INOHARA Tohru (@tukinoha2)

投稿一覧(最新100件)

RT @shoemaker_levy: このようにコレラ流行への対応に近世と近代の連続性を見いだした議論は、他に二谷(2009)がある。二谷はコレラ流行時に近世以来の地域有力者(ここでは北前船の船主)がどのように防疫情報を集め、対策に奔走したかを明らかにし、そこに近世との連続性…
福田徳三の大学図書館観に関する論文を読んだのだけど、震災と知識人、福田徳三の生存権論、図書館の意義と色々な問題が上手く繋がっていて面白かった。https://t.co/9EuGEEIRKQ

28 0 0 0 OA 優等学生勉強法

RT @Yu_guitarlaw: 法学者と法学部卒業生が勉強方法や読書などについて書いた『優等学生勉強法』(明治44年、実業之日本社)という本があるのですが、なかなか興味深かった。 https://t.co/xHp4fbNaNB
今期の授業で日本の近代科学史の話をするのだが、その枕に「皇室と科学研究」の話をしようとあれこれ調べていたら、政治・実業界のリーダー層の科学知識の乏しさを嘆き「いま日本社会の科学リテラシー向上の頼みは天皇陛下だけである」という文章に行き当たった。うーむ。https://t.co/8ErFFRAG9u
RT @SendaiHisCafe: FGO勢の目に止まったら嬉しい。歴史との向き合いかたについての名文。松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」 立教大学学術リポジトリ https://t.co/8CUxpRRSbO
嵐ほど多くの論文に登場したアイドルも少ないのでは。「嵐 アイドル」で検索すると結構すごい論文が出てくる。 https://t.co/Jt00vsoe9w
唐権「中国の日本研究叢書ブーム」 https://t.co/L0ljBjERc8 近年、中国で日本に関する大型の叢書が次々と刊行されており、売れ行きも好調だとのこと。日本における中国史研究の蓄積についても理解が進んできている、と。景気のいい話だ。
戦時下に陸軍中野学校や登戸研究所の設立にかかわった岩畔豪雄が、戦後は京都産業大学の創立に関ったという話は以前から知っていたのだが、創立準備において具体的にどのような活動をしたのかを明らかにした論文があり、大変興味深く読んだ。https://t.co/OHquUofhfB
@akisumitomo 『歴史評論』の今年の5月号です。ciniiを見て「おやっ」と思い現物を見たら、やはり間違っていました。 https://t.co/X7cEQQgU6B
“水谷三公『日本の近代13 官僚の風貌』” https://t.co/Leup3ZkH4T
RT @codesowhat: @camomille0206 うーん。三上参次の方も取り上げらるべきだったかと。https://t.co/uWMP955k4J現在の史学史研究の水準はこちらで。
RT @NIJL_collectors: 活版屋「まだ原稿は揃ひませんか」 小僧「校正はまだですか」 本屋「新板は何が出来ますか」 諸職工「みんな手を明て待ってをり升が」 社員「でも御座いませうが□(此?)通り責て来てこまり升からお早く願ひ升」 (『寓意諷諫当世滑稽文章』口絵h…
RT @nekonoizumi: PDF出てた 「学生さんのお勧めは「フェイト(Fate Grand Order)」というやつです。これも運命か、仕方ないのでわたしもやってみました。」 ⇒松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」『史苑』77-2(2017) https…
“CiNii 論文 -  日本法史のなかのことば : 概念史の試みに向けた断章・「支配」・「領」・「請負」 (小野教授退職記念号)” https://t.co/p8rWA7M4bY
ポスドク問題に関心のあるすべての人に読んでもらいたいのは、円上塔のこのエッセイ。https://t.co/hg1yvjk6XA ちなみにこのエッセイが掲載された『日本物理学会誌』の編集後記がまた傑作(ブラックユーモア的な意味で)なのだが、それについては略。

142 0 0 0 童貞の機関車

ちょっと話題になっていた『童貞の機関車』なる本、近デジで目次だけは見られるのだが、どういう内容なのかますますわからなくなった。https://t.co/GmPpj7VnnJ
