiNii 論文 -  わが国如意宝珠信仰の歴史的展開 https://t.co/diHZ3q1zDg #CiNii >日本陰陽道史総説で名高い村山修一による。やや雑駁な気分もあるがすこぶる浩瀚であり、学研の赤い本愛読者には必読であろう
『慧思の法華思想 : 僧肇の空思想を背景として』 稲葉広由/南山宗教文化研究所 研究所報第8号/1998 https://t.co/aGnzVz0IzF 国会図書館デジタルコレクション/PDF形式 法華経成立から長い年月を経て『魔訶止観』という巨大な思想体系が出現した、その突然とも思える発達の理由を簡潔に述べたもの
CiNii 論文 -  阿弥陀如来像と真言密教 https://t.co/lw06rmR8PQ #CiNii 95年だが、全43ページ中12ページを注釈に費やす。現在は多少見解の変化があるだろうが、顕教浄土教・観経の記述に沿った阿弥陀如来立像以外は、三尊像・来迎像・山越図含め多くが密教浄土教由来と見る
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。鎌倉末期の臨済僧による密教兼学。 亀山 隆彦「『纂元面授』と『灌頂秘口決』 : 日本密教史における癡兀大慧の位置」 真宗文化 : 真宗文化研究所年報 (28), 1-20, 2019-03 https:/…
RT @_sotanaka: 渡辺麻里子[2014]「談義書・論義書における文体と表記」『日本文学』63 https://t.co/xKaqe3rixV 該当箇所は63頁上および注19。
RT @washou3956: この点、大谷由香「日本仏教における戒律の特異性」(『日本仏教学会年報』84、2019年8月)は示唆に富んでいて、破戒を日本仏教の「堕落」「敗北」の証と即断せず、経典を読み込んだうえで至った日本仏教の特質、当時の僧侶が苦心して得た成果とみるべきこと…
RT @quiriu_pino: 『バーフバリ』の暴れ象を“尊み”で止める最高のシーン、同型の話が『仏所行讃』にあり、しかもそれは古将棋の「酔象」駒の元ネタらしい 古作 登「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推察する」 大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要…
J-STAGE Articles - 法服格正と法衣格正 https://t.co/c37bZvOtBc >うぬぅ、やふおにて黙室纂集『法服格正』明治二十九年 が10500円… 残り四時間 (20/09/13 22時まで)
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました PDF公開。聖福寺像とは、神護寺蔵を「頼朝だ!」と認識したうえで元禄11年に制作された肖像らしい。 渡邊 雄二「神護寺蔵 武将像三幅について : 聖福寺像 源頼朝像からの考察」 九州産業大学芸術学会研究報告 (第51巻…
@100portals この人ですね~>亀岡末吉 亀岡図集 : 日本建築絵様. 第1輯 [亀岡末吉 画][他] 須原屋書店 大正8 国会図書館デジタルコレクション https://t.co/cWEeNldzVK
RT @washou3956: 引用は西谷功「『視覃雑記』著者「長典」と醍醐寺建久本『十巻抄』所持者「長典」」(『智山学報』64、2015年、PDF公開)88頁を参照のこと。また、同様の指摘として橋本初子「法会と法流からみた中世の僧数」(『日本史研究』388、1994年)123…
CiNii 博士論文 - 親鸞思想の研究 : 唯識思想との関連性をめぐって https://t.co/U9NGUQ8e8p #CiNii 国会図書館デジタルコレクションにpdf形式で公開。 一行飛ばしで300ページ。平易で読みやすく、参考文献を広く採って、従来関連性が薄いとみなされてきた親鸞と唯識との整合性に焦点を当てている
『梵網経』註釈史の研究 李, 忠煥(2018) https://t.co/hKROQknhm3 国会図書館デジタルアーカイブにpdf形式で公開。 227ページに及ぶ力作
RT @washou3956: 引用は宇都宮啓吾「東寺観智院金剛蔵『天台血脈』について:付影印」(『大谷女子大学紀要』38、2004年、PDF公開)。https://t.co/ltd5ViirJr
CiNii 論文 -  天台止観から道元禅成立までの瞑想の意義 https://t.co/ae9EUIZKHv #CiNii <定印は左手の上に右手か、その逆か、座禅は閉目か開目か、吉祥座と降魔座の違い、の謎が解けました。天台小止観から道元禅までの変化とその理由を追った佳作
@washou3956 CiNii 論文 - 『覚禅鈔』「六字経法」について (特集・資料に向き合う) https://t.co/eGDjNNhADt #CiNii <こういう文献がありましたです!
RT @washou3956: CiNii 論文 -  ことばの研究余録 準仏教語の「師資」「入室」 (新年特集号 日本史のことば) https://t.co/tqVvLg8tob #CiNii
RT @dmatsui1217: 日本仏家人名辞書 https://t.co/DZY4Z4cR8i
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 菊地 大樹「近代の史料調査と大分の金石文」 史料館研究紀要 (24), 1-8, 2020-02 https://t.co/ZkCFPEgxef
CiNii 論文 -  持経者の原形と中世的展開 https://t.co/T6G52HyAb3 #CiNii
RT:日記(にき)が筆者の私的な事柄を多く含むのに対して、日鑑(にっかん)は後世の亀鑑とするべく公事を詳細に書き残した最重要記録文書のこと、らしい J-STAGE Articles - 翻刻された近世寺院日鑑の活用方法について https://t.co/EeS8X5msCQ
CiNii 論文 -  茨城県大洗町における「ガールズ&パンツァー」がもたらす社会的・経済的変化 : 曲がり松商店街と大貫商店街を事例に https://t.co/JJs6htAmcK #CiNii
RT @Naga_Kyoto: 益田 理広『唐宋易学における「地理」の語義の変遷』 地理空間 11(1), 19-46, 2018 https://t.co/y5xyywKxH2 「地理」の語義 (1)位置や現象の構造とする説 (2)認識上の区分に還元する説 (3)形而上の原…

