著者
上野 哲
出版者
独立行政法人 国立高等専門学校機構 小山工業高等専門学校
雑誌
小山工業高等専門学校研究紀要 (ISSN:02882825)
巻号頁・発行日
vol.51, pp.1-6, 2018-12-27 (Released:2019-07-26)

Das japanisch Ausbildungssystem der Fußball Trainer ahmt das deutsche Ausbildungssystem nach. Viele japanische Fußballspieler betätigen sich in der Bundesliga. Deutschland ist auch ein beliebtes Trainingsland für japanische Fußball Trainer. Hingegen ahmte das japanische Ausbildungssystem der Fußball Shiedsrichter, das deutsche Ausbildungssystem nicht nach. Warum hat Japan das deutsche Ausbildungssystem hier nicht nachgeahmt? Der Zweck dieses Aufsatz ist, die Erforschung dieser frage in anbetracht meiner Erfahrungen in Deutschland.
著者
上野 哲
出版者
日本医学哲学・倫理学会
雑誌
医学哲学 医学倫理 (ISSN:02896427)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.1-6, 2004-10-18 (Released:2018-02-01)

The purpose of this paper is to contribute to making a better life in leprosariums by providing viewpoints to change leprosariums as isolation hospitals into communities of living. Although it is very hard for many residents who are advanced age and without any relatives to go off of leprosariums, the court found the isolation policy for recoverists of leprosy illegality in May 2001. Leprosariums are obliged to change, for example, homes for the aged. What I do not try to do here is to impeach someone. I make proposals, however, based on the interview to the Niirada branch school of Oku senior high school students in the Nagashima-aiseien leprosarium. The subjects of the interview meet the following two requirements: firstly they have been expected a remarkable activity out of leprosariums from their boyhood; and, secondly, they live in leprosariums again at present after the living out of leprosariums. As a consequence of the analysis, I propose attaching importance to the high regard for resident's self respect under the isolation policy and the understanding of the human relations in leprosariums, in addition to the request for substantial medical service, to better the present condition of leprosariums.
著者
奥野 勉 上野 哲 小林 祐一 神津 進
出版者
公益社団法人 日本産業衛生学会
雑誌
産業衛生学雑誌 (ISSN:13410725)
巻号頁・発行日
vol.55, no.3, pp.85-89, 2013-05-25 (Released:2013-06-27)
参考文献数
8

目的:ガラス製品を製造する工場では,作業者は,炉,溶融ガラスなどの高温の物体が発生する強い可視光へ曝露される.ブルーライトと呼ばれる短波長の可視光への曝露は,網膜障害(photoretinopahy)を引き起こす可能性がある.本研究の目的は,ガラス製品の製造に伴って発生するブルーライトを定量的に評価することである.対象と方法:クリスタルガラス工芸品を製造する工場において,炉の内部の壁と発熱体,および,炉内に置かれたガラス材料の分光放射輝度を測定した.炉は,2基の再加熱炉,3基の溶解炉,1基の竿焼き炉を調べた.測定された分光放射輝度から,ACGIHの許容基準に従って,実効輝度を計算し,これを許容値と比較した.また,それぞれの光源について,分光放射輝度を黒体の分光放射輝度と比較し,その温度を求めた.結果:測定された実効輝度は,0.00498–0.708 mW/cm2srの範囲にあった.実効輝度は,1,075–1,516 ℃の温度の範囲において,温度と共に急速に上昇した.それぞれの光源の実効輝度は,同じ温度の黒体の実効輝度とほぼ等しかった.考察:炉の内部の壁と発熱体,および,炉内に置かれたガラス材料の実効輝度は,1日の曝露時間が104 sを超える場合の許容値である10 mW/cm2srの十分の一以下であった.したがって,これらの光源を見たとしても,網膜障害の危険性はないと考えられる.ただし,光源の温度が約1,800 ℃以上である場合には,実効輝度は,許容値を超えると推定される.このような高温の光源がガラス製品の製造の現場にある場合には,ブルーライトによる網膜障害の危険性があると考えられる.
著者
上野 哲
出版者
日本医学哲学・倫理学会
雑誌
医学哲学 医学倫理 (ISSN:02896427)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.91-98, 2007-10-18 (Released:2018-02-01)