「満洲国 文教部社会教育課で映画教育に携わり、やがて満洲映画協会入 りを果たした後も巡回映写に力を入れた」「東横映画(のちの東映映画)が満洲人脈によって成立した経緯はよく知られているが、赤川孝一も東映の16ミリ映画部(教育映画部)」https://t.co/kAC2iL6LQn

1 0 0 0 OA 科学概論

平林初之輔の『科学概論』は良い本だ。https://t.co/m2C4wsbzMs
“CiNii 論文 -  アインシュタインと石原純 (特集 一般相対論100年 : 宇宙を駆けめぐる贈り物)” https://t.co/CJtja7bPgR
“公議輿論と討論のあいだ -福沢諭吉の初期議会政観-” http://t.co/tU6Yh5x0bu
“CiNii 論文 -  福田徳三とその「著作集」の刊行に向けて” http://t.co/MmrfxyZvPy
RT @ryusukematsuo: 西沢保 [2015] 「福田徳三とその「著作集」の刊行に向けて」『一橋大学創立150年史準備室ニューズレター』1: 10-20 http://t.co/FecqqtkfKW
RT @hmax110: 【PDF公開】伊藤秀樹,2015,「“非主流”の後期中等教育機関を概観する――生徒層・カリキュラム・進路」『東京大学大学院教育学研究科紀要』54,551-563. http://t.co/pGHmKMaZck
RT @ynabe39: この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ
RT @jimbunshoin: 「ソシオロジ」58号に掲載された、野上元さんによる『核エネルギー言説の戦後史1945-1960』(山本昭宏著)の書評が公開されました。https://t.co/mpCvVddLGG
@akisumitomo いや、私も全然わかりません(笑)ただ、平和ミュージアムの閲覧室に詳細な目録があるので、現地にいけばそれほど不自由はしないはずです。http://t.co/oEZX0KzkLL
立花昭氏に関する本が立命の図書館にあることを今知った。http://t.co/oEZX0KzkLL
“CiNii 論文 -  〈日本人ならざる者〉という葛藤--大逆事件前後の佐藤春夫 (特集 大逆事件処刑100年)” http://t.co/zQ2YlhuiSG
“International Research Center for Japanese Studies Repository: 和辻哲郎の哲学観、生命観、芸術館 : 『ニイチェ研究』をめぐって” http://t.co/1R4a9fZv9X
大阪国防館(遊就館の大阪分館みたいな存在)について http://t.co/fWK4Pu5tdR
“CiNii 論文 -  日本の初期憲法思想における法実証主義と進化論” http://t.co/isnTk5hOFy
林先生は米軍の性犯罪についても論じている。こちらを参照。http://t.co/lsW578s6gS / “第2次大戦中「慰安婦」制度があったのは日本とナチスドイツだけ-侵略軍と「慰安婦」制度との密接な関係(井上伸) - 個人 -…” http://t.co/OqsjCgWLjy
あとで。 / “CiNii 論文 -  池田菊苗の「唯エネルギー論」再考” http://t.co/Hq6bTJyZpH
RT @medicineman: “CiNii 論文 -  <社会>の発見は文壇に何をもたらしたか : 一九二〇年の「文芸の社会化」論議と<人格主義的パラダイム>の行末” http://t.co/LvirJRWcDc
“奥村 隆(2002)「社会を剥ぎ取られた地点:「無媒介性の夢」をめぐるノート」(社会学評論 52-4) - J-STAGE” http://t.co/afL4Ep0VDD
“CiNii 論文 -  犯罪学の再定位 : フーコーと犯罪学の「おしゃべり」” http://t.co/Um37jIp3Dw
70年代の犯罪学者はフーコーをどう読んだか。 / “CiNii 論文 -  フ-コ-「監視と懲罰」(Michel Foucault;Surveiller et Punir-Naissance de la Prison,1975)” http://t.co/dqlr6CQEcg
“CiNii 論文 -  精神病質概念の歴史的生成とその解体 (第69回日本精神神経学会総会特集-3-戦後日本の精神医療・医学の反省と再検討今後の展望をひらくために) -- (いわゆる精神病質について(” http://t.co/YzdwAoqGQR
