賀茂T (@radical_psyche)

投稿一覧(最新100件)

@UON1204 とりあえず、時間あるときに用語を遡って捻り出しましょ。意外と地学系の事典とかに具体例が豊富かもしれないですし。 高校地理教科書の 「造山帯」 を改訂するための提案(https://t.co/m58i8g7bWA)
@UON1204 あやねさん! いちどこちらの論文を読んでみてください。 https://t.co/oFKO82V2ew 著者は、私がムリヤリ入れていただいたゼミの先生です(笑)
安藤大将『スカートをはいた少年』 https://t.co/KV38dCn66A(版元ページなし) ある男性が、ほんらいの自分としての姿を社会にカムアウトして、アラフォーにして新たな生活を手にいれた。当事者の回想による、他を生きることの過酷な困難性と解放の障壁の高さが生々しい。

お気に入り一覧(最新100件)

18 0 0 0 OA 箋注倭名類聚抄

@JUMANJIKYO 狩谷棭斎の箋注倭名類聚抄の「浴斛」「由布禰」で「尼證摂状云2湯舩1即是」と言っているのが《東南院文書3-41ー101》ですね。平安遺文「尼證摂施入状」 https://t.co/EsteSXuGkT
大学院に入ってすぐ、先行研究のまとめ方(の一つ)を教わった論文。膨大な先行研究を整理して「流れ」を作り出す過程を、ゼミで直接ご本人から学べたのも大きかった。 ▼安藤りか(2011)「キャリアモデルの発展と転職観の変化」『キャリアデザイン研究』第7巻, pp.199-212. https://t.co/bHHkSk0CC1
今話題の文科の方の、およそ2年前のペーパーがこちら。 https://t.co/hOPYRPbl69
【ご報告②】論文が出ました。 野村駿・太田知彩・上地香杜・加藤一晃・内田良,2019,「なぜ部活動指導は過熱するのか? : 過去の部活動経験との関連から」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学』65(2),pp.109-121.https://t.co/F6L0SjfUYO
【ご報告①】論文が出ました。 上地香杜・加藤一晃・野村駿・太田知彩・内田良,2019,「教員の働き方に関する教員の家族の影響 : ジェンダー差に着目して」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学』65(2),pp.97-107.https://t.co/pJJrM8Xl1V

フォロー(543ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @soe_nagoya: 【ご報告①】論文が出ました。 太田知彩・上地香杜・加藤一晃・野村 駿・内田良,2020,「中学校部活動における過熱の実態と教員の意識 : 学校規模に着目して」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学』66(2), pp. 211-21…
RT @soe_nagoya: 【ご報告②】論文が出ました。 加藤一晃・野村駿・太田知彩・上地香杜・内田良, 2020, 「初心者の部活動,経験者の部活動 : 小学校段階からの競技者養成拡大は何をもたらしたのか」『名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 教育科学』66(2),…
RT @soe_nagoya: 【ご報告③】教育科学専攻の発行する雑誌『教育論叢』63号に、教育社会学領域からM1(執筆当時)の2名が執筆しました。 澤田涼「日本のピア・サポート研究の展望」https://t.co/URLIM8LIW4 島袋海理「クィア理論の制度化・規範化…
RT @soe_nagoya: 【ご報告③】教育科学専攻の発行する雑誌『教育論叢』63号に、教育社会学領域からM1(執筆当時)の2名が執筆しました。 澤田涼「日本のピア・サポート研究の展望」https://t.co/URLIM8LIW4 島袋海理「クィア理論の制度化・規範化…
この戸田有一という人、アンガーマネジメントで論文書いているぞ。すごいな。 https://t.co/vlb7STkmJU 世の中、恋愛指南の本を売りまくっている人はフラれてばっかりだったり、ジェンダーなんたら系のセンセイがセクハラでつかまったり、経済学の人が貧乏だったり・・・面白いものだ。 https://t.co/CRFnOZEItB
@isnki 『教育心理学年報』という学会誌で、気に食わない特定個人(わ た し)に対して、(目黒区の高橋秀一副校長https://t.co/8E6GX97iCTのような)ヤクザ風の威嚇コミュニケーションをしてくる人もいます。https://t.co/BsJQlfX5hf これを見つけたときは、さすがにおなかがよじれるほど笑いました。

フォロワー(1031ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)