3 0 0 0 OA 西洋百工新書

RT @NIJL_collectors: 生活の知恵(?)満載の国会デジコレ『西洋百工新書』5巻https://t.co/vSn2pmbrlO 各冊に目次もあって、便利です! 「天師栗[とちのみ]を以て哥喜[コーヒー]を製する法」https://t.co/3Vw31JglP6…

3 0 0 0 OA 西洋百工新書

RT @NIJL_collectors: 夏の室内を爽涼にする方法 「菩提樹、樺、柳又は其他の多液なる、樹木の枝を取り、新たに汲たる水を桶の中に満貯へ、右の樹枝を挿て室内に置ば、二三小時間に、此樹枝、桶の中の水を汲収尽し、再び樹枝より一層清冷なる水気を蒸発して、満室を爽涼ならし…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  鶴岡八幡宮における供僧の成立と役割 https://t.co/YZjkkfhHF5 #CiNii
CiNii 論文 - 近世真言宗の庶民教化:未来信仰 https://t.co/CaXIJGUsfJ #CiNii <これも近世における庶民教化のありよう…いわゆる「ゆゆしき学匠たち」のそれとは異なる…をよく掘り下げています
RT @washou3956: CiNii 論文 -  中世「名を籠める」文書論--宝珠院現蔵文書のなかの籠名札・調伏札の紹介 https://t.co/G3SxYbBtF0 #CiNii
RT @Hirabayashi76: 西行が行った「反魂の術」について、史学や民族学の観点から考察した論考 《「反魂の秘術」から「生活続命の法」へ》中村一基著 かなり面白いですぞ! 西行が勧進聖であった事〜高野山奥の院の納骨/舎利信仰〜平安貴族の間でよく知られていた「反魂香」〜…
RT @hakai_namagusa: 鈴木晋雄(雄太)「新義教学という伝統の創造 : 阿字本不生を中心として」『現代密教』29、2019(https://t.co/wq0Astlbs5) pdf→(https://t.co/zELEJdADLp) 新義教学の流れについて勉強に…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  室町期における「鎮護国家」の社会的展開--「洛中洛外」と鴨河原をめぐって https://t.co/t7lPyv1ymB #CiNii
これもあわせて読みたい。木幡観音寺の真空についても廻心真空(1204-1268)と同一人物と判明。真空は願行と親しく、真言と併せて中国宋代・霊芝元照の念仏を受容した泉涌寺経由の浄土教を学んだとか CiNii 論文 - 願行上人憲静の研究 (上) https://t.co/hJQCPFOKwF #CiNii
ビンゴでした。伊豆般若寺の宥祥の資・栄智房恵一(宥舜)が常陸国佐久山浄瑠璃光寺を開き、第二世上宥に宥尊、惠海、堯宥、上金の四上足あり。以下の135pに記述あり。 CiNii 論文 - 願行方法流の関東での広がり方について(智豊合同教学大会紀要) https://t.co/A7aoKpvZOq #CiNii
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS

