INOHARA Tohru (@tukinoha2)

投稿一覧(最新100件)

“CiNii 論文 -  日本法史のなかのことば : 概念史の試みに向けた断章・「支配」・「領」・「請負」 (小野教授退職記念号)” https://t.co/p8rWA7M4bY
ポスドク問題に関心のあるすべての人に読んでもらいたいのは、円上塔のこのエッセイ。https://t.co/hg1yvjk6XA ちなみにこのエッセイが掲載された『日本物理学会誌』の編集後記がまた傑作(ブラックユーモア的な意味で)なのだが、それについては略。

121 5 0 0 童貞の機関車

ちょっと話題になっていた『童貞の機関車』なる本、近デジで目次だけは見られるのだが、どういう内容なのかますますわからなくなった。https://t.co/GmPpj7VnnJ
「満洲国 文教部社会教育課で映画教育に携わり、やがて満洲映画協会入 りを果たした後も巡回映写に力を入れた」「東横映画(のちの東映映画)が満洲人脈によって成立した経緯はよく知られているが、赤川孝一も東映の16ミリ映画部(教育映画部)」https://t.co/kAC2iL6LQn

1 0 0 0 OA 科学概論

平林初之輔の『科学概論』は良い本だ。https://t.co/m2C4wsbzMs
“CiNii 論文 -  アインシュタインと石原純 (特集 一般相対論100年 : 宇宙を駆けめぐる贈り物)” https://t.co/CJtja7bPgR
“公議輿論と討論のあいだ -福沢諭吉の初期議会政観-” http://t.co/tU6Yh5x0bu
“CiNii 論文 -  福田徳三とその「著作集」の刊行に向けて” http://t.co/MmrfxyZvPy
RT @ryusukematsuo: 西沢保 [2015] 「福田徳三とその「著作集」の刊行に向けて」『一橋大学創立150年史準備室ニューズレター』1: 10-20 http://t.co/FecqqtkfKW
RT @hmax110: 【PDF公開】伊藤秀樹,2015,「“非主流”の後期中等教育機関を概観する――生徒層・カリキュラム・進路」『東京大学大学院教育学研究科紀要』54,551-563. http://t.co/pGHmKMaZck
RT @ynabe39: この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ
RT @jimbunshoin: 「ソシオロジ」58号に掲載された、野上元さんによる『核エネルギー言説の戦後史1945-1960』(山本昭宏著)の書評が公開されました。https://t.co/mpCvVddLGG
@akisumitomo いや、私も全然わかりません(笑)ただ、平和ミュージアムの閲覧室に詳細な目録があるので、現地にいけばそれほど不自由はしないはずです。http://t.co/oEZX0KzkLL
立花昭氏に関する本が立命の図書館にあることを今知った。http://t.co/oEZX0KzkLL
“CiNii 論文 -  〈日本人ならざる者〉という葛藤--大逆事件前後の佐藤春夫 (特集 大逆事件処刑100年)” http://t.co/zQ2YlhuiSG
“International Research Center for Japanese Studies Repository: 和辻哲郎の哲学観、生命観、芸術館 : 『ニイチェ研究』をめぐって” http://t.co/1R4a9fZv9X
大阪国防館(遊就館の大阪分館みたいな存在)について http://t.co/fWK4Pu5tdR
“CiNii 論文 -  日本の初期憲法思想における法実証主義と進化論” http://t.co/isnTk5hOFy
林先生は米軍の性犯罪についても論じている。こちらを参照。http://t.co/lsW578s6gS / “第2次大戦中「慰安婦」制度があったのは日本とナチスドイツだけ-侵略軍と「慰安婦」制度との密接な関係(井上伸) - 個人 -…” http://t.co/OqsjCgWLjy
あとで。 / “CiNii 論文 -  池田菊苗の「唯エネルギー論」再考” http://t.co/Hq6bTJyZpH
RT @medicineman: “CiNii 論文 -  <社会>の発見は文壇に何をもたらしたか : 一九二〇年の「文芸の社会化」論議と<人格主義的パラダイム>の行末” http://t.co/LvirJRWcDc
“奥村 隆(2002)「社会を剥ぎ取られた地点:「無媒介性の夢」をめぐるノート」(社会学評論 52-4) - J-STAGE” http://t.co/afL4Ep0VDD
“CiNii 論文 -  犯罪学の再定位 : フーコーと犯罪学の「おしゃべり」” http://t.co/Um37jIp3Dw
70年代の犯罪学者はフーコーをどう読んだか。 / “CiNii 論文 -  フ-コ-「監視と懲罰」(Michel Foucault;Surveiller et Punir-Naissance de la Prison,1975)” http://t.co/dqlr6CQEcg
“CiNii 論文 -  精神病質概念の歴史的生成とその解体 (第69回日本精神神経学会総会特集-3-戦後日本の精神医療・医学の反省と再検討今後の展望をひらくために) -- (いわゆる精神病質について(” http://t.co/YzdwAoqGQR
RT @hajime_sebata: こういったことを調べているときにこんな本を見つけた。 藤原彰, 雨宮昭一編『現代史と「国家秘密法」』未来社, 1985。現代史サマーセミナーがきっかけで日本現代史研究会の有志で議論して作られた本だと書かれていた。ししょーも絡んでた。 htt…
RT @hajime_sebata: 教えてもらった。国会図書館の方が調査したもの。あとで読む。「諸外国における国家秘密の指定と解除 ―特定秘密保護法案をめぐって― 」 調査と情報―ISSUE BRIEF― NUMBER 806(2013.10.31.)http://t.co…
誰か読んでください。 / “CiNii 論文 -  interview 北芝健 犯罪学者 「脳のきれいな母親」が社会を正すキーワード” http://t.co/SR909DeFZT
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 田中正造研究--直訴にみる政治システム認識と天皇観(小西 徳應),1999 http://t.co/aJ2HafCy5q
RT @doukana: なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK
“CiNii 論文 -  教室レポート 大学史学科からの高大連携 (日本史の研究(227))” http://t.co/LVBGZ7SdZt