RT @hajime_sebata: こういったことを調べているときにこんな本を見つけた。 藤原彰, 雨宮昭一編『現代史と「国家秘密法」』未来社, 1985。現代史サマーセミナーがきっかけで日本現代史研究会の有志で議論して作られた本だと書かれていた。ししょーも絡んでた。 htt…
RT @hajime_sebata: 教えてもらった。国会図書館の方が調査したもの。あとで読む。「諸外国における国家秘密の指定と解除 ―特定秘密保護法案をめぐって― 」 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 806(2013.10.31.)http://t.co…
誰か読んでください。 / “CiNii 論文 -  interview 北芝健 犯罪学者 「脳のきれいな母親」が社会を正すキーワード” http://t.co/SR909DeFZT
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 田中正造研究--直訴にみる政治システム認識と天皇観(小西 徳應),1999 http://t.co/aJ2HafCy5q
RT @doukana: なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK
“CiNii 論文 -  教室レポート 大学史学科からの高大連携 (日本史の研究(227))” http://t.co/LVBGZ7SdZt

1 0 0 0 風景の終り

『思想』に載ってた「風景の終わり」の人か。http://t.co/1dLiMFSvl2 これは面白い論文だった。
“わが国が未批准の国際条約一覧 2013年1月現在 基本情報シリーズ(14) (PDF file 1,998KB)” http://t.co/mbrRQGZSxS
“CiNii 論文 -  言説としての社会的なもの--ラクラウ/ムフの言説理論を中心に” http://t.co/O39dWhYPNB

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(195ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @AmberFeb201: さいきん高田里惠子の文章がオープンアクセスでわりと読めると気付き読んでんですけど、これなんか非常におもしろかったです CiNii 論文 -  教授と遊民:――「文科」のためだけの漱石―― https://t.co/6CvoiKJUMt
で、書いてもらった。CiNii 論文 -  書評 松沢裕作著『明治地方自治体制の起源 : 近世社会の危機と制度変容』 https://t.co/IWvVmNLjpe #CiNii
こんなん書いたなあ。そういえば。CiNii 論文 -  書評と紹介 吉村豊雄・三澤純・稲葉継陽編『熊本藩の地域社会と行政--近代社会形成の起点』 https://t.co/LmIC7cmW5u #CiNii
RT @BungakuReportRS: 板坂 則子 - 曲亭馬琴の短編合巻(十七)『代夜待白女辻占』(下冊) https://t.co/Y2acJeinON
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
これかな。 松澤孝明(2013)「わが国における研究不正 公開情報に基づくマクロ分析(1)」 https://t.co/3JDtVmkrsD
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
CiNii 論文 -  「名人芸」からの脱却を : 総特集「地域研究方法論」を読んで (『地域研究』一二巻二号 特集へのコメント) https://t.co/Dc7vzIpm0u #CiNii
RT @sr_ktd: CiNii 論文 - 時間と他者 : レヴィナスと波多野の比較考察 <日本宗教学会第65回学術大会企画報告 : 「他性と媒介 : 京都学派とフランス哲学」> https://t.co/RXV3GDZ5uH #CiNii
RT @monogragh: 「~の可能性が強い」という表現に目にして、可能性とは強弱の尺度を持つのか?高い低いでは?とモヤモヤきていたところ、用例を調べた地道な研究があった。 「可能性が高い/大きい/強い」に使い分けはあるか https://t.co/wJfMPPZckp