7 0 0 0 OA 房玄について

RT @washou3956: PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 福江 充「越中立山と善光寺信仰-『三国名勝図絵』の記事の分析から-」 北陸大学紀要 (48), 65-75, 2020-03-31 名越朝時が出てきて不意を突かれました。 https://t.co/WOI…
RT @youkey_s: 日本中世思想史の大家大隅和雄さんの回想がPDFで読める。戦争体験や戦後の思想的・学問的遍歴が語られる。今年88歳だが、明晰に往時の事を語られている。「国史教科書の墨塗りがきっかけで、歴史学に関心を持っ」たという/ 大隅和雄「日本中世思想史への歩み」…
「志津のオンバサン」と聞いてどこかで聞いたような…と探してみたところ、遠野物語の「寒戸の婆」でした CiNii 論文 - 風の祭祀の展開と景観 https://t.co/CFdXTw2Nxr #CiNii
RT @washou3956: PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
RT @washou3956: メモ。安藤弥「「一向宗(衆)」考」(『眞宗研究:眞宗連合學會研究紀要』64、2020年1月)https://t.co/vRTDyf80Ek #こんな論文が出ていたようです
CiNii 論文 -  中世知多半島地域における真宗勢力の展開 https://t.co/83PHtGvc5W #CiNii
J-STAGE Articles - 『梵網経』における「自誓受戒」について https://t.co/wVu3sRuTgw
RT @washou3956: 山王礼拝講、天台座主をはじめ一山住職や、特に若手の住職が中心になり出仕する論義法要。論文として長谷川裕峰「山王礼拝講の成立に関する一考察」(『叡山学院研究紀要』35、2016年3月)などがある。https://t.co/5mWc5OwSY4
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 佐竹 真城「<資料紹介>称名寺聖教『往生礼讃光明抄』翻刻」 日本研究(60), 221-254, 2020-03-31 https://t.co/BkwoR5crGX
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 舘 隆志「新出史料『心根決疑章』の発見とその意義 : 達磨宗二祖仏地房覚晏の著述をめぐって」 印度學佛教學研究 68(2), 611-618, 2020-03 https://t.co/i6xb5iBDGT
CiNii 論文 -  七仏薬師法における奏楽 https://t.co/G7fivOmsHZ #CiNii <鳥谷部 輝彦/2009年。全18P。タイトルに奏楽とあるが、七仏薬師法の配置図など図解も興味深い
J-STAGE Articles - 紅頗梨色阿弥陀像をめぐって(3) : 道場観を中心に https://t.co/ypmeVqmBy8 <苫米地 誠一氏による。全27P. その1・2があると思われるが、残念ながらPDF形式では公開されていないようだ
J-STAGE Articles - 真宗教学史の転轍点 https://t.co/ig1FwL7gEh
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 長崎 陽子「東国における叡尊教団の影響 : 念仏の縁尽きた地と善鸞の呪符」 行信学報 (32), 93-108, 2019-11 https://t.co/YS4gvAVgQU
RT @washou3956: 同氏は、「『阿弥陀房抄』および延暦寺論義書の基礎研究:学僧ネットワークの系譜」(研究活動スタート支援、2017年~2019年)で同史料を分析していたので、その成果報告のひとつだと思われる。簡にして要を得たものが「KAKEN」にあるので、そちらも参…
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました 渡辺 真治「榛谷重朝の基礎的研究 : 『吾妻鏡』を中心に」 神奈川県立公文書館紀要 (7), 89-104, 2019-03 https://t.co/ikos4t3e7a
RT @BungakuReportRS: 松井 美樹 -  奈良・如意輪寺所蔵の蔵王権現立像厨子 ―扉絵の神像と賛詩に着目して― https://t.co/qaTS0bIviF
RT @BungakuReportRS: 大﨑 聡子 -  禅林寺蔵「山越阿弥陀図」研究 https://t.co/XcaqGcx3vH
CiNii 論文 -  『宝物集』薬師説話考 https://t.co/MeJ52WgnUq #CiNii
CiNii 論文 -  空海高宮入定説話関係資料について -その翻刻と紹介- https://t.co/rGMLmZW5KT #CiNii
CiNii 論文 -  『両宮本誓理趣摩訶衍』考 -中世神道論書研究 (一)- https://t.co/53i0kR6TSc #CiNii
CiNii 論文 -  寺院資料調査と文学研究 https://t.co/vblctDmO0C #CiNii 善通寺(香川県善通寺市)真言宗善通寺派 宝聚院(福島県いわき市)真言宗智山派 佛法紹隆寺(長野県諏訪市)真言宗智山派(旧・豊山派) 如来寺(福島県いわき市)浄土宗(旧・名越派) これら四箇寺の所蔵する聖教調査
CiNii 論文 -  いわきの寺院の聖教調査―地域の教養の拠点としての寺院の役割について― https://t.co/Nn8c1EUISk #CiNii 宝聚院・如来寺(共に福島県いわき市)の聖教悉皆調査について
RT @quiriu_pino: 片岡 耕平「日本中世後期の触穢と親子」 歴史評論 (785), 19-31, 2015-09 https://t.co/EQ1SDZ7qMW
RT @washou3956: CiNii 論文 -  南北朝・室町期の公武関係論と国家像の展望 (特集/南北朝・室町期の政治と国家) https://t.co/8S7Z0J886F #CiNii
RT @washou3956: CiNii 論文 -  書評 桃崎有一郎著『中世京都の空間構造と礼節体系』 https://t.co/S9l0y20kRD #CiNii
RT @washou3956: PDF公開。青木佑磨「淳和・嵯峨両天皇の「薄葬」からみる山陵衰退の画期」(『中京大学文学会論叢』6、2020年3月)「淳和・嵯峨の山陵認識と遺詔における山陵否定の意義を、使者発遣制度の変遷を中心に薄葬思想と絡めて検証していく」https://t.…
RT @washou3956: CiNii 論文 -  「モンゴル襲来」の授業を分析する : 「元寇」史観を乗り越えるために https://t.co/BEUKI6Ab0Q #CiNii
RT @washou3956: PDF公開。萩原義雄「観智院本『類聚名義抄』 和訓語彙から垣間見たことばの運行」(『駒澤日本文化』13、2019年12月)前提知識がないので難しいけど、八木書店から高精細原寸カラー版(https://t.co/czwvCMenST)が刊行された影…
RT @washou3956: メモ。湯浅吉美「東寺観智院金剛蔵『本朝真言附法血脈圖』(特4箱11号)の調査報告と翻刻」(『成田山仏教研究所紀要』43、2020年)内容未確認だけど、似たような名前の血脈図が多い気がするので、内容の異同を確認する必要がありそう。https://t…
RT @washou3956: PDF公開。菅野扶美「藤原広兼進納『菅家文草』と院政期北野天神信仰」(『共立女子短期大学文科紀要』63、2020年1月)藤原広兼の事跡および「菅家文草」などの書写過程を検討。奉納する際の祈念から院政期北野天神信仰を有り様を考える。https://…
RT @washou3956: PDF公開。蔦清行 「五山禅僧と医界:黄山谷の詩の抄物から」(『日本語・日本文化研究』29、大阪大学大学院言語文化研究科日本語・日本文化専攻、2019年12月)中世の民間医家である竹田家の活動について、五山関係史料から検討を加えていく。https…
RT @BungakuReportRS: ヴァラー モリー -  天龍寺における後醍醐天皇の供養とその政治的背景―夢窓疎石を中心に https://t.co/xwYAeGFnrm

お気に入り一覧(最新100件)

