著者
洲崎 春海 野村 恭也 水野 正浩 川端 五十鈴 田部 浩生 宮川 晃一 坪井 洋 鳥山 稔 飯野 ゆき子 中井 淳仁 市村 恵一 土田 みね子 中村 直也 山口 宏也 深谷 卓 安部 治彦 井上 都子 杉本 正弘 鈴木 康司 佐藤 恒正 大西 信治郎 小林 恵子 伊藤 依子 井上 憲文 小林 武夫 室伏 利久 水野 信一 鳥山 寧二 飯塚 啓介 市川 朝也 森田 守 石井 哲夫 鍋島 みどり 船井 洋光 浅野 恵美子 矢野 純 吉見 健二郎 横川 友久
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.34, no.Supplement7, pp.575-581, 1991-10-15 (Released:2011-08-10)
参考文献数
9

12歳以上のスギ花粉症患者118例 (男55例, 女63例) にトラニラスト (リザベン ®) を投与し, 予防効果と治療効果について比較, 検討した。投与方法はトラニラストとして1日300mgを原則としてスギ花粉飛散 (20個/cm2/日以上の飛散) の2週間以前から投与し (予防投与), 飛散後4週間継続投与した (治療投与)。改善度判定は,「効果あり」以上は予防投与群32例 (57%), 治療投与群28例 (45%) で,「やや効果あり」以上は予防投与群42例 (75%), 治療投与群49例 (79%) であった。花粉飛散初期において鼻症状, 鼻鏡所見, 眼症状のいずれの程度も治療投与群に比べて予防投与群の方が有意に改善しており, 自覚症状, 他覚所見のいずれもトラニラストの予防効果が認められた。治療投与群においてはくしゃみ, 鼻汁, 鼻鏡所見, 眼のかゆみの程度が投与終了時に有意に改善した。副作用は予防投与群4例 (7.1%) 治療投与群5例 (8.1%) にみられたがいずれも投与中または投与中止により軽快した。以上より, トラニラストの予防投与は有用でかつ合理的な治療法と考えられる。また, 治療投与も有用であることが確認された
著者
杉内 智子 佐藤 紀代子 浅野 公子 杉尾 雄一郎 寺島 啓子 洲崎 春海
出版者
The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.
雑誌
日本耳鼻咽喉科學會會報 (ISSN:00306622)
巻号頁・発行日
vol.104, no.12, pp.1126-1134, 2001-12-20
被引用文献数
17 4

軽度・中等度難聴児の現況を調査し, 問題とその背景について考察した.<BR>対象は補聴器外来にて聴覚管理を行ってきた軽度・中等度難聴児30人である.<BR>全体象例について, 難聴を疑った時期と診断の時期, 補聴器の装用開始時期, そして補聴器の使用状況を調査し, 24人に知能検査 (WISC-III) を行った. また, アンケートを用いて, 児の聴取状況および児の「きき返し」に関する母親の意識と対応について調査を行った.<BR>難聴を疑った時期は平均2歳10ヵ月と遅く, その診断は平均4歳2ヵ月, 補聴開始は平均5歳3ヵ月と, 難聴を疑いながらも診断, 補聴がさらに遅れる傾向があり, また補聴器を有効に活用できていないと考えられる児がみられた. WISC-IIIを行った24人のうち14人は, 言語性IQが動作性IQより15以上低く, 言語発達に遅れがみられた. これら言語発達の遅れと, 聴力レベル, 難聴の診断および補聴器開始時期との関連は見出せなかったが, その背景として, 定着していない補聴器装用状態と, 帰国子女, 両親がろうであるなどの言語環境, すなわち音声コミュニケーションの質と量の問題が関与していることが示唆された. また, 母親は児のきき取りの状態を気にかけてはいるものの, 児からの「きき返し」には"くり返す"以外, ストラテジースキルを導くような対応は少なく, 意識していても対処する術を知らないという現実がうかがえ, この傾向は言語発達に遅れのある群で顕著であった.<BR>小児難聴は早期発見が不可欠である. 同時に, とくに軽度・中等度難聴児においては, 聴覚障害を適正に認識, 受容できるような指導, 補聴の定着, そしてコミュニケーション指導が重要である.
著者
野垣 岳稔 古田 厚子 小林 一女 門倉 義幸 洲崎 春海
出版者
日本鼻科学会
雑誌
日本鼻科学会会誌 (ISSN:09109153)
巻号頁・発行日
vol.54, no.1, pp.1-6, 2015