あと、山県有朋に関してはストレートに「山県有朋とその館」という論文も。 PDFあり。 佐藤信「山県有朋とその館」 『日本研究』51 (2015) https://t.co/sRlYkHGpKn
長岡新吉 「プチ・帝国主義」論争について (鎌田正三教授退官記念号) https://t.co/akjdvfbrGn #CiNii
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @FakePearl_inst: 國松 淳和, 機能性高体温症の臨床, 心身医学, 2020, 60巻, 3号, p.227-233 https://t.co/XHa1mZQtIb
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
PDFあり。 ⇒金博男 「清末における「日曜日」の受容」 『時間学研究』10巻(2019) https://t.co/eiAgY0KxAW
RT @BungakuReportRS: 金 博男 - 清末における「日曜日」の受容 https://t.co/tzTdEoF8GP
RT @BungakuReportRS: 法月 敏彦 -  忘れえぬ演劇研究者 ―関根只誠―【それは、誤解され易い言葉であろうが「珍書蒐集」ということである】 https://t.co/KQ1G6jyOLf
RT @BungakuReportRS: 岩坪 健 -  狩野典信原画・橋本栄保模写「源氏物語絵巻」須磨・明石の巻(丹波篠山市立歴史美術館蔵)の紹介 : 土佐光貞「源氏物語須磨図絵巻」(ハーバード大学美術館蔵)と住吉廣行「源氏物語須磨巻絵巻」(斎宮歴史博物館蔵)との関わり ht…
RT @BungakuReportRS: 中川 美和 -  天理図書館蔵『古今和歌集』の表記について : 非語頭の<いーひーゐ><えーへーゑ>のかなづかいを中心に https://t.co/L4zqbvR47c
PDFあり。 ⇒富中佑輔 「山岳〈ジュニア小説〉と山岳〈幻想SF〉の対立 : 戦後期「第二次登山ブーム」、佐伯千秋、夢枕獏」 『愛知淑徳大学国語国文』43 (2020-3) https://t.co/vDRaRuNP9k
RT @BungakuReportRS: 吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
RT @BungakuReportRS: 浅見 吏郎 -  万葉集を歌う : 『万葉の歌音楽祭』参加の集約 https://t.co/kj3rnOuuEk
RT @yusaku_matsu: 私の知ってるのだとこちらなどの研究とか。渡邊隼「日本社会におけるコミュニティ問題の形成過程 : 国民生活審議会『コミュニティ』報告書を事例として」https://t.co/u4ueHjH9W1
私の知ってるのだとこちらなどの研究とか。渡邊隼「日本社会におけるコミュニティ問題の形成過程 : 国民生活審議会『コミュニティ』報告書を事例として」https://t.co/u4ueHjH9W1
前川玲子 書評「秋元秀紀著『ニューヨーク知識人の源流-1930年代の政治と文学』, 彩流社, 2001年, 422pp.」(2003) https://t.co/cf0Zh4q48W
CiNii 論文 -  別府温泉郷における地獄の観光開発と地獄組合 https://t.co/O7Bi8NdJ0B
RT @MValdegamas: 及川智洋「沖縄振興体制の政治史―山中貞則と『償いの心』」 『法學志林』117(2), 35-70, 2020-03 https://t.co/fTa4qqrAcP オッ
RT @quiriu_pino: #こんな論文がありました pdf公開。 深見 聡、坂井 伸子「『十六夜日記』の地名詠―「路次の記」を中心に―」 ”これまで注目されてこなかった地名詠にも、阿仏尼の心情や歌道家としての技能、当時の東海道の最新の様子などが盛り込まれていることがわか…
及川智洋「沖縄振興体制の政治史―山中貞則と『償いの心』」 『法學志林』117(2), 35-70, 2020-03 https://t.co/fTa4qqrAcP オッ
次。 小宮友根「構築主義と概念分析の社会学」 社会学評論68(1)、2017年 https://t.co/ZOIw5WFNVq
鈴木晋雄(雄太)「新義教学という伝統の創造 : 阿字本不生を中心として」『現代密教』29、2019(https://t.co/wq0Astlbs5) pdf→(https://t.co/zELEJdADLp) 新義教学の流れについて勉強になった。