1 0 0 0 風景の終り

『思想』に載ってた「風景の終わり」の人か。http://t.co/1dLiMFSvl2 これは面白い論文だった。
“わが国が未批准の国際条約一覧 2013年1月現在 基本情報シリーズ(14) (PDF file 1,998KB)” http://t.co/mbrRQGZSxS
“CiNii 論文 -  言説としての社会的なもの--ラクラウ/ムフの言説理論を中心に” http://t.co/O39dWhYPNB

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(188ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @contractio: 「戦時情報局+クラックホーン」の検索結果 / “中生勝美(2016)「対日戦略をめぐるアメリカの応用人類学:『菊と刀』の背景にある人類学と軍事情報分析」文化人類学会研究大会発表要旨 - CiNii 論文” https://t.co/crMNQAr…
「戦時情報局+クラックホーン」の検索結果 / “中生勝美(2016)「対日戦略をめぐるアメリカの応用人類学:『菊と刀』の背景にある人類学と軍事情報分析」文化人類学会研究大会発表要旨 - CiNii 論文” https://t.co/crMNQArA32 #人類学
調 麻佐志「イラン・イスラム共和国の科学技術政策」 https://t.co/lWBvvxCU1o 興味深い。
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
元になったとおもわれる論文。PDFあり。  岡田美弥子「マンガビジネスの生成と発展 : コミックのビジネスシステムの解明」『經濟學研究』63(2013/6) https://t.co/AAR38qvzYv
CiNii 論文 - 田和 真紀子「品詞のハキダメとゴミ集積所の紳士 (私の研究 私の論文)」 https://t.co/JxcKUosb5G
RT @banlieue_monde: 【ためになる論文】渡辺文「芸術人類学のために」京都大学『人文學報』(2008)。この分野では、この論文のような、学説史をていねいにたどったものが少なく、専門外で勉強している者にとっては、断片的な諸知識が整理され、大変ありがたい。http:…
RT @danysaki: 電子版公開です。 朝鮮戦争時期の佐世保の街、変わりゆく都市のメディアとしての「輪タク」の話。 團康晃「書きかわる慰安の動線. ―特需佐世保における「輪タク」と行政の相互作用を事例に―」『年報社会学論集』 (28), 2015 https://t.c…

フォロワー(310ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @contractio: 「戦時情報局+クラックホーン」の検索結果 / “中生勝美(2016)「対日戦略をめぐるアメリカの応用人類学:『菊と刀』の背景にある人類学と軍事情報分析」文化人類学会研究大会発表要旨 - CiNii 論文” https://t.co/crMNQAr…
「戦時情報局+クラックホーン」の検索結果 / “中生勝美(2016)「対日戦略をめぐるアメリカの応用人類学:『菊と刀』の背景にある人類学と軍事情報分析」文化人類学会研究大会発表要旨 - CiNii 論文” https://t.co/crMNQArA32 #人類学
RT @isaactruth: 教育学研究も教育社会学研究も2000年代の教員の多忙化メカニズムをずばり明らかにした研究をなかなか出せていない。一方で、そこに入ろうとする研究者がなかなか立ち入ってこれなかったことも事実。そんな両面の問題意識は以前に現場論文で書いた。https:…
RT @banlieue_monde: 【ためになる論文】渡辺文「芸術人類学のために」京都大学『人文學報』(2008)。この分野では、この論文のような、学説史をていねいにたどったものが少なく、専門外で勉強している者にとっては、断片的な諸知識が整理され、大変ありがたい。http:…
RT @danysaki: 電子版公開です。 朝鮮戦争時期の佐世保の街、変わりゆく都市のメディアとしての「輪タク」の話。 團康晃「書きかわる慰安の動線. ―特需佐世保における「輪タク」と行政の相互作用を事例に―」『年報社会学論集』 (28), 2015 https://t.c…
「教育勅語から教育基本法へ」 https://t.co/yaYgEyFacl 「軍人勅諭と教育勅語」https://t.co/YvOZKS6kBR
「教育勅語から教育基本法へ」 https://t.co/yaYgEyFacl 「軍人勅諭と教育勅語」https://t.co/YvOZKS6kBR