大桑斉(1992)による『近世初期民衆思想史研究』があり鈴木正三の『二人比丘尼』『念仏草紙』の検討がなされて内容が仄聞できる>https://t.co/Dh6qm2ho0A いづれも仮名法語であるが、現代語化されたものは加藤みち子による『鈴木正三著作集(1)(中公クラシックス/2015)』がある https://t.co/gRecAaFVx6
CiNii 論文 - 鈴木正三の合理的思惟による仏教理解 (石井富美子教授・山西哲郎教授退職記念号) https://t.co/qwshlOBoAE #CiNii
CiNii 論文 -  安土城における『天主指図』の宝塔と吹き抜けの存在の可能性 : 五重塔の造形と宣教師の記録からの試論 https://t.co/mPPUkN69LW #CiNii
#こんな論文がありました pdf公開。下総国寺院の室町期成立の縁起を検討。 野口 実「『笠森寺縁起』にみる平忠常と上総・千葉氏の記憶」 京都女子大学宗教・文化研究所研究紀要 (33), 1-26, 2020-03 https://t.co/WQDq2Df5et
PDF公開。平雅行「定豪とその弟子:鎌倉真言派の成立・展開」(『人間文化研究』45、京都先端科学大学、2020年11月)平氏の幕府仏教研究の新作!承久乱以前の定豪、次いで弟子の定清・定憲の活動実態を検討。朝廷―幕府間の関係の指摘など見所が多い。https://t.co/G3HOhAM09r #こんな論文がありました
CiNii 論文 -  太元帥法について (本多隆仁先生古稀記念 摩訶衍の世界) https://t.co/yiqsw8jcsZ #CiNii
CiNii 論文 -  インターネット時代の仏教史学 : 蔵俊編『注進法相宗章疏』の本文をめぐって (岡田素之教授 清水重夫教授 退職記念号) https://t.co/0avK55QyUP #CiNii
『地域寺院と資料学 : 地域アイデンティティーの確立へ』渡辺 匡一 https://t.co/IYArg9wZDG 中世文学研究は日本文化を解明できるか : 中世文学会創設50周年記念シンポジウム「中世文学研究の過去・現在・未来」の記録. 中世文学会編. 笠間書院, 2006, p. 54-70.
PDF公開。下野玲子「富岡重憲コレクションの別尊雑記断簡について」(『早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要』21、2020年3月)元亨元年4月に十無尽院本で交点、性然の署名、「高山寺」印を擦り消して「弘基」印など。東寺宝菩提院本残欠の可能性。https://t.co/oyJYGgQ89I #こんな論文がありました
#こんな論文がありました pdf公開。彫刻史の分野から、文献史料を再検討。 佐々木 あすか「仏師運慶建立の八条高倉地蔵十輪院の土地をめぐる史料の検討 : 地蔵十輪院の沿革を考察するための前提として」 駒澤大学文化 (38), 77-102, 2020-03 https://t.co/0kyN8jW3EG
CiNii 論文 - 無住と天台密教 : 『阿娑縛抄』と三河実相寺 https://t.co/e7HupAR8Sd #CiNii
CiNii 論文 - 唱導僧としての存覺 https://t.co/oMHq9RB1Ub #CiNii
メモ。寺尾英智「遠山因幡入道坐像について:戦国期鎌倉日蓮宗の檀越」(『法華文化研究』46、立正大学法華経文化研究所、2020年3月)https://t.co/cj6ADlMZYC #こんな論文が出ていたようです
CiNii 論文 -  阿弥陀如来像と真言密教 https://t.co/lw06rmR8PQ #CiNii 95年だが、全43ページ中12ページを注釈に費やす。現在は多少見解の変化があるだろうが、顕教浄土教・観経の記述に沿った阿弥陀如来立像以外は、三尊像・来迎像・山越図含め多くが密教浄土教由来と見る
#こんな論文がありました pdf公開。鎌倉末期の臨済僧による密教兼学。 亀山 隆彦「『纂元面授』と『灌頂秘口決』 : 日本密教史における癡兀大慧の位置」 真宗文化 : 真宗文化研究所年報 (28), 1-20, 2019-03 https://t.co/0Q9R8fQkms
渡辺麻里子[2014]「談義書・論義書における文体と表記」『日本文学』63 https://t.co/xKaqe3rixV 該当箇所は63頁上および注19。
この点、大谷由香「日本仏教における戒律の特異性」(『日本仏教学会年報』84、2019年8月)は示唆に富んでいて、破戒を日本仏教の「堕落」「敗北」の証と即断せず、経典を読み込んだうえで至った日本仏教の特質、当時の僧侶が苦心して得た成果とみるべきことを唱えている。https://t.co/ihkLq4LVbj
『バーフバリ』の暴れ象を“尊み”で止める最高のシーン、同型の話が『仏所行讃』にあり、しかもそれは古将棋の「酔象」駒の元ネタらしい 古作 登「平安時代の「酔象」駒発見から日本将棋の進化過程を推察する」 大阪商業大学アミューズメント産業研究所紀要 (16),2014 https://t.co/p2beZuWjor
#こんな論文がありました PDF公開。聖福寺像とは、神護寺蔵を「頼朝だ!」と認識したうえで元禄11年に制作された肖像らしい。 渡邊 雄二「神護寺蔵 武将像三幅について : 聖福寺像 源頼朝像からの考察」 九州産業大学芸術学会研究報告 (第51巻), 117-128, 2020-03-01 https://t.co/XxgEXYAjMV
#こんな論文がありました pdf公開 有賀夏紀「金剛寺蔵『龍王講式』の式文世界 : 釈論注釈と祈雨儀礼をめぐって」 人文 (18) 2020-03 ”『龍王講式』は、延慶三年(一三一〇)の「請雨」に際して金剛寺で書写された旨を記すことから、実際の祈雨儀礼と結びついたテキスト……” https://t.co/rXRKHX83ps
CiNii 論文 -  「蔭涼軒日録--室町禅林のその周辺」蔭木英雄 https://t.co/qOjMDslrqS #CiNii
参照されている論文はこちら。院政期から鎌倉前期までの「ン」は一筆書きで、鎌倉中期以降は現代と同じように二画で記すようになるらしい。東密の広沢流のヲコト点(円堂)だけは例外として院政期から二画の「ン」を使用しているとのこと。ほえほえ…。https://t.co/qMrsW16TX4
CiNii 論文 -  ことばの研究余録 準仏教語の「師資」「入室」 (新年特集号 日本史のことば) https://t.co/tqVvLg8tob #CiNii
PDF公開。田中徳定「釈迦像の日本的変容:唱導資料を中心として」(『駒澤國文』57、2020年2月) 仏法を説いた釈迦が、日本の追善供養においてどのように語られ、どう変容していったのか、願文・表白・説草などの唱導資料の記事から考察する試み。https://t.co/YXj1Lm56AH #こんな論文がありました