@yusuke_suzumura そのご翻訳は知りませんでした。こちらでしょうか。カレン・バラドも言及されているのですね。興味深いです。 https://t.co/5gtlV9HDny
PDFあり。 ⇒伊藤 宏二 「ヨハネス・ブルクハルト著『三十年戦争』(1992 年)翻訳(2)」 『静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇』70 (2019-12) https://t.co/0kymnW5t5O
PDFあり。 ⇒石田隆太 「ジョン・ペッカム『世界の永遠性に関する問題集』第一 問題 試訳」 『古典古代学』12 (2020-3) https://t.co/NKkjY5JNUj
辰巳智行/中澤高師「原発再稼働をめぐる〈地元合意〉についての首長の認識と態度――浜岡原子力発電所の再稼働に関する首長アンケート調査から」『静岡大学情報学研究』25号,1-13頁,2020年3月 https://t.co/OkRs8UnthK
保高徹生「福島の環境回復活動における環境学・リスク学の役割――除染,減容化,再生利用の視点から,何をすべきだったか,今後何をすべきか」『日本リスク研究学会誌』29巻3号,171-175頁,2020年 https://t.co/KgYUGA24Wa
横山実紀/大沼進/近藤由基「除去土壌再生利用は全国で広く負担を分担することが社会的受容を高める」『環境心理学研究』8巻1号,37-37頁,2020年 https://t.co/OhxVpAOnnf
◆新名隆志「「すべての価値の価値転換」に合理的根拠はないのか:ブライアン・ライターのニーチェ解釈の批判」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 (70), 11-22, 2019-03-11 https://t.co/3FtC4UGwJB
◆新名隆志「ニーチェの虚構主義的解釈の検討」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 69, 11-26, 2017 https://t.co/NJ0xSpz6fA
◆新名隆志「Bernard Reginsterのニーチェ解釈に対する批判的検討」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 65, 1-21, 2013 https://t.co/AFlDjuSfVf
RT @nonstopmasashit: こちらの博士論文にて、デカルトの"conscientia"と"experientia"の関連性について第3章で指摘していて、非常に有益というかありがたい論文だ。|田村歩『デカルト哲学における「経験」の機能に関する哲学史的研究』 http…

フォロワー(371ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @AmberFeb201: さいきん高田里惠子の文章がオープンアクセスでわりと読めると気付き読んでんですけど、これなんか非常におもしろかったです CiNii 論文 -  教授と遊民:――「文科」のためだけの漱石―― https://t.co/6CvoiKJUMt
RT @hi_kashi: この論文の続きとも言える『史学雑誌』の論文はWebで読めるのでした。紹介するの忘れてた… https://t.co/6VIVH2KvfV
RT @hi_kashi: 久しぶりに小野沢さんの『歴史学研究』のこの論文を論文演習で読んだのですが、おもしろかった。学生さんもいろいろと考えてくれたよう。しかしこの論文、25年も前のものなんですね。 CiNii 論文 -  大正デモクラシ-期の廃娼運動の論理--長野県を中心と…
三間英樹「「空耳アワー」にみる音の類似と弁別素性」(『神戸市外国語大学外国学研究』87、2015) https://t.co/1JsHBq3Ks1 #こんな論文がでていたようです 未読です。
RT @murashinn: @erickqchan 「作業的公正(Occupational Justice)」ということを知っているからなのか、JGPの考え方に個人的に共感するところが大きい。 作業:人々が個人として行う日常生活の活動のことを指し、これは家族の中や地域と共に…