The main envisioned contribution of professional ethics education for nurses has been that it offers a clear and concrete antithesis to the previous professional ethics education methodology, according to which it was supposed that nurses would be able to make correct ethical judgments if a set of given standards were applied to clinical problems. It was assumed that students who became medical professionals would be able to make ethical judgments in the clinical workplace if the general principles of these standards were clarified. On this basis, students were taught the principles of these standards as part of their training. The antithesis by professional ethics education for nurses was to spotlight caring which had been ignored because a change to a clear knowledge of science had been impossible. Specifically, case studies were adopted as a method of education, and emphasized the following four points: (1) stimulating moral imagination, (2) recognizing ethical issues, (3) developing analytical skills, and (4) tolerating disagreements and ambiguities. However, in practice, professional ethics education for nurses based on case studies supplies the training of proof, rather than the training of creativity and flexibility. In this paper, I propose the possibility of use of case methods in place of case studies. Case methods offer the possibility of going beyond the limitations of case studies, since they require training in unfettered judgment unrelated to occupational evaluations.
著者
薩本 弥生 劉 雨 青柳 卓也 上野 哲
出版者
人間-生活環境系学会
雑誌
人間-生活環境系シンポジウム報告集
巻号頁・発行日
vol.37, pp.101-104, 2013-11-22

歩行による着衣のふいご作用の換気は人体からの熱移動性を促進させるため環境の風の効果以上に着衣の温熱快適性向上に重要であるが、現状ではきちんとした定量法が規定されていない状況である。そこで、本研究では暑熱に効果的な着衣の条件を検討するため、歩行サーマルマネキン、トレーサガス法を用いた実験によりアウトドア用のパーカ着装時の熱通過率や換気速度にパーカの特性、歩行、環境がどのように影響するかを明らかにすることを目的とした。さらに、熱通過率と換気速度評価を同期して行い、両者を比較することで、着衣の熱移動性の評価法として換気速度からの間接的評価法の妥当性を検証することを第2の目的とした。有風時には安静・歩行時とも換気口は放熱に有効でなかった。無風環境で換気口は安静時には熱通過率向上に有効でなかったが、歩行時にはそれは有効であった。部位毎に熱通過率を見てみると開口部付近の腹部と背部で開口による有意差が認められた。換気速度と熱通過率には相関係数0.54で相関関係があることが明らかになった。
著者
上野 哲
出版者
独立行政法人国立高等専門学校機構
雑誌
論文集「高専教育」 : kosen kyoiku (ISSN:03865681)
巻号頁・発行日
no.36, pp.435-440, 2013-03

The purpose of this paper is to answer the following question: how have Japanese general citizens' ideasabout the control of science and technology changed after participation in the Scientific Ethics Café? Until now,Japanese citizens are in fact less inclined to involve themselves in discussions about science and technology withprofessionals and specialists. Since the nuclear plant accident in Fukushima, rather than recognizing that it isimportant for citizens to participate in the discussions contributing to decision making concerning science andtechnology, it seems that citizens are much more likely to leave the decisions concerning science and technology tospecialists and professionals. To break such a current state, This paper propose a direction in which the ethicseducation of science and technology for general citizens in Japan should aim using the questionnaires and transcriptsderived from discussions with citizens in Tochigi, in a unique process arranged by the author known as ScientificEthics Café; a process that has been operating since 2010.
著者
今口 忠政 上野 哲郎 申 美花
出版者
慶應義塾大学出版会
雑誌
三田商学研究 (ISSN:0544571X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.2, pp.37-59, 2010-06

論文企業の事業再構築戦略とは,肥大化した事業分野を選択して競争力のある事業に経営資源を集中させる戦略であるが,そのためには人材,IT を高度に活用して知識集約化を推し進め,組織能力を高めたシステムへと転換することが求められる。また,環境変化に合わせて組織能力をダイナミックに組み替える能力も必要である。 本研究では,事業構造,組織構造を組み替える戦略行動を「組織能力の再構築プロセス」と捉え,組織能力の形成,変換のプロセスを日本企業,中国企業,韓国企業のケース研究によって解明しようとするものである。そのために,組織能力の概念を理論的に検討し,それらの組織能力がどのように構築されたかについて日本企業のコマツ,中国企業の中国博奇,韓国企業のサムスンを事例として研究した。コマツの本社や主力工場,中国博奇の日本法人,サムスンの日本法人を訪問してインタビュー調査を行った。その結果,持続的な競争優位を確立するためには,環境の変化を迅速に認識する能力,組織学習によって変換する能力,再構築したものを制度化し,構造化する能力の3段階のプロセスを経ることが必要であるといえる。