3 0 0 0 OA 西洋百工新書

生活の知恵(?)満載の国会デジコレ『西洋百工新書』5巻https://t.co/vSn2pmbrlO 各冊に目次もあって、便利です! 「天師栗[とちのみ]を以て哥喜[コーヒー]を製する法」https://t.co/3Vw31JglP6 https://t.co/3ZxvgqUYte

3 0 0 0 OA 西洋百工新書

夏の室内を爽涼にする方法 「菩提樹、樺、柳又は其他の多液なる、樹木の枝を取り、新たに汲たる水を桶の中に満貯へ、右の樹枝を挿て室内に置ば、二三小時間に、此樹枝、桶の中の水を汲収尽し、再び樹枝より一層清冷なる水気を蒸発して、満室を爽涼ならしむ。」『西洋百工新書』https://t.co/Uksdt6GOqM https://t.co/A3xoTTOOZA
西行が行った「反魂の術」について、史学や民族学の観点から考察した論考 《「反魂の秘術」から「生活続命の法」へ》中村一基著 かなり面白いですぞ! 西行が勧進聖であった事〜高野山奥の院の納骨/舎利信仰〜平安貴族の間でよく知られていた「反魂香」〜いわゆる立川流等々 https://t.co/BBEL4pBdjr https://t.co/Xmho4t3VDC
CiNii 論文 -  中世「名を籠める」文書論--宝珠院現蔵文書のなかの籠名札・調伏札の紹介 https://t.co/G3SxYbBtF0 #CiNii
CiNii 論文 -  室町期における「鎮護国家」の社会的展開--「洛中洛外」と鴨河原をめぐって https://t.co/t7lPyv1ymB #CiNii
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS

7 0 0 0 OA 房玄について

PDF公開。小木曽千代子「房玄について」(『中京大学文学部紀要』54-1、2019年12月)内容の紹介はリンク先を参照。https://t.co/iHN6v8Mn2X #こんな論文がありました https://t.co/vrRlG97tU1
PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。https://t.co/P3NmBjC0jN #こんな論文がありました
山王礼拝講、天台座主をはじめ一山住職や、特に若手の住職が中心になり出仕する論義法要。論文として長谷川裕峰「山王礼拝講の成立に関する一考察」(『叡山学院研究紀要』35、2016年3月)などがある。https://t.co/5mWc5OwSY4
#こんな論文が出ていたようです 舘 隆志「新出史料『心根決疑章』の発見とその意義 : 達磨宗二祖仏地房覚晏の著述をめぐって」 印度學佛教學研究 68(2), 611-618, 2020-03 https://t.co/i6xb5iBDGT
#こんな論文がありました pdf公開。 佐竹 真城「<資料紹介>称名寺聖教『往生礼讃光明抄』翻刻」 日本研究(60), 221-254, 2020-03-31 https://t.co/BkwoR5crGX
#こんな論文が出ていたようです 長崎 陽子「東国における叡尊教団の影響 : 念仏の縁尽きた地と善鸞の呪符」 行信学報 (32), 93-108, 2019-11 https://t.co/YS4gvAVgQU
#こんな論文がありました 渡辺 真治「榛谷重朝の基礎的研究 : 『吾妻鏡』を中心に」 神奈川県立公文書館紀要 (7), 89-104, 2019-03 https://t.co/ikos4t3e7a
松井 美樹 -  奈良・如意輪寺所蔵の蔵王権現立像厨子 ―扉絵の神像と賛詩に着目して― https://t.co/qaTS0bIviF
CiNii 論文 -  いわきの寺院の聖教調査―地域の教養の拠点としての寺院の役割について― https://t.co/Nn8c1EUISk #CiNii 宝聚院・如来寺(共に福島県いわき市)の聖教悉皆調査について
平野多恵「釈教歌の方法と文体」 源実朝の和歌について「法華懺法や密教修法との関わり」を指摘している。たしかに「大日の種子より出でて三昧耶形」なんかは密教修法だろうなと思う。 https://t.co/XEQDfcPAGw
PDF公開。青木佑磨「淳和・嵯峨両天皇の「薄葬」からみる山陵衰退の画期」(『中京大学文学会論叢』6、2020年3月)「淳和・嵯峨の山陵認識と遺詔における山陵否定の意義を、使者発遣制度の変遷を中心に薄葬思想と絡めて検証していく」https://t.co/e53lle9tkm #こんな論文がありました
PDF公開。萩原義雄「観智院本『類聚名義抄』 和訓語彙から垣間見たことばの運行」(『駒澤日本文化』13、2019年12月)前提知識がないので難しいけど、八木書店から高精細原寸カラー版(https://t.co/czwvCMenST)が刊行された影響はありそう。https://t.co/N2zJSOXGT6 #こんな論文がありました
PDF公開。菅野扶美「藤原広兼進納『菅家文草』と院政期北野天神信仰」(『共立女子短期大学文科紀要』63、2020年1月)藤原広兼の事跡および「菅家文草」などの書写過程を検討。奉納する際の祈念から院政期北野天神信仰を有り様を考える。https://t.co/DHRWLiw4tZ #こんな論文がありました
同氏は、「『阿弥陀房抄』および延暦寺論義書の基礎研究:学僧ネットワークの系譜」(研究活動スタート支援、2017年~2019年)で同史料を分析していたので、その成果報告のひとつだと思われる。簡にして要を得たものが「KAKEN」にあるので、そちらも参照のこと。https://t.co/qidTCYsNRj
『観心寺文書』 https://t.co/joTSPqWDFj 『金剛寺文書』 https://t.co/Ody2YNNu9K #在宅研究 #デジコレで中世史
『観心寺文書』 https://t.co/joTSPqWDFj 『金剛寺文書』 https://t.co/Ody2YNNu9K #在宅研究 #デジコレで中世史
ざっと検索したら、鳥谷部輝彦「七仏薬師法における奏楽」(『東京藝術大学音楽学部紀要』35、2009年、PDF公開)という論文を発見。未読だった。https://t.co/sKUwhDnVAn
PDF公開。『深浦円覚寺所蔵古典籍調査報告書第二集』(弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター深浦円覚寺古典籍保存調査プロジェクト、2020年2月)阿部泰郎「深浦円覚寺所蔵の中世真言聖教」は文観「御遺告秘決」の解題・翻刻を載せ、醍醐寺との関連を述べる。興味深い。https://t.co/pmAYo0Am03
智積院聖教については『智積院聖教における典籍・文書の基礎的研究』(平成20年度~平成22年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書、課題番号20320067、研究代表者宇都宮啓吾、2011年)に詳しいので、一読を推奨したい。https://t.co/G7G3iEydJf