これかな。 松澤孝明(2013)「わが国における研究不正 公開情報に基づくマクロ分析(1)」 https://t.co/3JDtVmkrsD
RT @yishii_0207: 1倍速,1.5倍速,2倍速の速度が異なる映像コンテンツの理解度テストの分析結果から,提示速度の相違は,学習効果に影響を与えず,質問紙調査からは,学習に適した提示速度として,1.5倍速が最も支持されているという研究。 映像コンテンツの高速提示に…
紙谷雅子「「全国的な」差止命令の射程」学習院法務研究14号(2020年2月)15頁以下。 https://t.co/y6G3IYRMs3
PDF公開&メモ。澤田善明「戦国期の東大寺大仏殿再興:永禄11年を中心として」(『駒沢史学』65、2005年7月)しまった。未読だったけど、これはかなり大事なのでは…。https://t.co/hdWAqNk5Kz
メモ。『前近代ユーラシア西部における貨幣と流通システムの構造と展開』(2020年2月)。櫻木晋一「ケンブリッジ大学フィッツウイリアム博物館所蔵の朝鮮貨幣」など。科研報告書だと思われるが、こちらも目次・他執筆者は不明。追跡調査すべし。https://t.co/k8fC5uS1Fk #こんな論文が出ていたようです
RT @nknatane: 岩永紘和「史料紹介 興禅寺蔵「南豊大和尚遷化之際書簡集」」(『飯田市美術博物館研究紀要』30、2020)。妙心寺派寺院所蔵文書の紹介で、戦国期の禅僧の書状が中心。美濃をはじめ広範な交流がうかがえるようだ。斎藤義龍や武田信玄・勝頼に関するものも。PDF…
メモ。安藤弥「「一向宗(衆)」考」(『眞宗研究:眞宗連合學會研究紀要』64、2020年1月)https://t.co/vRTDyf80Ek #こんな論文が出ていたようです
メモ。小此木敏明「立正大学古書資料館所蔵『今川家集』再考:冷泉為広、『和歌駿河草』との関連を中心に」(『立正大学國語國文』58、2019年)https://t.co/IX2H25dtJY #こんな論文が出ていたようです
PDF公開。佐々木文昭「関東新制補考」(『北海道武蔵女子短期大学紀要』52、2020年3月)鎌倉幕府の政策決定過程における「意見(状)」に着目。そこで得られた知見を基に関東新制の制定作業を再検討し、従来の自説を修正する。近年の研究も多く参照。https://t.co/P3NmBjC0jN #こんな論文がありました
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @FakePearl_inst: 國松 淳和, 機能性高体温症の臨床, 心身医学, 2020, 60巻, 3号, p.227-233 https://t.co/XHa1mZQtIb
RT @hotaka_tsukada: こ、これは、スゴイ論文を見つけてしまったかもしれない…。 >山内友三郎 2019「地球を救う人類哲学の黎明 : 梅原猛の「森の思想」と加瀬英明の「発信する会」」 https://t.co/x1ibGpM3aw
RT @chiisagosha: 昨年6月の公開講演会「日本中世の「地下」社会―薗部寿樹の文書論と春田直紀の生業論から考える―」の報告が立教大学学術リポジトリで公開されています。 佐藤雄基「趣旨説明 付・報告要旨」、冨善 一敏「薗部寿樹『日本中世村落文書の研究 : 村落定書と署…
RT @yusaku_matsu: 私の知ってるのだとこちらなどの研究とか。渡邊隼「日本社会におけるコミュニティ問題の形成過程 : 国民生活審議会『コミュニティ』報告書を事例として」https://t.co/u4ueHjH9W1
RT @BungakuReportRS: 吉田 卓爾 -  十五世紀の将軍家及び寺家における宋・元・明絵画受容に関する予備的考察 : 『蔭凉軒日録』に記される相国寺伝来の絵画を中心に https://t.co/QgBFKfHKpS
前川玲子 書評「秋元秀紀著『ニューヨーク知識人の源流-1930年代の政治と文学』, 彩流社, 2001年, 422pp.」(2003) https://t.co/cf0Zh4q48W
鈴木芳道「鎌倉時代の公武婚」(『鷹陵史学』30、2004年9月、PDF公開)より。 https://t.co/eETJ4J9keX https://t.co/Dp3V3JQyh8
CiNii 論文 -  『栄花物語』の叙述方法 : 道長政権成立までの道筋 https://t.co/YqY27ARlz2 #CiNii