【はじめに】感冒後嗅覚障害,特に重症例では改善率は悪いといわれている。中には治療により改善する例もあるが,詳しい検討は報告されていない。今回われわれは感冒後の嗅覚障害症例を対象とし,嗅覚脱失例を中心にその治療効果を検討したので報告する。【対象,方法】2002年1月から2009年12月までに昭和大学病院耳鼻咽喉科嗅覚外来を初診した患者を対象とした。感冒後の嗅覚脱失症例は171例であった。治療はステロイド薬の点鼻または漢方薬の内服を行い,ATP製剤,ビタミンB12製剤,亜鉛製剤の内服を併用した。【結果】改善率は治癒7例,軽快34例,不変130例であった。静脈性嗅覚検査の結果で分類すると,反応ありの場合のほうが改善率は高かったが,有意差はみられなかった。基準嗅力検査検知域値の結果でも有意差はみられなかった。ステロイド薬点鼻療法を170例に行い,5例治癒,22例軽快,143例不変であった。ステロイド薬点鼻療法が無効で漢方薬を内服した症例は68例あり,2例治癒,12例軽快,54例不変であった。【考察】今回の検討において,感冒後嗅覚障害で嗅覚脱失の場合でも治療により改善する症例があることが分かり,ステロイド薬点鼻が無効の場合でも漢方薬で改善する可能性があることが分かった。耳鼻咽喉科医は「嗅覚障害=ステロイド薬の点鼻」という固定観念をなくし,少しでも多くの患者により良い治療をできるよう努めなければならない。
著者
杉田 公一 洲崎 春海 増田 成夫 周 明仁 野村 恭也
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.33, no.1, pp.47-53, 1990-02-15 (Released:2011-08-10)
参考文献数
8

Methods and findings of target image CT of olfactory clefts and ethmoid cells of the patients suffered from olfactory disturbance were presented with clinical cases, and the importance of target image CT was discussed. Scannings were made bidirectionary, coronary view and axial view. Five cases with olfactory disturbance such as parosmia, cacosmia, hyposnia caused by commoncold and anosmia caused by chronic sinusitis were presented. Anatomy of ethomoid cells and olfactory clefts was very complicated and mechanisms of olfactory disturbance have not been completely proved, therefore better resolution of target image CT than the conventional methods and observations from two directions could provide more precise and three dimentional information. This examination was very useful for the diagnosis of the place and the degree of the pathological change causing olfactory disturbance. Furthermore, when the endonasal surgery was applied to the treatment of the disease, the evaluation of the local anatomy by CT was very important.
著者
洲崎 春海
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.54, no.Supplement1, pp.s9-s16, 2011 (Released:2012-08-15)
参考文献数
38

ネブライザー療法は安全かつ簡便であり, 有用な治療法であると考えられており, 耳鼻咽喉科の日常臨床において最も頻繁に行われている診療行為の一つである。実地臨床の場で耳鼻咽喉科医におけるネブライザー療法の効果の評価は高い。しかしながら, 上気道のネブライザー療法の有効性に関するエビデンスについては必ずしも十分に認識されているとは言えない。そこで本稿では, 現在までに検討されてきたネブライザー療法における基礎的および臨床的研究結果に基づいて, 薬剤沈着に関与する要素, ネブライザー療法に適した抗菌薬, 副鼻腔炎に対するネブライザー療法の有効性, アレルギー性鼻炎に対する局所温熱療法の有効性, 咽喉頭炎に対するネブライザー療法の有効性, ネブライザー療法の有効性を高める工夫に関するエビデンスを検討して整理し, 上気道のネブライザー療法の有効性について述べる。
著者
菊地 茂 洲崎 春海 青木 彰彦 伊藤 修 野村 恭也
出版者
The Society of Practical Otolaryngology
雑誌
耳鼻咽喉科臨床 (ISSN:00326313)
巻号頁・発行日
vol.84, no.1, pp.41-47, 1991
被引用文献数
41 24

Twenty six adult patients with chronic sinusitis who had undergone Caldwell-Luc operation and received conservative therapy for a long time, but still complained of nasal symptoms, were treated with 400-600mg of erythromycin (EM) per day for 7.9 months on the average.<br>1) Rhinorrhea was reduced in 60.0%, postnasal drip in 50.0%, nasal obstruction in 60.0%, hyposmia in 11.8% and sense of dullness in the head in 100%.<br>2) Rhinoscopy showed reduced mucosal swelling in 10.5%, lower volume of rhinorrhea in 80.0%, better quality of rhinorrhea in 70.0% and reduced postnasal drip in 85.7%.<br>3) This therapy was effective even when EM-resistant bacteria such as Hemophilus influenzae were present.<br>4) No significant side effects were noted in any of the patients during this therapy. Long-term low-dose EM therapy is useful in the treatment of chronic sinusitis. We consider that its effect is not due to its antibacterial activity but to some as yet unknown mechanism.