5 0 0 0 OA 鎌倉仏教

PDF公開。永村眞「鎌倉仏教:密教「聖教」の視点から」(『智山学報』66、2017年)聖教を素材に、諸僧侶集団の修学活動から、鎌倉時代の仏教あるいは都市鎌倉の仏教の実態を考察。事例は真言密教が多い。個人的には氏が黒田俊雄の「顕密仏教」概念に言及しているのが興味深い。https://t.co/o0iDvamVXc
RTした報道、薩摩入来町という単語に反応した(笑)。治癒祈願儀礼である疱瘡踊りの研究は多いらしく、ググったら、たとえば高橋京子「疱瘡治癒祈願としての舞踊」(『スポーツ人類学研究』6、2004年、PDF公開)などがあった。入来町の事例にも言及している。https://t.co/SvhAkEYmfJ
PDF公開&メモ。清水克行「室町期畿内における町場の構造」(『比較都市史研究』30-2、2011年)副題にもあるように、「経覚私要鈔」に描かれた大和国古市郷の構造を検討。『経覚〈人物叢書〉』に参考文献として引用されていたもの。ネット公開していたのは知らなかった。https://t.co/XccxZOrDwj
こんな論文が出てたようです 渡邉 裕美子「宇都宮泰綱の和歌活動」 和歌文学研究 (119), 28-43, 2019-12 https://t.co/T38aNPoSIw
PDF公開。竹中友里代「石清水八幡宮神人家文書にみる連歌師紹巴と細川幽斎」(『京都府立大学学術報告.人文』71、2019年12月)旧石清水八幡宮寺神人の橋本家に伝わる連歌資料を、地域の歴史に位置付ける試み。https://t.co/dkEG0lBFew
PDF公開。平雅行「平泉惣別当に関する基礎的考察」(『人間文化研究』43、2019年11月)鎌倉時代の中尊寺・毛越寺について、①良禅・良信を平泉惣別当とする当否、②弘長2年4月1日座主下知状の史料的信憑性を検討。「私にとって本稿は、鎌倉真言派研究の一環である」(133頁)https://t.co/9vTln6utLy
PDF公開&メモ。佐野真人「『止由気宮儀式帳』校訂試案」(『皇學館大学研究開発推進センター紀要』3、2017年3月)同大附属図書館所蔵『外宮儀式帳』(黒瀬益弘)を底本、静嘉堂文庫所蔵谷川士清・士逸自筆書入本『内外太神宮儀式帳』や各刊本を対校に用いて新校訂を示す。https://t.co/bS7d91gibF
PDF公開&メモ。佐野真人「『皇太神宮儀式帳』校訂試案」(『皇學館大学研究開発推進センター紀要』2、2016年3月)同大附属図書館所蔵『荒木田久老校合内宮儀式帳』を底本、静嘉堂文庫所蔵谷川士清・士逸自筆書入本『内外太神宮儀式帳』や各刊本を対校に用いて新校訂を示す。https://t.co/wxbVnqqOxz
松村和歌子「中世春日社の社司と祈祷」(『国立歴史民俗博物館研究報告』142、2008年)は「春日社の宗教的分野での研究は、祭礼に集中しがちだが、祈祷や祓といった日常的な宗教活動こそ、宗教者と社会との関わりを考える上でむしろ重要だと考えられる」と述べる。なるほど。https://t.co/d9pW2mt2gP
PDF公開。間瀬久美子「近世後期の朝廷と幕府の災害祈禱」(『千葉経済論叢』61、2019年12月)天皇の宗教的機能を災害祈禱にしぼり、光格天皇の時代を中心に公武の災害祈禱に対する対処のありかたと特色を分析し、ひいては当該期の近世国家の変容過程における位置を探る試み。https://t.co/ZImwVToezD
渡辺麻里子「中世文学研究における寺院資料調査の可能性」(『中世文学』56、2011年、PDF公開)2010年に開催されたシンポジウムの講演録。あらためて読み直す。シンポから10年が過ぎて、寺院資料調査の環境がいかに進展したか。来月の日本宗教文献調査学の合同研究会が楽しみ。https://t.co/ho32oEgI2S
「後半部分では室町期荘園制を伝領論的観点から解明する必要性を主張し、若干具体的な作業結果も示した。こうした観点からの荘園制研究は、室町期の国家と鎌倉期のそれの連続性/非連続性をとらえるために必要な作業であり、今後実証研究を行いたいと考えている」https://t.co/qONIZm7YbO
引用は西谷功「『視覃雑記』著者「長典」と醍醐寺建久本『十巻抄』所持者「長典」」(『智山学報』64、2015年、PDF公開)88頁を参照のこと。また、同様の指摘として橋本初子「法会と法流からみた中世の僧数」(『日本史研究』388、1994年)123頁も参照のこと。https://t.co/VSwXF3mYzJ
PDF公開。永村眞「頼瑜法印と醍醐寺」(『智山学報』52、2003)「頼瑜法印が同寺報恩院における事相伝授を契機として如何にして教相の体系化を進めたのか、 さらに以後の醍醐寺と根来寺との関係に如何なる歴史的な役割を果たしたのかについて〔…〕検討を加えることにしたい」https://t.co/65KIbjZ4pp