CiNii 論文 -  戦国期常陸国江戸氏領絹衣相論に窺う都鄙間権威・権力・秩序構造 https://t.co/4DppNN9UfP #CiNii
CiNii Aのリンクからは長崎大のリポジトリに飛ぶのだが、一方で「九州地区国立大学教育系・文系リポジトリ」というのにもメタデータがある。うーむ。 https://t.co/gSdQ1DcaN4
#こんな論文がありました pdf公開。 深見 聡、坂井 伸子「『十六夜日記』の地名詠―「路次の記」を中心に―」 ”これまで注目されてこなかった地名詠にも、阿仏尼の心情や歌道家としての技能、当時の東海道の最新の様子などが盛り込まれていることがわかった。” https://t.co/utjh0QLgqs
次。 小宮友根「構築主義と概念分析の社会学」 社会学評論68(1)、2017年 https://t.co/ZOIw5WFNVq
鈴木晋雄(雄太)「新義教学という伝統の創造 : 阿字本不生を中心として」『現代密教』29、2019(https://t.co/wq0Astlbs5) pdf→(https://t.co/zELEJdADLp) 新義教学の流れについて勉強になった。
山王礼拝講、天台座主をはじめ一山住職や、特に若手の住職が中心になり出仕する論義法要。論文として長谷川裕峰「山王礼拝講の成立に関する一考察」(『叡山学院研究紀要』35、2016年3月)などがある。https://t.co/5mWc5OwSY4
RT @Cristoforou: 「本邦初のツイッターフェミニズム分析」→何を「ツイッターフェミニズム」と呼んでいるのかわかりませんけど、『人工知能』の表紙の時に既にツイッターの分析の論文が出てるので、「本邦初」でもないような… https://t.co/6dXGtEoUzb
RT @Cristoforou: 「本邦初のツイッターフェミニズム分析」→何を「ツイッターフェミニズム」と呼んでいるのかわかりませんけど、『人工知能』の表紙の時に既にツイッターの分析の論文が出てるので、「本邦初」でもないような… https://t.co/6dXGtEoUzb
辰巳智行/中澤高師「原発再稼働をめぐる〈地元合意〉についての首長の認識と態度――浜岡原子力発電所の再稼働に関する首長アンケート調査から」『静岡大学情報学研究』25号,1-13頁,2020年3月 https://t.co/OkRs8UnthK
保高徹生「福島の環境回復活動における環境学・リスク学の役割――除染,減容化,再生利用の視点から,何をすべきだったか,今後何をすべきか」『日本リスク研究学会誌』29巻3号,171-175頁,2020年 https://t.co/KgYUGA24Wa
横山実紀/大沼進/近藤由基「除去土壌再生利用は全国で広く負担を分担することが社会的受容を高める」『環境心理学研究』8巻1号,37-37頁,2020年 https://t.co/OhxVpAOnnf
◆新名隆志「「すべての価値の価値転換」に合理的根拠はないのか:ブライアン・ライターのニーチェ解釈の批判」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 (70), 11-22, 2019-03-11 https://t.co/3FtC4UGwJB
◆新名隆志「ニーチェの虚構主義的解釈の検討」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 69, 11-26, 2017 https://t.co/NJ0xSpz6fA
◆新名隆志「Bernard Reginsterのニーチェ解釈に対する批判的検討」 鹿児島大学教育学部研究紀要. 人文・社会科学編 65, 1-21, 2013 https://t.co/AFlDjuSfVf
メモ。池田尚隆「『権記』寛弘六年二月六日条:藤原行成と中関白家」(『山梨大学国語・国文と国語教育』23、2020年2月)https://t.co/hd7Xib7Tu5 #こんな論文が出ていたようです
メモ。北山円正「藤原基俊・忠通の贈答詩歌:光覚の竪義をめぐって(上)」(『神女大国文』31、2020年3月)https://t.co/RFZr59F8QV #こんな論文が出ていたようです
RT @nonstopmasashit: こちらの博士論文にて、デカルトの"conscientia"と"experientia"の関連性について第3章で指摘していて、非常に有益というかありがたい論文だ。|田村歩『デカルト哲学における「経験」の機能に関する哲学史的研究』 http…