14 0 0 0 OA 残されたる江戸

>RT 稲荷売りの行商形態もあったとは… 『残されたる江戸』(明44.5)https://t.co/qIa8fwrYaM https://t.co/xBrcCJSdrv
こんな論文が出ていたようです。 舘 隆志「称名寺所蔵(金沢文庫管理)『心根決疑章』翻刻 : 達磨宗新出史料の紹介」 東アジア仏教研究 (17), 162-134, 2019-05 https://t.co/uaAg6S8XKp

32 0 0 0 OA 偏類六書通 7巻

「辞書にない文字」で「秀吉への想い」との解説が入る。 気になって『偏類六書通』https://t.co/Vuk3mN5Uzr を見ると、「豊」の「古文奇字」として同じ字があった。 https://t.co/p3VJCUQouE
藤巻和宏「『宀一秘記』のゆくえ:『大和志料』編者の引用文献はなにか」(『渾沌:近畿大学大学院総合文化研究科紀要(Chaos)』16、2019年8月)謎の多い『宀一秘記』について、史料的分析から、同書を中世成立の一書として扱うことはできないのではないかという重要な指摘。https://t.co/iMyQtWT2cr
「いい風呂の日」ということで拙アカも便乗して、國原美佐子「15世紀の醍醐寺における洗浴について」(『東京女子大学紀要論集』48-2、1998年)を挙げたい。中世醍醐寺の「風呂」(一般的には蒸し風呂のことを指すが、満済は場合によって沐浴と混同している節がある)の専論。https://t.co/XgV6Blhuqf

6 0 0 0 OA 歴代大仏師譜

ほほう。安政三年に仏師の事まとめた本が出てるのか。。 本朝大仏師正統系図も載ってるし。仏師研究の端緒って、どの辺からなのだろうか。 https://t.co/nvUfXHLlFc
CiNii 論文 -  島津氏と禅宗寺院 : 室町時代を対象に https://t.co/viHW3u5kcw #CiNii
CiNii 論文 -  史料・神事にみる卜占の手法 : 考古資料との比較を中心に https://t.co/854fkHlOvp 亀卜が宮中と対馬、壱岐、伊豆で行われていた(いる)のに対して、鹿骨による卜占は東日本に多く分布。考古資料からは、獣骨による卜占がかなり発展した後に亀卜が導入されたことが判る、との話。

20 0 0 0 OA 資生堂図案集

『資生堂図案集』(大正14、資生堂意匠部) 国会デジコレhttps://t.co/hpVqywClcy https://t.co/exwSTrpbsR

11 0 0 0 OA 猫やなぎ

岡本綺堂「讀書雜感」https://t.co/aCjrADpL60 「何と云つても此頃は読書子に取つては恵まれた時代である。円本は勿論、改造文庫、岩波文庫、春陽堂文庫のたぐひ、廿銭か卅銭で自分の読みたい本が自由に読まれるといふのは、どう考へても有難いことである。」 国会デジコレ『猫やなぎ』(昭和9)所収 https://t.co/dhq8dHOtw3
中・下 https://t.co/tRcVXke5lj https://t.co/6495Nd4C2v
中・下 https://t.co/tRcVXke5lj https://t.co/6495Nd4C2v
「学問の道は抄出を宗となす」。『渓嵐拾葉集』や『行林抄』などの中世仏教の要文集(ぬきがき集)を模範として、著者が金沢文庫の史料から拾い集めた文句を集めたもの。 高橋 秀栄「平安・鎌倉仏教要文集-上-」 駒沢大学仏教学部研究紀要 (50), p192-222, 1992-03 https://t.co/YvRne1sgW0
引用は宇都宮啓吾「東寺観智院金剛蔵『天台血脈』について:付影印」(『大谷女子大学紀要』38、2004年、PDF公開)。https://t.co/ltd5ViirJr
CiNii 図書 - 『大般若波羅蜜多経』平安後期古書写経(久安-寿永) : 大本山護国寺蔵 https://t.co/ZtsTIN1DRs #CiNii

60 0 0 0 OA 白い子猫

中島菊夫(文・画)『白い子猫』(昭和17) 国会デジコレhttps://t.co/NlSVakXiVi 白猫家族との心温まる絵物語。絵も文も、とても良い。 例えば、衰弱する猫「シロ」のため、病院に行く場面 「イツチ ニツ イツチ ニツ といふかはりに シロツ シロツ シロツ と口の中でとなへながら走りました https://t.co/ggeiSm0lny
永井論文の前編にあたるのはコレかな? 知らなかった…。 永井 晋「中世都市鎌倉における密教の成立と展開」 神奈川県立博物館研究報告. 人文科学 = Bulletin of the Kanagawa Prefectural Museum. 神奈川県立歴史博物館 編 (44), 1-20, 2017 https://t.co/B6apPkpVcj
西山 克「鉄輪(かなわ)の恋 : あるいは生活雑器の歴史学」関西学院史学 (46), 37-62, 2019-03 退官した著者の論文。社会史のかをり…… https://t.co/JKUGTgGpUF
PDFあり。 ⇒永村 眞 「中世根来寺の法儀と聖教」 中世文学 63巻 (2018) https://t.co/wvmRS0B1LD
全文公開の博論をいくつか発見。高橋秀城『中世密教文学の研究』(https://t.co/qiGONkKvte)、廣瀬良文『中世禅宗の展開と相伝資料 : 特に曹洞宗の説話を中心として』(https://t.co/Yr5b94LpV0)、佐野真人『平安時代前期における儀礼整備史の基礎的研究』(https://t.co/EJtdzI6unq)。凄い…。
『園城寺を中心とする寺門派寺院中世史料集』(東京大学史料編纂所研究成果報告2018-2〔東京大学史料編纂所特定共同研究「寺門派寺院中世史料の調査・研究」報告書〕、2019年2月〔村井祐樹氏との共編著)ファッ!?巻末に園城寺中世文書総目録を収録…!?!?https://t.co/MApKoat2of #CiNii
「阿部泰郎教授 略歴・業績」 名古屋大学人文学研究論集,2,11-20 (2019-03-31) https://t.co/3fTcFV3aYf

59 0 0 0 OA かちかち山

昭和の絵本 かちかち山https://t.co/X4hpZMoJhb 褌からシッポ…これはこれでw (海では褌派) https://t.co/sl34M1jxmu
PDF公開。平雅行「鎌倉幕府の東国仏教政策」(『京都学園大学総合研究所所報』20、2019年3月)平先生による鎌倉幕府東国仏教政策論の中間報告(下書き)。末尾にある目標の完遂を願って止まない。https://t.co/3WP5CUg14f
東大寺~醍醐寺~石山寺で共通する『如意輪観音ネットワーク』みたいな感じで、かなり興味深い論文。私の関心のほぼど真ん中をつかれる内容で、仕事そっちのけで読みふけった。 https://t.co/K98cqU7jfa
RT:国会図書館デジタルコレクション『山崎弁栄(やまざきべんねい)聖人御遺文・摂化の巻』大正11年/全32ページ>https://t.co/cMab0spAbz https://t.co/YtpyKWhlq9
メモ。CiNii 博士論文 - 中世門跡社会の研究 https://t.co/Ave1ZNcAd9 #CiNii 序章(門跡の研究史と課題/天台座主の総合的分析)第一部 門跡の成立(梶井門跡の成立と発展/「脇門跡」と坊官家の形成)第二部 三門跡の成立と発展(梶井門跡と青蓮院門跡の闘争/「両門跡」から「三門跡」へ)(1/2)
山口 希世美 -  平安時代の女性の写経と結縁経――『久能寺経』研究の一環として――【平安時代の日記史料から女性の自筆写経の例を取り上げ、女性が漢字ばかりの経典を自筆で書写することは珍しいことではないことを論じる】 https://t.co/x8gA7KvaO8
南都は未翻刻史料が多くてこわいなあ(こなみ) 近年翻刻のコレもいい史料だった。 https://t.co/jQe87PiQt0
CiNii 論文 -  戦国期関東浄土宗教団の地域展開 : 下総・相模を中心として https://t.co/vpOt9p4vyD #CiNii
CiNii 論文 -  <史料紹介>叡山松禅院文書 https://t.co/hQKbo3BDDe #CiNii
刊本の問題点を指摘し、京都大学文学部所蔵本を用いて錯簡を正した、山岸公基「『寺門高僧記』巻四をめぐる問題:続群書類従本錯簡の訂正と所載の徳一関連記事の検討」(『高円史学』14、1998年、PDF公開)は、貴重な成果。https://t.co/bhTtVHvvuB
CiNii 論文 -  「中世仏堂」に於ける内陣・礼堂の性格:主として寺院法から見て https://t.co/76c0SuwSEz #CiNii
CiNii 論文 -  仏像光背の研究: 飛天光背と板光背の変遷についての考察 https://t.co/OaacW0eFNs #CiNii
白川 琢磨『顕密のハビトゥス : 神仏習合の宗教人類学的研究』 九州大学 , 博士(人間環境学) , 乙第08705号 , 2018-03-20 https://t.co/ZInXAcsXTY 九大リポジトリで全文公開。序文に自分の詠歌がある博論は初めてみたな…

フォロー(46ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院) (85), 74-56, 2020-10-31 https://t.co/lIeSpuzJDW
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
先ほどリンクでご紹介した、佐原真さんの石井進さんを送る言葉、PDFがうまく表示されないことがあるようで、その場合は、下記の歴博佐倉のリポジトリをご利用ください。他にも、過去の研究報告収載記事がだいたい見られます。 https://t.co/A9duuSHcPU
CiNii 論文 -  南北朝・室町期における五山派禅院の修造財源: 将軍権力と関連して https://t.co/ytcaOl6dWy #CiNii
CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
【お知らせ】関野樹教授が「じんもんこん2020」にて行ったポスター発表「HuTime を使った年表・時系列グラフの共有」が、この度じんもんこん2020最優秀論文賞を受賞しましたhttps://t.co/8CGda6Hisd 論文は情報処理学会電子図書館サイトで閲覧できます(2021年12月5日まで有料)https://t.co/vfBWZRqba6
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
#こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F

フォロワー(51ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

#こんな論文がありました pdf公開。嵯峨天皇の子で文章生になるも、性格的にあんまり出世しなかった源寛(ひろし)さんの一生。 江渡 俊裕「一世源氏の経済事情にみる天皇との関係性について : 源寛を主たる例として」 大学院紀要(法政大学大学院) (85), 74-56, 2020-10-31 https://t.co/lIeSpuzJDW
RT @NahokoTokuyama: 絶対何かありそうだったけど、ミネラルも別に他のとこより高いわけでもなく、「誰かが食べたとこから食べたい」ということから「土はここから食べる」という習慣が始まったようでした。https://t.co/3UlPFnEsIo そういうこともある…
CiNii 論文 -  南北朝・室町期における五山派禅院の修造財源: 将軍権力と関連して https://t.co/ytcaOl6dWy #CiNii
CiNii 論文 -  平安・鎌倉時代貴族住宅の末尾語「殿」の意味変化について:日中における建築用語の比較と変遷に関する研究 https://t.co/DISga2kydA #CiNii
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F
#こんな論文が出ていたようです 山野 龍太郎「野与党大蔵氏の一族分業」埼玉史談 64(3), 13-21, 2019-01 https://t.co/6asA61mX3F